全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月04日

不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション

 

【ワシントン3日時事】ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアは2日、米政府が拘束した不法入国者らからDNAサンプルを採取し、犯罪者の生体情報を収めたデータベースで共有することを計画していると報じた。

トランプ政権が進める不法移民対策の一環だが、人権侵害だと反発する声が上がっている。

 

政府高官の話として報じられたところによると、司法省が提案した計画は、不法入国者の口内の粘膜からDNAサンプルを採取。連邦捜査局(FBI)が管理するデータベースに情報を入力し、連邦や州の警察など法執行機関で共有する。データベースには現在、重大犯罪で有罪判決を受けた者の情報が収められている

 

年数十万人に上る不法入国者の多くは、難民申請をするため、難民関連法の保護対象となる。一方、適正な書類を持たず、入国管理を回避して越境することは連邦法上の軽罪に当たり、高官は「(拘束された人々には)法を犯した者という側面もある」と説明した。

 

これに対し人権団体などは、プライバシー保護の面で懸念がある上、採取対象者と似たDNA情報を持ち合法的に米国に居住する肉親にも影響を及ぼし得ると指摘。全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、ニューヨーク・タイムズ紙に「DNA採取の目的を犯罪捜査から身元調査に変えるもので、自由で自律的な社会というわれわれの基本理念に根本から反する」と批判している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 理由なしの退去勧告禁じる条例制定 トーランス市議会  

    2019年11月02日

    【ロサンゼルス30日】トーランス市議会は29日、家主が理由なしに賃借人を追い出す「no-fault eviction」を禁じる緊急条例を制定した。即日効力を持つ。 加州で2020年から、アパートなどの家賃の年間賃上げ率を5%までにとどめ、「no-fault eviction」を禁じる「法案1482」が施行されることを受け、その施行前に家賃を引き上げるための悪質な退去勧告が急増している現状への対策。 市議会はまた「ホームレス対策特別委員会」も設置し、同問題の改善を目指す。   緊急条例は、市民の36%にあたる、収入の33%以上を家賃に充てている〝家賃過重者〟の救済が目的。アパートの退去勧告でホームレスになる危機に瀕する人も出ている。   2019年の調査結果では、トーランス市には226人のホームレスがおり、その大半の約150人は車で寝泊まりしている。 緊急条例は、2005年以前に建てられたレンタル物件に住む約23000人を違法な立ち退き命令から守ることになる。 同様の緊急条例が先週、ロサンゼルス市議会でも制定された。

  • 何者かが発砲し3人死亡 LBのハロウィンパーティーで  

    2019年11月01日

    【ロサンゼルス29日】ハロウィーンパーティーが開かれていたロングビーチの住宅で29日夜10時45分頃、パーティーに参加していたと思われる一人が銃を発砲し、12人が撃たれ、そのうち3人が死亡する事件が起きた。   ロングビーチ市警によると、パーティーには30人ほどが参加していた。死亡した男性3人は20代2人と30代1人で、負傷した男女9人は病院に搬送された。容疑者は、発砲した後、車で逃げており、警察当局が行方を追っている。  

  • ナショナルズ、WS初制覇 大リーグ

 

    ナショナルズ、WS初制覇 大リーグ  

    2019年10月31日

    【ヒューストン31日時事】大リーグの王者を決めるワールドシリーズ(WS、7回戦制)は30日、第7戦がヒューストンで行われ、ナ・リーグ覇者のナショナルズが、ア・リーグを制した地元アストロズを6-2で破って4勝3敗とし、1969年の球団1年目から初めてのWS制覇を遂げた。   ナショナルズは敵地での4試合に全勝し、本拠地ワシントンでは3戦3敗だった。全7試合でビジターのチームが勝つのはWS史上初めて。最優秀選手(MVP)には、今シリーズ2勝を挙げたストラスバーグが選ばれた。   ナショナルズは七回、ケンドリックが逆転2ランを放ち、その後も加点。第4戦で先発したコービンが2番手として3回を無失点と好投し、九回はハドソンが抑えた。   ワシントン・ナショナルズはエクスポズとしてカナダのモントリオールを本拠地に1969年に1年目がスタート。2005年にワシントンへ移転し、ナショナルズに改称した。過去に伊良部秀輝、吉井理人、大家友和が所属。今回が初めてのワールドシリーズ進出だった。  

  • LA郡で20人目の麻疹患者 感染への警戒呼び掛け  

    2019年10月31日

    【ロサンゼルス25日】ロサンゼルス郡保健局は25日、今年に入り郡内で20人目の麻疹患者が見つかったと発表した。この患者は、19日の午後、Venice BlvdのCVS Pharmacyと、Pico BlvdのRalph’sを訪れており、同局は、同エリアにいた人が麻疹に感染している可能性があるとし、発症期限の約21日間を目安に症状の有無をモニターするよう呼び掛けた。   同郡保健局によると、郡内で今年に入り20人の麻疹患者が報告された他に、旅行者11人の感染も報告されている。患者の大半は、免疫を持たない人だった。  

  • 学生パーティーで発砲、2人死亡  

    2019年10月31日

    【ニューヨーク27日時事】テキサス州グリーンビルで26日深夜、地元大学のキャンパス外で行われていた学生のパーティー中に発砲事件があり、2人が死亡、14人が負傷した。捜査当局が容疑者1人の行方を追っている。容疑者の身元は不明。   違法駐車の通報を受け、警官が現場に駆け付けた約15分後に発砲が始まったという。発砲現場が建物内か屋外かなど詳細は不明。 捜査当局者は地元メディアに対し、現時点では乱射事件とみていないと明らかにした。