全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年10月04日

不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション

 

【ワシントン3日時事】ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアは2日、米政府が拘束した不法入国者らからDNAサンプルを採取し、犯罪者の生体情報を収めたデータベースで共有することを計画していると報じた。

トランプ政権が進める不法移民対策の一環だが、人権侵害だと反発する声が上がっている。

 

政府高官の話として報じられたところによると、司法省が提案した計画は、不法入国者の口内の粘膜からDNAサンプルを採取。連邦捜査局(FBI)が管理するデータベースに情報を入力し、連邦や州の警察など法執行機関で共有する。データベースには現在、重大犯罪で有罪判決を受けた者の情報が収められている

 

年数十万人に上る不法入国者の多くは、難民申請をするため、難民関連法の保護対象となる。一方、適正な書類を持たず、入国管理を回避して越境することは連邦法上の軽罪に当たり、高官は「(拘束された人々には)法を犯した者という側面もある」と説明した。

 

これに対し人権団体などは、プライバシー保護の面で懸念がある上、採取対象者と似たDNA情報を持ち合法的に米国に居住する肉親にも影響を及ぼし得ると指摘。全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、ニューヨーク・タイムズ紙に「DNA採取の目的を犯罪捜査から身元調査に変えるもので、自由で自律的な社会というわれわれの基本理念に根本から反する」と批判している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 南軍旗デザインの州旗変更へ
全米最後、ミシシッピ州が決議

 

    南軍旗デザインの州旗変更へ 全米最後、ミシシッピ州が決議  

    2020年06月28日

      【ワシントン28日時事】ミシシッピ州の議会は27日、全米で唯一、南北戦争時の南部連合(南軍)旗をあしらっている州旗のデザイン変更を可能にする決議案を可決した。人種差別に対する抗議デモの高まりを受け、奴隷制を守るために戦った南軍を象徴するデザインに対し、変更を求める圧力が強まっていた。   共和党が主導する上下両院は3分の2の多数で決議案を可決。リーブス知事(共和)は27日、「論争を終わらせる時だ」と述べ、署名する考えを明らかにした。ミシシッピは南部ジョージア州が2001年にデザインを変更して以降、南軍旗のロゴを持つ唯一の州だった。   百年以上の歴史を持つ州旗のデザインを変更する議論はこれまでにもあり、01年の住民投票では圧倒的多数で存続を決めた。   だが近年は党派、人種を超え反対論が強まり、50万人以上の信者を擁するミシシッピ州バプテスト連盟は今月、「多くの人を傷つける」として新たなデザインを要請。全米大学体育協会(NCAA)も州旗を変更しない限り、主要大会の開催地から同州を外す意向を示していた。 写真:ミシシッピ州の州旗(手前上)  

  • 銅像破壊者は起訴
トランプ氏、大統領令に署名

 

    銅像破壊者は起訴 トランプ氏、大統領令に署名  

    2020年06月27日

      【ワシントン27日時事】トランプ大統領は26日、銅像など記念碑を破壊したデモ参加者の起訴を命じる大統領令に署名した。トランプ氏はツイッターに「米国の記念碑を守り、最近の犯罪的暴力と戦う強力な大統領令に署名した。偉大な国家に対する違法行為には、刑務所での長期刑だ」と書き込んだ。   ミネソタ州での白人警官による黒人男性暴行死事件を受け、人種差別への抗議デモが広がる中、南北戦争における南軍の将軍像が引き倒される事件などが各地で起きている。 写真:引き倒された米国のアルバート・パイク南部連合(南軍)将軍像  

  • 警察、企業、スポーツに影響
米黒人男性暴行死1カ月

 

