683件中、121~140件表示

  • クルーズ船、21人陽性 乗員1100人は船内隔離へ  

    2020年03月07日

     【ロサンゼルス7日時事】ペンス副大統領は6日、新型コロナウイルスの集団感染が疑われ、カリフォルニア州沖で待機しているクルーズ船「グランド・プリンセス」の乗客乗員のうち21人から陽性反応が出たと発表した。46人を検査した結果、乗員19人、乗客2人が陽性だったという。船は商用でない港に入港し、全員が検査を受ける。   船には、乗客乗員合わせて約3500人が乗っており、日本人4人(乗員1人、乗客3人)も含まれる。ペンス氏は記者会見で、約1100人の乗員について「船内で隔離される」という見通しを示した。乗客の収容施設は明言しなかった。   これに先立ち、疾病対策センター(CDC)本部を視察したトランプ大統領は記者団に、米国内の感染者数に加えたくないため「乗船者は船内にとどまってもらいたい」と語った。   グランド・プリンセスは、集団感染が発生して横浜港で乗客らを隔離した「ダイヤモンド・プリンセス」と同じ米カーニバル社の傘下企業が運航している。   ハワイへの約2週間のクルーズ中、カリフォルニア州で死亡した感染者が2月に乗船していたことが明らかになり、予定を変更して出発地サンフランシスコの沖合に戻っていた。この感染者はサンフランシスコからメキシコに向かう前回のツアーに参加しており、他にも複数の前回参加者の感染が判明している。   写真:クルーズ船「グランド・プリンセス」  

  • 新型コロナで非常事態宣言 LA郡、感染者11人に  

    2020年03月05日

    【ロサンゼルス5日】ロサンゼルス郡保健局は、同郡の新型コロナウイルス感染者数が、5日現在でこれまでの7人から11人に増えたと発表した。   新たに感染が確認された4人は、感染が拡大しているイタリア北部への団体旅行から帰国したばかりで、この旅行に参加したその他の3人も隔離されている。   ロサンゼルス郡は4日、新型コロナウイルスへの新たな感染者6人が確認された時点で、感染拡大に備えた「非常事態宣言」を発令した。この6人のうち1人は、ロサンゼルス国際空港で旅行者へのスクリー二ング検査を行なっていた医療関係者。 4日には、カリフォルニア州で新型コロナウイルスによる死者が初めて確認されたことを受け、ニューサム知事が非常事態宣言を出している。  

  • 持参タンブラーでのドリンク提供を一時停止へ スタバ  

    2020年03月05日

    【ロサンゼルス5日】コーヒー・チェーン大手「スターバックス」は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、これまで実施してきた、客が持参するタンブラーでのドリンク提供を一時停止すると発表した。パーソナルマグ持参者への10セント引きは継続する。   持参タンブラーでのドリンク提供一時停止は、日本のスタバ全店舗でも今月から実施されている。 スターバックス社はまた、米国とカナダを対象に今月いっぱい、ビジネス関連の旅行の禁止や大規模ミーティングの調節や延期を実施する。  

  • Burbank Blvdの高架橋工事で、4月25日からFWY5号閉鎖  

    2020年03月05日

    【ロサンゼルス5日】カリフォルニア州運輸局(Cal Trans)は5日、4月25日(土)から27日(月)の午前5時までの予定で、Burbank Blvdの高架橋を取り壊す工事のため、同地区のフリーウェー5号を36時間にわたり閉鎖すると発表した。   これは、フリーウェー405号が閉鎖され大混雑を招いた2011年の「Carmageddon」以来の大工事で、大規模な渋滞が予測される。同運輸局によると、Burbank Blvdの高架橋は壊され、幅が広くて長い高架橋に取り換えられる。 これに向け、Burbank Blvd高架橋は3月14日から、Front StreetとSan Fernando Blvd間が2021年半ばまで通行止めになる。今回の工事では、高架橋工事の他に、フリーウェー5号へのカープール・レーン設置も行われる。  

