24件中、1~20件表示

  • 加藤沙里、悪評判タレントNo.1になれ!

    2020年01月15日 テリー伊藤の東京チャンネル

     めでたいのか、不幸なのかよくわからないが、あの加藤沙里が「夫に3か月で1億円使わせた」で離婚した。常々「幸せはお金で買える」と豪語していたが、あまりの沙里の金の使いすぎに、旦那の商売がうまくいかなくなって、その結果かどうか知らないが、敢え無く離婚。まあ、思い切りがいいと言えばいいのだが。私は沙里のところへ電話連絡してみた。    朝11時頃だったが、当然寝ている様子。さすが沙里様、午前中は起きていないようだ。「離婚したの?」と聞くと、寝ぼけた声で「すみません、報告が遅れて。テリーさんにはお世話になっていたのに。」と言っていた。というのも、私は二人の結婚の見届け人としてサインをした関係がある。その際に一度旦那と会ったが、私から見ると、なかなかの好青年だった。こんな人が沙里と結婚してくれるんだとビックリしたことを覚えている。二人で私に会いに来た時にも、沙里は相変わらずおっぱいが飛び出すような服を着ていた。こんな服を着ていたら、旦那としては身体だけが目的で結婚したのではないかと思われて恥ずかしくないのかと思った。でも、おっぱいの出た服を着ていても、旦那は嫌な顔をする訳でもない。そうか、本当に身体目的で結婚したんだ~。別にそれは悪い訳ではない。世の中には、人柄が良いとか、仕事に対する姿勢が尊敬できると一緒になるという例もあるが、身体がイイという一点で結婚しても不思議はない。それだけ彼女が魅力的なのだろう。そういえば、沙里から旦那の愚痴を聞かされていた。彼がヤキモチ焼きで困る。いつも携帯をチェックする。などなど・・・愚痴のオンパレードだった。もちろん沙里の言葉なので、鵜呑みにするわけにはいかない。旦那にもそれ相当の不満があったのだろう。    考えてみれば、芸能人として何の実績もない加藤紗里が、なんとか芸能界で生き残っていられるのは、もしかしたら特別の才能があるのではないか。連日マスコミは「1億円使わせて偉そうなことを言っているバカ女」と報道している。そんな最中、相変わらず沙里は悪たれを言い続けている。ここなんです、実は加藤沙里は「自分を悪く見せる」才能を持っているんです!どうすれば、何を言えば、ネットで大炎上するか全て計算づくで行動しているんです。    どうすれば最悪の評価を受けるかを目標にして発言し続けているのです。最近の日本のテレビを見ていると、コンプライアンスか何だかしらないが「優しさの押し売り」「いい人じゃないと生きちゃだめ」情報番組もCMも全てがこのノリ。日本のテレビは今本当に息苦しいんです。    加藤紗里は絶対にスポンサーがCMタレントとして使いたくない、好感度タレントに一生出てこれそうにないポジションなんです。もう他の男とデートしている。痛快じゃないですか!テレビの業界、みんなが良い人じゃツマラナイ。こんな女がいても良いんです。

  • Ehime Pearl 12/5(木)〜12/8(日) ダイヤモンドイベント開催

    2019年11月26日

    エンゲージやアニバサーリーに、世界で一つのダイヤモンドリングをカスタムメイドで! ご自分のデザインや好みのイメージ写真に基づいて予算に合わせてオーダーも可能。 12月5日(木)〜12月8日(日)10am〜6pm(8日は4pm終了)。 期間中、高価買取りイベントも同時開催。 買取りでは300ドル買取り成立の人には20ドルのNijiya商品券進呈。 両イベントともお待たせしないために、完全予約制。 会場:トーランスRedac Gateway Hotel(20801 S. Western Ave. Torrance)

  • 【11/22(金)~12/1(日)】 LAオートショー

    2019年11月20日 Los Angeles

    国内外の自動車メーカーの新車が一挙に展示されるカーショー。 1000台以上の新デザインや新テクノロジーの車が紹介され、話題の新車のお披露目も。車好きや新車購入を検討中の人は必見。 入場料は$15~、シニア$10~、6~12歳の子供$6~、5歳以下は無料、オンライン割引あり。

