連載・コラム テリー伊藤の東京チャンネル

編集: Weekly LALALA - 2019年10月03日

 「カメラを止めるな!」より面白い

 映画界2018年最大の話題作となった上田慎一郎監督。

「カメラを止めるな!」制作費300万円、動員数220万人、興行収入31億円突破となったことは記憶に新しい。

その上田監督にお話を聞いた。もちろん新作を見させてもらってからの対談となった。(「アサヒ芸能」での対談)

最初に、あれ程の話題作の次回作なのでプレッシャーはどうだったのか尋ねたところ「ノイローゼになるくらい毎日しんどい思いをしました。でもそのノイローゼが新作のヒントにもなったんです。」と。

いや~流石転んでもただでは起きない!  

 

作品のあらすじを紹介しよう。売れない役者である主人公が、数年振りに再会した弟から俳優事務所に誘われる。

そこは役者の仕事の他に、依頼者から受けた相談や悩みを役者によって解決してゆくという仕事があった。

ある日カルト教団から旅館を守って欲しいという依頼が入る。

ヤバイ連中相手に計画を練り、作戦を遂行してゆくのだ。前回の「カメラを止めるな!」と同様、最後の最後まで観客が気を抜けない程、楽しみ満載の作品となっている。

 

映画を見た感想として、監督にこんな質問をぶつけてみた。「なぜ無名の役者ばかりを使うのですか?」「美男美女の役者が全然でてこないのは何故ですか?」と。監督は即答してくれた。

日本の映画は美男美女ばかり出すぎでリアリティをあまり感じられないんですよ。

ビッグネームだと、作品に感情移入できづらい場合が多く、今回は悩み多き集団なので、実際に悩みがありそうな役者さんを選んでみました!」と明快な答えが返ってきた。

確かに最近の日本のテレビは、時代劇でも正義から悪役まで若手俳優は全員美男子だ。

そんな作品を見ているとどこか白けてしまう。

そのうち忠臣蔵の赤穂浪士の仇役 吉良上野介を木村拓哉あたりがやり出すかもしれないし、水戸黄門を少年隊の東山がやり出すこともあるだろう。

まぁ~それはそれで見てみたいが・・・

 

そんな「なんでも美男美女」の時代に、一石を投じる上田監督の演出家としての考え方に強く支持したい。

作品の出来も素晴らしい。

実は「カメ止め」を見た時、二作目はどうかなと心配していたが、まったく杞憂に終わった!

ズバリ私の評価は「カメ止め」よりも面白い、エンターテイメントとしても素晴らしい!だ。

 

上田監督は元々ハリウッド映画から多くの影響を受けたと言っていたが、まさにハリウッド映画を彷彿させる作品となっている。

今のところ全米での公開は決まっていないので、日本に来た時には是非見てください!

関連記事:その他のテリー伊藤の東京チャンネル

  • 加藤沙里、悪評判タレントNo.1になれ!

    加藤沙里、悪評判タレントNo.1になれ!

