121件中、101~120件表示

  • サウスLA、車から発砲2件 子供3人含む6人負傷

    2019年07月12日

     【ロサンゼルス 7月11日】サウス・ロサンゼルスで10日夜、別の場所で2件のドライブ・バイ・シューティングがあり、12歳の男児2人と16歳の少女1人を含む6人が負傷した。 夜11時半頃に起きた事件では、ウエスト74th・ストリートで屋外に集まっていた男性3人にSUV車が近付き、車内から発砲して逃走。 その30分前には、97th・ストリートとフィゲロアの角の家に車両が近付き、家の外に立っていた12歳の男児2人と16歳の少女1人に発砲して逃げた。負傷した6人は命に別状はない。 警察は、この2件の関連性も含め、犯人を探している。

  • 【7/12(金)~8/11(日)】 オレンジ・カウンティー・フェア

    2019年07月11日 Los Angeles

    今年もOCで夏祭りが開催される!移動遊園地はもちろん、馬や子ブタなど小動物と触れ合える広場やファネルケーキやホットドッグなど屋台もあり、家族で楽しめる。ライブ音楽やスポーツイベントなど盛りだくさん。入場料は$12(週末は$14)、シニア・6歳~12歳のユース$7、5歳以下は無料。   ●OC Fair & Event Center ●88 Fair Dr. Costa Mesa ●(714)708-1500 ●ocfair.com

  • 奇跡のピアニスト フジコ・ヘミング20周年リサイタル開催  

    2019年06月27日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 森 桂子(Keiko Mori)   職業:アーティスト・マネージャー、クラシックコンサート・プロデューサー   ハマっていること:シュガーフラワーを飾ったケーキ作り   健康とキレイの秘訣: 素晴らしい音楽をライブで聴くこと   お気に入りの場所: Frank Lloyd Wrightの息子が設計した、Rancho Palos VerdesにあるWayfarers Chapel   アメリカに来た理由: USCの大学院でエンターテインメント・マネージメントを学ぶため   最近感動したこと: 愛犬(今年で14歳のヨークシャテリア)が最近腎不全でICUに入院し、厳しい闘病生活と辛い治療にも耐えて頑張っている姿   尊敬する人: 第一線で活躍しながらも日々の地道な努力をかかさず、音楽を通した社会貢献も積極的にされている担当アーティストの方々   夢: クラシック音楽をいろいろな人に聴いてもらう機会を提供すること、そして音楽による感動をみんなで分かち合うこと   メッセージ: 7月12日にWalt Disney Concert Hallにて、ピアニストのフジコ・ヘミングさんのCDデビュー20周年記念リサイタルが開催されます。素敵なホールでひとりでも多くの方にフジコさんの「ラ・カンパネラ」を聴いていただき、少しでも非日常を味わっていただければと願っています。 詳細とチケットのご購入はこちらから:https://www.musiccenter.org/tickets/Visiting-Artists/fuzjko-hemming-piano-recital/

  • Vol.16 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 後編

    2019年06月14日 マリファナのおはなし

    5/25、26にサンバナディーノで開催された「Cannabis Cup(カンナビスカップ)」。イベントに参加したBlue Dreamzさんがレポートをお届けします!   <Blue Dreamzさんが初参加レポート!>   会場にたくさんの様々なブースが並ぶ中、ダブワックス、ベープペンの各ブースではサンプルを大盤振る舞い!エダブルのブースではTHCを含んでいないサンプルを提供していました。 また、会場では、決まった喫煙所は設置されておらず、灰皿も見かけませんでした。その代わりみんな自由に会場のあちらこちらで吸っていました。   同イベントが開催された週末のうち日曜日は雨だったのですが、私たちが参加した土曜日は幸運なことに快晴。5月後半の暖かい太陽とそよぐ風が気持ちよく、噴水の周りにはフカフカの芝生の上でチルアウトしている人たちがたくさん。 マリファナやジョイントを会場で買い、芝生の上で日向ぼっこをしながらまったり。みんなにこやかでピースフルな雰囲気でした。

  • Vol.11 マリファナバターにマリファナシロップ・・・ まるでマリファナ・キッチン!

