62件中、1~20件表示

  • 【後編】 何がOK? 何がNG? ロサンゼルス市長も緊急会見 これが最新! COVID-19  ロサンゼルスのStay Homeルール

    2020年05月21日 らららトピック

    LA郡のあらたな自宅待機命令~許されていること・許されていないこと~  新しく更新された自宅待機命令(Safer at home public health order)をまとめてみました。大枠として、ハイリスクなビジネスは依然としてクローズされるものの、ローリスクの小売店については「カーブサイド、ドアサイド、屋外、または配達」により再開が許可。 ただし、屋内のショッピングモールのなかに位置する小売店は除きます。6フィートのソーシャルディスタンスの維持と、フェイスカバー着用はこれまでと変わらず義務付けられています。違反が発見されたら最大で1000ドルの罰金が課される。   許可されていること ・トレイル、ビーチ、ゴルフ場、テニスコート、射撃場、アーチェリー場、コミュニティガーデン、自転車道は開設されてもよいが、一定の制限はある。   ・再開の前提として、企業はマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを維持し、安全手順の掲示、ハンドサニタイザーなどの供給をしなければならない。   ・ビーチは条件付きで開放されており、現在はアクティブな利用に限る。ビーチの再開第2期では、自転車道や駐車場、砂浜でのラウンジなど他の利用もまもなく認められるだろう。   ・エッセンシャルな活動は許可されるが、ソーシャル・ディスタンスの維持は求められる。   ・LA郡内の住民は可能な限り自宅にとどまるべきである。在宅勤務が可能なら、引き続きそれが推奨される。住民は、医療サービスや買い物、仕事などの重要な活動のためであれば、自宅を離れることができる。   ・自宅を離れる人は、必ずフェイスカバーの着用が義務付けられる。4月以降、この方針に変更はない。   ・65歳以上、または既往症のある人は、医療や食料などの入手以外で、自宅を離れることは推奨しない。できるだけ自宅にとどまるべきである。   ・獣医への訪問や医療品の入手など、自分自身や家族の健康と安全のために重要な仕事   ・食料品や日用品の購入   ・エッセンシャル・ビジネスおよび低リスクビジネスの実行   ・裁判所などの政府機関からサービスを受けること   ・未成年者や高齢者および障がい者のケア   ・10人以下のグループミーティングで、障害サポートを受けること   ・10人以下の宗教活動   ・制限に従う限りにおいて、アウトドアのレクレーションをすること   許可されていないこと(閉鎖されたままであるもの)  ※新しい自宅待機命令は、頻繁に人と接触する可能性のある場所の閉鎖を私たちに要求し続けています。以下がリスクの高いビジネスとされ、現在も許可されていません。   ・バーやナイトクラブ   ・ジム、フィットネスセンター   ・映画館、ドライブインシアター、ライブ・パフォーマンス、コンサート・ホール、スタジアム、ゲーム施設、テーマパーク、フェスティバル(お祭り)   ・ボーリング場   ・公共の埠頭、ビーチの駐車場、砂浜を横断する自転車道   ・床屋やヘアサロン、ネイルサロン   ・マッサージ、ボディ・アート施設   ・保育所以外の子どもたち用の屋内・屋外の運動場   ・集合住宅の屋内プール、ジャグジー、サウナなどのコミュニティセンター   ・屋内外のフリーマーケット   ・屋内外の博物館、ギャラリー、動物園、図書館   ・屋内モールと屋内ショッピングモール   ・特別に許可されない限り、すべてのイベントや集会   ※記事内に記載されている内容は5月17日現在のものです。許可されている、または許可されていない内容は変更になる可能性があります。

