36件中、1~20件表示

  • 米プロスポーツ、再開に暗雲 新たなコロナ禍、難しい判断  

    2020年06月21日

      【ニューヨーク21日時事】米国の新型コロナウイルス感染者数が一部の州で増加に転じ、シーズン再開や開幕を目指す米プロスポーツに暗雲が漂っている。感染拡大の第2波を懸念する声もあり、3月の休止から再始動した各競技に、深刻な打撃を与える可能性がある。   大リーグではフロリダ州とアリゾナ州のキャンプ地で、調整していた選手らが次々に感染。19日に全チームが練習施設を一時閉鎖した。7月開幕を目指しながら、労使交渉が停滞する大リーグにとって新たな不安要素となった。両州は早い段階で経済活動規制を緩和しており、ここにきて新規感染者が急増中。7月にフロリダ州の施設で再開するプロバスケットボール協会(NBA)、メジャーリーグ・サッカー(MLS)にも影響が及びそうだ。   今月再開した男子ゴルフは、2戦目のRBCヘリテージ(サウスカロライナ州)で出場選手に感染者が出た。当該選手は棄権したが、大会はそのまま続行。判明前日に同組で回ったルーク・リスト(米国)は「プレー中に検査結果を聞き、集中できなかった」。大会では全選手が検査を行い、検温などの対策を講じたものの、松山英樹は「思ったより緩い」と現場の対応に不安をのぞかせた。   米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、9月開幕のナショナル・フットボールリーグ(NFL)について「第2波がインフルエンザの流行期に重なれば、今季は無理かもしれない」と警告した。観客の入場を制限しても、選手の移動を伴うプロスポーツイベントの安全確保には、難しい判断が求められている。 写真:米男子ゴルフツアーの再開初戦が行われたコロニアルCC。パット練習場には他者との距離を保つよう看板が掲げられた=9日、テキサス州フォートワース    

  • IACEトラベル 50周年記念号 旅行雑誌 「旅マガ」完成  

    2020年05月21日

      今年で創業50周年のIACEトラベルが発行する旅行雑誌「旅マガ」が完成。今回の旅マガは、国内・国外ツアーやクルーズの紹介だけでなく、IACEの50年の歴史も紹介するなど、充実した内容になっている。 遠在住者や、希望者には無料郵送も受付けている。 詳しくは、旅マガのある以下のIACEウェブサイトをチェックしよう。   IACEトラベル 旅マガはコチラ www.iace-usa.com/tabimaga2020ss 877-489-IACE(4223)      

  • 第三十三回 「日本人を感動させた歌」で、 コロナ禍を乗り切ろう  

    2020年05月21日 アメリカ101

    これまで2回ほど、このコラムで“娯楽路線”として、YouTubeで無料アクセスできる映画や映像を紹介しましたが(連載第28,30回)、今回は第3弾として、4半世紀ほど前に「日本人を感動させた歌」でトップとなった曲を、さまざまな国際的なバージョンを中心に27曲を連続再生できるプレイリストと、「日本語が分かる/英語が分かる」ひとにとって、至福の時を過ごすことができる“コメディー”4本の映像をリストアップしましたので、新型コロナウイルス禍で滅入りがちな毎日を乗り切る糧としていただければと思います。   例によってYouTubeの「ssatola」検索で視聴可能です。 連載第30回の「目新しい音楽の世界」で、気が付かれた方もあるでしょうか、実は同じ曲が4回顔を出しています。 コラムのスペースが限られているので、大部分の曲についての説明をスキップせざるを得なかったのですが、この“最多出場”だったのは、長年にわたりギリシャを代表する作曲家/文化人/左派活動家として多彩な活躍していたミキス・テオドラキス(94)の民謡風のポピュラー曲で、同じギリシャ出身のメゾソプラノ歌手アグネス・バルツァーが歌って国際的なヒット曲となった「汽車は8時に発つ」です。 兵役に就くために汽車で駐屯地カテリーナに向かう恋人を慕う曲ですが、実は森進一が、この曲に惚れ込んだ五木寛之の歌詞(意訳)で歌っている映像があったのを、5本目のカバー曲として付け加えることを忘れたので、今回はリストのトップとしました。由来を知らなければ「日本の演歌だ」と言っても通用するほどの、素晴らしい出来栄えです。   「20世紀の日本人を感動させた歌」は、NHKが1997年に邦楽・歌謡曲を対象に実施した人気投票。全国から約2万曲について1700万票の投票があり、44万票を得てトップとなったのが、美空ひばりの遺作「川の流れのように」(作詞・秋元康 作曲・見岳章)です。 ちなみに、以下「いい日旅立ち(山口百恵)、「神田川」(南こうせつとかぐや姫)、「高校3年生」(舟木一夫)の順位で、国際的にヒットした坂本九の「上を向いて歩こう」(スキヤキ)は11位です。古いランキングなので、現時点で同様の人気投票をすれば、まったく違った結果となるかもしれませんが、この歌は永遠に「日本人にとっての心の故郷」のひとつであり続けるでしょう。   YouTubeで「Kawano nagareno yoni」と検索すると、当然ながら美空ひばり本人のバージョンに加えて、カバーされた映像が延々と出てきます。   目立つのは、メキシコの大衆音楽ジャンルであるマリアッチ楽団による数多くの演奏です。日本での興行で余興として歌ったのがきっかけに、メキシコやアメリカで流行ったものと思われます。そして、その伝で、「3大テノール」が日本を訪れたのをきっかけに、プラシド・ドミンゴとホセ・カレーラスの“持ち歌となり、とくにカレーラスはほぼ完ぺきな日本語でのスタジオ録音を仕上げています。 同じくオペラ歌手(ソプラノ)のアンゲラ・ゲオルギュー(ルーマニア)の本格的歌唱もリストアップしました。   最後は広義のコメディー4連発です。日本が世界に誇る話芸である落語からは三遊亭圓生の「らくだ」(1時間超)、そして「Mr. Bean」ことローワン・アトキンソンのスケッチ「Headmaster kills student」は日本語そして英語の“至芸”の極みです。Enjoy!    著者/佐藤成文(さとう・しげぶみ) 通称:セイブン 1940年東京都出身。早稲田大学政治経済部政治学科卒。時事通信社入社、海外勤務と外信部勤務を繰り返す。サイゴン(現ホーチミン市)、カイロ、ベイルート、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス各支局長を歴任し、2000年定年退社。現在フリーランスのジャーナリストとしてロサンゼルス在住。    

