202件中、1~20件表示

  • コロナで一時的に“なくなったもの”特集 なぜ、品薄になった? 「Diet Coke」「ひよこ」「バリカン」「ニンテンドースイッチ」 次の流行りは「パン焼き機」?   

    2020年06月02日 らららトピック

    3月中旬からステイホームとなったここロサンゼルスでは、人々の心の不安に呼応するように市場からひとつずつ品物が消えていきました。トイレットペーパー、ティッシュペーパーなどの紙類に始まり、牛乳、卵などの食品、そして最近はホームベーカリーとニンテンドースイッチが入手しにくいといわれています。このほかにも、生理用品・オムツ、食器用洗剤・洗濯用洗剤など生活にかかせないたくさんの品物が消えていきました。6月1日現在、すでに復活したものもありますが、未だ入手しにくいものもあります。   ニンテンドースイッチ   自粛生活のなかで世界的に需要が高まっているのが任天堂の人気ゲーム機「ニンテンドースイッチ」。このコロナ禍で世界各地で売り切れが続出しています。   全世界規模での供給回復について今年は入手困難な状態が続くことが予想されますが、今年の初夏、6月後半以降は定価で入手しやすくなるだろうという情報もあります。お子さんのいる家庭では、『マリオカート』、『太鼓の達人』、『ドラゴンクエスト』などのソフトが非常に人気です。   タイレノール  世界保健機関(WHO)が3月17日、新型コロナの疑いがある場合、イブプロフェンを自らの判断で服用しないよう注意を促しました。亡くなった人の大多数は自分の持っている解熱剤イブプロフェン系のアドビルなどを服用していたことがその理由。そこで人々は「アセトアミノフェン系解熱剤の代表格のタイレノールを買い求めました。   Tysonの鶏肉  4月28日、米食肉加工最大手のタイソン・フーズは、新型コロナの感染拡大が食肉処理施設の従業員のあいだで広まり、施設が稼働停止を余儀なくされていることから、今後国内のスーパーなどの店頭に並ぶ牛肉、豚肉、鶏肉などの精肉が不足する可能性があると警告しました。   タイソン・フーズは、国内最大の豚肉処理施設を含む2ヶ所の豚肉処理施設と、牛肉処理施設の閉鎖を発表。アメリカではこの肉不足のために、大豆由来の代替肉(フェイクミート)が売れ始めるという事態が起きています。3月1日から5月2日までの9週間で、フェイクミートの売り上げが264%アップというデータも。 保存が効くパスタや米、缶詰トマトソースも深刻な品不足になりました。   レンタカー  人々の移動が減った結果、旅行者やビジネスの商談で世界を飛び回る人が一気に減少し、レンタカーを利用する人も少なくなりました。米レンタカー大手のハーツは5月22日、破産法の適用を申請。米富豪投資家のカール・アーン氏は、ハーツ・グローバル・ホールディングスの株式をすべて売却したことを27日明らかにしました。   Diet Coke 中国からの輸入が断たれ、さまざまな商品が品薄になりました。人工甘味料は中国からの輸入に頼っていたため、ダイエット飲料に使用される材料が断たれたことからDiet Cokeが大手スーパーマーケットから一時期姿を消しました。Bloombergによるとコカ・コーラ社の世界の販売数量が4月初め以降に約25%減少したと発表。スタジアムや娯楽施設の閉鎖が続いていることも大きな要因。   バリカン 理容・美容室がHigher Risk Workplacesに位置づけられ、サロン営業を見合わせていたことから、バリカンの需要が高まりました。アマゾンでは、髪の毛の長さを調整できるアタッチメント付きのバリカンは品切れとなりました。