全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月09日

電子たばこ購入、21歳以上に
全面禁止から後退

 

【ワシントン9日時事】トランプ大統領は8日、呼吸器疾患との関連が指摘される電子たばこについて、購入可能年齢を現行の18歳以上から21歳以上に引き上げる考えを明らかにした。ただ、全面的な販売禁止には慎重姿勢をにじませた。

 

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、電子たばこが若者の間で急速に広がっている事態を踏まえ「最も大事なことは、子供たちを守ることだ」と強調。来週にも政府として対策をまとめる意向を表明した。

 

一方で「(電子たばこは)大きな産業になっている」とも述べ、雇用面を含め、規制強化の影響を考慮する必要があると指摘した。米政府は9月、ほぼすべての電子たばこの販売を禁止する方針を打ち出していたが、大幅に後退させた形だ。

 

電子たばことの関連が疑われる呼吸器疾患の症例は全米で2000件を超え、少なくとも39人が死亡したと伝えられる。米国内の一部州では、既に購入可能年齢を引き上げるなどの規制強化に踏み切っている。

 

疾病対策センター(CDC)幹部は8日、米メディアなどとの電話会見で、電子たばこによるとみられる肺疾患の患者29人の検体の分析で、全員からビタミン複合体の副産物「ビタミンEアセテート」が検出されたと発表した。疾患との因果関係は立証されていないものの、原因特定に向けた突破口になる可能性があるという。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 「出産ツアー」にビザ発給せず 出生地主義の悪用阻止

 

    「出産ツアー」にビザ発給せず 出生地主義の悪用阻止  

    2020年01月25日

    【ワシントン24日時事】ホワイトハウスは23日、出産目的で渡米を希望する外国人に対し、短期ビザを発給しない方針を明らかにした。 米国内で生まれた子供へ自動的に米国籍を付与する「出生地主義」を利用した「出産ツアー」を阻止するのが狙いで、新方針は商用や観光、治療などを目的とする「B1、B2」ビザの申請者が対象。 国務省当局者によると、日本などに認められた電子渡航認証システム(ESTA)を用いたビザなし入国には適用されない。   ホワイトハウスは声明で「外国政府が出産ツアーによる米国籍取得者を利用して、米国の安全保障を脅かす恐れがある」などと主張。「公共の安全と国家安保を強化し、米国の移民制度の健全性を保つ」ため、新方針が必要だと説明した。   国務省当局者は記者団に、申請者に妊娠検査を求めることはないと説明。新方針で重視するのが「(申請者が)妊娠しているかではなく、渡航の主目的は何かということだ」と語った。   トランプ大統領は、かねて出生地主義の廃止を唱えている。だが、米憲法は「米国およびその管轄地で生まれたか帰化した者は、すべて米市民権を有する」と規定しており、大統領権限による方針転換は困難とみられている。  

  • 米兵の負傷者34人に イランのミサイル攻撃  

    2020年01月25日

    【ワシントン25日時事】米国防総省は24日、イランが今月8日にイラクの駐留米軍基地に対して行った弾道ミサイル攻撃で、米兵34人が脳振とうや外傷性脳損傷の診断を受けていたと発表した。 トランプ大統領は当初、「米国人に死傷者はいなかった」と表明。その後、中央軍は11人が負傷したと発表するなど、説明が二転三転している。   ホフマン国防総省報道官によると、負傷者34人のうち、ドイツで治療を受けていた8人は米国に移送された。9人は依然としてドイツで治療中で、残る17人は既に任務に復帰した。  

  • 新型肺炎、米国内で2人目感染 検査対象は60人超  

    2020年01月24日

    【ワシントン24日時事】米疾病対策センター(CDC)は24日、中国・武漢で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、米国内で2人目の感染者が確認されたと明らかにした。ロイター通信が報じた。   保健当局者によると、新たに感染が確認されたのは武漢に渡航していた60歳の女性で、イリノイ州シカゴで診断を受けた。 米国ではこれまでに22州で63人が検査対象となり、うち2人にウイルスの陽性反応が出た。11人は陰性と確認されたという。  

  • 武漢渡航「見合わせを」  

    2020年01月24日

    【ワシントン24日時事】米疾病対策センター(CDC)は23日、新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている中国・武漢について、渡航の危険度を最も高い「レベル3」に引き上げ、米国民に「不要不急のあらゆる渡航を見合わせる」よう呼び掛けた。   米国ではこれまでに、武漢を訪問していた30代男性の感染がワシントン州で確認された。当局が、この男性と接触した16人の健康状態を調べている。   また、ロイター通信によると、武漢を訪れていたテキサス州の学生にも呼吸器系疾患の症状が表れ、コロナウイルス感染の有無を調べる検査を受けた。この学生は自宅で隔離されているという。  

  • 繁華街で発砲、1人死亡 シアトル  

    2020年01月23日

    【ロサンゼルス23日時事】シアトルの繁華街で22日午後5時ごろ、発砲事件があり、1人が死亡、9歳の男児を含む7人が負傷した。複数の人物が口論の末に路上で発砲し始めたといい、警察が現場から逃走した容疑者らの行方を追っている。   事件発生時は帰宅時間帯で、多くの人が行き交っていた。地元テレビ局は、目撃者の話として、無関係の人々が流れ弾を浴びたようだと伝えた。地元警察幹部は「無差別事件ではない」との見解を示した。