    2019年05月09日 マリファナのおはなし

    このコラムではたびたび人気のマリファナ商品を紹介してきました。吸引用のVapeやローションのように肌に塗るタイプなどなど。 アドバイザーのBlue Dreamzさんいわく、エダブル(食用)のマリファナもバラエティに富んでいて人気を得ているそうです。    「ひと昔前だと、エダブルのマリファナ商品といえば、マリファナクッキーやキャンディ、マリファナのお茶といったものしかありませんでした。ここ最近は様々な商品が増えていて、クオリティもかなり上がっています」  

  • ヒト脂肪由来幹細胞培養液を使ったスキンケアに夢中♡  

    2019年04月25日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 原田 梓(Azusa Harada)   職業: 株式会社オルカンモオーガニック 代表取締役   ハマっている事: 子育て中で、なかなか自分の時間を持てないのですが、余裕がある時は友人の先生を招いて自宅で料理教室を開いてます。   健康とキレイの秘訣: 毎日のヒト脂肪由来幹細胞培養液を使ったスキンケアと、まめにヘアサロンでトリートメントケアをして髪の艶を保ってます。   お気に入りの場所: サンタモニカのPalihouse hotel Santa Monicaのインテリアが好みでした。   アメリカに来た理由: 大好きな友人に会いに来ました。   最近感動したこと: 仕事復帰し、新しく沢山の方と出逢いがあり知らなかった世界観や物作りに触れあったりする瞬間が感動です。   尊敬する人: 桐島ノエルさん。カナダの留学中にご自宅にホームステイさせて頂き、衣食住のライフスタイルから考え方まで多大な影響を受けました。素晴らしい女性です。   夢: 当面の夢はolukanmoを(自社で開発したオールインワンゲルクリーム)出来るだけ沢山の方に知って頂きたいです。   メッセージ: まだLAでの販売には追いついてないのですが、最近はテレビや雑誌にも取り上げて頂ける様になってきたのでもっと多くの方に知って頂いて、いつか皆様のお手元にもお届けばいいなと思ってます。興味ある方は是非会社のインスタアカウントを覗いてみて下さい。 @olukanmo_organic

  • 自分らしさ 踊りで表現 ジャズダンサー 有末 里紗 / Risa Arisue  

    2019年04月11日 ロサンゼルスで暮らす人々

     プロになった今でも、好きで上手になりたいという一心で踊りに向き合うのは、ジャズダンサーの有末里紗さんだ。「世界で通用するダンサーになりたい」という思いを胸に、刺激を求めてロサンゼルスへやって来た2001年のダンス留学、日米を往復する生活を経て、現在はダンススタジオのマネジャー兼講師を務めながらパフォーマーとしても活躍する。  医者には治らないと言われている側弯症があり、体を動かすほうが良いとのアドバイスを受けて11歳から母のすすめでジャズダンスを始めた。もともと体を動かすのが好きだったが「内弁慶な性格」。家では注目されるのを好んだが、外ではかなりの引っ込み思案で人前に立ってしゃべるのも苦手。しかし感受性が強く、音楽をかけながら体を自由に動かし表現することが好きだった。  ダンスに本格的に興味が出てきたのは中学校のころ。先生の振り付けをレッスン後に紙に書いて家で練習するようになり、できないことが悔しいという思いが湧いてきた。どんどんのめりこんでいくと、高校に入ったときには将来はプロのダンサーになると決めていた。夢がかなった今でも、「緊張するタイプ。だからこそ、本番で頭が真っ白にならないためにもものすごく練習する。コツコツ型です。日々の積み重ねが大事」と真摯に練習に取り組む。  2016年、新境地を開拓する出会いがあった。米国人ジャズピアニストと知り合い、ライブに出てみないかと誘われたのだ。「自分の中で衝撃的だった。ジャズの生演奏で踊るということはメロディ、テンポが毎回違って合わせるのが大変。臨機応変に対応しなくてはならないことはすごいチャレンジ。でも楽しくてやりがいがある」。毎回ショーの後には踊りについても衣装についても多くの反省が出てくるといい、ミュージシャンたちと互いに試行錯誤しながらインスピレーションを受けている。  「踊りの勉強は終わりがない。まだまだやれないことが多いし、満足することがない」という里紗さんにとって、ダンスは自分を最大限に表現できるもの。そして自分らしくいられる一番の方法でもある。感情を伝えることが好きで、自分が伝えようとしていることをお客さんが理解できるような表現者になりたい。そんな気持ちで、探究心を忘れず踊り続ける。窮屈に感じていた日本を抜け出し、やっと自分の居場所を見つけたという第二の故郷LAでは、ダンスを通してさまざまな人と知り合った。ジャズ以外あまりなかった興味も広がり、ここに来なければできなかった経験もたくさんある。「これからもここで、ずっと踊りと携わっていけるように努力したい」。

