連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

ロサンゼルスで暮らす人々

  • 「様々な人にフラの魅力を伝えたい」

フラダンス講師

有本 満恵|Mitsue Arimoto


 

    「様々な人にフラの魅力を伝えたい」 フラダンス講師 有本 満恵|Mitsue Arimoto  

    2018年07月05日 ロサンゼルスで暮らす人々

     ハワイ先住民族の伝統的で神聖な踊り、フラダンス。フラはハワイの言葉で「踊り」を意味し、もともと自然を崇拝して踊る宗教儀式だった。手の動きで花、雨、風、愛などの詩を表し、表情や全身の流れるような動作を組み合わせて感情を表現する。そしてハワイアンのウクレレの音色や緩やかなリズムに合わせて優雅に踊ることで自分自身にも癒しの効果をもたらす。無理のない緩やかな運動なので何歳からでも始められ、美容と健康にもいいと日本でも人気である。そんなフラをサンディエゴの日本人に教えているのが有本満恵さんだ。  もともと日本にいた時に友人のフラダンスショーを応援に行き、フラに出会った有本さん。それからご主人の転勤で海外に行きフラが習える機会がなかなか見つからなかったが、日本に帰国後、2011年から本格的に学び、インストラクターの資格を取得した。「当時はフラが楽しくて無我夢中でクラスを掛け持ちして、毎日通って踊っていました」  そんなに有本さんを夢中にしたフラの魅力とは何か。「まずフラの鮮やかな色の衣装や首飾り、花の髪飾りを身につけるだけでも気分は向上します。そしてフラの振りの意味を知り表現することで自然を崇め、家族に対する愛情を感じて浸ることができるのです」  それから日本のザバスYMCAなどでレッスンを受け持ち、その後、夫の転勤でサンディエゴに移住し、個人でフラを教えて1年あまり。最初は知人の2、3人で始めたが、現在はフェイスブックを通して興味を持った人からの連絡が続き、生徒は16人となった。またサンディエゴバルボアパークのジャパニーズガーデンのイベントに参加したことがきっかけで発表の機会が増え、今は日系イベントや地元のフェスティバルなど月1回のペースで踊りを披露している。「最初は舞台に立つのをためらった生徒さんもいましたが、群舞をするとみんなの心が一つとなっていいものを表現できるのが気持ちいいという感想を聞きます。サンディエゴの生徒さんは外国生活を経験しているので、日本の生徒さんより積極的で、自分を表現する楽しさを体験したいという人が多いですね」。現在の生徒は20代から60代と幅広く、世代を超えて一つのことを成し遂げて、和気あいあいと話す時間も楽しみだという。  日本ではフラは認知症に効果があると言われて老人ホームでのアクティビティとしても行われているそう。「私も地元の老人ホームを慰問してダンスを見てもらい、シニアの方にも踊りを教えたい。フラは車椅子の方でも手を使って手話のように踊りが表現できて楽しめます。みんなの心が一つとなってクラスがコミュニティの場として広まっていくといいですね」。

  • 100%の情熱注ぎ込む 最前線から母国へ恩返し

歯科医

清水 藤太|Tota Shimizu, DDS


 