  • 日本は強面の車が多すぎる

    2019年11月20日 テリー伊藤の東京チャンネル

    今回は、大好きな車の日本事情を報告したいと思います。 東京赤坂TBSの地下駐車場に入ると、多くの芸能人の車が駐車されています。 その中で最も存在感があるのが、というか、幅をきかせているのがトヨタ・アルファード、ヴェルファイアの高級ワンボックス軍団です!同じ顔のアルファードが5台並ぶこともあるのです。 以前のような超高級外車はほとんど見かけません。演歌の世界では今でも北島三郎さんや小林幸子さんはお約束のロールスロイスに乗っています。 ビートたけしさんもロースルロイス・ファントムで局入りします。しかし、今時は高級ワンボックスカーの後部座席豪華キャンテンシートという仕様がほとんどです!   それにしても、世界的なトレンドかもしれませんが、最近の車のフロントがどうしてあんなに強面なのだろう。 怖いたらありゃしません。「あおり運転」という言葉がこのところ紙面によく出てきますが、まさに「あおり顔」なのです。 いつ頃からこんな流れになってしまったのだろう! トヨタ自動車には同じワンボックスカーでエスティマという流線形をしたシンプルなデザインの車があるのに、残念ながら売れていない。 そんな訳でTV各局の駐車場は強面ワンボックスカーでひしめき合っています。 もう駐車場にいるだけで、Vシネマが数本撮れそうな勢いなのですが、早くこんな流れは変わって欲しいな~。   そんな中、日本の自動車業界にも救いはあるのです。 軽自動車の可愛いこと!! 「本当に素晴らしい。先日日本で行われたラグビーワールドカップで来日したヨーロッパの人達が日本の軽自動車を乗って 「ファンタジー、おとぎ話に出てくるような車ばかりじゃないか!」 「国に持って帰ってみんなに自慢したい!」 「パリの街を走ってみたい!」 「ロンドンの郊外をドライブしたい!」 そんな絶賛の声を多くの外国人の皆さんが私に話してくれました! 本当に嬉しかったし、日本人として誇りに思いました。 軽自動車を輸出することは、安全基準の問題や利益のことで実現は難しいかもしれないが、ヨーロッパの街中で日本の軽自動車が走る姿は痛快だろう。 ダイハツ・ムーブキャンパス、ミラ・トコット、スズキ・ハスラー、ラパンなど、本当にキュートだ。 海外にも同じクラスの車もありますが、動力性能やシフト性能、自動ブレーキなどレベルが違いすぎる程、日本車は優秀です!   それにしても軽自動車だと世界が驚嘆する車を作れるのに、何故か大きな車を作ると怖くなる。 これってなんなのですかね。 軽自動車を作る気安さで高級ワンボックスを是非作って欲しいと心から思います! ちなみに私の愛車は三菱デリカD5です。この車はいいですよ!

  • 時代の流れに合わせてこつこつと 健康関連商品輸入販売会社社長 マイケル 木桧 Michael Kogure  

    2019年11月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

    社員約200名、アメリカ国内に7支店を構え、美容・健康をテーマに商品の企画開発・製造、卸売販売を行うU.S. JACLEAN, INC. Presidentのマイケル木桧さん。 U.S. JACLEANオフィシャルウェブサイト www.usjaclean.com

  • デザインから工事まで ホームリモデル専門 Janeにお任せ!

    2019年11月13日

    リモデルの経験の多い信頼できるライセンスのあるコントラクターと共にデザインから工事まで一括してできる。 豊富な素材から選べるので思い通りのホームリモデルの実現。 新築や免震レトロフィットなどまで幅広く対応。初回お見積無料。ロサンゼルス、South Bay、OCエリアまでカバー可能。 お問い合わせは電話、Eメール、テキストでお気軽に。

  • 「パスの返し200%」 衣装スタイリスト/衣装製作 見留 小織 Saori Mitome  

    2019年10月16日 ロサンゼルスで暮らす人々

    映画やTVコマーシャル、TVシリーズ、ミュージックビデオ、バレエ団などの衣装スタイリスト・デザイン・製作を手がける見留小織さん。「毎回、そのプロジェクトに関われること、機会を与えられたことに感謝する」と話す(Webサイト:mitome-certifiedswag.com

  • 220万ドル相当の偽物ナイキ押収 LA・LB港で中国から  

    2019年10月11日

    【ロサンゼルス9日】ロサンゼルス・ロングビーチ港で9日、中国からの貿易船から、220万ドル相当とされる14,806足の偽物のナイキの靴が見つかり、連邦当局により押収された。 税関・国境警備局によると、このカーゴには「ナプキン」との偽装ラベルが貼ってあった。   ナイキによると、見つかったのはAir Jordan 11やAir Max ’97などのスペシャルエディションやレトロスタイルといったコレクターらに人気のデザインの偽物。 本物はオンラインで一足1,500ドルから2,000ドルで売られているものもある。  

