連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年11月06日

世界中の波に挑むサーフライフ

プロサーファー

五十嵐 キアヌ

Keanu Igarashi


 

2018/2019シーズンにNSSA (National Scholastic Surfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。ハンティントンビーチ生まれ育ちの17歳。今シーズンよりプロに転向

2018/2019シーズンにNSSA(NationalScholasticSurfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。

年間10戦を行う同コンペティションのSoutheast Conferenceカテゴリーで6戦中4戦の優勝を果たして今回の年間チャンピオンに至り、自身で初の快挙となった。

 

ハンティントンビーチ出身、ハンティントンハイスクールに通う17歳のキアヌは、この年にしてすでに世界の波を乗りこなす。

兄の五十嵐カノアは言わずと知れた世界トップサーファー。

ワールドツアーで海外を回る兄について行ってたびたびサーフトリップを重ねてきた。

物心つくころから彼が目の当たりにしていたのは兄を筆頭にしたトップサーファーたちのハイレベルなサーフライドばかりだった。

「俺が13歳くらいの時かな、初めてチャンピオンツアーに参加したカノアを見て、かっこいいなぁって思った。お兄ちゃんみたいに自分も世界を目指したい、世界をツアーで回りたい。これこそが俺が求めてるライフスタイルなんだと確信したんだ」

 

1年のほとんどをワールドツアーで回る兄を追いかけながら、キアヌ自身も六大陸を跨ぐダイナミックなサーフライフを繰り広げる。旅先で波に挑みながらサーフィンに勤しみ、ローカルの若きサーファーたちや、言葉もカルチャーも異なる人々たちと触れ合い繋がりを深める。

5年前の12歳の時に友達だけで行ったコスタリカの旅が本当に楽しかった! カリフォルニアだったら普通は海にいるはずのないワニが海にいたりとびっくりすることばかりだったけど、ハンティントンとはまた違う力強くて大きい波に感動した。世界トップ5に入る『長く乗れる波』にも乗って足がパンパンになったのが忘れられないな」

 

そんな世界の波を知るキアヌの大好きなサーフポイントは、やはり幼い頃から乗りつくしてきた地元ハンティントンの海だという。

「俺はやっぱりハンティントンが一番好き。実はね、ハンティントンとニューポートの間に自分で探して見つけた秘密のスポットがあるんです。いい波が来るし、たまにチューブやエアセクションもあるっていうかなり波のバリエーションが広い場所。しかも人がほとんどいない。お兄ちゃんはその場所を知ってるかって?どうかな。知ってるかもしれないけど、内緒にしておこう(笑)」

 

今シーズンはプロジュニアランキングを上げて、アマチュアからプロサーファーへ本格的に転向する。

そんなキアヌにとって兄カノアは、サーフィンを教えてくれた厳しい師であり、サーフパートナーであり、最大のライバルでもある。

「2年以内にはUSオープンに出場したい。ファイナルでカノアと兄弟対決になったら、俺が勝ってワールドチャンピオンになる!」と強気なコメントが頼もしさを感じさせた。

ターンで派手なしぶきを上げるパワフルなライディングをみせる五十嵐キアヌ

写真左から2番目がキアヌ。兄であるカノアはサーフツアーで海外に出ることも多いからこそ、ファミリーで過ごすひとときを大切にしている

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 「客席のエネルギー満たす映画づくり」

映画監督

北村 龍平 |Ryuhei Kitamura


 

