106件中、61~80件表示

  • 【9/13(金)~9/15(日)】 パナナ・ナイト・マーケット  

    2019年09月11日 Los Angeles

    デルアモ・ショッピングモールの駐車場で行われるナイトマーケット。 ローカルフードのベンダーやフードトラックが出店し、音楽などライブパフォーマンスもある。 入場料は$3、3歳以下は無料。

  • 劇場版『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』 9/13から北米で公開

    2019年09月11日

    2010年発売の人気ゲームソフトを原作とし2011年~2016年に放送されたTVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE』シリーズ初の劇場版が登場し、日本では6月の公開以来絶賛上映中。 アイドルたちの歌声と躍動感あふれるダンスをエンターテインメントへと昇華させるめくるめく舞台演出と大胆不敵なカメラワーク。 劇場を一瞬にしてライブ空間へと染め上げる、完全オリジナルにして同シリーズ初の劇場版が、北米でも9月13日(金)から一部劇場で順次公開される。 上映劇場や詳細はSentai FilmworksのWebサイトで確認を。

  • Vol.27 ロサンゼルスの大麻リキッド、 Vape事情 その2    

    2019年09月06日 マリファナのおはなし

    前回紹介した、オイルカートリッジをコイルタイプのバッテリーに取り付けて吸う一般的なvapeペンももちろん人気ですが、現在カリフォルニアに存在するVapeブランドは各社オリジナルのVapeペンを発売し、人気を争っています。 その中でも先駆者となったのがPAX Era(パックス・エラ)とStiiizy(スティーズィー)です。

  • 全米ライフル協会を「テロ組織」認定 サンフランシスコ市議会が決議  

    2019年09月06日

    全米ライフル協会(NRA)の年次総会でライフルスコープをのぞく来場者ら(4月27日、インディアナ州)  

  • 市営プールのライフガードを未成年わいせつ容疑で逮捕  

    2019年09月06日

    【ロサンゼルス5日】シティー・オブ・コマースの市営プール「Brenda Villa Aquatic Center」でライフガードをしていたジェイソン・マイケル・アンダ容疑者(33)が4日、職務中に会った14歳以下の少女にわいせつな行為をした容疑で逮捕された。   アンダ容疑者は、シティー・オブ・コマースの市職員として2012年から勤務し、採用時のバックグラウンド・チェックなどもクリア。同プールではライフガードと水泳のインストラクターを務めていた。警察当局が、その他の被害者情報などを収集している。

  • 【9/8(日)】 イーストLAパレード&フェスティバル

    2019年09月05日 Los Angeles

    メキシコの独立記念日を祝うお祭りとパレード。カラフルな民族衣装に身を包んだ人やフロートが街を練り歩くパレードは午前10時スタート。会場ではマリアッチのライブショーも行われ、メキシカンフードの屋台、ゲームコーナーなども盛りだくさん。見学は無料。

  • 【9/6(金)~9/8(日)】 ロングビーチ・オリジナル・ロブスター・フェスティバル  

    2019年09月05日 Los Angeles

    メイン州から直送される新鮮な生のロブスターを堪能することができるロブスターのお祭り。ライブ音楽やダンスフロア―、子供向けのステージなどもあり、家族で楽しめる。入場料は$5~、ロブスターミール付きは$30~、12歳以下は無料。

  • PANANA NIGHT MARKET 9/13~15&10/25~27 デルアモAMC駐車場で開催

    2019年09月04日

    本物のストリートフードを味わいたいなら、パナナ・ナイト・マーケットへ行こう! 9月13日(金)~15日(日)4pm~11pm、および10月25日(金)~27日(日)、デルアモファッションセンターAMC駐車場で開催される同イベントでは、100以上の屋台フード、ライブミュージック、ユニークなアートワークなどを楽しむことができる。 チケットは$5、3歳未満の子どもは入場無料。無料パーキング。出演アーティスト、ライブパフォーマンスのスケジュール、オンラインチケットについては下記ウェブサイトで確認を。