確かに日々のシャンプーも少なく済み、理にかなっていますよね。ZOOM飲み会で会ったら丸坊主になってびっくりした、という現象も聞かれました。   パジャマ  自宅勤務で外出する機会が減り、家での滞在時間が増えたことにより部屋着の売れ行きが好調。CNNが「No one is buying pants, but pajaa sales are soaring」と表現したように、アパレル業者が倒産するなか、パジャマの売れ行きが前年に比べ143%アップしたというオンラインショッピングサイトもありました。   ひよこ コロナ感染が拡大し始めた4月、アイオワ州のひよこ販売業者に問合せが集中。ひよこが完売しました。社会不安が高まり、ひよこに癒しの効果を求めた人々が「パニック買い」に走りました。ひよこの売上げは、金融市場が不安定な時期や大統領選がある年に上がる傾向があるそうです。   小麦粉・強力粉・イースト   自粛生活がはじまると人々は何かを自分で作りだそうというモードになるのでしょう。パン作りが突如として流行り出し、パン生成のために必要な強力粉やイースト菌がたちまち品切れとなり、小麦粉、強力粉、イーストの売り上げが急増しました。 ニールセンのデータによると、3月21日で終わった週、その売り上げは2019年の同週比で647%という驚異の伸び!またパン作りの流行に伴って、美味しいパンを自宅で作ることのできるブレッドメーカーが売れ始めました。現在もまだ入手困難と聞きます。   ゴミ袋  家のなかで過ごすことが多くなると、当然、ゴミの量も激増します。それまでは、職場や学校などでゴミを捨てていたはずですが、その時間も家が請け負うことになってしまったからです。ゴミの量が増え、ゴミ捨て場に行く回数が増え、結果として、ゴミ袋の消費量が上がりました。暮らし方が変わるとゴミの量が変わり、ゴミが増えた結果、ゴミ袋が大量に必要になるという連鎖現象がみられました。   映画館  ロサンゼルス市長は3月15日、全映画館に閉館を命じました。密接触による感染拡大を恐れて客足が引いていたこともあり、そのこと自体はさして驚きではありませんでした。   しかし、その翌日、大手映画会社のユニバーサル・ピクチャーズが4月公開予定作と、公開されたばかりの新作4作品を、ビデオ・オン・デマンド(ネットやテレビ受信機による配信法)で提供すると発表したことです。これまでスタジオと劇場主のあいだでは、劇場公開からホームエンターテインメントまで約3ヶ月開けるということで合意が保たれてきました。   アメリカでは、チケットの売り上げをスタジオと劇場主が分け合うようになっており、公開後すぐの時期はスタジオが儲けの大部分を取り、週を経るにつれて劇場の割合が多くなります。全米最大のシネコンチェーンAMCは、このユニバーサルの発表に怒り、「今後ユニバーサル作品を上映しない」と発表し、厳しい三下り半を突きつけました。   一方で、AMCは多額の負債を抱えました。AMCは、アメリカ国内だけでなく、カナダ、イギリス、フランス、香港などに約1000館の映画館を所有する巨大チェーンであり、映画館がすべて閉鎖した3月中旬に2万6000人の従業員を解雇、3月末にはCEOら経営陣も含む600人の全社員を一時解雇しています。   ところが、5月13日イギリスの大衆紙「The Mail」がアマゾンがAMC買収を検討しているのではないかというニュースを報じ、AMCの株価が38%近く上昇するという事象が起きました。家にこもることが長引いている今、人々の鑑賞習慣が、Netflix、Hulu、アマゾンプライムなどの著しい台頭により、変化してきているのもまた事実です。

