全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月04日

不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション

 

【ワシントン3日時事】ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアは2日、米政府が拘束した不法入国者らからDNAサンプルを採取し、犯罪者の生体情報を収めたデータベースで共有することを計画していると報じた。

トランプ政権が進める不法移民対策の一環だが、人権侵害だと反発する声が上がっている。

 

政府高官の話として報じられたところによると、司法省が提案した計画は、不法入国者の口内の粘膜からDNAサンプルを採取。連邦捜査局(FBI)が管理するデータベースに情報を入力し、連邦や州の警察など法執行機関で共有する。データベースには現在、重大犯罪で有罪判決を受けた者の情報が収められている

 

年数十万人に上る不法入国者の多くは、難民申請をするため、難民関連法の保護対象となる。一方、適正な書類を持たず、入国管理を回避して越境することは連邦法上の軽罪に当たり、高官は「(拘束された人々には)法を犯した者という側面もある」と説明した。

 

これに対し人権団体などは、プライバシー保護の面で懸念がある上、採取対象者と似たDNA情報を持ち合法的に米国に居住する肉親にも影響を及ぼし得ると指摘。全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、ニューヨーク・タイムズ紙に「DNA採取の目的を犯罪捜査から身元調査に変えるもので、自由で自律的な社会というわれわれの基本理念に根本から反する」と批判している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 地震の経済ロスは10億ドル 米地質調査所が予測

    2019年07月12日

     【ロサンゼルス 7月8日】アメリカ地質調査所は8日、ロサンゼルスから約182キロ北東のリッジクレスト近郊で4日と5日に発生したマグニチュード(M)6.4と7.1の地震のダメージが与えた経済的ロスが、およそ10億ドルにのぼるとの予測を発表。国内外からの支援が必要となる非常警告「red alert」を発令した。  この地震の後、ケーン郡リッジクレストの住民の多くは予震を恐れて野外にテントを張り寝泊まり。サンバナディーノ郡トロナ市では、ハイウェー178号に亀裂が走る被害が出た。 ギャビン・ニューサム加州知事は非常事態宣言を発令した。  

  • 25歳以下の不法移民もメディケイドの対象 加州が全米初

    2019年07月12日

     【ロサンゼルス 7月9日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は9日、低所得者向け公的医療保険制度「メディケイド」で、適用資格に値する25歳以下の大人を、滞在ステータスが不法移民であってもカバーすると定めた新法案に署名した。 税金を資金源にする保険制度のカバー範囲を不法移民にも広める全米初の州となり、トランプ大統領はこれを批判した。  州当局は、これに伴い新たに約9万人がメディケイドでカバーされ、9,800万ドルの税金がかかると予測。 同州では移民ステータスに関わらず、18歳以下の子供らにはすでにメディケイドを適用している。  

  • Hello Kitty Cafeオープン ラスベガス・ストリップ

    2019年07月12日

     【ラスベガス 7月8日】サンリオは8日、ラスベガス・ストリップのニューヨーク・ニューヨークとパークMGMの間に「Hello Kitty Cafe Las Vegas」をオープンさせると発表。 グランド・オープニングが12日午前11時で、ハロー・キティが特別来店する。先着50人にギフトも配られる。  同店舗はネバダ州では初のお目見え。最近では、カリフォルニア州のアーバイン市とサンノゼ市にオープンし、「Hello Kitty Cafe トラック」は全米各地を巡回している。 ラスベガス店の営業時間は、日曜から木曜の午前11時から午後11時まで、金曜と土曜は午前11時から深夜まで。  

  • キャメロン・ボイスさん死去 20歳の人気ディズニー俳優

    2019年07月12日

     【ロサンゼルス 7月10日】ディズニー・チャンネルの人気シリーズ「ディセンダント」などに出演していた人気俳優キャメロン・ボイスさん(20)が6日に、睡眠中に死亡したことについて、ボイスさんの父親は、ボイスさんがてんかんの発作に悩まされており、治療を受けていたことを公表した。  人気シリーズの最新版「ディセンダント3」が収録済みで、来月放映される予定。 プライベートでは慈善活動に活発に参加し、貧困国への飲料水提供やホームレスの救済活動などを行っていた。  

  • 不法移民の立ち入り捜査実施 ICEが全米10都市で

    2019年07月12日

     【ロサンゼルス 7月11日】全米の主要都市を対象にした、移民税関捜査局(ICE)による不法移民の立ち入り捜査が14日から実施される。 11日付ニューヨーク・タイムズ紙によると、ロサンゼルスを含む全米10都市で少なくとも2,000人の不法移民を取り締まる予定で、ICE当局は、不法に滞在する家族の一刻も早い強制送還が目的と説明した。  ICEは、この捜査を先月実施する計画だったが、トランプ大統領が、移民政策について米議会が決議を出すまで待つよう要請。 米国自由人権協会(ACLU)は11日、複数の非営利団体を代表し、連邦裁判所に、立ち入り捜査で逮捕される不法移民の擁護を求める訴えを起こした。