  • ロスの魅力を集めた ファッションイラスト♥

    2019年02月21日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 安富友香(Yuka Yasutomi)   職業: グラフィックデザイナー/イラストレーター   ハマっている事: グルテンフリーダイエット。健康のために小麦抜きの食事を半年前から始めました。   健康とキレイの秘訣: お水をたくさん飲む事と、毎朝飲むようにしている野菜とフルーツの手作りスムージー。あとは母が経営しているサロンで使っていてその影響で昔から使っているNoevirの基礎化粧品。   お気に入りの場所: 去年の夏に初めてバケーションで訪れたマウイ島。   アメリカに来た理由: 大学時代に交換留学中、アメリカの自由な雰囲気に魅了され、異国の地でチャレンジしてみたいと思いました。   最近感動したこと: 今までは絵を描くのはアナログ派でしたが、今年からiPadProとAppleペンでも描き初めてアナログに近い描きやすさに感動して練習中です。   尊敬する人: オーストラリア出身で世界的に活躍されているファッションイラストレーター、Megan Hessさん。ライフスタイルも含めて全て私の憧れです。   夢: ロスの魅力を集めたイラストの本を出版すること。   メッセージ: インスタグラムでは、主にファッションイラストレーションを日々更新しています。良かったらフォローしてください☆イラスト制作のご依頼もDMから受け付けています♪グラフィックデザイン(広告、ロゴ、名刺、カタログ、バナー制作等)のご依頼はウェブサイトからお願い致します♡ instagram: yukayasutomi99 web: www.yukayasutomi.com

  • しらゆり幼稚園の 噂の美味しい給食♡

    2019年02月14日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: ちはる(Chiharu)   職業: しらゆり幼稚園で給食作り。(今年で10年目に突入!)   ハマっている事: 新しい事に挑戦する。服のリメイク。古着屋さんでお宝探し。​   健康とキレイの秘訣: 毎日、荏胡麻オイルを摂取。たくさん笑ってたくさん食べる。   お気に入りの場所: 車の中。   アメリカに来た理由: 日本で国際結婚をし、出産。子供に異文化コミュニケーション能力が身につく様に。小学一年生の一学期まで日本の小学校に通っていた娘はほとんど英語を理解することができませんでした。願いが叶いグリーンカードに当選し家族で移住を決めました。その娘も今年で21歳になりキャンパスライフを謳歌しています。   最近感動したこと: 野菜が苦手で好き嫌いが多い園児に『給食大好き!ママに食べさせてあげたい!」と言われた事。   尊敬する人: 79歳になっても現役の看護士として働く母、ローザパークス、頑張る女性。   夢: アフリカに家族で旅行すること。 ​​​​​​​ メッセージ: 「ちはる先生!今日の給食は何?」と子供達、「ジャージャー麺だよ!」と答える私。「やったー!!僕、ジャージャー麺大好きなの!!」可愛い声がキッチンに響き渡ります。「よーし!今日も美味しく作るぞぉ!!!」と気合いを入れるのが毎日の日課になりました。苦手な野菜もみんなで食べればあら不思議!完食できました。食が細いお子様も達成感を経験して大きな自信に繋がります。子供達の笑顔に励まされ毎日の活力になっています。「明日も美味しい給食作ってね!」と子供達に言われる度にこの仕事に携われて本当によかったと思います。16年前、一大決心をして家族で移住を決めました。異国の地で一番苦労したのが食生活でした。働くお母さん、家事育児を頑張っているお母さん方を給食を通して微力ではありますが応援できている事が喜びです。毎日、美味しい給食をモリモリ食べて広ーい園庭を駆け回っている子供達はいつも元気百倍です!

  • 日本から留学生1000人!