  • Vol.26 ロサンゼルスの大麻リキッド、Vape事情 その1    

    2019年08月30日 マリファナのおはなし

    Vapeペンと聞いてもピンとこない人も多いはず。日本では「大麻リキッド」などと呼ばれていますが、アメリカ全土ではマリファナの成分を凝縮したオイルを気化して吸うもの全般をVape(ベープ)ペンと呼びます。最近ではCBDのベープも人気です。

  • 【8/31(土)~9/2(月)】 フィエスタ・ハモサ  

    2019年08月29日 Los Angeles

    毎年レイバー・デーの週末に行われる南カリフォルニア最大規模のアートとクラフトの祭典。270組以上のアーティストが参加し、作品の展示販売を行う。 ライブ演奏や屋台などもあり、ふらりと散歩しながら気軽に訪れてみては。入場は無料。     ●Downtown Hermosa Beach ●Pier Plaza, Pier Ave. and Hermosa Ave. Hermosa Beach ●(310)376-0951 ●fiestahermosa.net  

  • 8/30にオープンハウスを開催!! 湘南美容クリニック・アーバイン院 計$5000以上の施術が当たる  

    2019年08月22日

      全世界で90院を展開する美容医療業界トップの湘南美容クリニック。 今年5月、米国2店舗目として開院したアーバイン院が8月30日(金)5pm~7pmにオープンハウスを開催する。   最初に予約をした50名にプレゼントが用意されるほか、健康と美容に欠かせないビタミンB12 無料ショットをもれなく贈呈。 マシンや施術に関する説明や、トータル$5000以上の施術が当たる豪華抽選会を予定。   当日は軽食と飲み物が用意されており、ボトックスのライブデモンストレーションもある。 RSVP/要予約。予約の際は「LALALAを見た!」と伝えよう。      湘南美容クリニック・アーバイン院 22 Odyssey #200 Irvine CA 92618 949-333-2929(日本語担当・はるみまで) www.shonanbeauty.com    

  • Vol.25 摂取しているマリファナ製品は安全?  

    2019年08月22日 マリファナのおはなし

    現在カリフォルニアのマリファナ市場に出回っている製品は数え切れないほどありますが、市場で売っているマリファナ製品が安全なものかどうか、どうやって見極められているのでしょうか?安全に対する基準などは設けられているのでしょうか?   「州に認められた検査機関での検査」 カリフォルニアでマリファナが嗜好品として合法になってから、子どもによる誤飲や誤食を防ぐためのチャイルドレジスタンスパッケージの義務化(記事参照)以外にも加わった法律があります。製品の安全性を証明するための法律です。   カリフォルニア州が認めた検査機関で検査を行い、その検査を通過して、検査結果を識別できる個別番号と検査をした機関名を製品のパッケージに表示しないと市場では販売できないという法律が2018年にできました。それに加え、製造年月日と消費期限の表示も義務付けられています。検査はラブテスト(Lab=研究所、test=検査)と呼ばれ、検査結果をCOA(Certificates Of Analysis)と呼びます。

  • さくらレンタカーが新サービス 車内Wi-Fiのレンタルを開始

    2019年08月22日

    LAの空の玄関口LAX(ロサンゼルス国際空港)、ダウンタウン(リトル東京)、LA最大の日本人居住地サウスベイ(ガーデナ)と利用するには便利なロケーションにオフィスを構えるさくらレンタカー。 日本人旅行者やLA在住者など多くの人が愛用している。 24時間体制で緊急時に備え、サービスは予約から手続きまで全て日本語で対応してくれるので、安心して利用できる。   同店では新サービスとして車内Wi-Fiレンタルを開始。ドライブ中に最大8台のデバイスを4G LTE Wi-Fiで接続できる。 詳細は下記まで問合せを。  

  • 【8/23(金)~8/25(日)】 フィエスタ・ラ・バローナ  

    2019年08月22日 Los Angeles

    カルバーシティで3日間に渡って行われる夏祭り。 音楽のライブ演奏や屋台、ビアガーデン、カーニバルライドなど盛りだくさん。 入場は無料。   ●Veterans Park ●4117 Overland Ave. Culver City ●(310)253-6667 ●www.fiestalaballona.org  

  • Vol.24 カリフォルニアでマリファナを喫煙できる場所。 運転中はOK? or  NOT OK?  

