連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年10月16日

「パスの返し200%」

衣装スタイリスト/衣装製作

見留 小織

Saori Mitome


 

映画やTVコマーシャル、TVシリーズ、ミュージックビデオ、バレエ団などの衣装スタイリスト・デザイン・製作を手がける見留小織さん。「毎回、そのプロジェクトに関われること、機会を与えられたことに感謝する」と話す(Webサイト:mitome-certifiedswag.com

 「中学生のころミュージックビデオを観て、お店で売っていない衣装に魅力を感じて手作りしてみたいと思った」。

そう語る見留小織さんは、衣装スタイリスト、衣装デザイナー、衣装製作としてロサンゼルスを拠点に活躍中だ。

主に映画の撮影、コマーシャル、TVシリーズやバンド用ミュージックビデオの衣装製作、劇場およびバレエ演劇の衣装製作を手がけている。

 

もともとの音楽・ファッション好きから衣装の分野に関心が向いたわけだが、アメリカ生活をする後押しとなったのは高校の交換留学。

兄の影響で洋楽を聴くようになり、「英語ができたらいいなあ」と思っていたこと、当時LAドジャースでプレーしていた野茂英雄選手をテレビで観て日本人1人というのはいったいどんな感じなんだろう」という好奇心を抱いたことから異文化への興味が膨らんだ。

交換留学のステイ経験は深く心に残り、後に移住するきっかけとなった。

 

衣装の仕事については大好きなサッカーになぞらえてこう分析する。

「自分で作りあげるというよりは、チーム内で与えられた役をこなして全力でより良いものを作ろうとする。

常にどうやってアシストするか考えながら作業し、一つのゴールにみんなで向かっていく」。

スタイリストとしてなのか、あるいはデザイン・製作としてなのかによって衣装への携わり方はさまざまだ。

 

TVシリーズや長編映画では、監督から伝えられたイメージに対し、自分なりのストーリー解釈とそれをキャラクターにどう着せるかをプレゼンし、話し合いを重ねて最終的な形をまとめ上げる。

人の頭にあるコンセプトを用意するという作業はハードルが高い。

また、ミュージックビデオ用の作業は準備期間が非常に短いため、1から10のステップのうちどこをどう詰めるかを考え、臨機応変に調達、製作し、いかにゴールに合わせてもっていくかが成功の鍵となる。

関わり方が異なっても、自身の姿勢は変わらない。

自分のポジションを「言ってみれば、下がって守備に回ることもあれば攻撃も組み立てるボランチのような役割」と例える。

現場では唯一の日本人であることがほとんど。

 

しかし「締切を守るとか的確さで重宝されることは多い。パスの返しが200%だから」と自信をみせるように、日本人ならではの細やかさが活きているという。

時間との勝負を強いられても、プレッシャーに負けず「絶対できる」と自己暗示をかける。

 

「この仕事は一期一会。同じチームでまたやることはないしすべてが一発勝負。だからこそ全員で、一瞬一瞬を全力でやる」。

毎回、チームメイトと一つのゴールを目指すためフィールドに立っている。

TV用に製作した(XXXXXLARGE)5Extra Large ジャケット。衣装とはさまざまな関わり方をする(Instagram@mitome.wardrobe_styling

今後は「音楽と洋服のコラボを見たいからミュージックビデオをメインにやりたい」という

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 「意外性の発見楽しい」

声優
星埜 李奈  / Rina Hoshino


 

