連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年11月06日

世界中の波に挑むサーフライフ

プロサーファー

五十嵐 キアヌ

Keanu Igarashi


 

2018/2019シーズンにNSSA (National Scholastic Surfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。ハンティントンビーチ生まれ育ちの17歳。今シーズンよりプロに転向

2018/2019シーズンにNSSA(NationalScholasticSurfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。

年間10戦を行う同コンペティションのSoutheast Conferenceカテゴリーで6戦中4戦の優勝を果たして今回の年間チャンピオンに至り、自身で初の快挙となった。

 

ハンティントンビーチ出身、ハンティントンハイスクールに通う17歳のキアヌは、この年にしてすでに世界の波を乗りこなす。

兄の五十嵐カノアは言わずと知れた世界トップサーファー。

ワールドツアーで海外を回る兄について行ってたびたびサーフトリップを重ねてきた。

物心つくころから彼が目の当たりにしていたのは兄を筆頭にしたトップサーファーたちのハイレベルなサーフライドばかりだった。

「俺が13歳くらいの時かな、初めてチャンピオンツアーに参加したカノアを見て、かっこいいなぁって思った。お兄ちゃんみたいに自分も世界を目指したい、世界をツアーで回りたい。これこそが俺が求めてるライフスタイルなんだと確信したんだ」

 

1年のほとんどをワールドツアーで回る兄を追いかけながら、キアヌ自身も六大陸を跨ぐダイナミックなサーフライフを繰り広げる。旅先で波に挑みながらサーフィンに勤しみ、ローカルの若きサーファーたちや、言葉もカルチャーも異なる人々たちと触れ合い繋がりを深める。

5年前の12歳の時に友達だけで行ったコスタリカの旅が本当に楽しかった! カリフォルニアだったら普通は海にいるはずのないワニが海にいたりとびっくりすることばかりだったけど、ハンティントンとはまた違う力強くて大きい波に感動した。世界トップ5に入る『長く乗れる波』にも乗って足がパンパンになったのが忘れられないな」

 

そんな世界の波を知るキアヌの大好きなサーフポイントは、やはり幼い頃から乗りつくしてきた地元ハンティントンの海だという。

「俺はやっぱりハンティントンが一番好き。実はね、ハンティントンとニューポートの間に自分で探して見つけた秘密のスポットがあるんです。いい波が来るし、たまにチューブやエアセクションもあるっていうかなり波のバリエーションが広い場所。しかも人がほとんどいない。お兄ちゃんはその場所を知ってるかって?どうかな。知ってるかもしれないけど、内緒にしておこう(笑)」

 

今シーズンはプロジュニアランキングを上げて、アマチュアからプロサーファーへ本格的に転向する。

そんなキアヌにとって兄カノアは、サーフィンを教えてくれた厳しい師であり、サーフパートナーであり、最大のライバルでもある。

「2年以内にはUSオープンに出場したい。ファイナルでカノアと兄弟対決になったら、俺が勝ってワールドチャンピオンになる!」と強気なコメントが頼もしさを感じさせた。

ターンで派手なしぶきを上げるパワフルなライディングをみせる五十嵐キアヌ

写真左から2番目がキアヌ。兄であるカノアはサーフツアーで海外に出ることも多いからこそ、ファミリーで過ごすひとときを大切にしている

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 人助けの人生エンジョイ

元LAPD副署長

テリー・ハラ / Terry Hara


 