    2019年01月24日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 八木 美佑紀(Miyuki Yagi Lopez) 職業: 留学メディア・サポート会社運営/インスタグラマー/教育コンサルタント ハマっている事: 癒しグッズを集めること(観葉植物・アロマ・パワーストーンなど) 健康の秘訣: よく食べ、よく寝て、よく笑うこと。職業柄、たくさんの人と会うので、皆さんから元気と若さをもらっています♪ お気に入りの場所: ビーチならLaguna Beach、山なら Malibu Creek State Parkです♡ 最近オフィスとして借りているWeWorkもお気に入り!お洒落なインテリアとたくさんのフリーランスや会社経営されている方ばかりの環境で、仕事のモチベーションが倍増しました! アメリカに来た理由: 旅行でLAに来た時に、ここに住みたい!ここで働きたい!と思ったのがきっかけ。30歳になる前に新しい事にチャレンジしたい!と29歳の時にJ-1ビザでアメリカに渡米しました。 最近感動したこと: 私を通して留学に来た生徒さんから、『Miyukiさんに留学をお願いして本当に良かった』と嬉しいお言葉を頂けたとき。 尊敬する人: 世の中の女性起業家・経営者すべて。女性は結婚・出産など大きなライフイベントがある中、家庭と両立してビジネスをされている方のバイタリティーは本当に凄いと思います。 夢: 日本から留学生を1000人送り出すこと! メッセージ: インスタグラム @Ryugakugram でLAの留学お役立ち情報・現地情報、オススメスポットを発信しています。 日本では英会話講師、アメリカで留学会社と語学学校でマネージャーとして働いていた経験を活かし、2018年に独立。現在たくさんの留学生のサポートをしています。これからLA/NY留学を考えている方、転校を考えている方がいればお気軽にご相談ください♪ メールアドレス:info@hellomiyuki.com Instagram : LA留学 @ryugakugram NY留学 @ryugakugram_ny ダンス留学 @ryugakugram_dance

  • 世界と戦える日本作る アーティスト、 DJ、音楽プロデューサー ☆Taku Takahashi (m-flo, blockfm)  

    2018年12月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

     今年でデビュー20周年を迎えた音楽ユニットm-floの☆TakuTakahashiさん。数多くの国内外アーティストのプロデュースやRemix、アニメやドラマ、映画の音楽プロデューサー、積極的なDJ活動のほか、ダンスミュージック専門のインターネットラジオ局&ポップカルチャーメディア『block. fm』を立ち上げて最先端の音楽情報などを発信するなど、世界の音楽シーンで活躍中だ。  横浜生まれ横浜育ちだが、小学校からインターナショナルスクールに通った。「グローバルな感覚はインターナショナルスクールへ通ったのが大きく、m-floのグルーヴにも影響している」と話す。高校卒業後はロサンゼルスの大学へ。在学中に、後にm-floのメンバーとなるVERBALさんとデモテープを作っていたことがデビューにつながった。とにかくテレビっ子だった子ども時代は「テクノロジーの進化をモロに体験した世代なので、ファミコンからアニメ、そして音楽まで、いろいろな体験ができたのが今の仕事に活きている」と振り返る。趣味で好きだったという音楽でも、「いろいろとご縁に恵まれていて、いろいろと教えてくれる先輩たちや音楽の才能のある友人がたくさんいた。m-floのVERBALは小学校から、LISAは中学校からの仲」と、現在の活動へつながる流れは当時からあった。  日本人クリエイターや日本で生まれるものが世界で受け入れられる可能性、日本のコンテンツはどうすればよりグローバルにできるか。そんなことを考えるきっかけとなったのが、米国でDJをした体験だった。現地の米国人がほとんどの会場で「僕のセットでめちゃくちゃ盛り上がってくれた」。ファンから「ずっと待っていたんだぞ!」と言われ、「こうやって待ってくれる人たちがいるんだから、日本のアーティストはもっと積極的に米国でライブをやるべきでは」と思った。同時に、日本のポップカルチャー情報がきちんと英語で伝えられてないことにも気づき「せっかくすばらしい作品がいっぱいあるので、それをより効果的に世界に発信したい」という思いから、新たなプロジェクト『OTAQUEST』を始めた。このプロジェクトが形となったのは今年7月、全米最大のアニメコンベンションLA『AnimeExpo』でのこと。m-floにとっても初の米国公演となったこのイベントには日本のアーティスト8組が出演し、大成功を収めた。  ロサンゼルスは☆Takuさんにとって「スタート地点、発信地点」。20年m-floをやっているが、もう一度デビューするような気持ちでここでの活動に臨んでいるのだという。そして『OTAQUEST』を通じて全米に日本のカルチャーを発信していき、「エンタメでも世界と戦える日本」を作るのが今後の夢であり、目標でもある。