    「意外性の発見楽しい」 声優 星埜 李奈  / Rina Hoshino  

    2019年06月20日 ロサンゼルスで暮らす人々

     今年5月、人気アニメ『ポケットモンスター』シリーズを実写化した『Pokémon Detective Pikachu(名探偵ピカチュウ)』が全米で公開された。ハリウッドが製作したこの作品で、主要キャラクターの一つ、ミュウツーを演じるのが日本人声優であることはあまり知られていない。  「昔のミュウツーのバックストーリーを読みながらリサーチした」と振り返る星埜李奈さん。オーディション合格の知らせを受けたときは「布団をかぶって踊ってた」というほど喜んだ。 「武器として作られた力強いモンスターなのに、どうしたら共存していけるのかを考えるような哲学的ですてきなキャラ。そこを意識した」と役作りを明かす。最終的には男性声優とのブレンドした声になっており、「神々しく、中性的な部分と人を包み込むような感じ」というキャラクターに仕上がった。  中学校2年のときに家族で渡米。現地の学校へ転入したため、学校では苦労した。「ことばのせいで、自分が言いたいことを言いたいように言えないのがすごく嫌だった」。自信を喪失し、人に嫌われたくないという思いが強くなりトイレでランチを食べていたことも。すばらしい先生たちや友達に恵まれていたものの、英語で心の奥底を打ち明けられるようになるには4~5年かかった。 高校卒業後、ようやく大好きな演技に没頭できる機会が訪れる。LAの演技研究所で基本を学び、シーンスタディーや即興のクラスなどを通して、日本語と英語では違うピッチでしゃべる必要があることも知った。  卒業後は「母国をもう一度知るきっかけを作りたい」という思いから、日本で2年間活動。しかし「自分は日本人でもないし米国人でもない」と、アイデンティティーの確立に苦しんだ。 その後、カナダを経て再び米国へ戻ると、2009年にLAで一からの再スタートを切った。ここでは何もない状態で始め、50のエージェンシーに声のデモサンプルを送った。 はじめはなかなかオーディションに受からなかったが、音のテイクを聞き直す、スタジオを借りて歌の宣伝材料を録音するなど、積極的だが地味な作業を重ねるうち、ブッキングは増えていった。  声優は、ビデオゲームやアニメなど媒体によってしゃべりを変える必要があり、「その世界に入れる楽しさがある」とその魅力を語る。キャラクターになりきって演じていると「自分にこういう部分があったんだ」という意外性の発見があるのも面白いという。 「差別もあるし、悔しい思いもたくさんする。失敗も多いけど、赤っ恥をかいて這い上がるのが私」。 自信を失い、そして取り戻したこの国で、母国で創られた作品に携わる幸せは格別だ。

  • 「社会にインパクトを」

作曲家

岡田 果林 / Karin Okada


 

    「社会にインパクトを」 作曲家 岡田 果林 / Karin Okada  

    2019年06月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

      日本で生まれ、イギリスで思春期を過ごし、そしてアメリカで学んだ岡田果林さん。インディペンデント映画を中心に、コマーシャルやアニメーションの作曲家として活動している。「いい作品を作ること、いろいろ読んだり聴いたり、人間の感情を表現することは自分が育っていくことにつながる。一生やっていたい」と仕事への情熱を燃やす。  音楽との出会いは5歳のとき。ピアノの先生だった祖母の影響でピアノを弾き始めた。音楽の道に進みたいと思ったのは小学校のころ。中学ではバリトンサックスを始め、音楽とともに過ごす日常を送っていた。転機はこのあと訪れる。イギリスへ留学することになり、英語はまったくできなかったにもかかわらず、13歳で単身、海外へ。現地で入った寄宿学校では、言葉ができないながらも寮では毎晩、ルームメイトたちにせがまれ創作のおはなしを語り聞かせていた。「ことばができないのにどうやって、と今でも思いますが、感情を体や音で表現することは音楽を通して学んでいたから、それが役に立ったのだと思う」。大好きな音楽によって培われた表現力は、寮生活でも磨かれていった。  大学からアメリカに移り住み、映画作曲を勉強した。大学院はニューヨークでジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ボーカリストとして10年間活動。映画作曲のためにLAへ来てからは、数々の映画祭出品作や受賞作品に関わっている。5つの映画賞を受賞した『リベンジ・オブ・ハヤブサ』は作曲家クリストファー・ヤングのプロジェクトに参加するきっかけにもなり、着実にキャリアを積んできた。  作品を選択する際は、ストーリーが世界にとって意味があるかを吟味する。「社会にインパクトを与える話が好き。大きさは気にかけたことがない」と言い、より自由なインディペンデント映画を選ぶことが多い。現在携わる2つのプロジェクトは、移民家族内で起こるドラマを描いた作品と、女性への暴力を取り上げた一本。「いずれも現在この社会で起こっているテーマで、人々の理解を深めることができる。普通の人にできることは理解することだけ。だからこそ社会に貢献する作品になる」と話す。  3カ国の異文化を吸収してきた経験が岡田さんの強み。現在の拠点はLAだが母国へ馳せる想いは強く、今後は日本のプロジェクトにどんどん関わりたいという。トップの女性作曲家は世界的にもまだまだ少ないため、「自分がそうなりたい。200年経っても人々が銅像を見に来てくれるような作曲家になる」。カリフォルニアから母国への〝逆輸入〟が目下の目標だ。