  • 愛されて25年のワンズレンタカー! あなたの出張や旅行のおともに

    2020年03月04日 生活向上

    あなたは信頼できるレンタカー店を知っていますか?  LAは車がないと非常に不便。そんなときに役に立つのが低価格で安心の「ワンズレンタカー」。タクシーやウーバーもいいけれど、コストパフォーマンスがよく、日本語によるサービスが行き届いたレンタカー店があるのならぜひ知っておきたいですよね。 1995年に日本でスタートした「ワンズレンタカー」は、今年で創業25周年のまさに老舗。日本、グアム、ハワイ、そしてLAと規模を拡大し、格安レンタカーのパイオニアとして、日本とアメリカで実に350店舗を有しています。LAでは唯一の日本人経営のレンタカー店として好評を博しています。   25年もの間、お客様に愛されてきた理由  人気の秘密を店長のシンクレアさんに伺ったところ、こんな答えが。「LAは、観光のお客様だけでなく、現地の方、駐在の方、出張の方がたくさんいらっしゃいます。皆様が求めておられるのはやはり日本語でのサービス。お迎えから契約、洗車に至るまで全員日本人スタッフで、隅々まで行き届いた日本レベルの細やかなサービスを心がけています。日本語でのサービスを求めてリピートされる方が多いですよ」    カリフォルニアにあるのは、ロサンゼルス空港店、ニューガーデナホテル店、都ハイブリッド店の3店舗。空港まではスタッフの方が送り迎えをしてくれます。各店舗のスタッフ全員が日本語対応可能なので、トラブル時ももちろん安心。ぜひ一度、利用してみてはいかが?

  • 民謡を通して、日本の美しさや日本の心を歌い継ぐ 民謡歌手 小杉 真リサ Marisa Kosugi  

    2020年03月04日 ロサンゼルスで暮らす人々

    今年で創設55周年を迎える日本民謡「松豊会」の民謡歌手、小杉真リサさん。 photo by Albert Lien

  • シックな ラウンジで マティーニを

    2020年03月04日 魂の一品

    ドライマティーニ   14ドル〜

  • 【第二十二回】 新型コロナウイルスの拡散

    2020年03月04日 アメリカ101

      アメリカにとって、 新型コロナウイルスの拡散が「対岸の火事」ではなくなってきました。 ドナルド・トランプ大統領が2月26日、“フェイクニュース”の巣窟だとして、近づくことを避けてきたホワイトハウスのプレスルームに久しぶりに姿をみせたのも、その対応での存在感が薄く、指導力の欠如を批判する声がメディアだけでなく、超党派の政治家の間からも出ていることへの危機感を示すものでしょう。 だがこの記者会見では、アメリカでの感染拡大の可能性について、そのリスクは依然としてきわめて低いと指摘、対策の統括責任者にマイク・ペンス副大統領をあてることを明らかにして、「いかなる事態にも十分に(very)、十分に、十分に準備ができている」とトランプ流の大見得をきっていました。    しかし、この会見直後に、連邦政府の感染病対策統括機関であるCDC(疾病予防管理センター)が、アメリカで初の「市中感染」患者の可能性のあるケースがカリフォルニア州北部で確認されたと発表、不穏な(ominous)影を投げかけています。 そして「不穏な」ということでは、アメリカ国内でもNIMBYの動きが出ていることです。    オレンジ郡が26日に、地方自治体として初めて保健医療緊急事態宣言を出しました。その引き金となったのは、連邦政府保健福祉省(HHH)から、カリフォルニア州北部のトラビス空軍基地に収容されているクルーズ船「ダイアモンド・プリンセス」乗客の感染者数十人を、コスタメサ市内にある医療保健施設(Fairview Development Center)に移動させたいとの通達があったことでした。 本来は発達障害者の治療を目的とした施設で、各部屋にバス・トイレがありますが、現在は使用されておらず、ホームレス向けに利用することも検討された建物です。 しかし文字通りの「寝耳に水」のコスタメサ市は、住宅地に隣接し、学校やゴルフコースもある場所であり、しかも透明性を欠いた動きだとして、その差し止めを求める緊急の訴えを起こす騒ぎとなりました。 これを受けてサンタアナの連邦地方裁判所は差し止めの仮処分を決定したものの、ロサンゼルス・タイムズ紙が社説で「典型的なNIMBY主義だ」と批判するなど波紋が広がっています。    HHHが、コスタメサのほかに感染者収容施設として予定していたのは、アラバマ州アニストン市内の建物でした。FEMA(連邦緊急事態管理局)が所有するCDP(国内準備センター)ですが、通達を受けた直後、同市は日曜日にもかかわらず23日に緊急市議会を開催、全会一致で、施設利用阻止に向けあらゆる選択肢を検討するとの決議を採択しました。 そして同州が熱烈なトランプ支持の「レッドステート」であることを背景に、地元選出のリチャード・シェルビー上院議員とマイク・ロジャーズ下院議員が相次いで電話でトランプに“直訴”して、計画撤回を手にしています。    いずれも「Not In My BackYard」(自分の裏庭ではゴメン)という“住民エゴ”が前面に出てきたケースですが、20日にはウクライナでは住民数十人が、中国からの帰国者を乗せて14日間の隔離施設に移動するバスを阻止するために投石や火をおこす騒ぎがあったばかりです。    アメリカ国内では2月27日現在、クルーズ船の乗客を含めて60人が隔離施設や病院に収容されています。 集団感染を防ぐことができるか、ここ数週間が正念場です。   著者/佐藤成文(さとう・しげぶみ) 通称:セイブン1940年東京都出身。早稲田大学政治経済部政治学科卒。時事通信社入社、海外勤務と外信部勤務を繰り返す。サイゴン(現ホーチミン市)、カイロ、ベイルート、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス各支局長を歴任し、2000年定年退社。現在フリーランスのジャーナリストとしてロサンゼルス在住。  