    「客席のエネルギー満たす映画づくり」 映画監督 北村 龍平 |Ryuhei Kitamura  

    2018年05月10日 ロサンゼルスで暮らす人々

     6人の大学生を乗せた車が、荒野のど真ん中を走っている最中にパンク。修理を始めた学生たちは、この事故が単なる偶然ではなく、タイヤが何者かに撃たれたことに気づく。やがて見えない敵からの狙撃が始まり……。あらすじからでさえスリル感が味わえるホラー映画『ダウンレンジ(Downrange)』。自身の新作である同作品がロサンゼルスでプレミアを迎えた北村龍平監督に話を聞いた。  「僕がホラーやスリラー映画を撮る時は、予測不能な動きをするジェットコースターに乗ったようなスリルを味わえるものを作りたいと、常に思っているんです。映画はエンターテイメント。スクリーンに向かっている間は時を忘れるほど楽しめて、終わった時には爽快な気分を味わえる。観客に何かしらのエネルギーを与える力が無いと、それは映画とは言えないと僕は思うんです」  99年に渡部篤郎主演『ヒート・アフター・ダーク』で監督デビュー。『VERSUS(ヴァーサス)』(01年)はトロント国際映画祭のミッドナイトマッドネス部門で北米プレミア上映されるなど世界的に高く評価され、『あずみ』(03年)、『ゴジラ FINAL WARS』(04年)と立て続けに大作のメガホンを取った。10年前に渡米。ハリウッドでの第一作目『ミッドナイト・ミート・トレイン』(08年)を製作以降、ロサンゼルスを拠点に活動を続けている。  「5年前に久々に日本で監督した実写映画『ルパン三世』は、僕にとって大きな挑戦でした。国民から大々的に支持されるルパン三世は偉大なプロジェクトでプレッシャーも大きかった。それでも監督の仕事を受けたのは、常に違うものを作りたい、逆境をどう乗り越えるかのチャレンジをし続けたいという気持ちからでした。そしてそのルパン三世の後に撮ったのが今回の『ダウンレンジ』。前作品とは真逆の、自分の原点に立ち返るものを作りたかった」  20年ほど前に3000万円の低予算で撮ったインディーズムービー『ヴァーサス』。無名で金もなかった時代に周りに反対され、借金もして、それでも山にこもって撮った同作品は自身の原点。大きな看板がなくても自分にしか生み出せない作品でいつでも世界で勝負できる自信があると話す。  ハリウッド映画を観て育ち、17歳の頃から「自分が作りたいものを作る」ことだけを見つめて突っ走ってきた。その焦点は1ミリもブレることはない。「自分のやりたいことに対してどれほどの情熱を注げるか・・・。僕のやりたいことは、最高だと思える映画、オーディエンスに楽しいと思ってもらえる映画を作ってお金を稼ぐという極めてシンプルなことです。極端なことを言うと、やりたくないことをやってまで生きていたくない。でも死にたくないから一生懸命にやる。モチベーションてそういうものだと思うんです」。

  • 「デザインとは、領域のない表現」

グラフィックデザイナー

原 研哉 |Kenya Hara


 

    「デザインとは、領域のない表現」 グラフィックデザイナー 原 研哉 |Kenya Hara  

    2018年05月03日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日本の魅力の諸相を「世界を豊かにする日本」として表現・発信することにより、日本への深い理解と共感の裾野を広げていくための海外拠点事業「ジャパン・ハウス」は、昨年よりロサンゼルス、ロンドン、サンパウロの3都市に事業拠点を開設し、展示スペース、シアター機能のある多目的スペースなどをオープン。現在、ハリウッド・ハイランドセンター内にあるジャパン・ハウス・ロサンゼルスの展示ギャラリーでは5月23日まで「TAKEO PAPER SHOW『SUBTLE―かすかな、ほんのわずかの』」展を開催。ジャパン・ハウス総合プロデューサーであり、本展示のキュレーター兼ディレクター、日本を代表するグラフィックデザイナーである原研哉さんに話を聞いた。  「このギャラリーでは、日本を紹介することを趣旨として、数ヶ月を会期とする日本からの巡回展や、現地のキュレーターによる展覧会を開催する計画となっています。私がデザインの世界に入った頃は、展覧会を作って海外で巡回できる場所を設けるのが難しかった。今後はこのジャパン・ハウスが、日本の若い才能や可能性を海外で表現したり発表できる場所になれればと思っています」  岡山県出身、武蔵野美術大学大学院デザイン専攻を修了後、日本デザインセンター入社、現在同社代表。長野オリンピック開・閉会式プログラム、EXPO2005愛知公式ポスター、無印良品アートディレクションなど数多くのデザインを手掛け、独自の視点を広告やプロダクト、空間デザイン、催事計画など、常に新しい活動領域で表現してきた。「私は、デザインとは本来一つのものであって、グラフィックとか空間デザインなどと、完全に分けられるものではないと思っています。ですから領域に関係なくあらゆることをデザインしていくように自然になっていきました」  中でも、株式会社竹尾の企画「竹尾ペーパーショウ」に長年携わり、29歳から6年間ほど同企画のアートディレクターを担当。そこで加工技術や印刷技術などを深く掘り下げ、紙にまみれて過ごした時代は、自分の初期のデザイナーとしての中核をなしていると話す。「昨今では、紙は印刷メディアという言われ方をして、古い媒体だと思われている節がありますが、私は、紙は、いつも人間の身の回りにあって、人間の創造意欲を触発してくれるとても大切なものだと思っています。紙は白くて汚れやすく壊れやすい。しかし人間はその紙の上に黒々と墨で文字や絵を描いて物を作り続け、成功もして、失敗もしてきた。今回の『SUBTLE―かすかな、ほんのわずかの』展は、見ていただけると、感覚の目盛りが十倍くらい細かくなるような、繊細で静かであるけれど同時に大きな衝撃力がある、そんな展覧会になっているんじゃないかと思います」。