  • 渡米で殻突き破る

ダンサー

上條 史織 / Shiori Kamijo


 

    渡米で殻突き破る ダンサー 上條 史織 / Shiori Kamijo  

    2019年06月06日 ロサンゼルスで暮らす人々

     ロサンゼルスを拠点に活動するダンスカンパニー『Entity』。メンバー13人と少数精鋭のプロフェッショナル集団だ。上條史織さんは150人がチャレンジしたオーディションを勝ち抜き、同カンパニーで初の外国人正式メンバーかつ唯一の日本人ダンサーとして2017年から参加している。 米国滞在5年目の現在、ダンスインダストリーやベネフィットのショーに出演しながらワークショップでのパフォーマンスやレッスン提供、マドンナなどの人気アーティストの振付師であるマット・キャディ氏のアシスタントを務めるなど、多忙な日々を送る。  「ディズニーが大好きで、ディズニーランドで踊りたくて」ダンスを始めたのは13歳と遅い。お年玉を貯めてディズニーランドの年間パスを買い、ショーを見るために一人でディズニーランドに通う中学生だった。感情を言葉ではなく体の動きで表現することが新鮮に映り、いつの間にか〝踊ること〟自体に夢中になった。 「唯一人生で続いていて、これ以上好きだと思えることはないぐらい好き。ダンスをやめたらストレスで死ぬ」と言うほどダンスにかける想いは強い。「死に物狂いで踊って自分の全部をすべてから出す感覚は、恋愛でもお金をもらっても得られない」。  数年前に訪れたLAで、そのダンススタイルに魅了された。帰国してから3年間必死に働き、渡米のためにお金を貯めた。この間、東京のダンススタジオで教える傍ら、SMAPや中川翔子といった人気アーティストのバックダンサー、リトルグリーモンスターの振り付け助手も務めている。 「教えることは受ける側と見る側の両サイドからの視点で自分の感覚を再確認することができて、引き出しが増える」と、すべての経験を自分のダンスに活かす。そんな姿勢がEntityのオーディション合格という形で実を結んだと言える。  「メンバーも振り付けもジャンルにとらわれていない。メンバーは皆、どんなジャンルでも踊れる。日本にいるときからずっとあこがれていた」というカンパニーの一員になってから、殻が破れた感覚があったという。「日本でキチッとしたダンスの形をやってきたけれど、それを突き破って、米国で周りのダンサーとかに感化されて殻がパカッと開いた瞬間があった。それからいろいろな話が来るようになった」。 今後はコレオグラフィーとダンスの両方に携わり、コンセプトムービーを制作して世界に配信するなど、活動を形にできるようなプロジェクトに取り組んでいきたいと話す。「 楽しくない時期もあったけど、やらないよりはやったほうがいい」というチャレンジ精神を貫き、米国から世界へ羽ばたく。

  • 直感で道切り拓く

俳優

長 真由 / Mayu Cho


 