  • Calsoft Systems ダラス支店を開設

    2020年03月04日

    企業向け基幹業務システムの構築・提供を行うカルソフト・システムズ(本社:カリフォルニア州)は、業務拡大に伴い米国テキサス州ダラス市に「ダラス支店」を開設し営業を開始した。   成長し続けるテキサス州や米国南西部において日系企業の基幹業務を支援、今後は米国内においてはロサンゼルス本社、ニューヨーク支店、シカゴ支店と併せた 4 拠点体制で、更に付加価値のあるサービス提供を行っていく。

  • 遺体積んだまま霊柩車を盗んだ男、警察とのカーチェイス後に逮捕  

    2020年03月02日

    【ロサンゼルス2日】パサデナ近くの教会から先月26日夜に、女性の遺体が入った棺桶を積んだ霊柩車が盗まれる事件が発生。 翌朝、盗難車に乗ったジェイムス・ファレス容疑者(25)が、サウス・ロサンゼルスのフリーウエー110号で、警察とのカーチェイスの後に逮捕され、3日に重罪容疑で起訴された。罪状認否が9日に設定された。   警察当局によると、この霊柩車、黒色のリンカーン・ナビゲーターに乗せられた遺体は、オレンジ郡にある同社の葬儀場からアーケディア市の葬儀場へ運ばれる途中で、盗難現場の教会へは、積んでいた葬儀用の生花を下ろすために立ち寄った。 ファレス容疑者には、有罪なら3年以上の禁固刑が科される。  

  • 除菌剤やマスクが品薄に 新型コロナでLA  

    2020年03月01日

    【ロサンゼルス1日】新型コロナウイルス感染拡大への不安が高まる中、ロサンゼルス地域の店舗では、除菌剤やトイレットペーパー、保存食品や飲料水などを消費者が買いだめする動きが出ている。   ヴァンナイスのコスコでは1日、日曜日にしては異例の長蛇の列が出来ていた。除菌剤のクロロックスや除菌ワイプが品薄で、客は「万が一、コロナ関連で隔離措置になった場合のために準備したい」と話し、缶詰なども購入していた。 また、近くのCVS薬局では、ハンドサニタイザーとマスクが品切れで、入荷待ちだと言う。  