  • ハートこもるアナログ デジタル時代に提供 デザイナー/Baum-kuchen経営者 高木 和可子 Wakako Takagi  

    2019年10月02日 ロサンゼルスで暮らす人々

    トラベラーズノートへの一目惚れが起業のきっかけの一つという高木和可子さん。「日記を書くことは米国ではセルフケア。心を豊かにするセラピーでもある」。紙を大切にするコミュニティは小さいが、アナログにはデジタルにはない“ハート”がある

  • プリザーブドフラワーおよび クリスタルアートリウム販売会 10/4 ニジヤマーケットで開催

    2019年09月18日

    アトリエヴァサロが10月4日(金)11amからニジヤマーケット(2121 W. 182nd St. Torrance 90504)にて、プリザーブドフラワーとクリスタルアートリウムの販売会を開催する。   本物の花でありながらも数年美しく咲きつづけるプリザーブドフラワーを使ったギフトやインテリアなど、大きなものから小さなものまでを取り扱う。 新しく開発されたクリスタルアートリウムは、小さな世界に花が舞う幻想的なものや、ライトを入れたインテリアまでいろいろなデザインにて出品。 当日はクラスの案内もあり。問合せは下記まで。

  • Faux Sweetsが セレクトショップ進出

    2019年09月11日

    フェイクスイーツブランド『Faux Sweets』がセレクト・ショップ4店舗に進出。 Landis (138 N Larchmont Bl. LA)、The Library Store (630 W. 5th St. LA)、Larkellen (718 Montana Ave. Santa Monica)、Little Blue (4774 Park Granada Calabasas) 。 オリジナルのジャンボサイズのカップケーキや、各店舗にしかないカスタムデザインも。 10月にはハロウィン、サンクスギビング、クリスマスのデザインも予定。誕生日やウェディングのギフト、インテリアデコにもおすすめ。

  • 仕事をしながら世界を廻る♥

    2019年09月11日 さとみるくの Happy Life Style

    名前:桒村 宰知子 Sachico Kuwamura   職業:Graphic Designer / Illustrator   ハマっていること:iPad Proでdrawing。愛猫と戯れる。   健康とキレイの秘訣:家族や気のおけない仲間と、よく食べよく笑う。時々、旅をする。   Yoga & Running お気に入りの場所:ヨセミテなどの国立公園。キャンピングカーで働きながら「アメリカ大陸横断の国立公園巡り」をするほど、アメリカの大自然が好き。Beverly HillsのUdon dining KOCHI がお気に入り!   アメリカに来た理由:自身がデザイナーである傍ら、日本でデザイン会社を運営。会社設立5年を迎え、LAにも拠点を設置。   最近感動したこと:LA留学時代の友人たちに、久しぶりに会えたこと。カリフォルニアの広い空を感じられたこと。   尊敬する人:旦那。自分を信じる強さと実行力、誠実さを兼ね揃えている人。   夢:自分の手がけたデザインやイラストで、多くの人に感動を与えること。仕事をしながら世界を廻る。   メッセージ:パートナーと日本でクリエイティブ会社を運営しています。LAにも拠点を置くことになり、グローバルに仕事を展開していきたいです。お仕事のご依頼、お待ちしてます。   オン・ザ・ハンモック | Design x Web x App ウェブサイト・アプリ制作、デザイン各種、イベントプロモーション&コンサルティング、映像制作、アテンド、通訳など。 サイト : http://onthehammock.com  

  • Vol.27 ロサンゼルスの大麻リキッド、 Vape事情 その2    

    2019年09月06日 マリファナのおはなし

    前回紹介した、オイルカートリッジをコイルタイプのバッテリーに取り付けて吸う一般的なvapeペンももちろん人気ですが、現在カリフォルニアに存在するVapeブランドは各社オリジナルのVapeペンを発売し、人気を争っています。 その中でも先駆者となったのがPAX Era(パックス・エラ)とStiiizy(スティーズィー)です。

  • Ehime Pearl & Diamond ダイアモンドイベント開催

    2019年09月04日

    27年の実績を持つLa Jollaの日本人経営宝石店Ehime Pearl & Diamondがダイアモンドイベントを9月14日(土)&15日(日) 10am~6pmにトーランスのRedac Gateway Hotel(20801 S. Western Ave. Torrance CA 90501)Meeting Room Cにて開催。 エンゲージやアニバーサリーに、世界で一つのダイアモンドリングをカスタムメイドで用意してくれる。自分のデザインや好みのイメージ写真に基づいた予算に応じての相談も可。気軽に問い合わせてみよう。 なお、恒例の高価買取イベントも9月12日(木)~14日(土)に同時開催。完全アポイントメント制。問合わせ・予約は下記まで。