  • 日本製ベビーグッズNEST for babyが ナチュラルビューティークリスマスイベント に出店します

    2018年12月06日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 日下部智栄 (Chie Kusakabe)   職業: NEST for baby President (www.NESTforbaby.com)   ハマっていること: 発芽酵素玄米、コンブチャ作り、断捨離、Vitamixでスムージーやスープを作る。   健康とキレイの秘訣: Cured sesame oilを化粧水&保湿のAll in oneとして使っ`てます。他には冷えとり!日本で漢方の先生に自覚症状がなくてもすごく身体が冷えていると指摘され、漢方を始めましたが、それ以上に足元を常に冷やさないよう心がけています。ショップで取り扱っているRestfolk(レストフォーク)というブランドの靴下は、内側がシルク、外側がコットンのダブルレイヤーの靴下で、足を通した瞬間にホワッと暖かく、靴の中でも蒸れずに、24時間履いていたくなります。シンプルでおしゃれなので、外出でも室内ばきでも愛用してます。そして、早寝早起き(2歳の娘と一緒に就寝)も体調管理のポイントです。   お気に入りの場所: レドンドビーチで娘と貝拾いをする事。   アメリカに来た理由: 高校卒業後、犯罪心理学を学びたくて大学進学の為渡米。最終的に違う学科を専攻して卒業し、NYで社会人生活を数年送り、結婚を機にロサンゼルスに移住してきました。今は全く違う業界&自分でオンラインショップを運営する流れになってます。人生って面白いですね。   最近感動したこと: 10月に40になりました。過去に一度もサプライズを仕掛けた事のない旦那さんが、友人達のオファーもあり、2度のサプライズディナーパーティーを成功させた事。遠くはサンディエゴから駆けつけてくれた友達一家でした!掛け替えのない家族と友人がいるということを再認識できて、幸せな40の始まりでした。   尊敬する人: 両親&義父母、主人、いつも周りへの気遣いが素晴らしい友。   夢: 子供が1歳過ぎて友人だったももさんと起業し早くも1年半が経ったNESTfor babyはまだまだ発展途上。当初描いていたプランをまだまだ実現できていない事の方が多く、お互いの状況を考慮しつつ、せっかく産み落とした卵なので、もっと大きなものへ成長させられれば、と思っています。そして、女性のライフステージを衣食住のいろんな側面から応援する(特に妊活〜出産〜子育て)活動に関わっていければいいな、と。   メッセージ:NEST for babyでは、ベビー用品の他にも私の健康の秘訣でもある冷えとりアイテムも充実してます。女性は身体を温める事が重要だと強く思っていて、どのライフステージに関わらず温活をして頂きたいと願っているので、直接お話しできるイベント出店を今後増やして、より多くの方に伝えていきたいなと思ってます。

  • 人生を豊かにする ワインライフのご提案

    2018年09月07日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 濱 アリス(Alice Hama)   職業: ソムリエ・料理研究家   ハマっていること: ワイン。東京OL時代にワインにハマり、気が付けば「好き」を仕事にしていました。   健康とキレイの秘訣: コンブチャとアボ納豆。コンブチャは色々飲み比べましたが、Health-AdeのOriginalが好きです。アボ納豆は、納豆1パックにアボカド半分・刻みオクラを入れたもの。私の定番の朝食です。   お気に入りの場所: 家。お気に入りのワイングラスで好きなワインを飲む時が幸せ。。。   アメリカに来た理由: 駐在で来ました。今はグリーンカードを取得し、自身の会社を通して複数の仕事を掛け持ちしています。   最近感動したこと: アボカドはベリーの仲間だった!という新発見。   尊敬する人: 祖母   夢:本を出版すること。   メッセージ: ビバリーヒルズのレストランで2年半のフロア経験を経て、現在はロスを中心にワインや食に関するコンサルやイベント、セミナー講師、ライターの仕事をしています。ブログやインスタでも情報発信していますので良かったら見てみて下さい。 ameblo: https://ameblo.jp/yasuho-hama instagram: aliceinwinederland

  • マリナデルレイで愛犬とハッピーライフ!