    2019年08月16日 マリファナのおはなし

    私の住んでいるロサンゼルスをはじめカリフォルニア州でマリファナは、嗜好品として21歳以上であれば誰でも購入、使用することができます。マリファナとの付き合い方も人それぞれ。これが生きがいとばかりに毎日マリファナを楽しむ人もいれば、週末にだけ楽しむ人、マリファナが体に合わないため一切使用しない人もいます。カリフォルニアでのマリファナの存在は、いわゆる日本人にとっての要であるお酒のような存在といった感じでしょうか。 SNSなどでは人々が屋内や屋外の音楽フェスなどでマリファナを楽しんでいる様子をたびたびみます。カリフォルニアもそうですが、マリファナが合法化されている州では、マリファナを嗜む場所が法律で定められています。特に気を付けたいのが「ハイになった状態での運転」と「公共の場でのマリファナの喫煙」です。

  • 【8/16(金)~8/18(日)】 パナナ・ナイト・マーケット

    2019年08月15日 Los Angeles

    オンタリオのショッピングモールの駐車場で行われるフードイベント。ローカルフードのベンダーやフードトラックが出店し、音楽などライブパフォーマンスもある。 入場料は$3、3歳以下は無料。     ●Ontario Mills Northwest parking lot ●1 Mills Cir. Ontario ●www.panananightmarket.com  

  • 快挙で一区切り 「今後は還元を」   KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター 徳永 優子 / Yuko T. Koach  

    2019年08月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

    TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。   2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。   16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。   この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。 感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。  

  • 乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も 規制進展見通せず  

    2019年08月09日

    【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。   ◇恐怖克服したい    乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。    ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。    米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。  

  • ウォルマートは銃販売中止を=乱射事件相次ぎ強まる声

    2019年08月07日

    テキサス州エルパソで22人が死亡した3日の銃乱射事件を受け、現場となった大規模小売店ウォルマートに銃器販売の中止を求める声が強まっている。 事件の4日前には南部ミシシッピ州の店舗でも従業員が発砲し同僚2人を殺害する事件が起きており、銃規制団体は「企業には客と従業員を守る責任がある」と同社に対応を求めている。   ワシントン・ポスト紙によると、ウォルマートは米国内の全4750店のうち約半数で銃器を扱っており、全米最大の銃販売業者の一つ。創業者の故サム・ウォルトン氏は狩猟と銃の愛好家として知られ、同社のビジネスでも銃器は長年にわたり主要な部分を占めてきたとされる。   ただ、近年は悲惨な銃撃事件が起きるたびに銃器を扱う企業への圧力が強まり、ウォルマートも2015年に殺傷能力の高いライフル銃の販売を中止したほか、18年には銃を購入できる最低年齢を18歳から21歳に引き上げた。   しかし、今回のエルパソでの事件後、ウォルマートの広報担当者は米メディアに対し、銃器販売を中止する考えはないと明言。インターネット上では「失望した」などと反発する書き込みや、不買運動を呼び掛ける動きも目立っている。

  • 【開催中~8/11(日)】 オレンジ・カウンティー・フェア

    2019年08月02日

    今年もOCで夏祭りが開催される! 移動遊園地はもちろん、馬や子ブタなど動物と触れ合える広場やファネルケーキやホットドッグなど屋台もあり、家族で楽しめる。ライブ音楽やスポーツイベントなど盛りだくさん。 入場料は$12(週末は$14)、シニア・6歳~12歳のユース$7、5歳以下は無料。   ●OC Fair & Event Center ●88 Fair Dr. Costa Mesa ●(714)708-1500 ●ocfair.com