全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月14日

全米製造業協会にサイバー攻撃 中国ハッカー集団関与か

 

【ワシントン14日時事】米中貿易交渉をめぐって両国の駆け引きが続く中、ワシントンを拠点とする製造業者の業界団体である全米製造業協会(NAM)のシステムが今年の夏ごろ、中国系とみられるハッカー集団によるサイバー攻撃を受けていたことが、関係者2人の証言で分かった。中国が交渉で有利な条件を引き出すために画策したとみられる。

 

NAMは攻撃を受け、サイバー防御の会社に調査を依頼。その結果、中国系ハッカー集団の手口に似ていることが判明したという。データが漏えいしたかどうかは不明。夏ごろ行われたトランプ大統領とティモンズNAM会長の会談時期に集中して情報を窃取しようとしていたという。

 

NAMの広報担当者は「当団体がサイバー攻撃の標的として狙われていることは認識している。特定企業のシステムに関して不審な活動が認められ、調査を行った」とした上で、現時点で協会のネットワークは安全だと強調した。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • トヨタ、「空飛ぶ車」で提携 ベンチャーに3.9億ドル出資

 

    トヨタ、「空飛ぶ車」で提携 ベンチャーに3.9億ドル出資  

    2020年01月16日

    【ニューヨーク16日時事】トヨタ自動車は15日、「空飛ぶ車」の早期実現に向け、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を手掛ける米新興企業ジョビー・アビエーション(カリフォルニア州)と提携すると発表した。3億9400万ドル(約430億円)を出資し、友山茂樹副社長をジョビーの取締役として派遣する。   eVTOLは、都市部の渋滞や環境負荷の低減、過疎地の輸送手段の確保といった交通課題を解決できる新たな「空のモビリティー(移動手段)」として期待されている。トヨタは、従来の自動車で培った生産技術を生かし、設計や素材、電動化などの分野でジョビーに協力。品質や安全性、コスト基準などを満たしたeVTOLの量産化に取り組む。   トヨタの豊田章男社長は声明で「空のモビリティー事業にチャレンジする。トヨタ創業以来の夢でもある」と述べた。   ジョビーは、ジョーベン・ビバート最高経営責任者(CEO)が2009年に創業。eVTOLの開発を通じ、将来的には「空飛ぶタクシー」サービスの提供を目指している。  

  • オ郡の子供ら、レモネード・スタンドで2500ドル集める 豪州森林火災で支援  

    2020年01月16日

    【ロサンゼルス16日】オレンジ郡サン・ファン・キャピストラノで16日、オーストラリアの森林火災で被災した動物を助けるために、子供たちがレモネード・スタンドをオープンさせ、2500ドル以上を集めた。 子供らは、レモネードの他にもクッキー、本、ぬいぐるみなどを販売。 ラグナ・ビーチの幼稚園元教師のジェニー・カールソンさんと8歳の娘が、森林火災から保護されるコアラの映像をニュースで見て心を痛め、レモネード・スタンドのアイデアが浮かんだという。  

  • LA市の犯罪が昨年7%減少 殺人は3%減で1966年以来最低  

    2020年01月15日

    【ロサンゼルス15日】ロサンゼルス市警が15日に発表した年間レポートから、昨年、市内で起きた犯罪が前年度比で7%減ったことが分かった。 殺人発生率が3%減り253人となり、この数字は1966年以来最低となる。同市の殺人発生率が最悪だったのは、ロサンゼルス暴動が起きた1992年で、この年に比べると昨年は4分の1以下だった。   LA市警のミシェル・ムーア警察署長とエリック・ガルセティ市長はともに、コミュニティーに密着した治安活動と警官200人を増員したことが功を奏したと評価。 レポートではまた、発砲事件が6%減少の約900件で、これは21年間で最低。凶悪犯罪は約6%減少して約27000件、強姦は約23%、空き巣は8%それぞれ減少した。  

  • MOCAの入館料が無料に パワーズさんの1千万ドル寄付で実現  

    2020年01月12日

    【ロサンゼルス12日】ロサンゼルス・ダウンタウンの「MOCA(ロサンゼルス現代美術館)」で11日から、入館料が無料になる。 MOCA評議員会の会長で慈善家のキャロライン・クラーク・パワーズさんが昨年5月に、同美術館の40周年記念式典で、「私からMOCAへの誕生日プレゼント」として1千万ドルの寄付を表明。すべての人に広くアートに触れて欲しいと、寄付による入館料の無料化を発表していた。   MOCAは、1979年に開館した非営利美術館で、7000点以上の所蔵品がある。これまでの入館料金は、大人が8ドルから15ドル、12歳以下の子供は無料だった。同寄付金による入館料無料は今後5年間の予定。  

  • 加州知事が予算案発表 ホームレス問題で行政命令も  

    2020年01月10日

    【ロサンゼルス10日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事が10日、2222億ドルの2020ー21年度予算案を発表した。 深刻化するホームレス問題に対し、7億5千万ドルを投じて住宅提供基金を新設するほか、不法滞在する移民の高齢者27000人に健康保険を提供するなどの内容。 知事はまた州当局に対し、ホームレス・シェルターとして利用できる州所有の土地や施設を今月末までに確保するよう、州知事命令を発令した。   ニューサム知事はまた、特に不足している算数と科学、障害児のための養護教論のリクルートをはじめ、教職員不足の解決へ9億ドルを充てる計画も予算案に含んだ。 州予算案の内容は今後、州議会で審議され、5月に最終承認される。