全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月04日

不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション

 

【ワシントン3日時事】ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアは2日、米政府が拘束した不法入国者らからDNAサンプルを採取し、犯罪者の生体情報を収めたデータベースで共有することを計画していると報じた。

トランプ政権が進める不法移民対策の一環だが、人権侵害だと反発する声が上がっている。

 

政府高官の話として報じられたところによると、司法省が提案した計画は、不法入国者の口内の粘膜からDNAサンプルを採取。連邦捜査局(FBI)が管理するデータベースに情報を入力し、連邦や州の警察など法執行機関で共有する。データベースには現在、重大犯罪で有罪判決を受けた者の情報が収められている

 

年数十万人に上る不法入国者の多くは、難民申請をするため、難民関連法の保護対象となる。一方、適正な書類を持たず、入国管理を回避して越境することは連邦法上の軽罪に当たり、高官は「(拘束された人々には)法を犯した者という側面もある」と説明した。

 

これに対し人権団体などは、プライバシー保護の面で懸念がある上、採取対象者と似たDNA情報を持ち合法的に米国に居住する肉親にも影響を及ぼし得ると指摘。全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、ニューヨーク・タイムズ紙に「DNA採取の目的を犯罪捜査から身元調査に変えるもので、自由で自律的な社会というわれわれの基本理念に根本から反する」と批判している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 高校生の1/3がオンライン授業不参加 LAUSD  

    2020年03月30日

    【ロサンゼルス30日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)のオースティン・バートナー教育長は30日、新型コロナウイルスによる学校閉鎖に伴い3月初めから実施しているオンライン授業で、同区高校生の三分の一にあたる約4万人の生徒が、オンライン授業に参加していない現状を報告した。   バートナー教育長によると、同区内の全高校生12万人のうち、家庭にネット環境がない生徒が約1万5千人いる。 学校区は、大手電気通信事業社「Verizon」と契約し、全生徒がインターネットへアクセスできる環境整備を急いでいる。 また、コンピューターがない家庭も多く、学校がラップトップを貸し出すなどして対応している。  

  • 高齢者らへ食料品配達 新型コロナでトーランス市  

    2020年03月29日

    【ロサンゼルス29日】新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた自宅待機令「Safer at Home」が出されている中、トーランス市は31日から、新型コロナの影響を受けやすい60歳以上の高齢者や障害者、基礎疾患のある市民を対象にした食料品等の配達サービス「Torrance Cares 2-Go」を開始する。   このケア・パッケージには、肉類、ミルク、卵、バター、パン、野菜、果物、トイレットペーパー類、消毒剤など18種類のアイテムが入っている。配達は週一回で、一家族一オーダー、在庫がなくなるまで実施される。 サービスは有料(55ドル)で、クレジットカードによる支払いのみ。希望者は、電話310-618-6339(月曜から金曜の午前9時から午後4時)か、オンライン(https://www.cityoftorranceca.com/TC2Go.html)で申し込める。  

  • 史上最大の経済対策 新型コロナ受け2兆2000億ドル  

    2020年03月28日

    【ワシントン28日時事】トランプ大統領は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2兆2000億ドル(約237兆円)規模の経済対策法案に署名、同法は成立した。景気の底割れを防ぐため、家計や企業への支援を急いだ。リーマン・ショック時を超える米史上最大の景気浮揚策が施行される。   トランプ氏はホワイトハウスでの署名に際し、「この対策で、家計や企業が待ち望んでいた負担軽減がもたらされる」と強調。中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)による資金供給を考慮すれば、景気浮揚効果は「6兆2000億ドル規模になる」と説明した。   対策の柱となる現金給付は、4月に実施される。4人家族の場合、最大3400ドル。失業保険は、通常の週平均300ドルに600ドルを4カ月間上乗せする。   航空会社への融資などには5000億ドルを充てた。新規失業保険申請が21日までの1週間で328万件と過去最高を記録するなど、雇用環境が著しく悪化している。このため、中小企業の給与支払いを肩代わりする補助金を含め3500億ドルを計上。医療機関や地方自治体も支援する。   新型コロナを受けた景気浮揚策は今回が第3弾。米国内総生産(GDP)のほぼ10%と、前例のない大型財政出動となる。ただ、感染が広がる中、「不十分」(クオモ・ニューヨーク州知事)として追加策を求める声も出ている。  

  • トランプ大統領、GMに人工呼吸器の製造命令 「国防生産法」発動  

    2020年03月28日

    【ニューヨーク28日時事】トランプ大統領は27日、民間企業に物資の調達や増産を促すことができる「国防生産法」を発動し、自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に人工呼吸器の製造を命じた。新型コロナウイルスの感染者急増で医療物資が不足する中、米製造業を代表するGMを皮切りに、他メーカーにも協力を求める狙いだ。   GMは同日、米医療機器メーカーのベンテック・ライフ・システムズと協力し、インディアナ州の電子部品工場で呼吸器を製造すると発表。約1000人の従業員を配置し、早ければ4月から月1万台以上のペースで生産する。   GMは先にベンテックによる呼吸器の増産を支援すると表明していたが、トランプ氏は対応が不十分だと批判。命令に先立ち、ツイッターで「今すぐ人工呼吸器を作れ!」とGMやフォード・モーターに自社生産を要求していた。   トヨタ自動車の米国法人もこの日、休止中の北米工場で顔全体を保護する医療用フェースシールドを生産するほか、医療機器メーカーと組んで人工呼吸器などの増産を支援すると発表した。  

  • 感染者少ない地域は経済再開を=新型コロナの行動指針見直し―米大統領

 

    感染者少ない地域は経済再開を=新型コロナの行動指針見直し―米大統領  

    2020年03月26日

    【ワシントン26日時事】トランプ大統領は26日、各州知事に宛てた書簡で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた行動指針を見直し、地域ごとに危険度を3段階に分けて対応する考えを表明した。 他人との接触を避ける「社会的隔離」が広がり、景気や雇用への打撃が深刻化していることを受け、感染者の比較的少ない地域の経済活動再開を促すのが狙い。   トランプ氏はこの中で「普段通りの経済生活や社会生活を再開できる日が早く訪れるよう、全国民は望んでいる」と指摘。新たな行動指針では郡単位でリスクを「高・中・低」の3段階に分類。経済活動の制約などを強化するか、維持するか、緩和するか、州など地元当局の判断基準とする。   トランプ氏は24日の記者会見で「イースター(復活祭)までに(経済活動を)オープンしたい」と述べ、4月半ばを視野に緩和を目指す考えを示していた。   一方、多数の感染者が出ているニューヨーク州などは経済活動の制約を当面維持する見通しで、政権の目指す緩和がどの程度の効果をもたらすかは不透明だ。   写真:26日、ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領