連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年11月06日

世界中の波に挑むサーフライフ

プロサーファー

五十嵐 キアヌ

Keanu Igarashi


 

2018/2019シーズンにNSSA (National Scholastic Surfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。ハンティントンビーチ生まれ育ちの17歳。今シーズンよりプロに転向

2018/2019シーズンにNSSA(NationalScholasticSurfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。

年間10戦を行う同コンペティションのSoutheast Conferenceカテゴリーで6戦中4戦の優勝を果たして今回の年間チャンピオンに至り、自身で初の快挙となった。

 

ハンティントンビーチ出身、ハンティントンハイスクールに通う17歳のキアヌは、この年にしてすでに世界の波を乗りこなす。

兄の五十嵐カノアは言わずと知れた世界トップサーファー。

ワールドツアーで海外を回る兄について行ってたびたびサーフトリップを重ねてきた。

物心つくころから彼が目の当たりにしていたのは兄を筆頭にしたトップサーファーたちのハイレベルなサーフライドばかりだった。

「俺が13歳くらいの時かな、初めてチャンピオンツアーに参加したカノアを見て、かっこいいなぁって思った。お兄ちゃんみたいに自分も世界を目指したい、世界をツアーで回りたい。これこそが俺が求めてるライフスタイルなんだと確信したんだ」

 

1年のほとんどをワールドツアーで回る兄を追いかけながら、キアヌ自身も六大陸を跨ぐダイナミックなサーフライフを繰り広げる。旅先で波に挑みながらサーフィンに勤しみ、ローカルの若きサーファーたちや、言葉もカルチャーも異なる人々たちと触れ合い繋がりを深める。

5年前の12歳の時に友達だけで行ったコスタリカの旅が本当に楽しかった! カリフォルニアだったら普通は海にいるはずのないワニが海にいたりとびっくりすることばかりだったけど、ハンティントンとはまた違う力強くて大きい波に感動した。世界トップ5に入る『長く乗れる波』にも乗って足がパンパンになったのが忘れられないな」

 

そんな世界の波を知るキアヌの大好きなサーフポイントは、やはり幼い頃から乗りつくしてきた地元ハンティントンの海だという。

「俺はやっぱりハンティントンが一番好き。実はね、ハンティントンとニューポートの間に自分で探して見つけた秘密のスポットがあるんです。いい波が来るし、たまにチューブやエアセクションもあるっていうかなり波のバリエーションが広い場所。しかも人がほとんどいない。お兄ちゃんはその場所を知ってるかって?どうかな。知ってるかもしれないけど、内緒にしておこう(笑)」

 

今シーズンはプロジュニアランキングを上げて、アマチュアからプロサーファーへ本格的に転向する。

そんなキアヌにとって兄カノアは、サーフィンを教えてくれた厳しい師であり、サーフパートナーであり、最大のライバルでもある。

「2年以内にはUSオープンに出場したい。ファイナルでカノアと兄弟対決になったら、俺が勝ってワールドチャンピオンになる!」と強気なコメントが頼もしさを感じさせた。

ターンで派手なしぶきを上げるパワフルなライディングをみせる五十嵐キアヌ

写真左から2番目がキアヌ。兄であるカノアはサーフツアーで海外に出ることも多いからこそ、ファミリーで過ごすひとときを大切にしている

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 「Hapa英会話―生きた英語を世界へ発信」

英語講師 / 『Hapa英会話』 プロデューサー

淳 セニサック|Jun Senesac


 