  • ジョー・コローム氏死去 「Trader Joe’s」創業者  

    2020年02月29日

    【ロサンゼルス29日】自然食品スーパーチェーン「Trader Joe’s」の創業者のジョー・コローム氏が28日夜、パサデナ市の自宅で死去した。89歳。息子によると、長年病気を患っていた。   サンディエゴ出身のコローム氏は1967年、パサデナ市のアロヨ通りに自身の名前から命名した「Trader Joe’s」第一号店をオープン。プライベートブランド商品の開発と直接 買い付けることで価格を抑えるビジネススタイルがヒットし、今では40州に500店舗以上を構える人気チェーン店に成長した。   コローム氏は晩年、慈善家として社会に貢献した他、食べ物&ワインのコメンテーターとしても活躍した。家族は、スタンフォード大学時代に出会った妻との間に3人の子供がおり、孫が6人。  

  • 最終回 今までありがとうございました!  

    2020年02月28日 マリファナのおはなし

    突然ではありますが、今週のコラムで「ロサンゼルスのマリファナのおはなし」連載が最後となります。   2019年の3月から右も左も分からずとにかく我流で始めたコラムでしたが、連載当初の記事を読み返すとまぁなんと幼稚な文章。当時はまだ大麻ショップマネージャーだったため、日常的に英語しか使わなかったので日本語が下手で下手で! コラムを書いていても日本語がなかなか出てこなかったりと苦労したなんていう裏話はありますが、後半は少しよくなったのではないでしょうか!(笑)   1年間ご愛読頂き本当にありがとうございました!  

  • 英語時代劇 『無頼 II 哀哭ノ剣』 4/10~4/26 公演  

    2020年02月26日

    ロサンゼルスで公演され大好評を得た英語時代劇『無頼(ぶらい)』の第二弾『無頼 II 哀哭ノ剣(あいこくのけん)BURAI II “The Swords of Sorrow”』の公演がこの春行われる。<あらすじ>主人公の松越藩側用人である村松武重は、お上からの命令により切腹を命じられる。恨みを抱えたまま命を落とした武重の霊魂が様々な復讐を企てる。公演日時は、4月10日(金)~4月26日(日)金曜・土曜8pm~、日曜2pm~。会場はEdgemar Center for the Arts(2437 Main St. #B Santa Monica)。チケットは前売り$25・当日$35。

