全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月07日

住宅に小型機墜落、炎上 パイロットが死亡

 

【ロサンゼルス7日】アップランドの住宅に7日午前11時頃、小型飛行機が墜落し炎上する事故が起き、飛行機のパイロットが死亡した。同乗者はいなかった。

 

サンファナンド郡消防署によると、飛行機が墜落した時、この住宅にはカップルとその赤ちゃんがいたが、被害を受けたエリアの反対側の部屋にいたためにケガはなかった。

事故現場から1マイル以内に私営空港があり、墜落した機体がここから離陸した可能性がある。連邦航空局が、事故の詳しい原因を調べている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • Xマスツリーから出火、家族4人が死亡  

    2019年12月27日

    【ロサンゼルス28日】リバーサイド郡へメット市で27日午前1時過ぎ、アパートのクリスマスツリーから出火し、父親(41)と、4歳と12歳の娘が死亡した。救出され病院で治療を受けていた8歳の息子も翌日に死亡した。   父親は、火事から子供らを救おうとして死亡。母親と乳児、11歳の長男は、アパートの外へ逃げ出し無事だった。 へメット消防署員は、クリスマスツリーから出た火が瞬く間にユニット中に広がったとし、早急な避難を可能にするスモーク・アラームを設置する重要性を語った。  

  • $5・3Mの医療債務を返済 イーグル・ロックの教会  

    2019年12月25日

    【ロサンゼルス25日】イーグル・ロックの教会「Christian Assembly Church」がこのクリスマス、ロサンゼルス地区に住む、収入が連邦の定める貧困レベルを下回る5555世帯に対し、世帯が負担する医療債務530万ドル分の返済を実施し称賛を集めている。   同教会は、教区民からの寄付金5万ドル以上を用い、債務免除を行う非営利団体「RIP Medical Debt」と協力して医療債務の返済を実現。教会メンバーが住む地区を中心に、LA、アズサ、ハリウッド、サンゲーブリエル、シルマー、グレンデールなどの28市に住む5555世帯が返済対象に選ばれた。 「自己破産やホームレス化の原因にもなる医療債務問題を解決することで、人々の重荷を取り去ることができれば」と同教会のヒュージ牧師。 今後も、信用機関と協力し、個人のクレジット・スコア回復を援助する計画があるという。  

  • LAXで検疫検査を実施 新型コロナウイルス対策  

    2019年12月18日

    【ロサンゼルス18日】中国・武漢市(Wuhan)から拡大している新型コロナウイルスの感染を受け、ロサンゼルス国際空港(LAX)は17日、武漢市を訪れた米国入国者に対し検疫検査を実施することを決めた。 LAX同様、武漢市からの旅行者が多いサンフランシスコとニューヨークの国際空港でも検疫検査が実施され、追ってシカゴとアトランタの2空港も加える。   アメリカ疾病対策センター(CDC)は、これら3空港に約100人のスタッフを増員し検査を行う。 CDCは21日、国内で初めて、中国からワシントン州シアトルに帰国した30代男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表。この男性は入院し、回復している。  

  • 大谷の首振り人形配布=3年連続で 大リーグ・エンゼルス  

    2019年12月14日

    【ロサンゼルス14日時事】大リーグのエンゼルスは13日、大谷翔平選手のバブルヘッド(首振り)人形を4月24日(ホワイトソックス戦)と5月1日(ツインズ戦)に本拠地アナハイムで行われる試合で来場者に配布すると発表した。大谷の首振り人形は新人だった2018年から3年連続での配布となる。   大谷に関するグッズは他にも、6月12日にガラス製置物、7月31日にシャツ、8月19日に枕が配布される。  

  • 真珠湾の軍施設で銃撃 3人死傷、軍人自殺 ハワイ

 

    真珠湾の軍施設で銃撃 3人死傷、軍人自殺 ハワイ  

    2019年12月05日