    2018年07月05日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 藤本 友理恵(Yurie Fujimoto)   職業: フリーランス翻訳/通訳とマーケティングコンサルタント   ハマっていること: 昔から旅行、美術館、レストラン巡り、犬が大好きです。最近は相撲にハマりました。祖母に教えてもらいながら観ると面白い!   健康とキレイの秘訣: 睡眠、赤ワイン、緑茶。   お気に入りの場所: マリナデルレイ。7年住んでいますが、愛犬の散歩が毎日海辺ででき、景色の良いレストランもたくさんあり気に入っています。 もう一つは、ハワイのラニカイビーチ。16歳の時、取ったばかりの運転免許で学校の友人達と、地元の人しか行かない様な小さなお店でポケを買い、このビーチで食べるのが定番でした。当時は観光客も少なく、今とは違う雰囲気でした。   アメリカに来た理由: 両親の教育方針で10歳からハワイで育ち、大学と大学院はカリフォルニアに進学しました。   最近感動したこと: 一時帰国し、日本の治安・サービス・都市の清潔さに感動。祖母の畑で採れた世界一美味しい無農薬の野菜と果物を毎日食べ、祖母の漬けた梅干しとご飯の深さを味わい、日本の季節感を楽しむ食文化に改めて感動しました。   尊敬する人: Cesar Millan   夢: 世界旅行、Cesar Millanの弟子入り   メッセージ: アメリカ生まれですがおせんべい大好きでバイリンガルの愛犬、イチローのインスタ見てね〜!(^^) インスタ:ichiro_the_italiangreyhound

  • テーマは“受容と共有” 音で伝えるエネルギー ミュージシャン 今江 佳皓|Yoshihiro Imae  

    2018年06月07日 ロサンゼルスで暮らす人々

     音楽とポッドキャスト。どちらも何らかのメッセージを〝音〟にのせて伝えるツールだ。この両方を使うのが、ロサンゼルス在住3年目のミュージシャン今江佳皓さんである。〝西海岸ロック〟と呼ばれる音楽が好きで、2016年にアメリカへやってきた。「自分の作るメロディーがどれだけ本場で通用するか挑戦したかった」といい、苦労の末に巡り合ったメンバーとともに、昨年「A PAGE UNTURNED」というロックバンドを結成。今年3月には初の作品リリースにこぎつけ、4月には初ライブも成功を収めた。  バンド活動と並行して行うのが、日本人向けポッドキャストの配信だ。米国で活躍する日本人をインターネットラジオの番組ゲストに招き、相方とともに進行役を務める。「アメリカに来た当初、現地でがんばっている日本人から刺激を受け、「よし、自分もやってやろう」と奮起することが多々あった。その自分が受けたポジティブな力を伝え、周りの人たちにも広めて共有する手段はないかと考えた。また、アメリカから母国の日本に対して何かがしたかった。音楽を通して恩返しができればと思っていたが、「それ以外にも自分にできることがあるかもしれない」という漠然としたイメージがあった中、インターネットラジオでの発信を思いついた。番組が始まったのは昨年8月。以来、月2回のペースで配信している。視覚的な情報がないことと、情報量が限られることから、「音声では本当の人柄が出るし、キャラクターも音声だけのほうがストレートに伝わる」という。また、外見で判断されないため、聞き手に先入観なく耳から入ってくる情報を受け取ってもらえるというメリットがあり、音声ならではのメッセージ性を活かすことができている。  音楽でもポッドキャストでも、共通して伝えたいのは「ポジティブなエネルギー」。いずれも根底にあるテーマは「受容と共有」だという。アメリカに来て生活をしてみると、自分の好みや主義と違う形のものを受け容れる社会を感じた。「それぞれが好きっていうものを『いいんじゃない』って言える。そういうのを器が大きい国だなと思うし、それを共有しながら生きていくのがアメリカのすごくいいところ」。日本では臭いものに蓋をしたり、標準化された枠に当てはめようとする傾向があるが、「それぞれが思う幸せを追求できるのが理想で、そんな社会を作っていくきっかけを自分が与えられたら」と、音を通じた発信へのモチベーションは高い。受容と共有とは、受容してもらうことでも受容することでもあり、受容されないことを受け容れることでもある。そのベクトルは多方向で、「それが全部かなえば、そこには絶対幸福があり、平和がある。それを自分がどう広げていけるのかというのが根底にある」。実現のためには、 「まずは自分の活動を形にしたい」と、バンドでは集客力アップを目指し、ポッドキャストはビジネスとして成立させていくのが現在の目標だ。しかし音楽であろうとことばであろうと、伝えたいことは一つ。その根底は揺るがない。

