全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月02日

NYでフォアグラ禁止 22年から罰金2000ドル

 

【ニューヨーク31日時事】ニューヨーク市議会は30日、強制的に太らせたカモやガチョウの肝臓からとった高級食材フォアグラの販売・提供を禁じる法案を賛成多数で可決した。

約1000店のレストランがフォアグラを使ったメニューを提供する世界屈指のグルメの都の食事情に大きな影響を与えそうだ。

 

フォアグラの生産では、カモやガチョウののどにチューブを差し込み、飼料を強制的に流し込んで肝臓を肥大化させる「強制給餌」と呼ばれる飼育方法が主流で、動物愛護団体から残虐との批判が高まっていた。

 

ニューヨーク市の禁止法は2022年に施行され、強制給餌で生産されたフォアグラを販売・提供した場合、最高2000ドル(約22万円)の罰金を科す。

 

米国ではカリフォルニア州が12年からフォアグラの販売を禁止。また、自然食品スーパー大手「ホールフーズ・マーケット」が販売を取りやめるなどの動きも出ている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 小型機墜落、10人死亡 テキサス

    2019年07月11日

     【ワシントン 7月1日時事】テキサス州ダラス郊外のアディスンで6月30日、小型機が墜落し、当局によると、10人が死亡した。 当局者は「生存者はいない」と語った。   墜落したのは双発ターボプロップビジネス機で、CNNテレビはプライベート機だったと伝えた。CBSニュースは、離陸直後、エンジンに問題が発生し、空港の格納庫に墜落したと報じている。  

  • デル・アモ発砲事件の容疑者逮捕

    2019年07月11日

     【ロサンゼルス 6月29日】トーランス市のデル・アモ・ファッションセンターで6月3日に起きた発砲事件で29日早朝、ベルフラワー在住のホセ・サラザー容疑者(18)が逮捕された。 レドンドビーチ市警による交通検問で止められた際に名前を偽り、麻薬の不法販売容疑で身柄を拘束された後、逮捕された。   デル・アモ・ファッションセンターで起きた発砲事件では、男性1人が負傷。この男性は回復している。サラザー容疑者は、殺人未遂容疑で拘束中。警察当局が詳しい事件の背景や動機などを調べている。  

  • フェイスブック、世界規模で障害 傘下のインスタなども

    2019年07月11日

     【サンノゼ 6月4日 時事】交流サイト(SNS)最大手フェイスブックは3日、一部のユーザーの間で画像などを投稿できない障害が世界規模で発生したと発表した。傘下のインスタグラムやワッツアップのサービスでも同じ問題が起きたという。   フェイスブックによると、障害は通常のメンテナンス業務中に起きた。復旧に取り組むとともに、障害の影響を調査しているという。   世界中のネット障害を監視しているサザンアイズ社によると、フェイスブックで7500人以上、インスタグラムで1万4000人以上、ワッツアップで1600人以上のユーザーが障害を報告した。 同社は「障害は内部インフラかアプリの問題に関係していると思われる」と指摘した。  

  • 米大統領、初の北朝鮮入り 板門店で正恩氏と会談

    米大統領、初の北朝鮮入り 板門店で正恩氏と会談

    2019年07月11日

     【ワシントン 6月30日 時事】トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は30日、南北軍事境界線にある板門店で約50分間、会談した。トランプ氏はこれに先立ち現職米大統領として史上初めて、境界線を越えて北朝鮮に足を踏み入れた。 会談後、米朝が2、3週間以内に実務協議を行うことで合意したと明らかにし、非核化交渉が本格再開するか注目される。   トランプ氏は30日午後、境界線上で北朝鮮側から現れた正恩氏と対面し、握手。正恩氏の招きに応じるように境界線をまたいだ。 歴代の米大統領が北朝鮮と接する非武装地帯(DMZ)を訪れたり、元大統領が訪朝したりしたことはあったが、現職米大統領が北朝鮮を訪れたことは一度もなかった。   北朝鮮側施設「板門閣」の前まで進んだトランプ氏は写真撮影を済ますと、正恩氏と共に韓国側に移動。両首脳は韓国の文在寅大統領も交え、立ち話をした。 韓国と北朝鮮、米国の3首脳が一堂に会するのも南北分断後初めてで、異例ずくめの板門店訪問となった。    トランプ氏は「この場にいるのは大変光栄だ」と述べ、越境を誇りに思うと語った。正恩氏は「良くない過去を清算し、良い未来を開拓しようという勇断だ」とトランプ氏を称賛した。   両氏はその後、韓国側施設「自由の家」で昨年6月のシンガポール、今年2月のハノイに続く3回目の米朝首脳会談を実施。両首脳は電撃的に開かれた会談で、良好な関係を世界にアピールした。  

  • 加州でM6.4の地震 火災や停電発生、死者の情報なし

    2019年07月11日

     【ロサンゼルス 7月5日時事】米地質調査所(USGS)によると、カリフォルニア州南部で4日午前10時33分、マグニチュード(M)6.4の地震が起きた。火災や停電などが発生したが、これまでのところ死者が出たとの情報はない。   震源はロサンゼルス北方約200キロのリッジクレスト市付近で、震源の深さは10・7キロ。人口が少ない地域とみられる。同州カーン郡の消防当局によると、リッジクレスト市一帯で約20件の火災や救護措置に対応した。   トランプ大統領はツイッターに、「全てがしっかりと統御されているようだ」と投稿した。   カリフォルニア州南部は過去にも強い地震に見舞われており、報道によれば、今回の地震は1999年以降で最大規模という。