連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年11月20日

ZEROになった今この瞬間

KENTO

KENTOの360度クリエイションによるエンターテイメントの世界。限界を超えた新たな挑戦が今はじまる。 KENTOインスタグラム:kento_km1

11月8日。この日突然、ダンスアーティストKento Moriがこの世から姿を消した。

突如として彼のオフィシャルインスタグラムのフォトやムービーは消され、その他のソーシャルメディアも白紙になった。

Kento Moriに終止符が打たれ、唯一の存在『KENTO』が降り立った瞬間だった。

 

新生KENTOの思いを聞いた。「僕にとって20代は、アメリカを拠点に世界の偉大なアーティストたちとステージを共にして作品を作り上げ、エンターテイナーとして人間として成長させてくれました。

そして、30歳になった瞬間に、自分にしか生み出せない、まだ世界のどこにもない新しいものを作りたいと思うようになった。

ダンサーとして人の作品に参加するのではなく、自分自身によるコンセプトやビジュアルにサウンド、それらを丸ごと作り出す『360度クリエイション』。

今からスタートするのは、これまでのKento Moriのリミットを超えた新しいチャレンジなんです」

 

初日にはインスタグラムに1st AR『I’m Back』のティーザーがリリースされた。

実際に目で見てその凄さを確認できるこの新しいエンターテイメントでは、現実世界に仮想オブジェクトを反映するAR(拡張現実)をプラットフォームに、彼の360度クリエイションが重ね合わされた空間が見る側の目を圧倒する。

 

幼い頃にマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを見て、エンターテイナーへの夢を抱いた。「マイケルは死ぬまで自分のヒーローであり続ける」と偉大なレジェンドへの思いを熱くする。「マイケル・ジャクソンは歌って踊ることでたくさんの人たちに夢を与えた。僕も人々に夢を届けていきたいし、自分自身も限りなく大きな夢が見てみたい」と話す。21歳でダンサーを目指してロサンゼルスに渡り、マドンナをはじめスターたちに選ばれし世界的ダンスアーティストとして、10年にわたってエンターテイメントシーンで活動してきた。

 

ワールドツアーなどで世界50か国を回りグローバルに活動する中で、日本人としてのアイデンティティや日本の素晴らしさを意識するようになったという。

「23歳の時にマドンナが僕に言ったんです。

『その黒い目、黒い髪というあなたに備わったオリエンタルの要素は、本当に素晴らしいものなのよ』って。

それは、マドンナを含め彼女のチームのみんなが僕に見出してくれた宝物。

『日本人、オリエンタル』は確実に僕の魅力や強みであり、自分にしかできない表現、世界観になっていきました」

 

そんな彼の究極のゴールは「世界平和」。

音楽やダンスが地球上のすべての人を繋ぎ、そこには国、人種、言葉、カルチャーなどといった壁など存在しない。

 

2020年、KENTOの新たな挑戦「Dream1.」が大きく羽ばたく。

まもなくitunesで『I’m Back』がリリース。ビジュアル、サウンド、ダンスはもちろん、ロゴなどのアートワークまですべてクリエイトしていく。

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々