51件中、1~20件表示

  • 【開催中~1/12(日)】 ホリデイ・アイス

    2020年01月08日 Los Angeles

    ダウンタウンの複合施設L.A. Liveに今年も期間限定でスケートリンクがお目見えする。ライトアップされたクリスマスツリーを見ながら野外リンクで思いっきりスケートが楽しめる。料金は$22、6歳以下の子供・シニアは$17。

  • Xマスツリーから出火、家族4人が死亡  

    2019年12月27日

    【ロサンゼルス28日】リバーサイド郡へメット市で27日午前1時過ぎ、アパートのクリスマスツリーから出火し、父親(41)と、4歳と12歳の娘が死亡した。救出され病院で治療を受けていた8歳の息子も翌日に死亡した。   父親は、火事から子供らを救おうとして死亡。母親と乳児、11歳の長男は、アパートの外へ逃げ出し無事だった。 へメット消防署員は、クリスマスツリーから出た火が瞬く間にユニット中に広がったとし、早急な避難を可能にするスモーク・アラームを設置する重要性を語った。  

  • 【開催中~12/31(火)】 フェスティバル・オブ・ライツ

    2019年12月26日 Los Angeles

    今年で27回目を迎えるミッション・イン・ホテルが美しいクリスマスライトで彩られる圧巻のクリスマスライティングは見逃せないホリデーイベント。29日午後4時半から点灯式が行われ、花火の打ち上げや子供向けアトラクションなどもある。500万個ものライトで飾られたミッション・イン・ホテルはとても幻想的。

  • $5・3Mの医療債務を返済 イーグル・ロックの教会  

    2019年12月25日

    【ロサンゼルス25日】イーグル・ロックの教会「Christian Assembly Church」がこのクリスマス、ロサンゼルス地区に住む、収入が連邦の定める貧困レベルを下回る5555世帯に対し、世帯が負担する医療債務530万ドル分の返済を実施し称賛を集めている。   同教会は、教区民からの寄付金5万ドル以上を用い、債務免除を行う非営利団体「RIP Medical Debt」と協力して医療債務の返済を実現。教会メンバーが住む地区を中心に、LA、アズサ、ハリウッド、サンゲーブリエル、シルマー、グレンデールなどの28市に住む5555世帯が返済対象に選ばれた。 「自己破産やホームレス化の原因にもなる医療債務問題を解決することで、人々の重荷を取り去ることができれば」と同教会のヒュージ牧師。 今後も、信用機関と協力し、個人のクレジット・スコア回復を援助する計画があるという。  

  • IACE TRAVEL クリスマス& お正月キャンペーン実施中! 羽田行きチケットがお得!!

    2019年12月18日

    2020年3月28日ユナイテッド航空ロサンゼルス⇔羽田空港の新規路線就航を記念してキャンペーンを実施中! ユナイテッド航空羽田行きエコノミークラス航空券を購入すると、無償で足元が広いエコノミープラスの座席にアップグレードされる。 1月24日までの購入、席に限りあるため購入はお早めに! 次回の日本帰国は、キャビン前方の座席でレッグルームに余裕があるフライトで快適に!

  • 【開催中~2020/1/6(月)】 ホリデー・アット・ディズニーランド・リゾート

    2019年12月18日 Los Angeles

    夢の国ディズニーランドで、ホリデーシーズンを楽しむ特別イベントが今年も開催される。 園内全体がクリスマスのデコレーションと華やかなライトで飾られ、クリスマスパレードも楽しめる。 サンタクロースも登場し、ホリデーシーズンならではのディズニーマジックが満載。

  • 【12/21(土)】 ホリデー・シングアロング

    2019年12月18日 Los Angeles

    ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団とコーラスグループによる伝統的なクリスマス公演は、パイプオルガンの美しい音色と共にクリスマスソングが楽しめる。チケットは$38~。

  • 【開催中~2020/1/5(日)】 ナッツ・メリー・ファーム

    2019年12月18日 Los Angeles

    ナッツベリーファームでスヌーピーらピーナッツの仲間たちと一緒にホリデーを楽しむクリスマスが今年も開催。 ピーナッツキャラクターによるアイススケートショーやサンタクロースとの記念撮影など、園内はクリスマスムード一色に。入場料は大人$53~。

