全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年11月02日

NYでフォアグラ禁止 22年から罰金2000ドル

 

【ニューヨーク31日時事】ニューヨーク市議会は30日、強制的に太らせたカモやガチョウの肝臓からとった高級食材フォアグラの販売・提供を禁じる法案を賛成多数で可決した。

約1000店のレストランがフォアグラを使ったメニューを提供する世界屈指のグルメの都の食事情に大きな影響を与えそうだ。

 

フォアグラの生産では、カモやガチョウののどにチューブを差し込み、飼料を強制的に流し込んで肝臓を肥大化させる「強制給餌」と呼ばれる飼育方法が主流で、動物愛護団体から残虐との批判が高まっていた。

 

ニューヨーク市の禁止法は2022年に施行され、強制給餌で生産されたフォアグラを販売・提供した場合、最高2000ドル(約22万円)の罰金を科す。

 

米国ではカリフォルニア州が12年からフォアグラの販売を禁止。また、自然食品スーパー大手「ホールフーズ・マーケット」が販売を取りやめるなどの動きも出ている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LAの中学で銃撃企てた13歳男子生徒を逮捕  

    2019年11月22日

    【ロサンゼルス22日】サウス・ロサンゼルスのAnimo Mae Jemison Charter Middle Schoolに通う男子生徒(13)が21日、22日に学校へ銃を持ち込み同級生らを殺りくする計画を立てていた容疑で逮捕された。 22日の警察の会見では、銃器類がらみの容疑で、この少年の成人の親戚一人も逮捕された。   男性生徒の殺りく計画を聞いた生徒らが、教師に報告したことで逮捕に至った。 LA郡シェリフ局が少年の自宅に踏み込んだ際、殺傷能力が高いライフル銃や100発以上の銃弾、手描きの校内地図や殺害者リストが見つかった。銃は未登録だったが、シリアルナンバーがあった。   サンタクラリタのサーガス高校で14日に起きた、生徒2人が犠牲になった16歳生徒による発砲事件の後、ロサンゼルス地区では、生徒が銃を用いた脅迫容疑などで逮捕される事件が相次いでいる。  

  • リモコン車で覚せい剤密輸 サンディエゴ国境で16歳逮捕  

    2019年11月22日

    【ロサンゼルス22日】サンディエゴの国境地帯で17日夜12時半頃に、長さ1フィートほどのリモコン車を使い、メキシコ側から約55ポンドの覚せい剤を密輸した16歳のアメリカ人少年が逮捕された。税関・国境取締局が22日に公表した。   押収された覚せい剤の末端価格はおよそ10万ドル。メキシコ側でこのリモコン車を操縦し、国境を複数回往復させていた容疑者がいるとみられ、捜査が行われている。  

  • 高校で銃撃、生徒2人死亡
サンタクラリタの高校

 

    高校で銃撃、生徒2人死亡 サンタクラリタの高校  

    2019年11月18日

    【ロサンゼルス14日】サンタクラリタのサーガス高校で14日午前7時半頃、この日が16歳の誕生日だった男子生徒のナサニエル・バーハウ容疑者がバックパックに隠し持っていた銃を校内広場で発砲し、16歳の女子と14歳の男子生徒2人が死亡、その他少なくとも3人の生徒が負傷する事件が起きた。 バーハウ容疑者は自身の頭部に発砲し、重体で病院に収容されていたが、15日午後に死亡した。   事件発生時、生徒らは走って逃げたり、教室内でバリケードをつくったりして緊迫した雰囲気に包まれた。女子生徒はCNNテレビに「最初に1発、続いて4発の銃声が聞こえて走りだした」と語った。   LA郡シェリフ局によると、容疑者が使ったのは45口径で、入手先や発砲の動機などを調べている。容疑者の父親マーク・バーハウは2年前に心臓発作で死去しており、母親は日本出身のマミ・マツウラ・バーハウ。警察当局が、容疑者の母親とガールフレンドに事情聴取を行っている。   米国では学校での発砲で生徒が犠牲になる事件が後を絶たない。ニューサム州知事はツイッターに「子供を学校に送るときに子供の命を心配する必要はないはずだ」と投稿、銃規制の必要性を強調した。  

  • ロサンゼルス市、交通変革へ官民パートナーシップ ウェイモやリフトが参加  

    2019年11月15日

    【ロサンゼルス15日時事】ロサンゼルスのガルセッティ市長は14日、都市部の交通イノベーションを促進するための官民パートナーシップ「アーバン・ムーブメント・ラブズ(UML)」を発表した。深刻な通勤渋滞の緩和に向けて、新たな発想を試行。ビジネスの創出と雇用の改善につなげる。   設立メンバーには、ロサンゼルスの交通局や港湾局のほか、通信大手ベライゾンやライドシェア大手リフト、グーグル系の自動運転企業ウェイモ、レンタカー大手エイビス・バジェット・グループなどが含まれる。   ガルセッティ市長は「世界の交通イノベーションの首都としてのロサンゼルスの地位を確立する」とコメントした。  

  • 自動車信頼性、レクサス首位 日本勢が上位独占  

    2019年11月15日

    【ニューヨーク15日時事】米有力消費者情報誌コンシューマー・リポートが14日発表した今年の自動車ブランド別信頼性ランキングで、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が首位となった。2位は「マツダ」、3位は「トヨタ」で、上位を日本勢が独占した。   4位はドイツの「ポルシェ」、5位には韓国・現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」が入った。他の日本勢では、「SUBARU(スバル)」が7位、「ニッサン」が11位、「ホンダ」が12位、「ミツビシ」が20位だった。   同誌は、40万台を超える自動車を調査し、不具合の情報などに基づきランク付けした。