    人助けの人生エンジョイ 元LAPD副署長 テリー・ハラ / Terry Hara  

    2019年01月31日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日系三世のテリー・ハラさんは、ここロサンゼルスの日系社会ではよく知られた存在だ。2008年にアジア系米国人として史上初めて、ロサンゼルス市警(LAPD)副署長にまで上り詰めた経歴を持つ。2015年に退任したが、その理由をこう語る。「とにかく仕事が大好きで楽しくてたまらなかった。でも、家族と過ごす時間は決して多くなく、いつ呼び出しがあるかわからず落ち着いて一緒にいられることもめったにない。常に危険と隣り合わせで、本当にタフでなければ務まらない仕事。いつの間にか疲れ果てていて、ふと『もういいかな』と思ったんです」。  チャレンジ好きで試行を重ねるプロセスも面白いと感じる性格。常にネバーギブアップ精神を忘れない。子どもの頃から人助けが好きでリーダーシップを発揮し、6年生のときには生徒会長を務めた。警察官になったのは必然であり、そして天職だったと言える。  35年間の警察人生は「個人的にも仕事の上でもたくさんの人に出会う機会があり、すばらしい人たちに恵まれたすばらしい時間だった」と振り返る。大変だと思ったことは一度もなく、後悔も何一つない。アジア系米国人として史上最高位まで昇進し、アジア人代表としての責任感を常に感じていたというが、在任中にその意識をより一層高めさせるような出来事があった。それは、徳仁親王が訪米したときのこと。警護にあたっていたLAPDの警察官たちの中にハラさんもいた。「私の姿をみとめた徳仁親王が近寄ってきて、手を握りながら言葉をかけてくださったんです」。本当にうれしく、日系人であることをとても誇りに感じた瞬間だった。  3年前の3月、リタイヤして2週間後に人生観が大きく変わった。57歳と若く、タバコも吸わずお酒も飲まなかったハラさんだが、それにもかかわらず脳梗塞で倒れたのだ。かなり深刻な症状だった。6時間におよぶ大手術を乗り越え生還すると、ドクターに「ラッキーだった」と言われた。「あの経験で人生の見方が変わった」というハラさんは、神様にもらったこのセカンドチャンスを無駄にしてはいけないと考え、ジム通いを始め食生活も改善、健康を取り戻した。  以来、南加日米協会や二世ウィーク、KIZUNAやJACCCなど数々の日系コミュニティにおけるボランティア活動に積極的に取り組んでいる。ガイダンスやアドバイスを聞かれることがよくあるといい、リーダーとして、人のために時間を捧げる姿勢は現役時代とまったく変わらない。「人々のスマイルを見るのが好き」だというハラさんは、第二の人生でも周囲の人々のために活動し、心からエンジョイしている。

  • 胸躍る米国挑戦

俳優

松葉 真一 / Shinichi Matsuba


 

    胸躍る米国挑戦 俳優 松葉 真一 / Shinichi Matsuba  

    2019年01月24日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日本でこれまで40本以上のテレビ、映画、コマーシャル、舞台に出演してきた松葉真一さんは昨年、「アメリカで俳優活動がしたい」とロサンゼルスへやって来た。この道へ進もうと思ったのは大学生のころ。プロになりたくて真剣に打ち込んでいた野球をけがで辞めることになり、将来を模索しているときに観たマーベルの『ヘルボーイ』がきっかけだった。「あの作品を観て、『この世界にキャラクターとして住みたい!』と思った。作品目線で興味を感じたのではなくて、ストーリーテラーになりたいと本能的に思った」という。  行動的な性格もあってすぐに演技レッスンなどを開始し、空手の経験があったことからスタントアクターの方向へ。そして英語を学ぶために1カ月間LAに滞在した際、ある出会いがあった。ユニバーサルスタジオのウォーターワールドに出演していた〝彼〟を見てあこがれ、「あなたのようになりたい」と手紙を書いてショーのあと直接手渡した。ここから交流が始まり、日米を行き来する日々が始まった。映画、TVでも活躍していた〝彼〟は兄のような、師匠のような存在となり、いろいろと教えてくれた。「僕を育ててくれた人。いつか同じフィールドに立って、肩を並べることで恩返しをしたい」という気持ちが、今でも米国挑戦のモチベーションになっている。  2012年からはユニバーサルスタジオ・ジャパンに入り、スタントなどショーに必要なスキルを身に着けていった。ショーがオフの時期は東京で演技を学び、映画やCM、舞台の仕事を並行してこなした。「リアリティ重視のウェスタンスタイルのアクティングが好き」だといい、米国の魅力を「実力主義でがんばればがんばっただけ結果が出る場所。スキル次第で自分が行きたいところまで行けるところ」と語る。米国は文化的にも肌が合う。個性が個性として認められ、人はそれぞれ違って当たり前という感覚が心地いい。  2年前、LAでエレン・デジェネレスのTV番組に出演する機会があった。実際に米国の現場を経験してみて、「やりたいことはやる。でもすべてが自己責任なところがいい」と感じた。想いはますます強まり、俳優を志したときから掲げていた「30歳までに米国で活動を開始する」という目標を昨年9月、実行に移した。複数のエージェントからコンタクトがあり、11月にはその一つと契約に至った。アクティング・クラスに参加したりと、スキルアップの努力は現在も惜しまない。「将来的には作品を作りたくなるかもしれない。でも今は作品の世界でストーリーテラーになりたい」と、本格的に始まった挑戦に胸を踊らせている。