  • Keiro 2020年の高齢者向けプログラム の予定変更  

    2020年05月15日

    私たちの生活の全てに多大な影響を与えている新型コロナウィルス。Keiroは慎重に検討した結果、年内に開催する予定の直接人と人が会うイベントを全て別の形式に変更することを決定した。9月の敬老の日フェスティバルや、10月の「Keiroシンポジウム」も含まれている。Keiroは引き続きコミュニティパートナーと協力し、私たちのコミュニティにいる高齢者の変化しつつあるニーズに対応すべく、有意義で効果的なプログラムを提供していく。   Keiro www.keiro.org    

  • 【3/13(金)~3/15(日)】 オレンジ・カウンティ・チェリー・フェスティバル

    2020年03月11日 Los Angeles

    和太鼓や日本舞踊など日本文化に親しむことができる春のお祭り。日本食の屋台も多数出店予定。17日(日)の夜限定でサクラ・ナイト・マーケットも開催され、ビアバーや日本酒の試飲、ライブパフォーマンスなどもある。入場料は$10。10歳以下の子供と65歳以上のシニアは無料。

  • 【3/7(土)~3/8(日)】 フェスティバル・オブ・カラーズ  

    2020年03月04日 Los Angeles

    春の到来を祝うインドのお祭りが、LAでも楽しめる。様々な色のカラフルなパウダーを掛け合うお祭り。全身色粉まみれ覚悟で出かけましょう。音楽やダンス、ヨガ教室などもある。入場料は$6.50~、12歳以下は無料。

  • 【3/8(日)】 フェスティバル・オブ・ザ・カイト

    2020年03月04日 Los Angeles

    今年で46回目を迎える南カリフォルニアで最も長い歴史を持つ凧揚げのイベント。自慢の凧を片手に大勢の人が集まるので、青い空と海の上を舞うカラフルで個性的な凧は見ているだけでも楽しい。お気に入りの凧で参加してみては?入場は無料。

  • 【2/28(金)~4/21(火)】 ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・フード&ワイン・フェスティバル

    2020年02月26日 Los Angeles

    ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーでビールとワインに合うフードを楽しむことができるイベント。ライブエンターテイメント、デモンストレーションやセミナーなども行われる。

  • 【2/22(土)】 ランタン・フェスティバル  

    2020年02月19日 Los Angeles

    子年を祝うランタン・フェスティバルが行われる。美しいランタンを打ち上げて願いごとをすることができる他、ランタン作りや獅子舞など中国の伝統芸能の披露も。入場は無料。

  • 【2/22(土)~2/23(日)】 アフリカン・アメリカン・フェスティバル

    2020年02月19日 Los Angeles

    ロングビーチの水族館の中で開催されるアフリカン・アメリカンの文化を祝うイベント。アートや工芸品、ダンスやジャズの演奏など盛りだくさん。入館料は$34.95、3~11歳の子供$24.95、シニア$31.95。

  • 【2/15(土)~2/16(日)】 チャイナタウン ラン&バイク

    2020年02月12日 Los Angeles

    チャイナタウンからドジャースタジアムまで走り、またチャイナタウンに戻ってくる5kmと10kmのランと20マイルと40マイルの自転車レース。フェスティバルもある。詳細はウエブで確認を。

  • 【2/1(土)】 アルハンブラ・ルナー・ニューイヤー・フェスティバル  

    2020年01月29日 Los Angeles

    アルハンブラで行われる春節を祝うストリートフェスティバル。250以上のフードやクラフトアートのブースが出店し、伝統的な獅子舞などの披露もある。入場は無料。

  • 【1/24(金)~1/26(日)】 TETフェスティバル

    2020年01月22日 Los Angeles

    ベトナムの旧正月を祝うイベント。民族衣装をまとった踊り子の伝統舞踊など本国の伝統的なお祭りの雰囲気が楽しめる。食べ物のブースもあり、家族で楽しめる。入場料は大人$6、2歳以下の子供は無料。

  • 【2/1(土)~2/2(日)】 チャイニーズ・ニューイヤー・フェスティバル

    2020年01月22日 Los Angeles

    美しいチャイニーズガーデンを有するハンティントンライブラリーで中国の春節を祝うイベントが開催される。伝統的な獅子舞や音楽、マーシャルアーツなど様々なエンターテイメントを楽しめる。入館料は$25~、シニアは$21~、4~11歳の子供は$13、4歳以下は無料。

  • Vol.45 4月に行われるマリファナイベント情報!  

