全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月09日

電子たばこ購入、21歳以上に
全面禁止から後退

 

【ワシントン9日時事】トランプ大統領は8日、呼吸器疾患との関連が指摘される電子たばこについて、購入可能年齢を現行の18歳以上から21歳以上に引き上げる考えを明らかにした。ただ、全面的な販売禁止には慎重姿勢をにじませた。

 

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、電子たばこが若者の間で急速に広がっている事態を踏まえ「最も大事なことは、子供たちを守ることだ」と強調。来週にも政府として対策をまとめる意向を表明した。

 

一方で「(電子たばこは)大きな産業になっている」とも述べ、雇用面を含め、規制強化の影響を考慮する必要があると指摘した。米政府は9月、ほぼすべての電子たばこの販売を禁止する方針を打ち出していたが、大幅に後退させた形だ。

 

電子たばことの関連が疑われる呼吸器疾患の症例は全米で2000件を超え、少なくとも39人が死亡したと伝えられる。米国内の一部州では、既に購入可能年齢を引き上げるなどの規制強化に踏み切っている。

 

疾病対策センター(CDC)幹部は8日、米メディアなどとの電話会見で、電子たばこによるとみられる肺疾患の患者29人の検体の分析で、全員からビタミン複合体の副産物「ビタミンEアセテート」が検出されたと発表した。疾患との因果関係は立証されていないものの、原因特定に向けた突破口になる可能性があるという。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 日本の貢献拡大を確信 トランプ大統領、日米安保60年で声明  

    2020年01月19日

    【ワシントン19日時事】トランプ大統領は18日、日米安全保障条約の改定60年に当たって声明を発表し、「相互防衛に対する日本の貢献が今後拡大し、同盟関係が発展し続けると確信している」と表明した。60年の節目を祝福する一方、日本による駐留米軍経費の負担増を求めたものとみられる。   トランプ氏は「過去60年間、素晴らしい両国の堅固な同盟関係は日米両国とインド太平洋地域、全世界の平和と安全、繁栄に欠かせないものだった」と評価。さらに中国の台頭を念頭に、「安全保障環境が変化し、新たな課題が浮上する中、日米同盟をさらに強化、深化することが不可欠だ」と強調した。   トランプ氏は同盟国に「応分の負担」を求め、日本や韓国など米軍駐留を受け入れる国に経費負担拡大を要求している。今後交渉が行われる在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)については昨年、年約80億ドル(約8800億円)への増額を求めた。  

  • ゴリラの赤ちゃん誕生 LA動物園で20年ぶり  

    2020年01月19日

    【ロサンゼルス19日】ロサンゼルス動物園で、絶滅危惧種であるニシローランドゴリラで、25歳のネジアに18日、待望の赤ちゃんが誕生した。   同動物園によると、園内のゴリラに赤ちゃんが生まれるのは20年以上ぶりで、ネジアにとっては初めての出産だった。母子ともに健康状態は良好で、一般へのお披露目が待ち望まれる。  

  • 「20世紀」から「フォックス」外す ディズニー傘下の映画スタジオ  

    2020年01月18日

    【ニューヨーク18日時事】ニューヨーク・タイムズ(電子版)は17日、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーが、傘下の映画制作スタジオ「20世紀フォックス」の社名から「フォックス」を外すと報じた。米保守系メディア「FOXニュース」との混同を避けるためとみられている。   ディズニーの広報担当者は同紙の取材に、20世紀フォックスと、ディズニー傘下の映画スタジオ「FOXサーチライト・ピクチャーズ」が、いずれもロゴマークから「フォックス」を外すことを認めた。   ディズニーは昨年、「メディア王」ルパート・マードック氏が率いる21世紀フォックスから映画事業などを取得した。同氏が会長を務めるフォックスはトランプ政権寄りの報道で知られ、リベラル派の多いハリウッドでは「フォックス」の名を冠したスタジオ名に不満が出ていたという。  

  • ジャイアンツに初の女性コーチ 大リーグ  

    2020年01月17日

    【サンフランシスコ17日時事】大リーグのジャイアンツは16日、元女子ソフトボール選手のアリッサ・ナッケン氏がアシスタントコーチに就任すると発表した。メジャーで初の女性コーチとなる。   ナッケン氏はカリフォルニア州立大サクラメント校時代にソフトボールの一塁手として活躍。ジャイアンツには2014年にインターンとして加わり、これまでドラフトや国際事業、選手育成部門に携わった。  

  • グーグルも「1兆ドル企業」 時価総額、米で4社目  

    2020年01月17日

    【シリコンバレー17日時事】16日の米株式市場でIT大手グーグルの持ち株会社アルファベットの株価が上昇し、株価に発行済み株式をかけて算出される時価総額が1兆ドル(約110兆円)を上回った。個人情報保護の強化や独占禁止法違反をめぐる調査など逆風が吹くが、主力のインターネット広告に加え、クラウドなどの事業の拡大が続いており、投資家の成長期待が集まった。   米企業で時価総額が1兆ドルに到達したのは、アップルとアマゾン・ドット・コム、マイクロソフトに続いて4社目。この日のアルファベット株は、前日比0・76%高の1450・16ドルで引けた。   グーグルは1998年に創業し、2015年に持ち株会社化。昨年12月に共同創業者のラリー・ペイジ氏がアルファベット最高経営責任者(CEO)を退き、後任にグーグルのスンダー・ピチャイCEOが就任したばかり。