  • 第三十五回     アメリカでの人種暴動の引き金  

    2020年06月02日 アメリカ101

    ミネソタ州ミネアポリスで5月25日に、白人警官が黒人男性ジョージ・フロイドの首筋を膝で圧迫、死亡させた事件は、新型コロナウイルス禍に揺れるアメリカに新たな混乱を巻き起こす事態となっています。長年にわたり繰り返される警官による黒人への必要以上の暴力行為に対する抗議デモが少なくとも135都市で発生、一部の暴徒化した群衆が放火・略奪に走ったことで、鎮圧のため警察気加えて30州で州兵が出動する事態に発展しました。ドナルド・トランプ大統領は断固弾圧という強圧的な姿勢を崩しておらず、アメリカは国家としての危機的状況が深まっています。   いかに厳しい状況にあるかを示す事実がふたつあります。ひとつは、事件発生後の29日夜に、鉄柵で囲まれたホワイトハウスから道一つ隔てたラファイエット公園に数百人が参加する抗議デモがあり、投石やペットボトルを投げる騒ぎで、トランプが、身辺警護のシークレットサービスの指示で、メラニア夫人と3男バロンを伴ってホワイトハウス内の地下バンカー(壕)に約1時間避難したことです。   正式には「大統領緊急オペレーションセンター」(Presidential Emergency Operation Center)と呼ばれ、非常事態で大統領を身柄の安全確保のための施設。身辺保護で使用されたのは、2001年9月の同時多発テロ事件で、当時のジョージW.ブッシュ大統領がフロリダ州に滞在していたため、代わりにディック・チェイニー副大統領が一時避難して以来とみられています。その後このバンカーは、テロ行為で大型ジェット旅客機がホワイトハウスに激突しても、身の安全が確保できるように補強されたといわれています。   もうひとつは、今回のような大規模な全米での州兵/軍隊展開です。アメリカでの人種問題を起因とする大きな暴動としては、最近では1992年のロサンゼルス暴動があります。黒人男性ロドニー・キングへのロサンゼルス市警(LAPD)警官による暴行事件ですが、当事者の警官4人の無罪判決で抗議デモや暴徒による放火・略奪にLAPDが対応できなかったため州兵に加えて第7歩兵師団や第1師団など第一線の連邦軍部隊が出動、鎮圧にあたった経緯があります。しかし暴動はロサンゼルス都市圏に限定され、死者63人、負傷者2400人、損害総額10億ドルという最大級の人種暴動は6日間で収束しました。   それ以前にも1967年のデトロイト暴動(死者43人)、1965年のワッツ暴動(死者34人)といった単独都市での暴動が1960年代に発生しています。いずれも警官による黒人への暴力行為が起因です。今回のように、全米各地で同時に暴動が勃発したのは、1968年4月に、公民権運動の指導者マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師がテネシー州メンフィスで暗殺された直後以来です。首都ワシントン、ボルチモア、シカゴ、カンザスシティーなど100以上の都市での暴動で合計40人以上の死者を出すという、南北戦争以来最大規模の社会不安を引き起こした事件でした。   このようにアメリカでの人種暴動の引き金となったのは、その大部分が警官による暴力行為であるという歴史的な背景を強く意識する「被差別者」である黒人が、「またか」という虚脱感と同時に、やり場のない怒りのはけ口を身体で表現するのを理解するのは、そう難しくないことだと思われます。          (以下次号に続く)

  • Vol.461   今がチャンスだ、浅草!  

    2020年05月26日 テリー伊藤の東京チャンネル

     先日浅草に行ってきた。私の大のお気に入りの洋食屋「ぱいち」に行くためだ。このお店には、40年以上通っている。私、食に関してはまったく浮気性ではない。一度美味しいと決めたら、とことんそのお店に行くタイプなんです。何といってもここのビーフシチューは絶品です。もちろんアメリカにも美味しいビーフシチューは沢山あると思いますが、ここのお肉の柔らかさやまろやかさ、繊細な味は、アメリカの方々も絶賛してくれるだろう。私はウキウキ気分で浅草に到着したのだが、びっくりである!平日の午後6時、仲見世通りとライトアップされた浅草寺にまったく人がいないのです。まさにゴーストタウン状態でした。普段なら外国人観光客や、日本各地からのお客さんでごった返しているのだが、その静けさは異様なまでの光景だった。いかに浅草という街が、観光客で支えられているかということを改めて知った。そう、恐ろしく静かなのだ。  

  • ロックダウン後のラスベガス ゴーストタウンになっているって本当ですか?   ホテルの営業は? カジノは? ドライブスルー結婚式は挙げられるの? 現地から緊急レポートお届けします

    2020年05月26日 らららトピック

    世界屈指のエンターテインメントの街ラスベガスも新型コロナウイルス感染の影響を受けカジノ・ホテルなど3月半ばから休業措置をとっています。 休業措置以前から、ホテルは食べ放題のバフェを閉鎖、モールは一部の店舗を臨時休業、大規模なコンベンションを中止していましたが、トランプ大統領の国家非常事態宣言、ネバダ州のスティーブ・シソラク知事によるノンエッセンシャルビジネスの営業停止という前例のない命令を出した事をきっかけに色々と加速し、物資不足の懸念からラスベガスでもトイレットペーパー、消毒液、パスタ、米など、日本同様の買い溜めと買い占めが瞬く間に発生し次々と棚から商品が消えました。 入店時はマスク着用をお願いしたり、防犯のため入店前に一度マスクを外し防犯カメラに顔を映した後マスクを再着用し入店など様々なルールができました。 南ネバダ保健所SNHDの報告によるとラスベガスのあるクラーク群の新規感染者はいまだ増え続けています。 ロックダウン開始後の3月20日は126人・死亡者2人、4月30日は4118人・死亡者206人、5月26日午前10時現在、感染者7997人・死亡者396人と、まだ減少はしていません。   この数字は無料PCR検査が開始されたことによりテストを受ける人が増え、感染者数が増えている数字ともいえます。PCR検査は現在、コンベンションセンター、ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)、指定されたウォルマートの駐車場など各地で無料のドライブスルーPCR検査を実施しており、国籍や保険の有無に関わらずソーシャルセキュリティー番号と予約があれば誰でもテストを受けられます。