  • トレンドにあわせて探求し続ける美食 Katsu-ya Group総料理長 釘田 慎二 Shinji Kugita  

    2020年02月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

    Katsu-ya Groupの総料理長として、同グループ代表の上地勝也氏の右腕として全店舗の指揮をとる釘田慎二さん。 www.katsu-yagroup.com

  • 【第二十一回】 アメリカでの10年に一度のビッグイベント「国勢調査」

    2020年02月26日 アメリカ101

      (2月21日号から続く)カリフォルニア州が今回の国勢調査で「史上初の下院議席減少」の危機に直面しているのには、近年の天井知らず住宅価格高騰、高率の州税、生計費上昇などで、もはや「ゴールデン・ステート」の看板を維持することが難しくなり、より住みやすい州外への人口流出が続いている背景があります。    国勢調査は、合衆国憲法の第1章(立法部)第2条(下院)第3項にある「下院議員は(中略)各州の人口に比例して各州間に配分される。(中略)実際の人口の算定は(中略)10年ごとに、議会が法律に定める方法に従って行うものとする。(中略)但し、各々の州は少なくとも1人の下院議員を選出するものとする」という条項に基づいて、1790年以来10年ごとに実施されている厳粛な国家的行事です。    カリフォルニア州は1850年に州に昇格して以来、温暖な気候や広大な土地などさまざまな魅力から他州から移住者や移民で人口は右肩上がりに増加、1963年にはニューヨーク州を抜いて全米で最大の人口を抱える州となりました。 それに伴って、10年毎の国勢調査に伴い、州昇格当初の連邦下院議員数はわずか2人でしたが、現在では53人まで増え、下院議員定員435人のほぼ8%を占めるという一大勢力となり、国政への絶大な発言力を持つまでになっています。    ところが、昨年末に発表された国勢局の州別推定人口統計では、北部・中西部諸州などからテキサスやフロリダといった南部および南西部諸州への人口流入が続き、カリフォルニア州の人口は20万3000人減と過去最大の減少となりました。 そして、この推計に基づいて、「人口増減に伴う選挙区区割り/議席配分」を専門とする政治コンサルタント会社「EDS」が予測したところ、合計17州で議席配分に増減が出る見通しとのこと。それによると、カリフォルニア、ニューヨーク、イリノイ、ミネソタ、ミシガンなど10州が下院議員議席をひとつ失う一方で、議席増となるのはテキサス州(3議席増)、フロリダ州(2議席増)、アリゾナ、コロラド、ノースカロライナなど5州(各1議席増)です。カリフォルニア州からのテキサス州やアリゾナ州への人口流出が続いているとの“常識”を裏付けるものです。    このような見通しで危機感を強めているカリフォルニア州などは、国勢調査でより正確な人口算定を行うことで、結果的に下院議席減を食い止め、また連邦予算配分を有利にするため、州政府が広報活動に多額の予算を支出しています。連邦政府機関である国勢局のPR予算は5億ドルですが、カリフォルニア州はその3分の1にも達する1億8700万ドルをつぎ込んでいます。 これに対して人口規模が1、2位のテキサス、フロリダ両州など24州では広報予算はゼロと、国勢調査には熱意薄です。その大部分の州は共和党が知事や州議会で多数派であるため、無理して国勢調査への関心が低い黒人やラティーノといった民主党寄りの住民人口を算定する必要はないという政治面での配慮があるとみられています。本来は非政治的な行為である「実施の人口の算定」が、いまや政治的な操作の対象となっているという、政治分裂のアメリカの現状を改めて反映したものでしょう。

  • 【開催中~2/28(金)】 スリー・バランシン・マスターワークス

    2020年02月26日 Los Angeles

    2004年に設立されたロサンゼルス・バレエ団によるクラシックとモダン・バレエを融合した進歩的なバレエ振付師ジョージ・バランシンのマスターピースと呼ばれる3作品が上演される。日本人ダンサーの清水健太氏も出演予定。チケットは大人$36~。  

  • Vol.51         大麻を吸ったあとのおすすめアクティビティ  

    2020年02月21日 マリファナのおはなし

    ロサンゼルスで大麻が嗜好品として浸透していくにつれて、街の人々の大麻への寛容・認知度もかなり高くなっているのが目に見えている今日この頃です。街中を歩いていると大麻の匂いがすることも増えましたが、大麻の匂いを嗅いで顔をしかめる人さえもいない、そんな街ロサンゼルスから大麻使用後に楽しめるアクティビティを紹介します!   食べる、マンチー 食べることはアクティビティに入らないかもしれませんが、これは一番最初に書かなければいけないことだと思いました。それくらい劇的な変化が現れるのです! 大麻を摂取してハイの状態で食べると、口に入るものがいつもの数倍美味しく感じます。風味、味、歯触りや舌触りもかなり敏感に感じ、「こんな美味しいもの今まで食べたことがない!」と感動します。 お腹がいっぱいなのに箸が止まらず、永遠に食べ続けることができる自分に何度びっくりしたことがあるでしょう。癌患者さんや体が弱り食欲のない人が、大麻を使用して食欲を増進させて楽しく食事ができるというのも納得です。 何を食べたくなるかは人によりますが、甘いものを食べだすと止まらないという人が多いです。初心者にはコントロールしづらいマンチーも、大麻に慣れれば落ち着きますよ!   人と話す ハイな状態でのおしゃべりはとても楽しい!どうでもいいことがおかしくて、ケラケラ笑えて幸せな気持ちになります。うつ病の人に気分を高揚させるサティバが処方されるのはハッピーにする効果があるからなんですね。 大麻を使用して人に自分の悩みや日頃起きたことを考えていると、自分の正直な気持ちに気付けることが多々あります。普段は理性が働き制限している部分を大麻が解放してくれて、素直な自分を引き出してくれるという感覚です。私の周りでも、大麻を使用すると自分に素直になれるという人は多いのですが、これは大麻歴が長い人に多いようです。不思議ですね。   映画、ミュージカルや舞台を見る、音楽を聴く 映画やミュージカルを観たり、音楽を聴くのは誰がなんといおうと最高です!音が立体的に感じ、体感もあり、感覚が研ぎ澄まされ世界感に引き込まれます。ダンスをするのも音と一体になる感覚が分かり、たまりません。 個人的にはエディブルがおすすめですが、大麻やリキッドも◎。 作品に入り込みたいならインディカ、活発でいたいならサティバ、美味しいところどりのハイブリッドは初心者におすすめ。ハイブリッドにもインディカ寄り、サティバ寄りがあるので注意してみてくださいね!   エクササイズ エクササイズにはアクティブになれるサティバが断然おすすめです。普段よりも集中することができ、エクササイズ自体が楽しくなります。エクササイズの後はCBDを摂取したりCBDバームを塗流ことにより筋肉の炎症を沈め、修復を助けます。   ⒸWeekly LALALA