    100%の情熱注ぎ込む 最前線から母国へ恩返し 歯科医 清水 藤太|Tota Shimizu, DDS  

    2018年06月21日 ロサンゼルスで暮らす人々

     祖母と父親が歯科医だったため、自然と「家業を継ぐ」という形で歯科医になった清水藤太さん。その専門は「エンドドンティクス」と、一般的には聞き慣れない分野だ。これは歯内の根管治療、つまり歯の神経治療を専門としており、日本はこの分野では韓国や台湾などの近隣諸国と比べても遅れているという。「日本の歯科はある分野では非常に進んでいるところがある一方、ある分野ではびっくりするほど遅れているところがある。他の産業分野でもそうかもしれないけれど、非常に進歩的なところと旧態依然としたところが混在しているところがあります。そのため、エンドドンティクスの分野で進んでいるアメリカで勉強し、それを日本に還元したいと思いました」。  1998年、留学先に選んだのは南カリフォルニア大学(USC)。米国で有数の大学院のなかでも、東海岸のペンシルベニア大学と並んでこの分野ではトップであるという理由からだった。2年後に米国歯科国家試験に合格し、同年、USC臨床准教授に就任すると大学院生の臨床指導を開始。翌2001年、ロサンゼルスにてエンド専門医として開業した。2011年にはUSC歯学部『2011年度最優秀臨床准教授賞』を受賞。10年間の功績が認められた瞬間だった。2013年からはUCLA歯学部に移り、現在もクリニカルインストラクターとして若き医師の卵たちの指導にあたっている。  歯科医としての仕事は、実際の診療を通じて「この歯を助けることによってこの患者さんの人生のクオリティーを高めることに貢献している」という実感を得られ、同時に学生たちの教育を通じて未来の歯科医を育てているという充実感があるという。「ラッキーなことに、この仕事には自分は100%の情熱を注ぎ込めています。それだけの情熱があれば、逆境や失敗があってもそれを逆境とも失敗とも思わない(笑)。 だから困難なことというのは一切ないです。ゼロ」と言い切る。  留学生時代、英語も得意ではなく、ほかの学生たちになじめない自分がいた。しかしある日、勇気を出して放課後の飲み会に参加してみた。思い切って輪の中に飛び込んでみると、場を楽しみ周囲と打ち解けることができ、米国では日本人の美徳とされる遠慮や引っ込み思案は通用せず、「図々しいくらいがちょうどいいと悟りました」。そんな経験をしたロサンゼルス在住歴はすでに20年。すべてが自己責任であるところが気に入っている。「だれも他人のことを気にしないし、自分も他人のやる事に何の責任も負わない。各人が自分のやるべきことを自分で決めて自分のペースで進んでいける。すべての人にとって無限の可能性が広がっている場所」。開業した土地への愛着は強いが、母国への感謝も忘れてはいない。「ロサンゼルスという歯科の最前線で日々診療している立場から日本の先生方に還元できるものは多くあると思う」と、遠く離れた場所からの恩返しを誓う日々だ。

  • “好き”を仕事に

起業家

三石 勇人|Hayato Mitsuishi


 

    “好き”を仕事に 起業家 三石 勇人|Hayato Mitsuishi  

    2018年06月14日 ロサンゼルスで暮らす人々

     好きなことを仕事にする。口にするのは簡単だが実践するのはなかなか困難だ。それを実現しているのが三石勇人さんだ。カナダで生まれ育った日本人だが、高校時代はニューヨークで過ごし、大学は日本で通った。卒業後は日本企業に勤務し環境ビジネスに携わっていたが、「アメリカでMBAを取ってその後はもっと好きなことをやりたい」と思った。「ミーハーなんですけど」と笑いながらも「映画が好きなのでエンターテイメントの世界へ飛び込むことと、ビジネスも好きなので両方できることは何かなと」考えたとき、ロサンゼルスにあるUCLAビジネススクールの案内を目にし、エンターテイメントビジネスが勉強できることを知った。渡米し、MBAを取得した後は20世紀FOX社を経て2008年に〝独立〟した。  起業したKevin’s Entertainmentが手がける業務の一つがコンサルティング。米国のメジャースタジオや日本のエンタメ会社が主なクライアント。「日本と米国の会社の間に立って交渉する『ネゴシエーター』が仕事ですね。日米の商習慣や文化、立場、求めている成果が違うことから、相互の考えには摩擦やすれ違いが生じる。その問題を両方の立場からすり合わせて、交渉します。この過程で勉強になることはたくさんあり、案件をこなすごとに知識と経験と人脈が増えるのでやりがいがあります」。マネジメント業務も請け負い、現在抱えるタレントは5名。それぞれロサンゼルス、日本、中国在住と国際色が強い。日本を拠点とする2人の映画監督もマネジメント業務のクライアントだ。自分にしかできないこと、自分のスキルを活かすことで案件がうまくいったときの達成感は大きい。マネジメントしているタレントが大きな仕事を取ってきたり、監督の作品が賞を取ったときの喜びは計り知れない。  海外で外国人としてビジネスを展開することは、特に不利だと感じたことはない。「むしろ日本を武器にしています。日米エンタメビジネスの現状と商習慣を理解し、経験と人脈を活かしてお互いが満足する結果に導くのが自分の仕事です。信用も必要になるし、調整していくのが面白い。大変なときは『これを乗り越えたら自分も成長できる』と思うようにしています」。  現在は映画のプロデュースも手掛けている。日米企業間の交渉人としての経験、タレントマネージメントの経験、そして日本映画に特化した映画祭「LAEigaFest」のプロデューサーとしての経験が役に立っているという。日米加間の3カ国での異文化経験というバックグラウンドを持つ三石さんにとって可能性はまだまだ大きい。「常に妥協せずにやっています。好きなことを仕事としてやるのは難しいし、それなりの努力が必要だから」。地道さと謙虚さを忘れず見据える未来は、夢と希望に満ちている。