  • 【12/24(火)】 LAカウンティ・ホリデー・セレブレーション

    2019年12月18日 Los Angeles

    クリスマスイブ恒例の無料ホリデーイベント。 人種のるつぼロサンゼルスならではの世界各国の歌や音楽、ダンスでクリスマスを祝う1959年から続く伝統あるホリデーイベントは必見。 開場は2時半だが、座席は先着順なの早めに出かけよう。

  • 【開催中~12/29(日)】 ホリデーズ・アット・ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

    2019年12月18日 Los Angeles

    ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでホリデーシーズンを楽しむイベントが開催中。 園内はクリスマスデコレーションに彩られ、ハリー・ポッターをテーマにしたウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターもクリスマス色に染まっている。 入場料は$109~。

  • 【12/13(金)~12/22(日)】 くるみ割り人形

    2019年12月11日 Los Angeles

    世界最高峰のバレエ団の一つアメリカン・バレエ・シアターによるクリスマスシーズン定番の名作「くるみ割り人形」が上演される。幻想的な夢の世界は、子供から大人まで楽しめる。 チケットは大人$29~。月・火曜日は休演になる。

  • 【12/14(土)】 キングハーバー・ホリデー・ボートパレード

    2019年12月11日 Los Angeles

    レドンドビーチのキングハーバーで毎年行われるクリスマスのボートパレードが今年も行われる。 ピア周辺の他、Moonstone Parkやウォーターフロンに面したレストランからの眺めも良い。見学は無料。

  • 【12/14(土)】 マリナ・デル・レイ・ホリデー・ボートパレード

    2019年12月11日 Los Angeles

    美しいクリスマスイルミネーションで飾られたボートがマリナ・デル・レイのハーバーをパレードする。 午後5時55分から花火の打ちあげが始まり、6時から2時間に渡って湾内をパレードする美しいボートを見学できる。 ビレッジ内のレストランでは食事を楽しみながら見学できる他、Burton Chase Parkからの眺めも最高。見学は無料。

  • 【12/14(土)】 クリスマス・ツリー・レーン点灯式

    2019年12月11日 Los Angeles

    パサデナの北に位置するアルタデナの住宅街が、今年もクリスマスイルミネーションで飾られ、幻想的な雰囲気となる。 午後6時に点灯式が行われる。99年続く美しいイルミネーションは一見の価値あり。イルミネーションはクリスマス後まで楽しめる。

  • 【12/13(金)~12/14(土)】 ベンチュラ・ハーバー・パレード・オブ・ライツ

    2019年12月11日 Los Angeles

    今年で43回目を迎えるベンチュラ・ハーバーで毎年開催されるクリスマスのボートパレード。 美しくライティングされたボートと花火が見どころ。また、ハーバービレッジには屋台やゲームも登場し、サンタクロースもやってくる。見学は無料。 パレードは午後6時半、花火は8時~。