  • 【第二十回】 アメリカでの10年に一度のビッグイベント

    2020年02月21日 アメリカ101

     クイズですが、「10年に一度のビッグイベントは?」はいかがでしょう。「4年に一度」といえば、現在アメリカが渦中にある大統領選挙や、今夏開催の東京五輪が該当するオリンピック、さらには、「2月29日」のある「うるう年」でもあります。 それが「10年」ということになると、まず頭に浮かぶのが、10年ぶりの一大行事として今年4月1日を期して実施される「国勢調査」でしょう。    いかに大きな行事であることは、ここ数週間、最寄りの日系スーパーやレストラン、そして本誌を含めた日本語の情報誌・新聞などで頻繁に見かける「アメリカ合衆国国勢調査局」がスポンサーの日本語による「2020年国勢調査」の広告やチラシです(国勢調査の目的、重要性などは、これらの広報を参照ください)。 日本人/日系人が多く住むロサンゼルス一帯でこれだけ広範に配布されている広報活動ですから、これと同様の広告キャンペーンが全米で、さまざまな言語で展開されていることを推定させます。      今回の国勢調査では、多民族国家であるアメリカ社会でも、近年移民増加が顕著なことで多言語化が進んでいることを踏まえて、国勢局では実に全部で合計59言語を使ってさまざまな媒体で国勢調査についての情報を発信しています。 これは、合衆国憲法が「実際の人数の調査」(Enumeration)を国勢調査として義務付けているため、国勢調査に関する情報があまねく行き渡ることを狙って、国勢局が定めた「2万世帯以上で日常的に使用されている言語で発信」という基準をクリアした結果で、「アメリカ式手話語」も含まれています(なおビジネス・観光旅行で滞在中の外国人は国勢調査対象外です)。      世帯同居者数、その関係、住居形態(所有/賃貸)、年齢、性別、人種などの国勢調査質問項目を記載した調査質問状のうち、用紙で入手できるのは英語とスペイン語のみですが、オンライン・電話による回答は中国語、ベトナム語、韓国語、ロシア語、アラビア語、タガログ語(フィリピン)、ポーランド語(および日本語)など11言語で可能です。 英語能力に欠ける世帯がアメリカ国内に6万世帯以上存在する言語の上位順ですが、日本語は11位です。前回2010年の調査に比べてアラビア語、フランス語、日本語、タガログ語など7言語が追加されて、多様性社会アメリカの現状に対応したことになります。    今回の国勢調査施行にあたって政治問題化したのが、調査質問項目に「市民権データ」を含めるかどうかでした。非合法移民問題に厳しい態度をとるトランプ政権が、投票権法に基づく「人種差別排除条項」運用のため、「市民権の有無」を含める方針を明らかにしたのがきっかけ。 民主党、移民擁護団体、統計専門家が、「市民権に関する質問を含めると、当局による摘発を懸念する非合法移民が調査に加わらない可能性が高くなり、『実際の人数の調査』が不正確になる」として強く反対、各州政府や地方自治体が訴訟を提起、議論が沸騰しました。最終的には連邦最高裁がトランプ政権の主張が「作為的」と判断したことで決着しました。 カリフォルニア州政府は、先頭に立って「市民権有無」設問に強く反対したものの、今回の国勢調査では人口流出による「史上初の連邦下院議席減少」の危機に直面しています。(以下次号に続く)   著者/ 佐藤成文(さとう・しげぶみ) 通称:セイブン 1940年東京都出身。早稲田大学政治経済部政治学科卒。時事通信社入社、海外勤務と外信部勤務を繰り返す。サイゴン(現ホーチミン市)、カイロ、ベイルート、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス各支局長を歴任し、2000年定年退社。現在フリーランスのジャーナリストとしてロサンゼルス在住。  

