全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月15日

ロサンゼルス市、交通変革へ官民パートナーシップ ウェイモやリフトが参加

 

【ロサンゼルス15日時事】ロサンゼルスのガルセッティ市長は14日、都市部の交通イノベーションを促進するための官民パートナーシップ「アーバン・ムーブメント・ラブズ(UML)」を発表した。深刻な通勤渋滞の緩和に向けて、新たな発想を試行。ビジネスの創出と雇用の改善につなげる。

 

設立メンバーには、ロサンゼルスの交通局や港湾局のほか、通信大手ベライゾンやライドシェア大手リフト、グーグル系の自動運転企業ウェイモ、レンタカー大手エイビス・バジェット・グループなどが含まれる。

 

ガルセッティ市長は「世界の交通イノベーションの首都としてのロサンゼルスの地位を確立する」とコメントした。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA市長がマスク着用の徹底呼び掛け ウエスト・ハリウッドでは違反者に罰金300ドル  

    2020年07月02日

    【ロサンゼルス2日】ロサンゼルス市のエリック・ガルセッティ市長は1日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外出時のマスク着用を徹底するよう呼び掛け、マスクをしていない客はサービスを断られて当然だと述べた。   同市長は5月13日に、外出時のマスク着用を市民に義務付ける行政命令を発出。ロサンゼルス市警は2日現在、違反者への取締りを行っていないが、ロサンゼルス郡シェリフ局のウエスト・ハリウッド署は2日、マスクなしの違反者に対する取締りを開始すると発表。   罰金額は初回が手数料込みで300ドル、2度目が1000ドル、3度目が2000ドル、4度目が5000ドル。   加州のニューサム知事も6月18日に州全域にマスク着用令を出している。  

  • レビュー悪い25歳以下への一軒家レンタルを規制 コロナ対策でAirbnb  

    2020年07月02日

    【ロサンゼルス2日】民泊仲介サイト「Airbnb」は2日、新型コロナウイルス対策として、無許可のパーティー開催を減らすため、過去にホスト側から悪いレビューを書かれた25歳以下のゲストが地元の一軒家を借りることを規制する方針を決めた。   「Airbnb」は、同様の方針を今年初めにカナダで設定し、友達を集めた無許可パーティーを減らすことに成功したと説明。ロサンゼルスやラスベガスをはじめ、アメリカ国内でもこの方針を取り入れることに踏み切った。   レンタル規制の対象になるゲストは、過去にポジティブ・レビューが3件以下の25歳以下だが、地元ではない遠方の一軒家、または個室・ホテル部屋ならレンタルできる。  

  • アジア系女性に暴言の女を2019年の行為で起訴  

    2020年07月02日

    【ロサンゼルス2日】トーランス市のウィルソンパークで6月10日に、運動をしていたアジア系女性に人種差別用語を浴びせたレナ・ヘルナンデス被告(54)が 2日、昨年10月のデルアモ・モールでの人種差別行為で起訴された。ヘルナンデス被告への逮捕状は発行されたが、2日の時点で逮捕には至っていない。   検察は、ウィルソンパークで起きた同被告による人種差別行為2件については、刑事責任を問うのに十分な証拠がないと説明した。ヘルナンデス被告はロングビーチ在住で、退職前はソーシャルワーカーをしていた。  

  • カリフォルニアは飲食店の屋内営業停止
各州でも規制緩和に足踏み

 

    カリフォルニアは飲食店の屋内営業停止 各州でも規制緩和に足踏み  

    2020年07月01日

    【ロサンゼルス1日時事】ニューヨーク市は1日、予定した6日からの飲食店の屋内営業再開を延期すると明らかにした。カリフォルニア州も1日、州内19郡でレストランなどの屋内営業を停止すると発表。西部と南部を中心に新型コロナウイルスの感染者が急増する中、経済活動の規制緩和を足踏みする動きが相次いでいる。   一時感染の中心地だったニューヨーク市はピークを過ぎたが、他州で飲食店から感染が広がる事態が相次いだことから、方針を転換。ニューヨーク州のクオモ知事は「再開が賢明と判断できるまで延期する」と述べた。州内ではニューヨーク市だけが延期となる。   カリフォルニア州のニューサム知事は、19郡でレストランのほか、ワイナリーや映画館、博物館などの屋内営業が停止されると発表。バーは全面休業となった。期間は少なくとも3週間。19郡の人口は州の7割を超える。フロリダ州のマイアミビーチ市は未明の外出を禁止した。   米国では37州で感染者が増加傾向にあり、経済活動再開を停止あるいは後退させる地域が19州に拡大したという。 写真:ニューヨークで屋外営業する飲食店=6月24日    

  • 屋内経営ビジネスに最低3週間の閉鎖を命令 コロナ悪化で加州19郡  

    2020年07月01日

    【ロサンゼルス1日】カリフォルニア州のニューサム知事は1日、新型コロナウイルスの感染拡大の勢いが激しい、ロサンゼルス、オレンジ、ベンチュラ、サンバナディーノ、リバーサイドを含む19の郡に対し、少なくとも今後3週間、屋内経営のビジネスを閉鎖するよう命じた。 対象になるのは、レストラン、ワイナリー、映画館、動物園、美術館、公認カード賭博場など。米先住民運営のカジノは対象外。   カリフォルニア州では28日にバーの閉鎖命令が出され、独立記念日の祝日にあたる4日の週末には、すべての州営ビーチ駐車場の閉鎖と、ロサンゼルスとベンチュラ郡の州営ビーチ、オレンジ郡の郡営ビーチの閉鎖が命じられた。   カリフォルニア州の感染者数は22万人を超えており、入院患者数は過去2週間で56%増加し、医療崩壊が懸念されている。