  • テーマは“受容と共有” 音で伝えるエネルギー

ミュージシャン

今江 佳皓|Yoshihiro Imae


 

    テーマは“受容と共有” 音で伝えるエネルギー ミュージシャン 今江 佳皓|Yoshihiro Imae  

    2018年06月07日 ロサンゼルスで暮らす人々

     音楽とポッドキャスト。どちらも何らかのメッセージを〝音〟にのせて伝えるツールだ。この両方を使うのが、ロサンゼルス在住3年目のミュージシャン今江佳皓さんである。〝西海岸ロック〟と呼ばれる音楽が好きで、2016年にアメリカへやってきた。「自分の作るメロディーがどれだけ本場で通用するか挑戦したかった」といい、苦労の末に巡り合ったメンバーとともに、昨年「A PAGE UNTURNED」というロックバンドを結成。今年3月には初の作品リリースにこぎつけ、4月には初ライブも成功を収めた。  バンド活動と並行して行うのが、日本人向けポッドキャストの配信だ。米国で活躍する日本人をインターネットラジオの番組ゲストに招き、相方とともに進行役を務める。「アメリカに来た当初、現地でがんばっている日本人から刺激を受け、「よし、自分もやってやろう」と奮起することが多々あった。その自分が受けたポジティブな力を伝え、周りの人たちにも広めて共有する手段はないかと考えた。また、アメリカから母国の日本に対して何かがしたかった。音楽を通して恩返しができればと思っていたが、「それ以外にも自分にできることがあるかもしれない」という漠然としたイメージがあった中、インターネットラジオでの発信を思いついた。番組が始まったのは昨年8月。以来、月2回のペースで配信している。視覚的な情報がないことと、情報量が限られることから、「音声では本当の人柄が出るし、キャラクターも音声だけのほうがストレートに伝わる」という。また、外見で判断されないため、聞き手に先入観なく耳から入ってくる情報を受け取ってもらえるというメリットがあり、音声ならではのメッセージ性を活かすことができている。  音楽でもポッドキャストでも、共通して伝えたいのは「ポジティブなエネルギー」。いずれも根底にあるテーマは「受容と共有」だという。アメリカに来て生活をしてみると、自分の好みや主義と違う形のものを受け容れる社会を感じた。「それぞれが好きっていうものを『いいんじゃない』って言える。そういうのを器が大きい国だなと思うし、それを共有しながら生きていくのがアメリカのすごくいいところ」。日本では臭いものに蓋をしたり、標準化された枠に当てはめようとする傾向があるが、「それぞれが思う幸せを追求できるのが理想で、そんな社会を作っていくきっかけを自分が与えられたら」と、音を通じた発信へのモチベーションは高い。受容と共有とは、受容してもらうことでも受容することでもあり、受容されないことを受け容れることでもある。そのベクトルは多方向で、「それが全部かなえば、そこには絶対幸福があり、平和がある。それを自分がどう広げていけるのかというのが根底にある」。実現のためには、 「まずは自分の活動を形にしたい」と、バンドでは集客力アップを目指し、ポッドキャストはビジネスとして成立させていくのが現在の目標だ。しかし音楽であろうとことばであろうと、伝えたいことは一つ。その根底は揺るがない。