    2020年01月17日 マリファナのおはなし

    カリフォルニアでは毎年様々なマリファナ関連の展示会やイベントが行われますが、チケットを購入すれば一般の人でも参加できるものばかり!必要なのは身分証明書のみ。21歳以上だと証明できるパスポートかアメリカ政府発行のIDがあれば誰でも参加できます。その中でぜひ行ってみてほしい、近々ロサンゼルス周辺で行われる予定のイベントをご紹介します!

  • 【1/19(日)】 南カリフォルニア・スラック・キー・フェスティバル

    2020年01月15日 Los Angeles

    今年で13回目を迎えるハワイアン音楽の祭典。ハワイの伝統的アコースティックギター、スラック・キーでグラミー賞を受賞したギタリストも登場し、美しいフラダンスも楽しめる。劇場の外では、「アイランド・マーケットプレイス」と題したハワイの食や美容を紹介する入場無料のマーケットも。コンサートのチケットは$20~。

  • 【開催中~1/12(日)】 マジカル・ランタン・アート・フェスティバル

    2020年01月08日 Los Angeles

    パンダなどの動物や花、キャラクターなど中国をモチーフにした巨大ランタンが庭園にお目見えし、幻想的な雰囲気の中を散策できる。1マイルほどのトレイルを歩きながらゆっくりと見学しよう。入場料は$25、シニア・18歳以上の学生$23、3~17歳の子供は$20。

  • 【2020/1/4(土)】 アンコークド・ワイン・フェスティバル

    2019年12月26日 Los Angeles

    世界各国の200種類のワインとシャンパンが楽しめるイベント。フードトラックの出店やライブ音楽やDJのパフォーマンスもある。入場料は$65~、21歳以上限定。午後5〜午後9時。

  • 【開催中~12/31(火)】 フェスティバル・オブ・ライツ

    2019年12月26日 Los Angeles

    今年で27回目を迎えるミッション・イン・ホテルが美しいクリスマスライトで彩られる圧巻のクリスマスライティングは見逃せないホリデーイベント。29日午後4時半から点灯式が行われ、花火の打ち上げや子供向けアトラクションなどもある。500万個ものライトで飾られたミッション・イン・ホテルはとても幻想的。

  • 【12/19(木)~2020/1/5(日)】 ウィンター・フェスティバル

    2019年12月11日 Los Angeles

    スケートリンクやスノー・スライドなど冬らしい遊びや美しいイルミネーション、電車に乗って光のインスタレーションを巡るアクティビティーなどホリデーシーズンを楽しむアトラクションがいっぱい。 入場料は$25、3~12歳の子供は$20(オンライン割引は大人$19~、子供$15~)。

  • 【12/7(土)】 ブリュー・ホー・ホー ホリデー・エール・フェスティバル

    2019年12月04日 Los Angeles

    カリフォルニアを代表するブリュワリーが集結するクラフトビールのテイスティングイベント。 100種類もの地ビールや冬季限定のホリデー・エールが楽しめる。色々飲み比べられるビール好き必見のイベント。 入場料は$55、お酒が飲めないドライバーは$20、21歳以上限定。

  • 【12/6(金)~12/7(土)& 12/13(金)~12/14(土)】 ダナポイント・ハーバー・ボート・パレー・オブ・ライツ

    2019年12月04日 Los Angeles

    今年で45年目を迎えるダナポイント・ハーバーで毎年行われるボート・パレード。 ウォーターフロントのレストランからも見学できる他、午後4時半からはフェスティバルも行われている。 ボートに乗船してサンタクロースと写真が撮れるチャリティーイベントも。 詳細はウエブで確認を。