全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月02日

NYでフォアグラ禁止 22年から罰金2000ドル

 

【ニューヨーク31日時事】ニューヨーク市議会は30日、強制的に太らせたカモやガチョウの肝臓からとった高級食材フォアグラの販売・提供を禁じる法案を賛成多数で可決した。

約1000店のレストランがフォアグラを使ったメニューを提供する世界屈指のグルメの都の食事情に大きな影響を与えそうだ。

 

フォアグラの生産では、カモやガチョウののどにチューブを差し込み、飼料を強制的に流し込んで肝臓を肥大化させる「強制給餌」と呼ばれる飼育方法が主流で、動物愛護団体から残虐との批判が高まっていた。

 

ニューヨーク市の禁止法は2022年に施行され、強制給餌で生産されたフォアグラを販売・提供した場合、最高2000ドル(約22万円)の罰金を科す。

 

米国ではカリフォルニア州が12年からフォアグラの販売を禁止。また、自然食品スーパー大手「ホールフーズ・マーケット」が販売を取りやめるなどの動きも出ている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 美術館に火の手、セレブも避難=加州で山火事広がる

 

    美術館に火の手、セレブも避難=加州で山火事広がる  

    2019年10月29日

    【ロサンゼルス29日時事】カリフォルニア州各地で先週から山火事が広がり、避難命令や通行止めなどで住民生活に影響が及んでいる。 28日にはロサンゼルスの有名美術館ゲッティセンター近くまで火が迫り、高級住宅地に住むセレブも避難を余儀なくされた。 州北部では計画停電を実施した電力会社に批判が集まっている。   ツイッターでは有名人が避難を報告。家族と共に避難したプロバスケットボール協会(NBA)レーカーズのレブロン・ジェームズ選手は「しゃれにならない」とつぶやいた。 俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー元州知事は「住民を守るために危険に突入する真のアクションヒーローだ」と消防士をたたえた。   サンフランシスコ北方ではワインの産地として知られるソノマ郡で火災が拡大し、約20万人が避難した。 地元の電力会社PG&Eは強風で送電線が切れて出火するのを防ぐためとして停電を実施。影響は一時100万世帯近くに及び、多くの学校が休校を迫られた。   PG&Eは昨年の山火事の賠償費用などで経営破綻しており、ニューサム州知事は「数十年の利欲とずさんな管理が今回の事態を招いた」と対応を批判。27日に州全土に非常事態を宣言した。  

  • 南加各地で火事発生 乾燥気候と強風で延焼  

    2019年10月24日

    【ロサンゼルス24日】乾燥した気候と強風などが原因で、南カリフォルニアの複数カ所で火事が起きている。 24日朝、サンバナディーノ国有林で発生した火事「Old Water Fire」は同日夜までに105エーカーを焼き、周辺の約80世帯に避難命令が出され、ハイウェー18号や近隣道路が閉鎖された。鎮火率は正午の時点で30%。   バンナイスのSepulveda Basinでも24日、火事が発生。夕方までにWoodley AveとBurbank Blvdの周辺およそ30エーカーが焼け、フリーウェー405号南行きの一部が閉鎖され、同エリアで寝泊まりするホームレスらが避難した。午後6時の時点で20%の鎮火率。   LA郡北部のカシュティクでも24日午後、フリーウェー5号北行き近くで出火したと思われる火災があっという間に約20エーカーに燃え広がり、住宅複数軒の屋根が炎上し、少なくとも一軒が消失。   サンタクラリタ北東のアグア・ドゥルセでは24日、5,000エーカー近くが焼け、約5万人が避難している。  

  • 興奮胸に、開幕戦のコートへ
八村の1年目スタート-NBA・ウィザーズ

 

    興奮胸に、開幕戦のコートへ 八村の1年目スタート-NBA・ウィザーズ  

    2019年10月23日

    マーベリックスとの開幕戦に先発出場したウィザーズの八村(手前左)=23日、米テキサス州ダラス(ロイター時事)  

  • LBのスポーツバーで発砲 2人死亡、1人負傷  

    2019年10月23日

    【ロサンゼルス23日】ロングビーチのスポーツバー「Bottoms Up Tavern」で23日午前12時20分頃、発砲事件が起き、男性1が死亡し別の1人が負傷。駆け付けた警官により、銃を発砲した男が射殺された。   ロングビーチ市警によると、容疑者の発砲で死亡・負傷したのは客1人とバーの従業員。現場検証で他の銃の薬莢などが見つかっていることから、発砲した者が死亡した容疑者以外にもいた可能性が高く捜査中。警察当局が発砲の原因などを調べている。  

  • 温暖化対策へ道路に熱反射剤塗装 LA市長が発表  

    2019年10月23日

    【ロサンゼルス23日】ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は22日、地球温暖化対策として、市内のアスファルト道路に熱を反射する薄色のコーティング剤を塗る「Cool Streets LA」キャンペーンを発表した。   キャンペーンは、同市長が掲げる「Green New Deal政策」の一環で、道路コーティングは、2025年までに実施する複数のパイロット・プログラムの一つ。同キャンペーンにはまた、市内に9万本の樹木を植えて日陰を増やす計画も含まれている。   道路に塗るコーティング剤は、熱を吸収する従来の黒色アスファルト道路に比べ、華氏10度から15度ほど温度を低く保てるといい、周辺の建物などの高温化も緩和される可能性が期待される。