全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月02日

NYでフォアグラ禁止 22年から罰金2000ドル

 

【ニューヨーク31日時事】ニューヨーク市議会は30日、強制的に太らせたカモやガチョウの肝臓からとった高級食材フォアグラの販売・提供を禁じる法案を賛成多数で可決した。

約1000店のレストランがフォアグラを使ったメニューを提供する世界屈指のグルメの都の食事情に大きな影響を与えそうだ。

 

フォアグラの生産では、カモやガチョウののどにチューブを差し込み、飼料を強制的に流し込んで肝臓を肥大化させる「強制給餌」と呼ばれる飼育方法が主流で、動物愛護団体から残虐との批判が高まっていた。

 

ニューヨーク市の禁止法は2022年に施行され、強制給餌で生産されたフォアグラを販売・提供した場合、最高2000ドル(約22万円)の罰金を科す。

 

米国ではカリフォルニア州が12年からフォアグラの販売を禁止。また、自然食品スーパー大手「ホールフーズ・マーケット」が販売を取りやめるなどの動きも出ている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 子供の無期限収容可能に
不法移民対応で規則変更

 

    子供の無期限収容可能に 不法移民対応で規則変更  

    2019年08月23日

    【ワシントン8月22日時事】米国土安全保障省は21日、親に連れられるなどして不法入国を試み、国境で拘束された子供について、収容期間を20日以内とする現行規定を削除すると発表した。 裁判所による難民審査の結果が出るまで、無期限に収容することを可能にするもので、移民支援団体から「非人道的」と抗議の声が上がっている。   現行制度では子供を長期間収容できないため、親子で拘束された不法越境者は早期に解放され、そのまま行方をくらまして不法滞在を続けるケースが後を絶たない。 トランプ政権は昨年、拘束した成人全員を刑事裁判にかける方針を打ち出したが、結果的に親子が引き離される例が多発。批判を受け、政策撤回を余儀なくされた。   トランプ大統領は21日、記者団に「新しい規定によって(親子は)これまでより一緒に居られる」と主張した。国土安保省も新規定が「人道的な移民システムに向けた重要なステップ」だと説明している。    トランプ政権は7月以降だけで、難民申請要件の厳格化や、低所得の移民に対するグリーンカード(永住権)発給制限など、移民関連の規制を相次いで打ち出している。 新たな規則には、子供も長期収容される可能性がある仕組みとすることで、子供連れでの不法越境を思いとどまらせる狙いもあるとみられる。  ただ、収容の長期化が子供に及ぼす影響への懸念も強い。移民支援団体の米移民評議会は声明で、新規則が「思いやりと公正さという価値を損ない、何千人もの子供たちと家族を不必要に傷つける」として、撤回を求めている。  

  • CSUF駐車場で職員刺殺 同僚の男を2日後に逮捕  

    2019年08月23日

    【ロサンゼルス 8月19日】カリフォルニア州立大学フラトン校(CSUF)の駐車場で19日朝8時半頃、職員のスティーブン・シェク・ケン・チャンさん(57)が何者がに複数カ所刺され、校内駐車場に停めた自身の車で遺体で発見された。 21日夜、同僚のチュエン・ヴォ容疑者(51)が、ハンティントン・ビーチの自宅で逮捕された。   学校側によると、チャンさんは一度退職した後、同校の留学生用レジストレーションを手伝う部署で再び働いていた。犯行後、チャンさんの車の下から、容疑者のものと思われるバックパックが見つかっており、中には、誘拐を計画していたと思われるジップタイやかつら、ナイフが入っていた。 警察が容疑者の似顔絵や防犯カメラの映像を公開し、行方を追っていた。犯行の詳しい動機を調べている。  

  • 大統領「真剣に検討」
国籍、出生地主義の廃止

 

    大統領「真剣に検討」 国籍、出生地主義の廃止  

    2019年08月23日

    【ワシントン 8月22日時事】トランプ大統領は21日、米国で生まれた子供へ自動的に米国籍を付与する「出生地主義」について、記者団に「私の政権は(廃止を)とても真剣に考えている」と述べた。 トランプ氏は昨年10月にも、米メディアのインタビューで、大統領令で出生地主義を廃止する考えを示している。   トランプ氏は「国境を越えて(米国内で)子供を産めば、生まれた子は米市民になる。率直に言ってばかげている」と主張した。 不法入国した移民が米国内で産んだ子供が、米国人として権利を行使するのを防ぐのが狙いとみられる。    米憲法修正14条は「米国およびその管轄地で生まれたか帰化した者は、すべて米市民権を有する」と規定している。 出生地主義の廃止は国籍認定での大きな方針転換でもあり、大統領権限で実行できるか疑問視する声が強い。  

  • 人口98人の町、困惑 宇宙人愛好家が来月集結?

 

    人口98人の町、困惑 宇宙人愛好家が来月集結?  

    2019年08月16日

    【ワシントン 8月17日時事】「ガソリンスタンドも売店もありません」。米西部ネバダ州の砂漠の町、レイチェルは最近、ホームページ(HP)にこんな警告文を掲載した。インターネット上で企画された宇宙人愛好家のイベントの舞台に突如選ばれ、人口98人の町に困惑が広がっている。   発端は、マティー・ロバーツと名乗る人物が7月にフェイスブックで呼び掛けた同州の米空軍管理区域「エリア51」への「襲撃イベント」。   同所に米軍が隠していると長年うわさされてきた宇宙人を助けようと、ロバーツ氏は9月の襲撃決行を計画。「エリア51になだれ込め。全員で向かえば止められない」という呼び掛けに、国内外から200万人以上が参加の意思を表明し、連邦捜査局(FBI)が動きだす騒ぎになった。   ロバーツ氏は「ジョークのつもりだった」と語り、代わりに近傍のレイチェルで音楽イベントの開催を企画。「エイリアンストック(宇宙人祭り)」と題し、開催予定日の9月20~22日には約1万人の宇宙人愛好家が集う可能性がある。   とはいえ、町の1軒しかないホテルは既に満室。レイチェルはHPで「住民の多くはイベントを快く思っていない」と明かし、参加者に住居へは近づかないよう呼び掛けている。  

  • Amazonがロボットによる配達スタート アーバイン  

    2019年08月16日

    【ロサンゼルス 8月11日】Amazonは11日、オレンジ郡アーバイン市で近々、6つのタイヤが付いた小型クーラーボックスサイズの自動運転ロボット「Scout」による配達サービスをスタートさせると発表した。   Amazonは今年初め、シアトル市郊外でこのロボットによる配達サービスを試験的に実施。アマゾン・スマイルのロゴが付いた水色の「Scout」は、障害物を避けて目的地にたどり着くことが可能で、月曜から金曜の日中に少量の配達物を運ぶことになるという。