  • ケース13 Airbnbでホストとゲストが大げんか 現ロサンゼルス在住、元ハワイ在住 20代社会人  

    2020年02月20日 あの時何が起こった!?

     以前は、旅行の滞在先といえばホテルが主流、学生のバックパックの旅であればユースホステルでした。そこにここ10年くらいで普及しているのがAirbnb(エアビーアンドビー)。皆さんの中にも旅行や出張などでたびたび利用されている方もいると思います。世界の観光地や都市部で急激に成長しているAirbnbは、インターネットで予約してセルフでチェックイン&アウトできるなど便利なことから、自分がAirbnbホストになってAirbnbビジネスを運営する人も増えています。というと手軽なビジネスチャンスに聞こえるのですが、なかなか大変だと思う経験を私はしました。    私は現在ロサンゼルスで社会人をしていますが、学生時代はハワイに住んでいました。ハワイも観光地ですから、あちこちにAirbnbがあります。ハワイ時代、私はホームステイをしていて、ホストファミリーが運営しているAirbnbの一室を借りて住んでいました。    ホストファミリーは、ホストファザーがウエディングカメラマン、ホストマザーがウエディングプランナー兼ホテル勤務というフルタイムの仕事をしていましたが、ハワイの物価が高いこともあり、少しでも家計を楽にしたいとサイドビジネスとして、Airbnbビジネスをしていたのです。    とある週末。その日は、インドネシアから親子3人が午前11時にチェックイン予定。しかしホストファミリーが一日外出とのことで、私が代わりにゲストを迎えることになりました。店番ならぬ宿番です。ゲストが到着し、私は宿の中をひと通り案内しました。すると、ゲストが「暑いからエアコンを使いたいんだけど」と聞かれ、私は「扇風機はありますが、エアコンはありません」と答えました。ゲストは少し休憩して、外出。私も友達と約束があったので、外出しました。    そしてその夜、家に帰ったら・・・家の周りは数台のポリスカーに包囲され、赤青の警告灯がかなり派手に光っています。私は慌てて家の中に飛んで入りました。すると、なんと! 警官が止めようとする中、ホストファミリーとAirbnbゲストがつかみ合いの大げんかをしているじゃないですか!    その場はまさに修羅場。東南アジアなまりの早口の英語で ゲスト(以下:ゲ):「エアコンがないなんて聞いていない」 ホスト(以下:ホ):「ちゃんと記載してるでしょ?」 ゲ:「金返せ!」 ホ:「当日のキャンセルは返金不可!」 ゲ:「詐欺だ!」 ホ:「これ以上騒ぐながら警察呼ぶわよ!」    まあ、ホストが警察を呼ぶまでもなく、すでに警察は来ていたわけですが。結局、ゲストがさらに暴れるので、警察が他のホテルに案内し、ホストファミリーは70%をそのゲストに返金して騒ぎはおさまりました。この騒ぎ以降、ホストファミリーはAirbnbビジネスからは手を引いて、今はサイドビジネスはしていません。    Airbnbビジネスをやっている友達に聞くと、多いのは、ホストとゲスト、またはゲストどうしのケンカだといいます。ホテルと比べてリーズナブルに泊まれて、ほぼ自動的に過ごせるシステムが便利な反面、トラブルも多いということなのかもしれません。