  • アトリアヴァサロ 9月から 新商品Crystal Artrium®の 認定コースを開講

    2019年09月04日

    アトリアヴァサロでは新商品Crystal Artrium®認定コースを9月5日(木)&10日(火)の昼、13日(金)&16日(月)の夜に開講(いずれもトーランス、要予約)。 新開発の有害ガスが発生せず安心・安全に扱えるオイルを使用し、手軽に気泡を取り除くことができ、美しいクリアな標本型アートができあがる。オイルが固まるとスーパーボールほどの硬さに。いろいろなものを入れオブジェや記念品・贈物として楽しめる。 テクニカルデザイン認定コースは米国では同アトリエでのみ受講可能。1日で数品制作するレッスン受講で認定証が取得できる。

  • 快挙で一区切り 「今後は還元を」   KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター 徳永 優子 / Yuko T. Koach  

    2019年08月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

    TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。   2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。   16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。   この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。 感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。  

  • 「環境に優しい映画作りを」 プロダクションデザイナー 野畑 太陽 / Taiyo Nobata  

    2019年07月23日 ロサンゼルスで暮らす人々

    「映画作りには純粋な楽しさがある。さまざまな問題をなんとかしようともがくのは苦しいけど、同時に楽しい。そこがデザイナーの意義でもあるから」。   2年前からロサンゼルスで映画のプロダクションデザイナーとして活動する野畑太陽さんは、日本ではインダストリアル(工業)デザインを勉強していた。 しかし、映画『ブレード・ランナー』などで知られるコンセプトデザイナーのシド・ミードの画を見てプロダクションデザインというものが存在するのを知り、もともとの映画好きもあって「映画といえばLA」と考え、渡米した。   LA Film Schoolを昨年卒業し、現在はフリーランスのプロダクションデザイナーとしてインディペンデントの映画制作に携わっている。   小さな頃から絵を描くのが好きで、子どものころは漫画家になりたかったという野畑さん。物語が好きで、漫画や映画が大好きだった。   父はトイデザイナー、母は建築士という環境で育ち、デザインやインテリア、空間デザインに触れる機会が多かったことを考えれば、クリエイティブな関心が育ったことは必然だったと言える。   プロダクションデザインとは、映画のフレームの中にある色使い、部屋のスタイル、デクスチャーなどすべてのデザインを行い、スクリプトをビジュアル化する仕事。   「一番楽しいのはスケッチしているとき。時間的なプレッシャーもあり、バジェットの中でデザインを成立させないといけない。その中で自分の色を乗せていい作品を作るのは楽しくもあり苦しくもあるけど、最終的に映像ができると解放感がある。だからまた次に向かえる」。   監督とどれだけコミュニケーションを取れるかも非常に重要だ。 「映画を作るのは個人作業ではない。コラボレーションが空間(絵)を生み出す」。   譲れない部分はプロデューサーと交渉し、低予算でどういいものを作れるかがプロダクションデザイナーのスキルの一つであり、クリエイティブな部分でもある。 「お金がないと作れないという考えは好きじゃない」というこだわりを明かす。   これまで2年間でショートフィルム24本を制作し、最近は環境に優しい映画業界を作りたいという気持ちが芽生えてきたという。 「映画のセットは作って撮影したらもう用なしで、壊して捨ててしまう。もったいないし、環境にも良くない」。 エコを意識すると必然的にコストは上がる。 「素材別に分別して処分したり、ペットボトルやケータリングの残りをどうするかとか、そういった細かいところから一人ひとりの意識を変えていかないと」。   プロダクションデザイナーとして大きくなると同時に、エコフレンドリーな業界を作るのが今の目標だ。  