  • 「空手道とは、精神の鍛え、人間としての学び」

松濤館流空手道場 範士

藤嶋 廣安|Hiroyasu Fujishima


 

    「空手道とは、精神の鍛え、人間としての学び」 松濤館流空手道場 範士 藤嶋 廣安|Hiroyasu Fujishima  

    2018年04月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

     空手は琉球王国時代の沖縄で生まれたといわれている日本発祥の武道。第二次世界大戦後に広くアメリカをはじめ世界に普及されていった空手道は、2020年に開催される東京オリンピックの追加種目に正式決定したこともあり、さらに国際化が進む。  そんな中、ロサンゼルス・ノースリッジに「松濤館流藤嶋道場」がオープンした。この藤嶋道場の範士であり指導を行うのが、世界約140ヵ国・日本国内約130支部、約230万人の会員を数えるなど、世界最大規模を誇る武道組織「国際松濤館 空手道連盟」所属の藤嶋廣安氏だ。  日本の伝統空手と言われる松濤館流は、近代空手の祖とも言われる船越義珍氏を事実上の開祖とする空手流派である。「蹴りの鋭さやスピードなどが松濤館流の特徴でもありますが、空手道が持つ力やその奥の深さは、無限です。長年この道で精進してきた者でも、多くを学んで技を心得たからこれで終わり、ということはありません。一生修行の道であることを私自身の志としていますし、生徒たちにも伝え続けていることです」  北海道出身の藤嶋氏は、拓殖大学時代より日本の伝統空手である松濤館流にて修行を行い、1964年に渡米後、1969年よりカリフォルニア州立大学ノースリッジ校でキネシオロジー学科の教授として教鞭を取る傍ら、教育の一環として空手指導にあたり来年で50年となる。    「もともとノースリッジで道場を構えて空手を教えていましたが、22年前のノースリッジの大地震で道場を失いました。その後は、カルステノースリッジ校でキネシオロジーを教えながら、空手を指導してきました。スポーツサイエンスであるキネシオロジーと武道である空手は、力学的な観点などで関連性がありますから、力に任せてという打撃力だけでなく、スポーツサイエンスを通して学べることも多いのです」  日本の武道である空手をアメリカや世界に伝えるのは、日本の武道の歴史を伝え、文化を伝えること。決して容易な道ではないが、武道を通して異文化間での友好を深められるという素晴らしさがあると話す藤嶋氏。  「これまで私は空手を大学の教育の一環として指導してきました。私のもとで学んだ生徒の中には、空手家として巣立っていった人も多いですが、ビジネスの世界で成功を収め、社会的なリーダーとして活躍している人もたくさんいます。空手を通して精神的な強さを培い、礼儀作法を身につけるなど、人間としての成長に繋げられることをこれからも広く伝えていきたいと思っています」。

  • 「人のエネルギーを受け取り、心身ともに治療する」

エナジーヒーラー/ カイロプラクター

上木原 千絵|Chie Uekihara


 