  • 英語力武器に飛躍

俳優

松崎 悠希 / Yuki Matsuzaki


 

    英語力武器に飛躍 俳優 松崎 悠希 / Yuki Matsuzaki  

    2019年01月16日 ロサンゼルスで暮らす人々

     世界の役者が目指す最高峰の舞台、ハリウッド。映画であろうとドラマであろうと、アジア人俳優が成功するのは難しい。松崎悠希さんはその厳しい状況においてオーディションを勝ち抜き、『ラスト・サムライ』『HEROES』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など有名作品への出演を果たしている。自身はその〝勝因〟が英語力にあると分析する。  映画俳優を志して渡米したのは2000年。はじめはニューヨークに滞在し、所持金すべてを盗まれホームレスになるという衝撃的な体験を経て、1年後にロサンゼルスへ移った。渡米から6年ほど経ったある日、英語の壁にぶつかる。「外国人俳優が米国で活動するには、まず語学は必要不可欠。台本にある日本語のセリフを直したり、翻訳したりすることが必要になることもあり、そういった変更について交渉し説得する英語力が求められる」と気づき、本格的なスキルアップを決意した。もともと「こだわってとことんやる凝り性」という性格の持ち主。辞書をまるごと暗記するなど徹底的に勉強するうちに、日本人俳優が米国で活躍できない原因の一つが英語のイントネーションにあると気づき、研究を重ねた松崎さんは役によって異なるイントネーションやアクセントを使い分けられるようになった。  これを生かして役を得たのが『ミュータント・タートルズ』。同作では古い英語に日本語のアクセントを加えた「サムライが英語をしゃべったらこうなる」という独自のアクセントを生み出した。映画『オセロさん』ではシェイクスピアの堅いセリフに日本語のアクセントを加えた英語を使いこなし、主役に抜てきされた。高い英語力を身につけることで演じられる役の幅も広がり、アジア系アメリカ人の役もこなすようになった。  まだまだ差別を感じるというアメリカの撮影現場において、演技以外で松崎さんが力を入れるのは「間違った日本人像を改善していくこと」。ステレオタイプの日本人像を実際の日本人に近づけたいと考える。身長183センチの松崎さんは「背が高すぎて日本人らしくない」という理由でオーディションに落とされることもあった。「外見だけではなく、習慣や文化についてのイメージを現実に合ったものにしたい」と、出演作品では正しい日本語が使われるよう自ら小道具を製作することも。軍事コーディネーターがいなかった『硫黄島からの手紙』では進んで資料の作成も行った。日本作品への出演経験もあるが「やりやすさは日本、世界的に日本文化を広められるものが多いからやりがいはアメリカ」。自由の国での挑戦意欲は増すばかりだ。

  • ルーツへの思い ビジネスに反映

 

起業家

ジョー・ジツカワ / Joe Jitsukawa


 