    2020年01月15日 テリー伊藤の東京チャンネル

     めでたいのか、不幸なのかよくわからないが、あの加藤沙里が「夫に3か月で1億円使わせた」で離婚した。常々「幸せはお金で買える」と豪語していたが、あまりの沙里の金の使いすぎに、旦那の商売がうまくいかなくなって、その結果かどうか知らないが、敢え無く離婚。まあ、思い切りがいいと言えばいいのだが。私は沙里のところへ電話連絡してみた。    朝11時頃だったが、当然寝ている様子。さすが沙里様、午前中は起きていないようだ。「離婚したの?」と聞くと、寝ぼけた声で「すみません、報告が遅れて。テリーさんにはお世話になっていたのに。」と言っていた。というのも、私は二人の結婚の見届け人としてサインをした関係がある。その際に一度旦那と会ったが、私から見ると、なかなかの好青年だった。こんな人が沙里と結婚してくれるんだとビックリしたことを覚えている。二人で私に会いに来た時にも、沙里は相変わらずおっぱいが飛び出すような服を着ていた。こんな服を着ていたら、旦那としては身体だけが目的で結婚したのではないかと思われて恥ずかしくないのかと思った。でも、おっぱいの出た服を着ていても、旦那は嫌な顔をする訳でもない。そうか、本当に身体目的で結婚したんだ~。別にそれは悪い訳ではない。世の中には、人柄が良いとか、仕事に対する姿勢が尊敬できると一緒になるという例もあるが、身体がイイという一点で結婚しても不思議はない。それだけ彼女が魅力的なのだろう。そういえば、沙里から旦那の愚痴を聞かされていた。彼がヤキモチ焼きで困る。いつも携帯をチェックする。などなど・・・愚痴のオンパレードだった。もちろん沙里の言葉なので、鵜呑みにするわけにはいかない。旦那にもそれ相当の不満があったのだろう。    考えてみれば、芸能人として何の実績もない加藤紗里が、なんとか芸能界で生き残っていられるのは、もしかしたら特別の才能があるのではないか。連日マスコミは「1億円使わせて偉そうなことを言っているバカ女」と報道している。そんな最中、相変わらず沙里は悪たれを言い続けている。ここなんです、実は加藤沙里は「自分を悪く見せる」才能を持っているんです!どうすれば、何を言えば、ネットで大炎上するか全て計算づくで行動しているんです。    どうすれば最悪の評価を受けるかを目標にして発言し続けているのです。最近の日本のテレビを見ていると、コンプライアンスか何だかしらないが「優しさの押し売り」「いい人じゃないと生きちゃだめ」情報番組もCMも全てがこのノリ。日本のテレビは今本当に息苦しいんです。    加藤紗里は絶対にスポンサーがCMタレントとして使いたくない、好感度タレントに一生出てこれそうにないポジションなんです。もう他の男とデートしている。痛快じゃないですか!テレビの業界、みんなが良い人じゃツマラナイ。こんな女がいても良いんです。

  • 木下優樹菜まだチャンスはあるぞ

    木下優樹菜まだチャンスはあるぞ

    2020年01月08日 テリー伊藤の東京チャンネル

    2019年12月31日離婚を発表した木下優樹菜(32)と藤本敏史(49)夫妻は、2010年8月の結婚から夫婦でテレビ出演し、自宅を紹介するなど、おしどり夫婦として大人気だった。何と言っても17歳も年の差があってむちゃくちゃ可愛いユッキーナが奥さんとは、世の中の男性だれもがフジモンを羨ましく思ったものだ。ちょっとヤンキーな木下のキャラクターもこれまた好感度抜群だった。そう、あの事件が起きる前までは。   「タピオカ店恫喝騒動」で、木下の実の姉が勤務していたタピオカ店「#ALLRIGHT」のオーナー夫妻に対して、恫喝めいたダイレクトメールをユッキーナが送っていたことが判明。ネットを中心に大炎上してしまった。そのメールが半端じゃなかったのだ。「これからの出方次第では、こっちも事務所総出でやりますからね」「いい年こいたババァにいちいち言うことじゃないけど」「認めるところ認めて、筋道くらい通しなよ」などなど、あの可愛いユッキーナからは想像も出来ない、まさにヤクザ言葉ではないか。同世代の女性ファンにとってはショックだったに違いない。   そんなことから、マスコミの前から彼女は姿を消した。そのことについて私はTBSサンデージャポンの中で「こんなじゃじゃ馬な嫁と一緒に暮らしている藤本は偉い!」と発言していましたが、離婚報道を聞いて、少し考えが変わってきたのです。夫婦の間で別れ話は二人目の子供の出産後から始まったらしい。そう考えると話し合い期間が随分長い。もちろん二人の問題なので原因はよく分からないが、長い間お互いストレスを感じていたのは事実だろう。そんな環境の中で気が短く感情が押さえきれないユッキーナは、そうとうストレスがあったのは容易に想像できる。そう、彼女は疲れていたのだ。   CM契約もあり、本当はフジモンとの仲がうまくいっていなくても、素敵な夫婦を演じなくてはならない。私も少し前に見たお宅紹介では、子供達のためにオモチャの車を家の中で走らせていたのが印象的だった。テレビ局のスタッフの前では笑顔、笑顔。テレビクルーが帰った後の無言の夫婦生活。こんな暮らしが続けばだれだってイライラする。   そこにお姉さんのトラブル事件。木下は、自分の心の憂さを姉と揉めているタピオカ店の夫婦にぶつけてしまったのではないか。そして今、木下は世間の冷ややかな視線の中でどんな気持ちでいるのだろうか。そう簡単に芸能界に復帰するのは難しいだろう。だったら、持ち前のヤンキー根性で、何か商売をやるのも面白いかもしれない。四国八十八か所お遍路の旅に出るのも悪くない。   ユッキーナ、今こそ真価を問われる時だ。頑張れ!!