  • IACEトラベル 50周年記念号 旅行雑誌 「旅マガ」完成

    2020年03月18日

    今年で創業50周年のIACEトラベルが発行する旅行雑誌「旅マガ」が完成。 今回の旅マガは、国内・国外ツアーやクルーズの紹介だけでなく、 IACEの50年の歴史も紹介するなど、充実した内容になっている。 遠在住者や、希望者には無料郵送も受付けている。詳しくは、以下のIACEウェブサイトをチェックしよう。

  • MINMI 3/24(火)スペシャルイベント

    2020年03月11日

    ジャパニーズレゲエを代表するひとりMINMIさんが3月24日(火)8pm〜 Shing02 and Substantialツアーロサンゼルス公演のスペシャルゲストとして出演。 会場:TeragramBallroom(1234 W. 7th St. Los Angeles CA 90017) チケットは$40〜 www.teragramballroom.com/  チケット購入はお早めに!

  • 感染判明のクルーズ船入港 乗客は数日中に下船  

    2020年03月10日

     【オークランド10日時事】新型コロナウイルスの感染者が確認されたクルーズ船「グランド・プリンセス」が9日昼、カリフォルニア州オークランド港に入港した。横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で乗客らを隔離し、感染拡大を阻止できなかった日本の教訓を踏まえ、乗客の早期下船を優先させる。   船は、数十人の報道陣に見守られながら、サンフランシスコ湾内をゆっくりと進行し、港に入った。まず体調不良者を医療機関に搬送し、乗客約2400人を2、3日中に下船させる。下船した乗客の多くは、カリフォルニア州やテキサス州、ジョージア州の軍施設に送られ、14日間隔離される。乗員約1100人は船を下りず、洋上で隔離される。   240人近くの自国民が乗船していたカナダは、退避のための航空機を派遣すると表明した。日本政府によると、日本人4人(乗客3人と乗員1人)の体調に問題はなく、日本政府が対応を検討している。    グランド・プリンセスは、ハワイへのツアー中に集団感染の疑いが浮上し、先週後半からサンフランシスコ沖で待機。ウイルス検査をした46人のうち21人の陽性が6日に判明した。ダイヤモンド・プリンセスと同じくカーニバル社の傘下企業が運航している。   写真:クルーズ船「グランド・プリンセス」  