  • 女の運命は服で変わる♥  

    2019年07月16日 さとみるくの Happy Life Style

    名前:みなみ 佳菜(Kana Minami)   職業:パーソナルスタイリスト/デザイナー   ハマっていること:アメリカンビンテージのお洋服や食器をアンティークマーケットで見ること。   健康とキレイの秘訣:朝一番に熱めのお風呂に浸かってパンパンの顔のむくみを取ります。   お気に入りの場所:家の近くのウィルソンパーク、ダウンタウンファッションディストリクトの9thストリート沿いの生地問屋街。   アメリカに来た理由:夫の駐在3年目に合流する形でLAのファッションスクールにて服のデザイン、スタイリングの学びを深めるために。   最近感動したこと:デザイン科の卒業制作ファッションショーにてLAで活躍するモデル、ヘアメイクアップアーティストと共にステージを作り上げたこと。そこで出したデザインがCalifornia Apparel Newsに掲載された事! 9歳の娘のチアのステージを見た際にも号泣。   尊敬する人:父、夫、娘。   夢:パーソナルスタイリングやデザインする服CanauByKanaMinami、書籍を通じて一人でも多くの方々に内面の魅力を表す服で自分"Trueスタイル"を持つことにより、夢やありたい姿を叶えて頂きたいです!   メッセージ:トレンドやどこかのお洒落さんと比べてコンプレックスを感じる必要はありません。あなたの内面の魅力やありたい姿を装いに表すだけで皆さん夢を叶えています。お洋服は上、下物と羽織りしか無いので難しく考えなくて大丈夫ですよ! 9月7日(土)10時半~ M Labo LAにてセミナーを開催します。良かったらお越しください! お問い合わせはHPのお問い合わせフォームにて。 kana-minami.com/ (遠方の方には動画セミナーが発売されたばかりなので是非ご覧下さいませ)  

  • Vol.18 マリファナ×子ども×安全 チャイルドレジスタンスパッケージ

    2019年06月27日 マリファナのおはなし

    カリフォルニアで大麻が嗜好用として解禁になり大きく変わったことの一つとして、「チャイルドレジスタンスパッケージ」があります。子供による誤飲、誤食を防ぐためです。 アメリカの医薬品にも使用されている、子どもによる医薬品誤飲事故の防止するための簡単に開けることのできないパッケージです。 市販薬や漂白剤などと同様に、現在ではTHCを含む商品はチャイルドレジスタンス包装が義務付けられています。どんな種類があるかご紹介します!

  • 「死ぬまで勉強」 タトゥーアーティスト Tatoo Koji  

    2019年04月18日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日本では若い世代には浸透しつつあるものの、一般的にはまだまだ偏見が見られるタトゥー。しかし米国ではファッションやアートとして幅広く認知されている。ここでは文化として根付いているだけに、技術もどんどん新しくなり発展していくのだという。「進化するためにもここに居続けたい」と話すのは、日本人タトゥーアーティストのKOJIさんだ。  タトゥーに興味を持ったのは叔父の影響。背中一面に施されたタトゥーを見て育ち、もともと絵を描くのが好きだったこともあって自然にアートとしてタトゥーを受け入れていた。日本ではタトゥーショップへ行くとかなり高額になるが、「自分でやればタダだから」と自らの肌にインクを重ね、練習をしていたKOJIさん。高校生のとき、初めて自分で描いたデザインをタトゥーアーティストに入れてもらい、18歳でこの道へ進もうと決めた。  はじめはアルバイトをしながら生計を立て、タトゥーだけで生活するようになったのは23歳。我流で始め、まだインターネットも普及していなかった当時は本や雑誌で研究をした。しかし我流では限界を感じ、技術向上のために昔からデザインが好きだった彫り師に弟子入り。その後、独立して自分のショップを開いた。コンベンション参加のためにたびたび訪れていた米国へ来たのは2013年のこと。文化やデザインに惹かれ、「いつか行きたい」とあこがれを抱くようになっていた。  「繊細な技術やデザインは今でも日本が一番だと思う」と話すが、渡米してすぐ、日本の技術は日本でしか使えないことに気づく。「日本の技術は日本人向けのもの。米国では通じなかった」。日本人の皮膚はきめ細かく彫りやすい。色も映える。しかしこちらでは、肌の色、皮膚の厚さが違う人が多い。同じことをやってもうまくいかず、道具を変えたりと試行錯誤する日々を送った。もう一つ壁となったのが語学だ。タトゥーは基本的に一生残るもの。そのため、デザインについてもお客さんとよく話し合って決めなければならない。「最初は言葉が一番大変だった」と振り返るが、働いているショップで日本人は自分だけという環境の中、英語は自ずと身についていった。  生活の一部としてタトゥーが馴染むLA。「コンビニ感覚でタトゥーショップがあるし、街なかを歩いていれば目に触れる」と、KOJIさんもすっかりこの街に溶け込んでいる。「タトゥーはムーブメントの世界。はやりがあるし、新しい技術がどんどん出てくる。有名だった師匠でさえも自分を半端だと言っていた。だから自分も一人前は名乗れない。死ぬまで勉強。ずっとここでやっていきたい」。