  • Vol.10 多様化する高校卒業後の進路

    2019年12月09日 教育コラム

    海外の高校卒業後に帰国する生徒の多くが米国からの帰国生で、その大部分が海外駐在員の子どもですが、近年では、永住や米国籍の子どもが日本の大学に進学する傾向が強まっています。一方で、海外駐在員子女が米国の高校卒業後に米国の大学に進学するケースもあり、進路は多様化しています。  海外の高校卒業生の進路の一つが、卒業翌年の春に日本の大学に入学するルートです。春入学の帰国生入試は、在籍高校の成績証明書やTOEFL、SATなどのスコアなどの書類に加え、学科試験の受験が必要です。試験科目は、概ね文系学部志望者には小論文と英語や国語、理系学部志望者には数学、理科と小論文が課されます。また、大半の大学で面接も課されます。春入学を目指す高校生は、現地校で学びながら、これらの受験対策学習をする必要があり、両立が大変です。また、在外年数が二年~三年と短い場合には、TOEFLやSATなどのスコアを伸ばすのにも苦労しています。帰国してからは、ほとんどの生徒が予備校に通学して受験対策学習を進めます。受験勉強は、私立大志望者は十月まで、国公立大志望者は十一月または二月下旬まで続きます。  二つ目は、高校を卒業した年の秋に入学するルートです。秋入学の帰国生入試は、成績証明書やTOEFL、SATなどのスコアやエッセイなどの書類のみという大学が多く、高校を卒業してすぐに大学生になれるのが魅力です。ただし、現地校の成績やTOEFL、SATなどのスコアが合否の決め手になりますので、在外年数が長く英語力が伸びている高校生が、このルートに目を向けています。ただし、大学入学後、日本語で学ぶことに苦労しているケースも見られ、留年や中退をしてしまったという話も耳にします。  三つ目は、二つ目と同様に秋に大学に入学しますが、英語で行われる授業のみを受講して卒業できる英語プログラムを行っている大学・学部に入学するルートです。約十年前に文部科学省のグローバル30(国際化拠点整備事業)が始まり、その後のスーパーグローバル大学創成支援事業によって、英語プログラムを実施する大学・学部が続々と登場しています。これらの大学・学部への入学方法は、秋入学と同様に、成績証明書やTOEFL、SATなどのスコアやエッセイなどの書類のみという大学が多く、英語で学び学位が取得できるため、これまで米国の大学への進学を考えていた高校生も、日本の大学に目を向けるようになっているのです。  最後は、米国の大学に入学するルートです。米国生まれや米国生活の長い子どもが中心ですが、駐在員子女でもこのルートに進むケースが現れています。米国の大学は、現地校での成績(GPA)やSAT、ACTなどのスコアなどで、合格できそうな大学が判断できますので、このルートを選択する駐在員子女がいるのです。中には、世界大学ランキングでトップクラスの大学に進学するケースもあります。   次回は、『帰国後の英語力の保持・向上について』を掲載します。   早いもので、サンクスギビングも終わり、もう12月です。サンディエゴの冬は、これまで住んでいたミシガンと比べて暖かく、とても過ごしやすいです。ただし、ホワイトクリスマスを味わうことができないのが少々残念ですが、ビーチでクリスマスを迎えるのもいいなと思います。  

  • LA ジュビリー教会 クリスマス礼拝開催 12月25日午前10時半

    2019年12月04日

    トーランスにあるジュビリー教会が、12月25日午前10時半からクリスマス礼拝を開催する。 賛美の時、クリスマスの意味の聖書から説教が語られる。ロサンゼルスに来たばかりの方、友人づくりも兼ねて、初めてのクリスマス、教会で過ごしてみてはいかが? 初心者の方はもちろん、駐在員の方、在住歴の長い方の参加も大歓迎。参加無料、席上ドネーション自由。

  • Orange County Friendship Choir 2019ホリデーコンサート

    2019年12月04日

    オレンジカウンティで唯一の日系混声合唱団「Orange County Friendship Choir(OCFC)」が毎年恒例の2019ホリデーコンサートを開催する。 日時は12月12日(木) 7:45 pm、場所はYamaha Music Center(4620 Barranca Pkwy Irvine CA 92604)。 家族、友達誘い合わせて、クリスマスキャロルをコーラスと一緒に歌い、レセプションでメンバーとの交流を楽しむことができる。 コンサートの入場は無料。 OCFCについての詳細は下記まで。

  • 【開催中~12/23(月)】 クリスマス・キャロル

    2019年12月04日 Los Angeles

    イギリスの文豪チャールズ・ディケンズが1843年に出版した小説「クリスマス・キャロル」を基にしたミュージカル。 クリスマスの夜にケチで孤独な初老の男の元に3人の精霊が現れて運命が変わる物語は、クリスマスにぴったり。チケットは$25~。

  • 【12/7(土)】 ベンチュラ・ウィンター・ワイン・ウォーク・ アンド・ホリデー・ストリートフェア

    2019年12月04日 Los Angeles

    ダウンタウンの複合施設L.A. Liveに今年も期間限定でスケートリンクがお目見えする。ライトアップされたクリスマスツリーを見ながら野外リンクで思いっきりスケートが楽しめる。料金は$22、6歳以下の子供・シニアは$17。