  • 神の愛を歌い継ぐ

クリスチャンアーティスト /シンガー& ソングライター

Asiah|エイジア


 

    神の愛を歌い継ぐ クリスチャンアーティスト /シンガー& ソングライター Asiah|エイジア  

    2018年05月31日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「伝えたいことがあるから歌っています。伝えたい根本にあるのは愛。人間の愛は変わりやすいものだけど、神様の愛は変わらない不変の愛。それは私自身の人生を通して感じてもいるし、その愛を歌い続けていきたい」。ロサンゼルス在住28年のAsiahさんは言う。肩書は「シンガー&ソングライター」に加えて「クリスチャンアーティスト」と名乗る。  父は小坂忠、日本でデビュー50周年を迎えるシンガーソングライター。クリスチャンアーティストでも牧師でもある。母は音楽プロデューサー。音楽に囲まれた家庭環境もあって、子どものころから歌うことが好きだった。「両親が音楽活動をしていたし、それ(音楽)しか知らないから、私は。スタジオで育ったようなもので、音楽関係以外に何かなりたいとかなかった。音楽取ったらもう何も残ってないみたいな家族だから(笑)」。音楽以外にもう一つ、小坂家から切り離せないものが教会だ。家族がクリスチャンになるきっかけとなったのがAsiahさんだった。1歳半のとき、煮えたぎった鍋の中身をかぶってしまい、全身に大やけどを負った。クリスチャンだった母方の曾祖母に勧められるまま両親が教会に行くと、居合わせた見知らぬ人々がAsiahさんのために祈りを捧げてくれた。その1カ月後、医者も「医学的には説明できない」と驚くことが起こった。傷がすっかりきれいに治っていたのだ。これをきっかけに、大ステージで歌っていた父は華やかな舞台と決別し、第一線を退いて日本中の教会を回って歌うようになった。クリスチャンが人口の1%という日本では、草分け的な存在だ。その姿を見ながらスタジオと教会で育ってきたAsiahさんにとって、ミュージシャンでありクリスチャンであることはごく自然なことだった。  そもそも、音楽と教会は切っても切れないもの。「アレサ・フランクリンやマライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン。みんな教会で育って教会のクワイヤで音楽に触れて。教会というのは音楽のスタート地点。音楽なしには教会は成り立たない」。一般的に日本では『ゴスペル』というと、ブラックミュージックやブラッククワイヤを想像する人が多いだろう。しかし「音楽が演歌であれロックであれレゲエであれ、ジャンルがなんであっても内容が神のことを歌ったものはゴスペル」だという。「だから、私はR&Bとかの曲調で内容は神様の愛のことを歌っているけど、それもゴスペルの一つ」。自身にやけどの記憶はない。しかし、「日々ある小さなことで、神様っているんだなって私は思う。人の出会いとか、自然に起こってることじゃないなと思うことはたくさんある。たとえ小さな教会で20人しか聴衆がいなくても、その20人に私たち家族が経験した愛とか癒やしとかを伝えられたらいいじゃないかって。それがうちの家族のライフワーク」と語る。神の愛を歌い継ぐことで、人々が試練を乗り越えられるように、安心感を持てるように。そんな願いを胸に歌い続けている。