    警察、企業、スポーツに影響 米黒人男性暴行死1カ月  

    2020年06月26日

      【ニューヨーク26日時事】ミネソタ州で白人警官の暴行により黒人男性ジョージ・フロイドさん=当時(46)=が死亡してから25日で1カ月。米メディアによると、事件翌日から始まった人種差別や警察への抗議デモは、全米2000以上の都市や町で繰り広げられた。警察改革が各地で動きだしたほか、企業やスポーツ界にも変化が起きている。   当初、一部が暴徒化して州兵も動員されたが、デモはその後はおおむね平和的に行われ、25日も米各地で続いた。   デモを通じ、警察改革や警官の責任追及を求める声が拡大。フロイドさんの事件に関わった警官4人は、全員が異例の早さで訴追された。以前なら責任を問われなかった可能性のある警官の過剰な実力行使をめぐっても、懲戒処分や刑事訴追が速やかに行われる例が相次いでいる。首の圧迫禁止などの法制化や警察予算の削減に動く自治体も出てきた。   抗議デモの影響は米企業やスポーツ界にも広がった。食品・飲料大手ペプシコ傘下のクエーカー・オーツ・カンパニーは、黒人女性のイラストがパッケージに使われている食品ブランド「アント・ジェミマ(ジェミマおばさん)」について、「人種的なステレオタイプが根底にある」として名称やパッケージの変更を発表した。   また、19世紀の南北戦争で奴隷制維持を主張した南軍の指導者など歴史的な記念像の撤去が全米で続発。自動車レース、NASCAR(ナスカー)は、全イベントで南軍旗掲揚を禁止した。   デモは一時に比べて規模が縮小したが、参加者の熱意は強く、終息の気配はない。新型コロナウイルス禍で時間的余裕があることも、デモを長期化させているとの見方もある。   25日にニューヨークのデモに参加した料理人の黒人男性(20)は「変化はまだ感じられない。何かが本当に変わると期待しているわけではないが、とにかくここに来ることが重要だ」と語った。 写真:25日、ニューヨーク市内で行われた抗議デモ  

  • 米新規感染、1日4万人に
最多更新、「第2波」懸念

 

    米新規感染、1日4万人に 最多更新、「第2波」懸念  

    2020年06月26日

      【ワシントン26日時事】ロイター通信は25日、米国で同日の新型コロナウイルス新規感染者が少なくとも3万9818人となり、過去最多を更新したと報じた。各地で経済活動再開が進む中、感染「第2波」への懸念が高まっている。   ロイターの集計では、これまでの新規感染者の最多は4月24日の3万6426人。ワシントン・ポスト(電子版)は24日、3万6000人を上回った同日の新規感染者が過去最多だと報じており、ここ数日の感染者急増は深刻化している。   米国ではテキサス、カリフォルニア、フロリダ、アリゾナなど南部や西部の州で今週、1日の新規感染者が過去最多を更新した。またCNNテレビによれば、全50州のうち少なくとも30州で、先週の新規感染者が前週より増加している。   トランプ大統領は25日、ツイッターに「感染者の増加は検査(件数の増加)が理由で、死者の数は減っている」と投稿し、第2波への懸念打ち消しに努めた。アザー厚生長官もFOXニュースの番組で「感染が急増しているのは郡単位で全国の3%程度だ」と述べ、経済再開を延期させる必要はないとの認識を示した。   写真:テキサス州の医療センターで、新型コロナウイルス検査に訪れた人に声をかける医療従事者(右)  

  • ディズニーランドが7月17日の再開を延期 州当局の承認得られず  

    2020年06月24日

    【ロサンゼルス24日】ディズニーランド・リゾートは24日、7月17日から再開する計画を2週間前に発表したアナハイムのディズニーランドとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーについて、州当局による承認の遅れを理由に、再開を延期すると発表した。「Downtown Disney District」は予定通り、7月9日から再開する方針。   アナハイムのディズニーランドとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーは、新型コロナ・パンデミックの影響を受けて3月半ばから閉鎖している。経済活動の再開が徐々に進む一方で、カリフォルニア州では23日、一日のコロナウイルス感染者数としては最高となる7000人超の感染が報告された。   ディズニーランドの従業員ら17000人が所属する労働組合は18日、安全のために園の再開延期を求める嘆願書を加州知事宛に出している。