  • 運転免許証の期限7月まで延長 新型コロナでDMV  

    2020年05月22日

    【ロサンゼルス22日】カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、新型コロナ・パンデミックの中、DMVを訪れ感染者が出ることを防ぐため、4月に発表した運転免許証の延期期限をさらに延長し、7月までとする方針を決めた。   今年3月から7月に期限切れを迎える70歳以下のドライバーの運転免許証は、オンラインで更新手続きができない場合、有効期限が7月31日まで延長される。 また、6月と7月に期限切れする70歳以上のドライバーの運転免許証は、有効期限が120日間延長される。 カリフォルニア州で徐々にコロナ規制が緩和される中、DMVは今週、州内46カ所のオフィスで営業を再開させた。  

  • 【後編】 何がOK? 何がNG? ロサンゼルス市長も緊急会見 これが最新! COVID-19  ロサンゼルスのStay Homeルール

    2020年05月21日 らららトピック

    LA郡のあらたな自宅待機命令~許されていること・許されていないこと~  新しく更新された自宅待機命令(Safer at home public health order)をまとめてみました。大枠として、ハイリスクなビジネスは依然としてクローズされるものの、ローリスクの小売店については「カーブサイド、ドアサイド、屋外、または配達」により再開が許可。 ただし、屋内のショッピングモールのなかに位置する小売店は除きます。6フィートのソーシャルディスタンスの維持と、フェイスカバー着用はこれまでと変わらず義務付けられています。違反が発見されたら最大で1000ドルの罰金が課される。   許可されていること ・トレイル、ビーチ、ゴルフ場、テニスコート、射撃場、アーチェリー場、コミュニティガーデン、自転車道は開設されてもよいが、一定の制限はある。   ・再開の前提として、企業はマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを維持し、安全手順の掲示、ハンドサニタイザーなどの供給をしなければならない。   ・ビーチは条件付きで開放されており、現在はアクティブな利用に限る。ビーチの再開第2期では、自転車道や駐車場、砂浜でのラウンジなど他の利用もまもなく認められるだろう。   ・エッセンシャルな活動は許可されるが、ソーシャル・ディスタンスの維持は求められる。   ・LA郡内の住民は可能な限り自宅にとどまるべきである。在宅勤務が可能なら、引き続きそれが推奨される。住民は、医療サービスや買い物、仕事などの重要な活動のためであれば、自宅を離れることができる。   ・自宅を離れる人は、必ずフェイスカバーの着用が義務付けられる。4月以降、この方針に変更はない。   ・65歳以上、または既往症のある人は、医療や食料などの入手以外で、自宅を離れることは推奨しない。できるだけ自宅にとどまるべきである。   ・獣医への訪問や医療品の入手など、自分自身や家族の健康と安全のために重要な仕事   ・食料品や日用品の購入   ・エッセンシャル・ビジネスおよび低リスクビジネスの実行   ・裁判所などの政府機関からサービスを受けること   ・未成年者や高齢者および障がい者のケア   ・10人以下のグループミーティングで、障害サポートを受けること   ・10人以下の宗教活動   ・制限に従う限りにおいて、アウトドアのレクレーションをすること   許可されていないこと(閉鎖されたままであるもの)  ※新しい自宅待機命令は、頻繁に人と接触する可能性のある場所の閉鎖を私たちに要求し続けています。以下がリスクの高いビジネスとされ、現在も許可されていません。   ・バーやナイトクラブ   ・ジム、フィットネスセンター   ・映画館、ドライブインシアター、ライブ・パフォーマンス、コンサート・ホール、スタジアム、ゲーム施設、テーマパーク、フェスティバル(お祭り)   ・ボーリング場   ・公共の埠頭、ビーチの駐車場、砂浜を横断する自転車道   ・床屋やヘアサロン、ネイルサロン   ・マッサージ、ボディ・アート施設   ・保育所以外の子どもたち用の屋内・屋外の運動場   ・集合住宅の屋内プール、ジャグジー、サウナなどのコミュニティセンター   ・屋内外のフリーマーケット   ・屋内外の博物館、ギャラリー、動物園、図書館   ・屋内モールと屋内ショッピングモール   ・特別に許可されない限り、すべてのイベントや集会   ※記事内に記載されている内容は5月17日現在のものです。許可されている、または許可されていない内容は変更になる可能性があります。