  • クルーズ船、21人陽性 乗員1100人は船内隔離へ  

    2020年03月07日

     【ロサンゼルス7日時事】ペンス副大統領は6日、新型コロナウイルスの集団感染が疑われ、カリフォルニア州沖で待機しているクルーズ船「グランド・プリンセス」の乗客乗員のうち21人から陽性反応が出たと発表した。46人を検査した結果、乗員19人、乗客2人が陽性だったという。船は商用でない港に入港し、全員が検査を受ける。   船には、乗客乗員合わせて約3500人が乗っており、日本人4人(乗員1人、乗客3人)も含まれる。ペンス氏は記者会見で、約1100人の乗員について「船内で隔離される」という見通しを示した。乗客の収容施設は明言しなかった。   これに先立ち、疾病対策センター(CDC)本部を視察したトランプ大統領は記者団に、米国内の感染者数に加えたくないため「乗船者は船内にとどまってもらいたい」と語った。   グランド・プリンセスは、集団感染が発生して横浜港で乗客らを隔離した「ダイヤモンド・プリンセス」と同じ米カーニバル社の傘下企業が運航している。   ハワイへの約2週間のクルーズ中、カリフォルニア州で死亡した感染者が2月に乗船していたことが明らかになり、予定を変更して出発地サンフランシスコの沖合に戻っていた。この感染者はサンフランシスコからメキシコに向かう前回のツアーに参加しており、他にも複数の前回参加者の感染が判明している。   写真:クルーズ船「グランド・プリンセス」  

  • 【3/6(金)】 ファースト・フライデーズ

    2020年03月04日 Los Angeles

    閉館後の博物館がナイトクラブに大変身。カクテル片手にDJやバンドの演奏を楽しめる他、特別ツアーや科学者を招いてのトークショーなど盛りだくさん。普段は経験できない夜の博物館を楽しんでみませんか?入館料は$20(会員は無料)。

  • 最終回 今までありがとうございました!  

    2020年02月28日 マリファナのおはなし

    突然ではありますが、今週のコラムで「ロサンゼルスのマリファナのおはなし」連載が最後となります。   2019年の3月から右も左も分からずとにかく我流で始めたコラムでしたが、連載当初の記事を読み返すとまぁなんと幼稚な文章。当時はまだ大麻ショップマネージャーだったため、日常的に英語しか使わなかったので日本語が下手で下手で! コラムを書いていても日本語がなかなか出てこなかったりと苦労したなんていう裏話はありますが、後半は少しよくなったのではないでしょうか!(笑)   1年間ご愛読頂き本当にありがとうございました!  

  • コズミックツアーズ クルーズのエキスパート会社 おすすめカリブ海の旅

    2020年02月12日

    紺碧の空と海、カリブ海へ新会社バージンボヤージュの新造船スカーレット・レディー号で出掛けませんか? マイアミ発で自社所有のリゾート島に寄りながらの航海。 アダルト専用のヒップなクルーズ旅で、一人$675より目的地・日数を選ぶことができる。 詳しくはコズミックツアーズ担当佐藤さんまで。 その他、さまざまなエリアのクルーズ旅行もご用意。 気軽に問合せをしよう。

  • COSMIC TOURS,INC. アラスカの絶景を見に行こう! プリンセスクルーズ7日間

    2020年02月05日

    コスミックツアーズでは、現在プリンセスクルーズをお勧め!アラスカの氷河がとける前に、美しい絶景を見に行こう! 2020年5月9日(土)〜9月19日(土)まで毎週出発で旅程を用意。 シアトル発着7日間 一人/$669(シアトルまで国内線特別料金あり)。その他のクルーズ会社や出発地については、気軽にクルーズ担当の佐藤さんまで問合せをしよう。

  • 「出産ツアー」にビザ発給せず 出生地主義の悪用阻止  

    2020年01月25日

    【ワシントン24日時事】ホワイトハウスは23日、出産目的で渡米を希望する外国人に対し、短期ビザを発給しない方針を明らかにした。 米国内で生まれた子供へ自動的に米国籍を付与する「出生地主義」を利用した「出産ツアー」を阻止するのが狙いで、新方針は商用や観光、治療などを目的とする「B1、B2」ビザの申請者が対象。 国務省当局者によると、日本などに認められた電子渡航認証システム(ESTA)を用いたビザなし入国には適用されない。   ホワイトハウスは声明で「外国政府が出産ツアーによる米国籍取得者を利用して、米国の安全保障を脅かす恐れがある」などと主張。「公共の安全と国家安保を強化し、米国の移民制度の健全性を保つ」ため、新方針が必要だと説明した。   国務省当局者は記者団に、申請者に妊娠検査を求めることはないと説明。新方針で重視するのが「(申請者が)妊娠しているかではなく、渡航の主目的は何かということだ」と語った。   トランプ大統領は、かねて出生地主義の廃止を唱えている。だが、米憲法は「米国およびその管轄地で生まれたか帰化した者は、すべて米市民権を有する」と規定しており、大統領権限による方針転換は困難とみられている。  

  • 【開催中~1/12(日)】 ブルーマン・グループ・オン・ツアー

    2020年01月08日 Los Angeles

    顔を真っ青に塗った3人組「ブルーマン」が、音楽や演劇など様々なパフォーマンスを展開するショーは、ラスベガスでもおなじみ。オリジナリティー溢れる青いパフォーマンスは、ハイクオリティで老若男女誰もが楽しめる。チケットは$26~。