    ルーツへの思い ビジネスに反映   起業家 ジョー・ジツカワ / Joe Jitsukawa  

    2019年01月09日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日系二世のジョー・ジツカワさんが現在手がけるビジネス、その土台となった企画、いずれもアジア系アメリカ人というバックグラウンドが大きな役割を果たしていると言える。  初めて試みたビジネスはeBayでのショップ。カレッジに通っていたある日、学校に残ったり普通に就職してもさまざまな経験を得る機会が限られてしまうと思い、友人とビジネスを開始しようと決めた。そしてeBayでおもちゃなどを売り始め、6カ月後には月8000ドルを稼ぎ出すように。しかし共同経営していた友人が辞めたことで、ジツカワさんもカレッジへ戻った。転機となったのは、カレッジを卒業した11年前。「たまたま、楽しむためだけ」に友人たちと始めたYouTubeでのスケッチコメディ動画の作成・投稿だった。  「アジア系アメリカ人に対する認識を変えたかったから」と撮り始めたこれらの動画では、他の人種がアジア人を笑うのではなく、自分たちでアジアの風習やステレオタイプについてのインサイドジョークを取り上げて笑いにすることで、文化の違いなどを伝えようとした。また、もともと内輪で楽しむことを目的に始めたことだったため、役者など人を雇ったことはない。スタッフ全員が友人という環境で、コメディのほか、ジツカワさんたち友人同士や本当のカップル、夫婦がさまざまなことについて素で語り合ったり、ゲームをするようすをアップ。始まりは偶然だったが、これは今流行りのリアリティ番組そのものの形態だ。このようにスタートしたJust Kidding Films(JKF)は、「真の友情やリアルストーリーを見るのが好きで、フェイクに飽きているオンライン世代」に広く受け入れられた。現在では登録者数16万を超える人気YouTubeチャンネルとなり、いつの間にかオンラインビジネスとして大成功を収めた。  これによって得た資金を元手に始めた複数のフードビジネスはいずれも日本またはハワイアンジャパニーズに関連し、中でもsip matchaは「アメリカを正しい抹茶について教育したい」と始めたもの。アメリカで生まれ育ったジツカワさんだが「僕はアメリカ人だけど日本がほめられるとうれしいし気分がいい」と話し、日本に対する愛情は深い。近ごろ、「アジア人だっていうことはクールだ」と子どもに言われて驚いたことがあるという。「まだ差別も感じるアメリカ社会だけど、祖母の時代に比べればずっと良くなっていると思う。この国では人種によっては『お手本であれ』というプレッシャーを感じることなく生きているけれど、僕らアジア人にはそれがあり、責任感もある。だから、そのためにいつもお手本であろうと努力している」。

  • 世界と戦える日本作る

アーティスト、 DJ、音楽プロデューサー

☆Taku Takahashi (m-flo, blockfm)


 

    世界と戦える日本作る アーティスト、 DJ、音楽プロデューサー ☆Taku Takahashi (m-flo, blockfm)  

    2018年12月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

     今年でデビュー20周年を迎えた音楽ユニットm-floの☆TakuTakahashiさん。数多くの国内外アーティストのプロデュースやRemix、アニメやドラマ、映画の音楽プロデューサー、積極的なDJ活動のほか、ダンスミュージック専門のインターネットラジオ局&ポップカルチャーメディア『block. fm』を立ち上げて最先端の音楽情報などを発信するなど、世界の音楽シーンで活躍中だ。  横浜生まれ横浜育ちだが、小学校からインターナショナルスクールに通った。「グローバルな感覚はインターナショナルスクールへ通ったのが大きく、m-floのグルーヴにも影響している」と話す。高校卒業後はロサンゼルスの大学へ。在学中に、後にm-floのメンバーとなるVERBALさんとデモテープを作っていたことがデビューにつながった。とにかくテレビっ子だった子ども時代は「テクノロジーの進化をモロに体験した世代なので、ファミコンからアニメ、そして音楽まで、いろいろな体験ができたのが今の仕事に活きている」と振り返る。趣味で好きだったという音楽でも、「いろいろとご縁に恵まれていて、いろいろと教えてくれる先輩たちや音楽の才能のある友人がたくさんいた。m-floのVERBALは小学校から、LISAは中学校からの仲」と、現在の活動へつながる流れは当時からあった。  日本人クリエイターや日本で生まれるものが世界で受け入れられる可能性、日本のコンテンツはどうすればよりグローバルにできるか。そんなことを考えるきっかけとなったのが、米国でDJをした体験だった。現地の米国人がほとんどの会場で「僕のセットでめちゃくちゃ盛り上がってくれた」。ファンから「ずっと待っていたんだぞ!」と言われ、「こうやって待ってくれる人たちがいるんだから、日本のアーティストはもっと積極的に米国でライブをやるべきでは」と思った。同時に、日本のポップカルチャー情報がきちんと英語で伝えられてないことにも気づき「せっかくすばらしい作品がいっぱいあるので、それをより効果的に世界に発信したい」という思いから、新たなプロジェクト『OTAQUEST』を始めた。このプロジェクトが形となったのは今年7月、全米最大のアニメコンベンションLA『AnimeExpo』でのこと。m-floにとっても初の米国公演となったこのイベントには日本のアーティスト8組が出演し、大成功を収めた。  ロサンゼルスは☆Takuさんにとって「スタート地点、発信地点」。20年m-floをやっているが、もう一度デビューするような気持ちでここでの活動に臨んでいるのだという。そして『OTAQUEST』を通じて全米に日本のカルチャーを発信していき、「エンタメでも世界と戦える日本」を作るのが今後の夢であり、目標でもある。