  • 新型コロナウイルス 世界の感染者483万人超 死者31万人超

    2020年05月21日 らららトピック

    アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の5月19日午前7時点の集計によると、新型コロナウイルスの感染が確認された人は世界全体で483万4449人、亡くなった人は31万9147人となっています。 新型コロナウイルスは昨年12月に中国で初の発症者が出てから約5ヶ月で214カ国・地域へと広がりました。

  • マジック・ジョンソン氏が1億ドルの救済ローン提供 マイノリティーのビジネスへ  

    2020年05月19日

    【ロサンゼルス19日】元ロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソン氏が18日、新型コロナ・パンデミックの影響で経営難に陥ったマイノリティー所有のビジネスに、1億ドルの救済ローンを提供すると発表した。   自身の「Magic Johnson Enterprises」を通じて経営する「Equitrust Life Insurance Company」から、中小企業・個人事業主を支援する「PPP」の制度を用いてローンを提供する。 ジョンソン氏は、「銀行との良好な関係性を持たないマイノリティーによる小規模ビジネスの救済策となれば嬉しい」と話した。  

  • 浴衣姿の女性たちが消えていく  

    2020年05月19日 テリー伊藤の東京チャンネル

    私は日本の夏が大好きだ。歌手の小柳ルミ子さんの代表作「私の城下町」「瀬戸の花嫁」に歌われているような、日本の原風景がたまらない。 特に好きなのは、女性の浴衣姿。花火大会、盆踊り、縁日に行き交う彼女たちの下駄の音や、浴衣姿の華やかさが本当に待ち遠しい。   しかし待てよ。今年の夏、浴衣姿を見ることができるのだろうか。隅田川、神宮、多摩川などの花火大会が続々と中止になっているではないか。それだけではなく、全国各地の夏祭りも中止になってしまった。  

  • ドライバーと乗客にマスク義務付け Uber、6700人を解雇  

    2020年05月18日

    【ロサンゼルス18日】配車アプリ「Uber」は18日、新型コロナ対策として、ドライバーと乗客にマスクの着用を義務付ける方針を発表した。 パンデミックの影響を受けた利用者激減で、約一週間前に3700人の従業員を解雇したが、さらに3000人の解雇も発表した。   「Uber」のドライバーは今後、仕事開始前にセルフィーを撮影し、マスク着用を証明する必要がある。乗客には、助手席に座らないよう求める。 「Uber」のダラ・コスロシャヒ社長によると、コロナ・パンデミックで「Uber」の乗車率は80%近く減少した。  

  • 賃借人やテナントへの追い出し禁止措置を6月末まで延長 LA郡  

    2020年05月12日

    【ロサンゼルス12日】ロサンゼルス郡参事会は12日、新型コロナ・パンデミックの影響を受けて家賃が払えなくなった賃借人やテナントを追い出すことを禁じる「家賃支払いモラトリアム(猶予)措置」を、6月末まで延長する決議を採択した。当初の有効期限は5月末だった。   この措置の下、テナントらは、モラトリアム失効後、未納家賃の支払いに6カ月間の猶予が与えられる。   ロサンゼルス市でも同様に、自宅待機令(safer-at home order)の解除後、未納家賃の支払いに最長12カ月間の猶予が与えられ、強制立ち退きと家賃の引き上げを一時的に禁じる措置が取られている。    

  • 囚人らが故意に感染しようとする行為が問題に 新型コロナでLA郡刑務所  

    2020年05月11日

    【ロサンゼルス11日】ロサンゼルス郡キャステイクの刑務所で、囚人らが新型コロナウイルスに故意に感染しようと飲み物やマスクを共用する映像が公開され、同郡シェリフ局長が「許せない行為」と非難した。 ロサンゼルス郡刑務所全体で、新型コロナに感染する囚人がここ一週間で60%も急増し、パンデミック以降411人に達しており、囚人らによるこれらの行為が問題視されている。職員の感染者数は13日時点で120人。   シェリフ局長は11日の会見で、刑務所内の感染者数が増えれば釈放される確率が上がるとの誤った情報が囚人間で出回っていると説明。ソーシャル・ディスタンスも取られていない現状を嘆いた。   シェリフ局長によると、刑務所内の新型コロナ感染拡大を防ぐため、ロサンゼルス郡の囚人人口は2月以降、釈放により17000人から11700人に減少された。    