  • 神の愛を歌い継ぐ クリスチャンアーティスト /シンガー& ソングライター Asiah|エイジア  

    2018年05月31日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「伝えたいことがあるから歌っています。伝えたい根本にあるのは愛。人間の愛は変わりやすいものだけど、神様の愛は変わらない不変の愛。それは私自身の人生を通して感じてもいるし、その愛を歌い続けていきたい」。ロサンゼルス在住28年のAsiahさんは言う。肩書は「シンガー&ソングライター」に加えて「クリスチャンアーティスト」と名乗る。  父は小坂忠、日本でデビュー50周年を迎えるシンガーソングライター。クリスチャンアーティストでも牧師でもある。母は音楽プロデューサー。音楽に囲まれた家庭環境もあって、子どものころから歌うことが好きだった。「両親が音楽活動をしていたし、それ(音楽)しか知らないから、私は。スタジオで育ったようなもので、音楽関係以外に何かなりたいとかなかった。音楽取ったらもう何も残ってないみたいな家族だから(笑)」。音楽以外にもう一つ、小坂家から切り離せないものが教会だ。家族がクリスチャンになるきっかけとなったのがAsiahさんだった。1歳半のとき、煮えたぎった鍋の中身をかぶってしまい、全身に大やけどを負った。クリスチャンだった母方の曾祖母に勧められるまま両親が教会に行くと、居合わせた見知らぬ人々がAsiahさんのために祈りを捧げてくれた。その1カ月後、医者も「医学的には説明できない」と驚くことが起こった。傷がすっかりきれいに治っていたのだ。これをきっかけに、大ステージで歌っていた父は華やかな舞台と決別し、第一線を退いて日本中の教会を回って歌うようになった。クリスチャンが人口の1%という日本では、草分け的な存在だ。その姿を見ながらスタジオと教会で育ってきたAsiahさんにとって、ミュージシャンでありクリスチャンであることはごく自然なことだった。  そもそも、音楽と教会は切っても切れないもの。「アレサ・フランクリンやマライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン。みんな教会で育って教会のクワイヤで音楽に触れて。教会というのは音楽のスタート地点。音楽なしには教会は成り立たない」。一般的に日本では『ゴスペル』というと、ブラックミュージックやブラッククワイヤを想像する人が多いだろう。しかし「音楽が演歌であれロックであれレゲエであれ、ジャンルがなんであっても内容が神のことを歌ったものはゴスペル」だという。「だから、私はR&Bとかの曲調で内容は神様の愛のことを歌っているけど、それもゴスペルの一つ」。自身にやけどの記憶はない。しかし、「日々ある小さなことで、神様っているんだなって私は思う。人の出会いとか、自然に起こってることじゃないなと思うことはたくさんある。たとえ小さな教会で20人しか聴衆がいなくても、その20人に私たち家族が経験した愛とか癒やしとかを伝えられたらいいじゃないかって。それがうちの家族のライフワーク」と語る。神の愛を歌い継ぐことで、人々が試練を乗り越えられるように、安心感を持てるように。そんな願いを胸に歌い続けている。

  • 湘南美容クリニックでお待ちしています

    2018年03月21日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 井添 結琴(Yuki Izoe)   職業: 湘南美容外科   ハマっている事: 意外がられるのですが、最近は音楽にハマっていて週末や仕事後は作曲など音楽活動やってます! あとインスタグラム頑張ってます!笑 インスタ:lilyukirose   健康と綺麗の秘訣: 健康の秘訣はジムに通う事です!2日に一回は5キロ走ってます(^^) 特に綺麗でもないので偉そうに言えないのですが、毎晩毎朝欠かさずフェイスマスクしてます…笑 カリフォルニアは日差しと乾燥がひどいので。   お気に入りの場所: マリブが大好きです!海が好きなので! 愛犬とよくドライブがてらマリブのビーチにはよく行きます(^^)   アメリカに来た理由: 小さい頃から憧れていて、幼稚園の頃からいつか必ずアメリカで暮らすと決めていました!   最近感動したこと: 妹の成人式の写真を見て感動しました!あと、最近久しぶりに観たSound of Music の映画。   尊敬する人: マイケルジャクソン   夢: 自分の仕事や趣味などの活動を通して、いつか誰かの役に立てる人間になりたいです。   メッセージ: 湘南美容外科サウザンドオークス院がオープン! 日本の美容外科医などを指導する名医のワトソン先生により、直接カウンセリングや施術が受けられるのでこの機会に是非遊びに来て下さい。レーザー脱毛、シミ取りレーザー、フォトフェイシャル(IPL)も人気です。 湘南美容クリニックサウザンドオークス院 425 Haaland Drive Thousand Oaks, CA 91361 Tel : 805-723-8008(予約制) 営業時間 : AM9:00~PM7:00 休診日:土曜日、日曜日、祝日

