全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月04日

不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション

 

【ワシントン3日時事】ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアは2日、米政府が拘束した不法入国者らからDNAサンプルを採取し、犯罪者の生体情報を収めたデータベースで共有することを計画していると報じた。

トランプ政権が進める不法移民対策の一環だが、人権侵害だと反発する声が上がっている。

 

政府高官の話として報じられたところによると、司法省が提案した計画は、不法入国者の口内の粘膜からDNAサンプルを採取。連邦捜査局(FBI)が管理するデータベースに情報を入力し、連邦や州の警察など法執行機関で共有する。データベースには現在、重大犯罪で有罪判決を受けた者の情報が収められている

 

年数十万人に上る不法入国者の多くは、難民申請をするため、難民関連法の保護対象となる。一方、適正な書類を持たず、入国管理を回避して越境することは連邦法上の軽罪に当たり、高官は「(拘束された人々には)法を犯した者という側面もある」と説明した。

 

これに対し人権団体などは、プライバシー保護の面で懸念がある上、採取対象者と似たDNA情報を持ち合法的に米国に居住する肉親にも影響を及ぼし得ると指摘。全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、ニューヨーク・タイムズ紙に「DNA採取の目的を犯罪捜査から身元調査に変えるもので、自由で自律的な社会というわれわれの基本理念に根本から反する」と批判している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 病院船に機関車を衝突させようとしたエンジニアを逮捕 LA港  

    2020年04月01日

    【ロサンゼルス1日】新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、サンディエゴの海軍基地からロサンゼルス港へ派遣された「マーシー級病院船(USNS Mercy)」に31日午後、港内を走る機関車で衝突しようとした鉄道エンジニア、エドアルド・モレノ容疑者(44)が翌1日に逮捕された。 同容疑者は犯行の動機について、病院船の派遣目的は新型コロナ対策ではなく、「政府の乗っ取り計画だ」などと供述していた。   警察当局の調べによると、モレノ容疑者は、港内の機関車を発車させ、コンクリートのバリケードやフェンスに衝突した。病院船には接触せず、けが人は出ていない。 同容疑者の身柄はFBIに引き渡され、動機の解明が行われている。  

  • NY州死者1200人超え

全米医療従事者に「助けて」

 

    NY州死者1200人超え 全米医療従事者に「助けて」  

    2020年03月31日

    【ニューヨーク31日時事】ニューヨーク州のクオモ知事は30日の記者会見で、新型コロナウイルスによる州の死者が前日午前から253人増えて1218人になったと発表した。 ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によれば、米国の累計死者数は、30日時点で3000人を超えた。   ニューヨーク州によると、州内で確認された感染者は6万6497人で全米最多。ピークは2~3週間後と推定されている。   現在の入院患者は9517人。医療従事者の負担が拡大しており、クオモ氏は全米の医療従事者に対し、「あなたの地域で危機が起きていないなら、ニューヨークに来て助けてほしい」と訴えた。ニューヨークで患者数がピークを越えた後に「恩返しする」と約束した。   クオモ氏はまた、「家を出ればあなた自身が危険にさらされるし、他人も危険にさらす。もし感染して家に帰れば同居する誰かにうつすかもしれない。だから家にいろ」と強い口調で強調。外出規制の対象外である運動などで外出する場合も他者と6フィート距離を取ることを徹底するよう改めて求めた。 写真:26日、ニューヨークで新型コロナウイルスの検査を受けるため病院の外に並ぶ人々  

  • トランプ氏、米国は警備費払わず

ヘンリー王子LA移住

 

    トランプ氏、米国は警備費払わず ヘンリー王子LA移住  

    2020年03月30日

    【ワシントン30日時事】トランプ大統領は29日、今月末に英王室から離脱するヘンリー王子と妻メーガン妃が米国に移住すると報じられたことを受け、「米国は彼らの安全保護のための費用を支払わない。彼らが払わなければならない!」と述べ、夫妻が警備費用を拠出すべきだとの認識を示した。ツイッターに投稿した。   夫妻は王室離脱後、カナダで暮らすとみられていたが、英メディアが夫妻は既にロサンゼルス入りしており、同地に移住する予定だと報じていた。   写真:ヘンリー英王子と妻メーガン妃  

  • 自粛要請、4月末まで延長

 

    自粛要請、4月末まで延長  

    2020年03月30日

    【ワシントン30日時事】トランプ大統領は29日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として国民に求めてきた外出などの行動自粛要請について4月30日まで延長する方針を明らかにした。ホワイトハウスの記者会見で語った。 これまで同12日の復活祭までに経済を正常化させたい意向を示し、行動制限の緩和を示唆してきた。米国内で感染者や死者が増加し続けていることを受け、これを撤回した形だ。   10人以上の集まりや外食などの自粛要請期限は今月末までで、トランプ氏の判断が注目されていた。トランプ氏は、死者数のピークは今後2週間以内に訪れるとの認識を示し、「6月1日までに手の届くところまで回復に向かうだろう」と強調した。   ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、米国では29日現在で約14万2300人が感染し、2480人超が死亡した。 写真:29日、ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領  

  • 一部の受刑者を自宅に 「塀の中」の感染拡大懸念

 

    一部の受刑者を自宅に 「塀の中」の感染拡大懸念  

    2020年03月30日

    【ワシントン30日時事】新型コロナウイルス感染者が世界最多の米国で、刑務所での感染拡大に懸念が高まっている。28日には感染した受刑者が死亡。司法省は高齢で持病のある一部受刑者の「自宅拘禁」を進めるなど、対応に追われている。   連邦刑務局(BOP)によると、29日時点で連邦管轄の刑務所に収監されている受刑者19人と刑務所職員19人の感染が確認された。受刑者と接触しない職員が感染したケースもあり、感染経路は必ずしも明らかでないものの、「閉鎖空間」で感染爆発する危険性を示した。   刑務所内で死亡したのは、麻薬所持の罪で禁錮27年の判決を受け、ルイジアナ州オークデールの連邦刑務所に収監されていた49歳の男性受刑者。19日にせきなどの症状を訴え、翌20日から人工呼吸器が装着されていた。   こうした情勢を踏まえ、バー司法長官は26日、「(刑務所などの)収容施設を(ウイルスの)培養地にしたくない」として、暴力性が低く、既にかなりの刑期を務めている受刑者を自宅拘禁とする方針を表明した。   州レベルの刑務所でも施設内感染の防止が課題となっている。ニュージャージー州では軽微な罪で服役中の受刑者約1000人の釈放を決定した。 写真:バー米司法長官