連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年11月06日

世界中の波に挑むサーフライフ

プロサーファー

五十嵐 キアヌ

Keanu Igarashi


 

2018/2019シーズンにNSSA (National Scholastic Surfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。ハンティントンビーチ生まれ育ちの17歳。今シーズンよりプロに転向

2018/2019シーズンにNSSA(NationalScholasticSurfing Association)総合ランキング1位を獲得した五十嵐キアヌ。

年間10戦を行う同コンペティションのSoutheast Conferenceカテゴリーで6戦中4戦の優勝を果たして今回の年間チャンピオンに至り、自身で初の快挙となった。

 

ハンティントンビーチ出身、ハンティントンハイスクールに通う17歳のキアヌは、この年にしてすでに世界の波を乗りこなす。

兄の五十嵐カノアは言わずと知れた世界トップサーファー。

ワールドツアーで海外を回る兄について行ってたびたびサーフトリップを重ねてきた。

物心つくころから彼が目の当たりにしていたのは兄を筆頭にしたトップサーファーたちのハイレベルなサーフライドばかりだった。

「俺が13歳くらいの時かな、初めてチャンピオンツアーに参加したカノアを見て、かっこいいなぁって思った。お兄ちゃんみたいに自分も世界を目指したい、世界をツアーで回りたい。これこそが俺が求めてるライフスタイルなんだと確信したんだ」

 

1年のほとんどをワールドツアーで回る兄を追いかけながら、キアヌ自身も六大陸を跨ぐダイナミックなサーフライフを繰り広げる。旅先で波に挑みながらサーフィンに勤しみ、ローカルの若きサーファーたちや、言葉もカルチャーも異なる人々たちと触れ合い繋がりを深める。

5年前の12歳の時に友達だけで行ったコスタリカの旅が本当に楽しかった! カリフォルニアだったら普通は海にいるはずのないワニが海にいたりとびっくりすることばかりだったけど、ハンティントンとはまた違う力強くて大きい波に感動した。世界トップ5に入る『長く乗れる波』にも乗って足がパンパンになったのが忘れられないな」

 

そんな世界の波を知るキアヌの大好きなサーフポイントは、やはり幼い頃から乗りつくしてきた地元ハンティントンの海だという。

「俺はやっぱりハンティントンが一番好き。実はね、ハンティントンとニューポートの間に自分で探して見つけた秘密のスポットがあるんです。いい波が来るし、たまにチューブやエアセクションもあるっていうかなり波のバリエーションが広い場所。しかも人がほとんどいない。お兄ちゃんはその場所を知ってるかって?どうかな。知ってるかもしれないけど、内緒にしておこう(笑)」

 

今シーズンはプロジュニアランキングを上げて、アマチュアからプロサーファーへ本格的に転向する。

そんなキアヌにとって兄カノアは、サーフィンを教えてくれた厳しい師であり、サーフパートナーであり、最大のライバルでもある。

「2年以内にはUSオープンに出場したい。ファイナルでカノアと兄弟対決になったら、俺が勝ってワールドチャンピオンになる!」と強気なコメントが頼もしさを感じさせた。

ターンで派手なしぶきを上げるパワフルなライディングをみせる五十嵐キアヌ

写真左から2番目がキアヌ。兄であるカノアはサーフツアーで海外に出ることも多いからこそ、ファミリーで過ごすひとときを大切にしている

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々