    「人のエネルギーを受け取り、心身ともに治療する」 エナジーヒーラー/ カイロプラクター 上木原 千絵|Chie Uekihara  

    2018年04月18日 ロサンゼルスで暮らす人々

     気功療法、霊気(レイキ)療法とも呼ばれるエナジーヒーリングは、気のバランスを整えて、心と体をより良い方向へ改善していく治療法。治療者が患者に手をかざし、体には直接触れずに気を伝えて、頭痛や肩こり、腰痛として現れた症状や、隠れている症状を治療する。肉体と感情、そして経験によって人は作られているという理念のもと、治療者(ヒーラー)はエネルギー体(エナジーボディー)の中に前世や幼少期に隠れていたネガティブな感情を見つけ、それを開放することで心身ともに直していく。  サンディエゴ北部でエナジーヒーラーとして活動する上木原千絵さんは、カイロプラクターとしての経験もあり、カイロプラクティックと気功療法を合わせた治療を行っている。  上木原さんは、高校生の頃から人の身体に関わる仕事をしたいと思っており、英語教師の父の影響もあって海外留学を視野に入れていた。大学時代にはバーバラ・アン・ブレナンの著書『光の手』を読み、エナジーヒーリングに興味を持った。ブレナンはNASAの科学者からヒーラーとなり、人間のオーラやチャクラ(人体の中枢)の働きを科学的に解明した人だった。    そして大学卒業後に渡米した上木原さんは、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校でSports MedicineandInjury Studiesを専攻した。  「実は卒業後、まだ身体の事を分かっていないという不完全燃焼感と、本当にやりたいことは何だろうという思いがありました」。そんなときトーランスのカイロプラクターと出会い、カイロプラクティックの学校へ。「カイロプラクティックと融合して、気やオーラ、そして今まで学んできた医学も活かせると考えたのです」  それから結婚してラスベガスに移り、カイロプラクターとして開業。「でも最初は、他のカイロプラクターと違うことをしてもいいものかと、エナジーワークを取り入れることに2、3年葛藤しました」。一年前にサンディエゴに移住し、カイロプラクティック院に勤務後、今は独立してエナジーヒーリングをしている。「サンディエゴ北部のエンシニータスにはヨガの聖地もあり、いいエネルギーが集まっている環境だといえます」  現在はカイロプラクティックとエナジーヒーリングを融合させた自身のスタイルを確立し、クライアントの要望に応えている上木原さん。「まだサンディエゴでは活動を始めたばかりなので、ワークショップを行い、サンディエゴの人にもっとエナジーワークを広げていきたい。また、気の流れは不思議で怪しいものと思われがちですが、ブレナンをはじめとしてアメリカ各地の大学などで科学的に研究されており、そんな研究文献も紹介したい。そして、日本で活躍しているエナジーヒーラーとも一緒に活動していければいいですね」。

  • 「Hapa英会話―生きた英語を世界へ発信」

英語講師 / 『Hapa英会話』 プロデューサー

淳 セニサック|Jun Senesac


 

    「Hapa英会話―生きた英語を世界へ発信」 英語講師 / 『Hapa英会話』 プロデューサー 淳 セニサック|Jun Senesac  

    2018年04月12日 ロサンゼルスで暮らす人々

     アメリカ人の父と日本人の母を持ち、ロサンゼルスで生まれ育った淳セニサックさん。そのセニサックさんが約5年前にブログからスタートし、ポッドキャスト、メルマガ、ユーチューブと様々な媒体で発信する『Hapa英会話』。2013年1月21日に初回のブログを投稿し現在の媒体別アクセス数は、ブログ1日のアクセス数が5万以上、ポッドキャストの総ダウンロード数1600万以上、ユーチューブの購読人数が20万以上と、莫大な支持を得る人気ぶりをみせる(4月5日現在)。  昨年よりLAから東京へ拠点を移し活動開始。さらに4月9日にはセニサックさんの書籍第二弾『Hapa英会話ネイティブ感覚で話す英語フレーズ』が出版されたばかり。反響の多かったトップ90のブログをまとめて一冊の本にした同著は、amazon.co.jp売れ筋ランキングで第2位を獲得している。  『Hapa』とは日本語で混血やハーフ、ミックスとも表現される。その言葉の通り、日米の血を引くセニサックさんによる英会話。「TOEICの高得点を持ち、英語の理解力のある日本人の方が実際にアメリカへ来て生活をしてみて、遭遇する英語の壁はたくさんあります。レストランでの注文に困ったり、学校やビジネスの場で日本の文化について聞かれて答えられなかったりと、ネイティブのイングリッシュスピーカーとの会話に戸惑い悩む方も多い。そんな皆さんからのお悩みや疑問をいただいて、答えたいと最初に始めたのがブログでした」  両親であるビル& 陽子セニサック氏はトーランスで英会話学校、BYBイングリッシュセンターを開校して33年。長男であるセニサックさんは2011年に開校したBYBアーバイン校の校長を務め、英語教育と学校運営に尽力した。もともと大学では会計士を目指して勉強していたというセニサックさんだが、大学時代に日本へ1年間の交換留学に訪れ、その後、国際交流員として石川県内灘町役場に勤務。2年間の石川での生活で、自分の将来への考えが180度変わったという。「日米をバックグランドに育った僕は、言語や文化の上で混乱した時期がありました。自分がアメリカ人なのか日本人なのか葛藤した部分がたくさんあった。そんな中で、経験したのが石川県内灘町での生活。そこで週に一回、街の人たちに英会話を教えていたんです。生徒さんからの質問に答えると喜んでくれたことや、彼らの悩みに共感できたことが本当に嬉しかった。それが自分の中で何をするべきかがクリアになった瞬間でした」  日本の美しき四季の文化や習慣、話題などにまつわる新鮮な英語が日々更新される『Hapa英会話』。「アメリカ人が教える英語でも、日本人が教える英語でもない。アメリカ人の視点を日本人の感覚でわかりやすく伝えられるコンテンツを、これからも多くの皆さんにお届けしていきたいと思っています」。