全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月07日

住宅に小型機墜落、炎上 パイロットが死亡

 

【ロサンゼルス7日】アップランドの住宅に7日午前11時頃、小型飛行機が墜落し炎上する事故が起き、飛行機のパイロットが死亡した。同乗者はいなかった。

 

サンファナンド郡消防署によると、飛行機が墜落した時、この住宅にはカップルとその赤ちゃんがいたが、被害を受けたエリアの反対側の部屋にいたためにケガはなかった。

事故現場から1マイル以内に私営空港があり、墜落した機体がここから離陸した可能性がある。連邦航空局が、事故の詳しい原因を調べている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • MOCAの入館料が無料に パワーズさんの1千万ドル寄付で実現  

    2020年01月12日

    【ロサンゼルス12日】ロサンゼルス・ダウンタウンの「MOCA(ロサンゼルス現代美術館)」で11日から、入館料が無料になる。 MOCA評議員会の会長で慈善家のキャロライン・クラーク・パワーズさんが昨年5月に、同美術館の40周年記念式典で、「私からMOCAへの誕生日プレゼント」として1千万ドルの寄付を表明。すべての人に広くアートに触れて欲しいと、寄付による入館料の無料化を発表していた。   MOCAは、1979年に開館した非営利美術館で、7000点以上の所蔵品がある。これまでの入館料金は、大人が8ドルから15ドル、12歳以下の子供は無料だった。同寄付金による入館料無料は今後5年間の予定。  

  • 加州知事が予算案発表 ホームレス問題で行政命令も  

    2020年01月10日

    【ロサンゼルス10日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事が10日、2222億ドルの2020ー21年度予算案を発表した。 深刻化するホームレス問題に対し、7億5千万ドルを投じて住宅提供基金を新設するほか、不法滞在する移民の高齢者27000人に健康保険を提供するなどの内容。 知事はまた州当局に対し、ホームレス・シェルターとして利用できる州所有の土地や施設を今月末までに確保するよう、州知事命令を発令した。   ニューサム知事はまた、特に不足している算数と科学、障害児のための養護教論のリクルートをはじめ、教職員不足の解決へ9億ドルを充てる計画も予算案に含んだ。 州予算案の内容は今後、州議会で審議され、5月に最終承認される。  

  • R・スチュワート氏と息子、警備員殴り訴追

 

    R・スチュワート氏と息子、警備員殴り訴追  

    2020年01月06日

    【ニューヨーク6日時事】英国の人気ロック歌手ロッド・スチュワート氏と息子のショーン氏が、12月31日にフロリダ州パームビーチのホテルで警備員を殴ったとして、訴追されたことが5日、分かった。 2月5日に出廷するよう命じられた。   報道によると、スチュワート一家が、複数の子供を連れ、ホテルで開かれていた私的なイベントに無許可で入ろうとした。 一家が大声を出し、騒ぎになったため、警備員が退出を促したところ、ショーン氏は警備員を後ろに押し、ロッド氏は左胸を殴ったという。  

  • 米、親イラン派拠点を空爆 イラク基地攻撃に報復

 

    米、親イラン派拠点を空爆 イラク基地攻撃に報復  

    2019年12月30日

    【ワシントン30日時事】米国防総省は29日、イラクとシリアで、イランを後ろ盾とするイスラム教シーア派組織「カタイブ・ヒズボラ」の拠点5カ所を空爆したと発表した。27日にイラク北部の油田都市キルクークで、駐留米軍の基地がロケット砲攻撃を受けたことに対する報復という。   国防総省によると、米軍はイラクにある拠点3カ所とシリアの拠点2カ所に精密爆撃を行った。標的となったのは、武器庫や、テロ攻撃を計画・指揮する司令部。   カタイブ・ヒズボラは、イラクやシリアで活動する民兵組織。イラン革命防衛隊やレバノンのヒズボラから資金や武器などの支援を受けていると言われる。ロイター通信によれば、イラク当局者らはイラク国内の爆撃で少なくとも戦闘員25人が死亡、55人以上が負傷したと語った。  

  • 動物牧場から数十頭のラマ盗まれる 動物愛護家の仕業か  

    2019年12月30日

    【ロサンゼルス30日】リバーサイド郡ペリスで30日、エキゾチック動物牧場から、20頭から30頭のラマが盗まれる事件が起きた。警察当局は、動物の権利を訴える活動家の仕業とみて捜査している。   警察当局によると、広さ14エーカーのこの私営牧場に夜間、何者かが侵入し犯行に及んだとみられる。犯人はまた、その他動物の小屋の施錠を外して逃走し、ラマやエミューが牧場外へ脱出していた。 この牧場はその他、ダチョウやバッファローなども飼育しており、最近、動物を虐待しているとソーシャルメディアで責められていた。警察当局は、虐待の証拠などは見つかっていないとしている。