全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月09日

電子たばこ購入、21歳以上に
全面禁止から後退

 

【ワシントン9日時事】トランプ大統領は8日、呼吸器疾患との関連が指摘される電子たばこについて、購入可能年齢を現行の18歳以上から21歳以上に引き上げる考えを明らかにした。ただ、全面的な販売禁止には慎重姿勢をにじませた。

 

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、電子たばこが若者の間で急速に広がっている事態を踏まえ「最も大事なことは、子供たちを守ることだ」と強調。来週にも政府として対策をまとめる意向を表明した。

 

一方で「(電子たばこは)大きな産業になっている」とも述べ、雇用面を含め、規制強化の影響を考慮する必要があると指摘した。米政府は9月、ほぼすべての電子たばこの販売を禁止する方針を打ち出していたが、大幅に後退させた形だ。

 

電子たばことの関連が疑われる呼吸器疾患の症例は全米で2000件を超え、少なくとも39人が死亡したと伝えられる。米国内の一部州では、既に購入可能年齢を引き上げるなどの規制強化に踏み切っている。

 

疾病対策センター(CDC)幹部は8日、米メディアなどとの電話会見で、電子たばこによるとみられる肺疾患の患者29人の検体の分析で、全員からビタミン複合体の副産物「ビタミンEアセテート」が検出されたと発表した。疾患との因果関係は立証されていないものの、原因特定に向けた突破口になる可能性があるという。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 77歳女性らをレイプ マッサージ療法師逮捕

    2019年07月19日

    【ロサンゼルス 7月18日】ミッション・ビエホのマッサージ・パーラー「Massage Envy」などでマッサージ療法師をしていたラッセル・バーナディーノ容疑者(43)が17日、客の77歳の女性ら複数をレイプした容疑などで逮捕された。   オレンジ郡シェリフ局によると、バーナディーノ容疑者は同地域のマッサージ・パーラー複数店舗で働いており、マッサージセラピストとホームヘルスケア・プロバイダーのライセンスを持っていた。   77歳の女性は昨年3月、バーナディーノ容疑者がケアギバーとして女性宅を訪れた際にレイプされたという。  

  • 山火事被害の「Backbone Trail」、8カ月ぶりに再開 

    2019年07月19日

    【ロサンゼルス 7月18日】昨年11月に起きた大規模な山火事「Woolsey Fire」の被害で閉鎖されていたサンタモニカ・マウンテンの人気ハイキングコース「Backbone Trail」が18日、全67マイルにわたり8カ月ぶりにオープンした。   南カリフォルニアの豊かな自然が残るエリアに2016年に完成した「Backbone Trail」は、Point Mugu State ParkからWill Rogers State Historic Parkまで延び、加州のアーノルド・シュワルツェネッガー元知事らの寄付金や公的資金で作られた。  

  • V目指す田中、30本いくか大谷 12日から後半戦

    V目指す田中、30本いくか大谷 12日から後半戦

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月11日 時事】大リーグは11日にレギュラーシーズンが再開する。日本選手の所属球団はいずれも12日に後半戦の初戦を迎える。   ヤンキースの田中将大は前半戦5勝5敗、防御率3・86と不本意な成績だった。離脱者が相次いだ中でローテーションを守り、18試合に先発した点は評価できるが、「求められている部分はそこではない」と本人。   ヤンキースは2位レイズに6・5ゲーム差をつけた首位で折り返し。故障者が多い中で健闘しており、田中は「選手がそろわない中、みんなが自分たちの仕事をして存在感を出している」。メジャー6年目で初の地区優勝に向け、チームを引っ張る投球を見せたい。   エンゼルスの大谷翔平は、打者専念のシーズンで持ち味の長打力を存分に発揮している。打撃のレベル向上については「常に感じている」。53試合で14本塁打。後半戦は71試合を残しており、昨季の22本は上回るだろう。松井秀喜が2004年に記録した日本選手最多の31本更新も期待できる。   カブスは2位に0・5ゲーム差の首位。前半戦2勝のダルビッシュ有がカギを握りそうだ。ドジャースの前田健太は今季日本選手最多の7勝をマーク。チームも首位を独走し、地区7連覇へ突き進む。同地区のダイヤモンドバックスはワイルドカードでのプレーオフ進出に向け、平野佳寿の復調が不可欠。   マリナーズの菊池雄星は4勝6敗。チームも地区最下位で援護に恵まれず、苦しんでいる。1年目の後半戦、どれだけ上積みできるか。  

  • 加州でM7.1の地震 前日と同じ地域

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月6日 時事】米地質調査所(USGS)によると、カリフォルニア州南部で5日午後8時19分、マグニチュード(M)7.1の地震が起きた。米メディアによると、複数の地点で火災が発生したが、これまでのところ死者が出たとの情報はない。   震源はロサンゼルス北方約200キロのリッジクレスト市付近で、4日午前にM6.4の地震が起きた場所と同じ地域。   報道によると、リッジクレスト市を含むカーン郡では、消防当局が複数の火災に対して消火活動をしているが、死者の報告はないという。また、約3000棟が停電している。周辺では4日の地震でも、数人が軽いけがをしたほか、数棟の家屋が火災に見舞われた。   一方、ロサンゼルス中心部でも揺れが発生。消防当局によると、一部で電線が切れて停電が発生しているが、インフラなどに大きな被害はないという。   カリフォルニア州南部は過去にも地震が多発しており、M7.1を記録した1999年以来の強い地震となった。  

  • 不法移民の立ち入り捜査実施  ICEが全米10都市で

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月11日】全米の主要都市を対象にした、移民税関捜査局(ICE)による不法移民の立ち入り捜査が14日から実施される。   11日付ニューヨーク・タイムズ紙によると、ロサンゼルスを含む全米10都市で少なくとも2000人の不法移民を取り締まる予定で、ICE当局は、不法に滞在する家族の一刻も早い強制送還が目的と説明した。   ICEは、この捜査を先月実施する計画だったが、トランプ大統領が、移民政策について米議会が決議を出すまで待つよう要請。米国自由人権協会(ACLU)は11日、複数の非営利団体を代表し、連邦裁判所に、立ち入り捜査で逮捕される不法移民の擁護を求める訴えを起こした。