  • Vol.41  リクエストの多いCBDショップ「Pure CBD」  

    2019年12月13日 マリファナのおはなし

    ブルードリームズツアーでも大人気で、必ずといっていいほどリクエストを頂くのがCBDショップへの立ち寄り。   書き切れないほどの効能があるCBDをはじめとしたカナビノイドは、老若男女関わらず摂取して生活に役立てて頂きたい天然の植物由来の成分。処方されている薬に頼ることなく、副作用なしで効能を得ることのできるカナビノイドは、『マリファナのおはなし』の読者様もご存じの通り、世界の注目を浴びています。   ロサンゼルスはマリファナが合法な上にヘルシー志向の人がたくさんおり、実際にビーガンやベジタリアンの人も日本人の私たちにとっては信じがたいほどに存在します。ヘルシー志向で体にいいとされているモノに関してはかなりオープンなロサンゼルスのローカルたちですが、パッケージに書かれていることをそのまま信用するのではなく、自分の目できちんと確認して、どういうものか自分で理解してから摂取を始める人が多いと思います。今まで摂取したことのないものは、自分できちんとリサーチしてどういうものかを理解してから、手を付けるというわけですね!   EijuオススメのCBDショップ ロサンゼルスといえどCBDショップが無数に存在するわけでもなく、品揃え、スタッフの知識力なども違いは目に見えて分かりますし、お店のテイストは本当に様々。そんな中でも一目置きたいこちらのCBDショップをご紹介したいと思います!  

  • 申込みはお早めに! 桜 春の高山祭&広島 10都道府県、桜を求めて9泊10日

    2019年12月11日

    2020年春の旅行はお決まりですか?JAPAN DELUXE TOURSでは、毎年人気の桜ツアーの申込みを開始した。 同社のツアーは他ではなかなかお目にかかれない特別企画が評判で、今回の桜ツアーは高山祭、ミホミュージアム(美の桃源郷)、足立美術館、嵐山人力車、舞妓とディナー、その他人気スポット巡りと盛り沢山。 現地ガイド付き。 ツアー料金:3598ドル(LAX出発の場合+航空券698ドル〜。出発日は4月10日)。

  • 人の心を揺さぶる音楽の力 ドラマー 田辺 壮一郎 Soichiro Tanabe  

    2019年12月04日 ロサンゼルスで暮らす人々

    LAでのセッションを中心にドラマーとして広く活動する田辺壮一郎さん。共演アーティストはグラミー賞ノミネートプロデューサーのRichard RudolphやAdam Berg、シンガーソングライターのMike Bauer、ジャズミュージシャンのCody Dearなど。 インスタグラムwww.instagram.com/souji_ichi/ https://souji-0719.wixsite.com/soichiro-tanabe

  • クルーズ専門旅行会社、 Cosmic Toursが大セール実施! 驚愕の$399から

    2019年11月26日

    近年、注目が集まる豪華客船の旅。 昔に比べ格段に料金が下がり、かつ豪華になりつつある船の旅の魅力を伝えるトーランスのクルーズ専門旅行会社、コズミックツアーズ。 今回の一押しは、ロサンゼルス発着 ノルウェージャンジョイ号(167,225トン)で行く、新春1月12日発・バハカリフォルニア5日間。 何と、バルコニー付の部屋が驚愕の$399からの大セール!今なら、無料Wi-Fi、無料観光、オープンバーなどの特典が付いてくる!ぜひこの機会に初クルーズ体験をしてみては?

  • 【開催中~11/25(月)】 マドンナ マダムXツアー

    2019年11月20日 Los Angeles

    最新アルバム「マダムX」を引っ提げてマドンナが敢行中の世界ツアー「マダムX」のラスベガス公演。 アリーナよりも小さい会場なので、より身近にマドンナのパフォーマンスを肌で感じられる公演は必見。 チケットは$175~。

  • ZEROになった今この瞬間 KENTO

    2019年11月20日 ロサンゼルスで暮らす人々

    KENTOの360度クリエイションによるエンターテイメントの世界。限界を超えた新たな挑戦が今はじまる。 KENTOインスタグラム:kento_km1

  • 大江千里ワールドツアー In カリフォルニア 11/20(水)Studio Cityにて

    2019年11月06日

    大江千里ジャズアルバム6作目の『Hmmm』ツアーがいよいよロスで開催!自身初となるドラムを入れたトリオ編成。 「ホッと一息、理屈抜きに楽しめる音楽」がテーマ。 今回、Vitello'sのメンバーは、アルバムにも参加した人気ベーシスト、マット・クロージー、圧巻のドラムはロス出身のマーク・ファーバーに決定! アルバムに新しい息吹を吹き込むライブになること間違いなし。 美味しいお食事もできる素敵なクラブで楽しくて熱い夜を過ごしてみては。