  • 【後編】 全米が動き始めた! 24の州が経済活動開始 5月8日、カリフォルニア州一部経済再開  

    2020年05月07日 らららトピック

    ニューサム知事は5月4日、カリフォルニア州経済の一部再開に向け、ステージ2への移行が早ければ8日にも見込まれると発表しました。これにより書店、アパレルショップ、スポーツ用品店、花屋等の営業再開が認められます。 知事はステージ2には、テレワークが可能な職場、レストラン店内での食事、ショッピングモールなどの再開は対象にならないと発表しています。ステージ2の段階に入ると、各郡は地域ごとの状況に応じて、より迅速に、あるいはゆっくり、規制を緩和することができます。 LA郡における学校は8月18日に再開の見込み  LA 郡の学校管理責任者のAustin Beutner氏は4日、キャンパスが直接授業を予定通り再開するかの決定はまだなされないものの、学校は予定通り8月18日に再開予定だと話しました。 小学生の子どもをもつバーバンク市の主婦は「子どもへの健康への危険があるなかでの学校再開は非常に不安だ」と話していました。オンライン学習に入り、子どもに充分な教育が施されていないと焦る親がいる一方、子どもを危険に晒すことには断固反対だという声もあり、二分しています。 ニューサム知事は繰り返し「科学やデータに基づいた判断をおこなう」としており、「早すぎる解除という間違いを犯さないようにしよう」と慎重な姿勢を示していますが、多くの家族にとって甚大な影響を与えるため、学校再開における発言には非常に注目が集まっています。    次に、ロサンゼルス郡のガルセッティ市長の発言をみていきましょう。ロサンゼルス郡では現在のところ、外出禁止令は5月15日までとなっています(5月5日時点)。 CNNのインタビューで、ガルセッティ市長は「大勢の人が集まるスポーツやコンサートなどのイベントがロサンゼルスで再開できるのは2021年かもしれない」との見通しを示しました。   「近いうちに数千人が集まることは想像しがたい。今年はそのつもりでいなければならないと思う」と指摘し、ワクチンや医薬品の開発、あるいは集団免疫の獲得にはまだ時間がかかるとの見解を示しました。ロサンゼルスはニューヨークと並ぶ巨大な街で、スポーツや大型イベントの舞台の場所でもあります。このため、ソーシャル・ディスタンスの対策をめぐるガルセッティ市長の発言やニューヨーク市のデブラシオ市長の発言には特に注目が集まっています。

  • 特定の病気に効くとうたったハンドサニタイザーに販売禁止令 連邦裁  

    2020年05月07日

    【ロサンゼルス7日】新型コロナウイルスの感染拡大で、ハンドサニタイザーの売り切れが相次ぐ中、連邦裁は4日、オレンジ郡レイク・フォレストの会社「Innovative BioDefense Inc.」に対し、特定の病気に効くことをうたったハンドサニタイザー「Zylast」の販売を中止するよう命じた。   2018年の連邦機関への告訴訴状では、BioDefense社は、この商品がノロウイルス、ライノウイルス、ロタウイルス、インフルエンザウイルス、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌、エボラウイルスに効果的だと宣伝し販売していた。   連邦裁は、これらの効果は事実無根であるとし、アメリカ食品医薬品局の規定に反するとした。  

  • オレンジ郡のビーチ再開 日光浴などは禁止  

    2020年05月05日

    【ロサンゼルス5日】カリフォルニア州国家資源庁とギャビン・ニューサム州知事は5日、オレンジ郡のハンティントン・ビーチ、シール・ビーチ、ダナ・ポイントの3市に対し、ビーチの再開を許可することを決めた。 同郡のビーチをめぐっては、週末に多くの人出があったことで新型コロナの感染拡大を懸念した州知事が4月30日に、一時的にビーチを閉鎖する方針を示し、市当局による法的措置や住民のデモが起きていた。   ビーチは、知事の自宅待機令に沿った厳しい規定の下の再開で、椅子やビーチタオルを置くなどした日光浴やピクニックは禁止。サーフィン、水泳、パドルボード、ランニング、バイキング、ウォーキングなどのアクティビティーに限り許可される。   これを受け、ラグナ・ビーチ、ニューポート・ビーチ、サンクレメンテの各市のビーチも再開を決定した。  