    直感で道切り拓く 俳優 長 真由 / Mayu Cho  

    2019年05月30日 ロサンゼルスで暮らす人々

     自分の魂の声を聞き、それに従う。イギリス留学、離婚、そして渡米。長真由さんが人生のターニングポイントで決め手とするのは〝直感〟だ。「振り返ると常に自分の魂に素直に道を選択してきた。それが道を拓いた」。2017年にロサンゼルスへ移住し、今年5月、『12人の怒れる女』でプロの俳優としての米国初舞台を踏んだ。  「演技の中でリアルに役の声を汲み取って、細部までリアリティを表現する」ことに興味を引かれた。演劇学校卒業後、マネジメント事務所に入り芸能活動を始めることになっていたが、シェイクスピアの作品を観劇して興味を持ったイギリスに留学。5年後に帰国すると、国際的な雰囲気でやりたい気持ちが芽生え、日本が窮屈に感じた。それでもアクティングは続けた。「芝居をやりたい気持ちはずっとあった。でも結婚していたし、日本で趣味程度に続けるのがいいのかなと思っていた」。  もやもやとしながらも踏み出すきっかけが見つからずにいたある日、友人に誘われLAの日系米国人が主催するワークショップに参加。その一環のオーディションで1位になり、「求めていたことがひらけた気がした」。LAという選択肢が意識に飛び込んできて、悩む気持ちを振り切って離婚。そして渡米した。  『12人の怒れる女』への出演は、厳しいオーディションをクリアし実力で勝ち取った。1954年に米国で放映されたテレビドラマ『12人の怒れる男』の女性版で、映画や舞台で何度もリメイクされている作品だ。父親殺しの容疑で裁判にかけられた少年の審議のため、12人の女性陪審員が集められ、だれもが有罪を確信する中で陪審員8だけが無罪に票を投じる。そこから白熱した論争が始まり、徐々に浮かび上がる疑問と対峙しつつ、一つの結論を全員で導き出していく。  今回のプロダクションでは、登場人物が白人のみの原作とは異なり主役2人は南米出身で、黒人もアジア人も登場する。アメリカの縮図のようなキャストにおいて、長さんが演じるのは日本からの移民という設定の陪審員11。「言いたいこと、やりたいことがあったのにできなくて、米国に来たことで本当に望むことを表現できるようになった女性。そこが自分に重なった。今この役をやるのが運命かなと感じる」と、役への思い入れは深い。  「脚本を読み込み、役柄を汲み取って自分と融合させ、オーディエンスの魂と共鳴すればケミストリーが生まれる。私にとってはそれ自体がアート」。キャラクターの核を見つけなければセリフにも魂がこもらないが、見つかったときの喜びは大きい。苦しみながら脚本と向き合う時間は楽しくもある。

  • 俳優転身の夢追い渡米

モデル

ケイ・フィリペック / Kei Filipek


 

    俳優転身の夢追い渡米 モデル ケイ・フィリペック / Kei Filipek  

    2019年05月23日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日本とオーストラリアのルーツを持つケイ・フィリペックさんは、そのアドバンテージを生かしモデルとして活動する。しかし、2018年にロサンゼルスへやってきた目的は俳優転身。現在は活動のかたわら、カレッジで演技を勉強しながら夢実現を目指している。「小学生のころからファンタジーの世界にあこがれて、現実ではないほかの世界で生きる経験をしたいと思っていた」と、俳優を志す理由を語る。  京都生まれ京都育ち。オーストラリア人の父とは英語で話し、日豪を行ったり来たりの生活を送っていたフィリペックさんが「現実ではない世界で生きたい」と思うようになったことにはわけがあった。「小学校のとき、ハーフであることからいじめられました。別の世界に入り込みたいと思い、本や映画に救われたんです」。はじめは現実逃避から入り込んだスクリーンの世界。しかし、ある日あこがれのファンタジーワールドを作り出す俳優という職業は、別の世界で生きることを実現できる手段だと気づいた。  シャーロック・ホームズが好きで、英BBCのドラマ『シャーロック』を見たときにはベネディクト・カンバーバッチ演ずるホームズが「思い描いていたホームズそのまま」だったことに衝撃を受けた。「俳優たちに救われて、いろいろな世界観に生きることに惚れました。カンバーバッチはスマートな役が多く、奇才で頭のいい演技をしながらもヒューマンドラマを見せる。彼のように人の心を動かす俳優になりたい」。その思いは日に日に強くなり、あこがれは夢へと変わっていった。  元来、人前に出るのが好きな性格。小学校6年で始めたドラムはLAへ来るまで続け、「パフォーマンスが終わったときの解放感、スリルが好き」と話すようにオーディエンスの前での演奏を楽しんでいた。モデル活動も「やっていて楽しい。人に撮られるのは好き。カメラの前で演技をするという面では俳優と同じ。いい経験になるし相互作用がある」と、俳優を目指すためのベースになっている。  ハリウッドに来て、「自分が行動しないと何もできないと思った。どれだけ這い上がっていけるかは自分次第。立ち向かって壁を乗り越えてやる」と、より現実的に夢に向かうようになった。「別の人物になるということは、簡単そうで難しい。役柄や背景について勉強しないといけないし、自分の中でキャラを確立させなければならない。自分の武器は英語。豪米日のアクセントを生かして、どの国の役でもできるようになりたい」と話す。かつてはつらい経験となった〝ハーフ〟というバックグラウンドを武器に変え、夢に挑んでいる。