    「Hapa英会話―生きた英語を世界へ発信」 英語講師 / 『Hapa英会話』 プロデューサー 淳 セニサック|Jun Senesac  

    2018年04月12日 ロサンゼルスで暮らす人々

     アメリカ人の父と日本人の母を持ち、ロサンゼルスで生まれ育った淳セニサックさん。そのセニサックさんが約5年前にブログからスタートし、ポッドキャスト、メルマガ、ユーチューブと様々な媒体で発信する『Hapa英会話』。2013年1月21日に初回のブログを投稿し現在の媒体別アクセス数は、ブログ1日のアクセス数が5万以上、ポッドキャストの総ダウンロード数1600万以上、ユーチューブの購読人数が20万以上と、莫大な支持を得る人気ぶりをみせる(4月5日現在)。  昨年よりLAから東京へ拠点を移し活動開始。さらに4月9日にはセニサックさんの書籍第二弾『Hapa英会話ネイティブ感覚で話す英語フレーズ』が出版されたばかり。反響の多かったトップ90のブログをまとめて一冊の本にした同著は、amazon.co.jp売れ筋ランキングで第2位を獲得している。  『Hapa』とは日本語で混血やハーフ、ミックスとも表現される。その言葉の通り、日米の血を引くセニサックさんによる英会話。「TOEICの高得点を持ち、英語の理解力のある日本人の方が実際にアメリカへ来て生活をしてみて、遭遇する英語の壁はたくさんあります。レストランでの注文に困ったり、学校やビジネスの場で日本の文化について聞かれて答えられなかったりと、ネイティブのイングリッシュスピーカーとの会話に戸惑い悩む方も多い。そんな皆さんからのお悩みや疑問をいただいて、答えたいと最初に始めたのがブログでした」  両親であるビル& 陽子セニサック氏はトーランスで英会話学校、BYBイングリッシュセンターを開校して33年。長男であるセニサックさんは2011年に開校したBYBアーバイン校の校長を務め、英語教育と学校運営に尽力した。もともと大学では会計士を目指して勉強していたというセニサックさんだが、大学時代に日本へ1年間の交換留学に訪れ、その後、国際交流員として石川県内灘町役場に勤務。2年間の石川での生活で、自分の将来への考えが180度変わったという。「日米をバックグランドに育った僕は、言語や文化の上で混乱した時期がありました。自分がアメリカ人なのか日本人なのか葛藤した部分がたくさんあった。そんな中で、経験したのが石川県内灘町での生活。そこで週に一回、街の人たちに英会話を教えていたんです。生徒さんからの質問に答えると喜んでくれたことや、彼らの悩みに共感できたことが本当に嬉しかった。それが自分の中で何をするべきかがクリアになった瞬間でした」  日本の美しき四季の文化や習慣、話題などにまつわる新鮮な英語が日々更新される『Hapa英会話』。「アメリカ人が教える英語でも、日本人が教える英語でもない。アメリカ人の視点を日本人の感覚でわかりやすく伝えられるコンテンツを、これからも多くの皆さんにお届けしていきたいと思っています」。

  • 「自分のルーツを融合して

        オリジナリティを築く」

フィットネスコーチ/ 俳優/ダンサー/モデル
 

Shuichi Morimoto


 

    「自分のルーツを融合して         オリジナリティを築く」 フィットネスコーチ/ 俳優/ダンサー/モデル   Shuichi Morimoto  

    2018年04月05日 ロサンゼルスで暮らす人々

     いつの時代も様々なフィットネスのトレンドを生み出すフィットネス王国カリフォルニア。トレーナーたちは、自らの肉体が培ってきたフィットネスの知識や経験をもってオリジナルのトレーニングをクリエイトする。  ロサンゼルスでフィットネスコーチとして活動するShuichi Morimotoさんは、ダンスをもとにしたグループエクササイズや一般個人へのセッションを提供している。「自分の活動のルーツはダンサーなので、フィットネスやダンスをはじめとしたエンターテイメントをミックスして、どこにもない新しいものを作り上げていきたいと思っています」  ダンサーとしてのバックグランドはニューヨークで築きあげられた。2011年に渡米し本格的にNYを拠点にダンサーとして活動をスタート。渡米以前にも日本からたびたび現地に足を運んでダンスワークショップを受けたほか、ネットワーク作りを行いダンサーとしての基盤を作った。全米規模で行われるストリートダンスバトル番組『アメリカズ・ベスト・ダンスクルー』ニューヨーク代表のダンスクルーの1人に選ばれアメリカ国内で多数のコンテストやショーにゲスト出演、また鍛えあげた肉体とダンスでオーディエンスを魅了するダンスプロジェクト『The Ken Project』にも初のアジア人として選ばれたほか、Rhythm Cityやビヨンセ、アッシャーなどのプロダンサーと一緒にダンスのワークショップをしに日本や台湾を訪れた。「NYでの自分にとっての宝は、人との出会いですね。エンターテイナーはもちろん、アーティスト、ミュージシャン、ファッション・・・自分の専門分野を飛び越えて会ったことのないような人と出会って繋がって、色々な影響を受けました。あの街で日々、新しいことを発見したことが新鮮だったし、それがエンターテイナーとしてのクリエイティビティを研ぎ澄ましてくれたんだと思います」  2年前に新たなエンターテイメントの新境地を目指してLAへ移り、様々な挑戦を続ける。フィットネスコーチの仕事に力を注ぐと同時に、褐色の肌やがっちりとした体型やルックスを持ち味にして、モデルや俳優としてコマーシャルやミュージックビデオなどにも出演。昨年は、ボディービルディングコンテストNational Physique Contestアトランタ大会に初出場しNovice部門で3位入賞を果たした。  「ダンサーになるにも、アスリートになるにも、他の何かで上を目指すにしても、大切なのは体力です。自分がダンサーとして活動してきて、体作りの大切さを体感しました。ダンサーになるためにダンスだけするのではなく、トレーニングによってスタミナをつけたり、インナーマッスルを鍛えることの大切さを自分の経験をもとに、皆さんとシェアしていきたいですね」。