  • 田嶋 洋子 / ビジネスコンサルタント、サクセスコンサルタント

    2017年10月27日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 田嶋 洋子(Yoko Tajima) 職業: ビジネスコンサルタント、サクセスコンサルタント   ハマっていること: 日本文化を改めて勉強中です。   健康とキレイの秘訣:週3回のフィットネスと、月2回のマッサージ通い。朝のビーツ入りレッドスムージー。いつもポジティブでいること。   お気に入りの場所: ラグナビーチは、落ち着いた大人の雰囲気でリラックスできます。海の近くで育ったので海を見るとホッとします。   アメリカに来た理由: 主人の留学/研究のため。   尊敬する人: 両親。自分が歳をとるにつれて親の偉大さを身にしみて感じます。   最近感動したこと: お客様が会社で売り上げ日本一になったこと。日本の両親を呼んでラグナビーチのホテルで金婚式を祝えたこと。   夢:ラグナビーチと故郷の仙台に家を所有する。   メッセージ: Yoko Tajima ロサンゼルス初セミナーライブ 『あなたは、思うように集客できていますか?』 ~無理なく集客できる3ステップ!~ これから起業を目指す方、個人でサロンやクラスを開いている方、既に自分でビジネスを始められている方、企業に勤めているセールスの方まで、幅広く対応した内容です。 集客の秘訣、あなたから買いたくなる秘訣、正当な価格で販売できる秘訣など、基礎からさまざまなコツまでギュッと凝縮して伝授します!ぜひご参加下さい! 日時 : 11月18日 (土) 1pm 場所 : Miyako Hybrid Hotel 詳細・お申し込み : www.yokotajima.com

  • 国持 千夏 / 充電中

    2017年08月18日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 国持 千夏(Chinatsu Kunimochi) 職業: 充電中   今週はパロスバーデスにて、日本からお母様とお姉様の3人で訪れている千夏さんにインタビュー。ピンクのスリットスカートがとてもよく似合います。将来こんな旅行がしたいと、誰もが憧れちゃう親子女子旅。現地に住む家族のような仲間達が魅せるとびっきりのロサンゼルスから、大きなエネルギーを持ち帰れそうです。   ハマっていること: 韓国日帰り旅。   キレイの秘訣: いろんな興味あることを調べる。   お気に入りの場所: 自分の車でドライブしている空間。   アメリカに来た理由:地球家族に会いに来ました。   尊敬する人:両親、祖父母。   夢:これからの人生をずっと楽しく過ごすこと。   メッセージ: 大好きな人、物に囲まれて過ごすと幸せになれると実感中です。

  • 増山 裕佳/新撰組2GOスタッフ

    2017年06月30日 さとみるくの Happy Life Style

    名前: 増山 裕佳(Yuka Masuyama) 職業: 新撰組2GOスタッフ   今週はガーデナにて、新撰組2GOスタッフとして活躍する裕佳さんにインタビュー。娘さんが選んでくれたというオレンジ色のトップスがよく似合います。男性に囲まれて焼き鳥を焼く、勇ましくも愛らしい彼女の姿が、女性一人でも気軽に立ち寄れるお店にしてくれました。   ハマっていること: 浴衣が大好きで、日本へ行く度にお店に足を運び、帯留めにときめいています。会社の懇親会や新撰組夏祭りで着ています。   今欲しい物: Jeep Wrangler Unlimited。色は絶対に黒♥ いつか手に入れるぞ〜   最近感動したこと: 大阪出身で、21才からLAにいるので、今回初めての東京で、東京タワーを見て感動しました!   好みのタイプ: 生命力のある人。無一文になっても、戦争に行っても、生き残れるような人。繊細な人より鈍感な人が好きです。   夢: ノマドライフ。場所、時間に制約されないライフスタイルに憧れます。   メッセージ: 人 新しくオープンした新撰組2GOは、ドライブスルーで気軽にお弁当を購入できるので、小さい子がいるママにも便利です。ちょっとづつ沢山食べられるスタイルで、女性に優しいお店です。 Shin-Sen-Gumi 2GO 18203 S Western Ave Ste 104 Gardena, CA 90248 営業時間: Mon-Sun 6:30am – 9:30pm