  • USCを学生らが集団訴訟 コロナ以降の授業料返金求め  

    2020年05月05日

    【ロサンゼルス5日】南カリフォルニア大学(USC)の学生らが5日、新型コロナ・パンデミックで通常の授業が受けられなくなったため、大学側に求めた授業料の返金を拒否されたとし、大学側を相手取る集団訴訟を連邦地方裁判所に起こした。   学生らは、2020年度春学期の授業料や寮などの食事代の返金を求めている。大学側は、新型コロナ以降、オンライン授業を実施している。 原告団代表のラティシャ・ワトソンさんは、ソーシャルウォークの修士課程の学生で、ローンで学費21886ドルを支払い、そのうち675ドルが食事代。訴訟では、未利用の食費と授業料の一部の返金を求めている。   大学を相手取り、授業料の返金を求める学生らの集団訴訟は、カリフォルニア大学とカリフォルニア州立大学でも起きている。  

  • メーデーにハンティントン・ビーチやLAでデモ 自宅待機令の解除求め  

    2020年05月01日

    【ロサンゼルス1日】「労働者の日」の5月1日、ハンティントン・ビーチやロサンゼルス・ダウンタウンでは、新型コロナによる自宅待機令で労働機会が制限されている住民らが、同命令の解除を求める デモを繰り広げた。   カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事が4月30日に、ビーチの閉鎖を命じたハンティントン・ビーチでは、これに反発する大勢のデモ参加者らが集まり、ソーシャル・ディスタンスも保たれなかった。   同日、南カリフォルニアの各地ではまた、医療従事者を感染から守る個人防護具(PPE)の不足を訴える看護師らによるラリーも繰り広げられた。  

  • オレンジ郡の全ビーチを閉鎖 コロナ感染拡大懸念し加州知事  

    2020年04月30日

    【ロサンゼルス30日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は30日、オレンジ郡のすべてのビーチを5月1日から一時的に閉鎖する方針を発表した。   気温が上昇した25、26日にかけての週末、新型コロナウイルスをめぐる規制緩和で閉鎖が解かれたベンチュラ郡のポート・ワイニーミ・ビーチや、オレンジ郡のニューポート、ハンティントンビーチに多くの人が繰り出し、ソーシャル・ディスタンスが守られなかったためで、感染の広がりが懸念されている。   これに対しニューポートビーチ市議会は28日、「ソーシャル・ディスタンスは守られていた」とし、知事の方針に反対する決議案を可決。ハンティントン・ビーチとダナポイントの両市議会も30日、同様の決議案を可決した。   オレンジ郡の30日の新型コロナ感染者数は145人で、老人ホームでの集団感染も起きている。30日の時点で、オレンジ郡(人口320万人)の感染者数は2393人、死者数は45人。  

  • 職員70人と囚人115人が感染 LA郡シェリフ局発表  

    2020年04月30日

    【ロサンゼルス30日】ロサンゼルス郡シェリフ局は30日、新型コロナウイルス・パンデミックが始まって以来、職員70人と囚人115人が新型コロナに感染したと発表した。 同日発表された報告書では、職員222人が現在、濃厚接触の疑いがあるとして隔離されており、859人が隔離期間を終え職場に復帰している。   囚人については、これまでに3201人が濃厚接触の疑いがあるとして隔離され、178人が感染の症状が見られるために隔離された。30日の時点では68人が陽性で、45人が回復した。  

  • LA市長宅前でデモ続けた牧師を逮捕 ホームレス救済求め  

    2020年04月30日

    【ロサンゼルス30日】サウス・ロサンゼルスの牧師が28日、Windsor Square地区のエリック・ガルセッティ・ロサンゼルス市長宅周辺で、スキッドロウのホームレスを新型コロナウイルス・パンデミックの間、ホテルなどに住まわせるよう求めるデモを数日間続け、逮捕された。   逮捕されたのは、宗教団体「Yes We can! Worship Center」のシャーマン・マニング牧師。ホームレス3人を引き連れ、Windsor Square地区で野宿もしていた。保釈補証金15万ドルで勾留されている。