全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月04日

不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション

 

【ワシントン3日時事】ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアは2日、米政府が拘束した不法入国者らからDNAサンプルを採取し、犯罪者の生体情報を収めたデータベースで共有することを計画していると報じた。

トランプ政権が進める不法移民対策の一環だが、人権侵害だと反発する声が上がっている。

 

政府高官の話として報じられたところによると、司法省が提案した計画は、不法入国者の口内の粘膜からDNAサンプルを採取。連邦捜査局(FBI)が管理するデータベースに情報を入力し、連邦や州の警察など法執行機関で共有する。データベースには現在、重大犯罪で有罪判決を受けた者の情報が収められている

 

年数十万人に上る不法入国者の多くは、難民申請をするため、難民関連法の保護対象となる。一方、適正な書類を持たず、入国管理を回避して越境することは連邦法上の軽罪に当たり、高官は「(拘束された人々には)法を犯した者という側面もある」と説明した。

 

これに対し人権団体などは、プライバシー保護の面で懸念がある上、採取対象者と似たDNA情報を持ち合法的に米国に居住する肉親にも影響を及ぼし得ると指摘。全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、ニューヨーク・タイムズ紙に「DNA採取の目的を犯罪捜査から身元調査に変えるもので、自由で自律的な社会というわれわれの基本理念に根本から反する」と批判している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 1日の死者数が最多26人 オレンジ郡  

    2020年06月24日

    【ロサンゼルス24日】オレンジ郡ヘルス当局は24日、新型コロナにより26人が死亡し、これは新型コロナウイルス・パンデミックが始まって以来、1日の死者数としては最多となったことを発表した。この日の感染者数は354人。   同局によると、オレンジ郡の25日までの感染者総数は11511人で、死者総数は306人。郡内で最も感染者数が多い市がサンタアナの2415人で、アナハイム市の2207人が続く。理由として、人口が多いことと、ナーシングホームが多いことが挙げられる。   オレンジ郡の新型コロナ感染検査の陽性率は6.7%で、州平均値の8%を下回っている。  

  • 一部就労ビザの発給年内停止
日本企業にも影響

 

    一部就労ビザの発給年内停止 日本企業にも影響  

    2020年06月23日

      【ワシントン23日時事】トランプ大統領は22日、一部の就労ビザ(査証)の発給を今年末まで停止すると発表した。新型コロナウイルス危機で米失業率が戦後最悪を記録したことを受け、秋の大統領選もにらんで米国人の雇用回復を優先する狙い。米国転勤予定の企業駐在員のビザも停止対象となり、日本を含む外国企業に影響を及ぼしそうだ。   24日に発効する。発給停止の対象は、企業駐在員らの「L」ビザのほか、IT技術者など特殊技能職の「H―1B」、熟練・非熟練労働者の「H―2B」、外国人労働者の同行家族向けの「H―4」、交流訪問者向けの「J」など。いずれもすでにビザを取得している場合は影響はないが、LビザとH―1Bビザの発給停止は、日本企業の駐在員派遣や米国での就職に影響しそうだ。   トランプ氏は「特定の外国人の入国は米経済再生にとって有害だ」と述べ、看板政策に掲げる厳しい移民対策をアピールした。今年4月に導入した、米国永住権(グリーンカード)の新たな発給停止も、当初の60日間から年末まで延長する。米高官は、一連の措置で米国民に約52万5000人の雇用を確保できると説明した。   トランプ氏はH―1Bビザの恒久的な規制強化も指示。現在実施している抽選制度を廃止し、給与の高い申請者にビザを優先的に割り当てる。また、H―2Bビザは食品関連業を、Jビザは就労を目的としない場合や大学教授・研究者はそれぞれ停止の対象外とする。    

  • 就労ビザ停止、IT大手反発  

    2020年06月23日

    【ワシントン23日時事】トランプ大統領が外国人労働者に対する一部の就労ビザ(査証)発給を今年末まで停止すると発表し、産業界からは「移住者は米経済に多大な貢献をしてきた」(グーグル親会社アルファベット)などと反発の声が上がった。インドや中国籍のIT技術者の雇用機会が奪われるほか、日本企業の米国駐在や現地採用への影響も懸念される。   24日から発給を停止するビザは、主にハイテク業界の高技能労働者が取得する「H―1B」、企業駐在員らの「L」など。新型コロナウイルスの影響で米国大使館は緊急の場合を除きビザの発給業務を事実上停止している。今回の措置は秋の大統領選もにらんだ米国人の雇用確保が狙いだが、ビザの取得が困難な状況は当分続きそうだ。   米国務省によると、2019会計年度に発給したH―1Bビザは新規・更新合わせて18万8000件超。このうちインド人が7割と最も多く、次いで中国人が2割弱を占めた。また、今回規制対象となったビザを受け取った日本人は計2万人規模に上るといい、「今後は企業の人事異動計画に狂いが生じる」(日系商社幹部)可能性もある。   アルファベットの最高経営責任者(CEO)でインド出身のピチャイ氏はツイッターで「きょうの決定には失望した。われわれは移住者とともに雇用機会の拡大に努める」と強調。アマゾン・ドット・コムの広報担当者は「米国のグローバルな企業競争力を危険にさらす」と不満を示した。    

  • LA市議を収賄容疑で逮捕 開発事業で便宜、FBIが5年前から捜査  

    2020年06月23日

    【ロサンゼルス23日】リトル東京を含むロサンゼルス市第14区を管轄するホゼ・ウイザー市議(51)が23日、管轄区内へのビル建設事業などをめぐり、開発業者から約150万ドルの賄賂を受け取り便宜をはかった収賄罪の容疑でFBIに逮捕された。   ウイザー氏は2005年に市議に初当選。2015年にラスベガスのカジノで巨額のチップを換金したことから疑惑が生じ、後に開発業者から現金の提供を受けたことが判明。FBIが2018年に行った家宅捜査では、自宅のクローゼットから13万ドル近くの現金が見つかるなどし、捜査が続いていた。   連邦地検によると、ウイザー市議は、組織犯罪対策法(RICO法)に違反した容疑で22日に起訴された。7月14日に予備審問、同20日に罪状認否が行われる予定。有罪なら、最高20年の禁固刑が科される。  

  • サーマルカメラを試験的設置 LAX国際線ターミナル  

    2020年06月23日

    【ロサンゼルス23日】ロサンゼルス国際空港(LAX)トム・ブラッドレー国際線ターミナルの、出発階入り口とターミナル内の2カ所に23日から、新型コロナウイルス対策として、サーマルカメラ(体温計測カメラ)が試験的に設置される。   体温100・4度(摂氏38度)以上の人を特定し、出発客なら旅行の中止を勧告し、到着客なら米国疾病予防管理センター(CDC)へ差し向ける。100・4度以上の熱があっても、強制的にフライトを禁じられることはない。今回の試験的導入は、最も正確なサーマルカメラを検証するのが目的。   空港利用者は、この2カ所での検温を拒否し、搭乗前に別の場所で検温を受ける選択もできる。