  • 梅宮アンナちゃん、
ここからが真価を問われるよ

    梅宮アンナちゃん、 ここからが真価を問われるよ

    2019年12月28日 テリー伊藤の東京チャンネル

    こんな話題を新年早々皆さんにお知らせしたくなかった。去年12月12日、慢性肝不全のため、昭和の大スター梅宮辰夫(享年81)が亡くなった。亡くなる前日、娘の梅宮アンナ(47)と番組で一緒だった。生放送前、アンナちゃんに「梅宮さんの様態はどう?」と尋ねてみた。それまで笑顔だった彼女の表情はにわかに曇り「実は結構大変なんです。今は介護のために同居しているんですが、パパの体力がなくなり、部屋の温度を32度にしてくれとこのところずっと頼まれるんです。私は暑がりなのでこれも大変なのですが、それだけではなく、一年以上続く闘病生活なので、母(クラウディア/75)も病気がちなんです。」という。そんな話を聞いたので、気分晴らしに今度食事でも行こうとアンちゃんを誘ったのですが、翌日連絡があり、梅宮さんが亡くなったということだった。    そのようなことから、本来なら身内だけの密葬に私も呼ばれ、町屋斎場に行くことになった。100名程度の参列者だったが、とても暖かい優しい葬儀だった。棺に眠る梅宮さんの上には大好きなお菓子や午後ティーなどが山盛り状態だった。アンちゃんによると、本当に甘い物が好きで、いつも食べていたそうだ。天国に行ってもきっとスウィーツを欲しがるという精一杯の愛情なのだろう。  印象に残ったのは、アンちゃんの娘の百々果(ももか17)さんの手紙だ。ハワイ育ちなのか、すべて英語だった。「なにを書いたの?」と聞いたら「内緒。普段言えなかったことを書きました。」と、涙声で話してくれた。今年の春からアメリカ留学するという。そうなると、LALALAの読者になってくれるはずだ。    今年は梅宮家の勝負の年となる。梅宮アンナは、母親、娘、そして自分と、三人分の働きをしなくてはならないのだ。もちろん梅宮家にはそれ相当の財産はあるかもしれないが、私の知る限り、東映のスターで財産を残したという人はあまりいない。(高倉健さんは別格)当時の大スターはものすごく稼いでいたかもしれないが、それと同じくらいの金を使っていたからだ。人の良い梅宮さんがこっそり貯めていたとはとても思えない。    そこでアンちゃんだ。いくら大スターの娘として生活をしていたとしても、これからはそうはいかない。高い家賃の家を引っ越し、地味な生活にシフトしなければならない。ファッションモデルとして素敵なライフスタイルを提案してきたが、それももうお仕舞いにしてよいのでは。今年からは質素スタイルを実践して欲しい。その方が絶対カッコイイ。「ユニクロをどう着こなすか」「トータル5000円で古着をどう着こなすか」そんなテーマに挑戦して欲しい。それができればマスコミは梅宮アンナを再評価してくれる。お金を使わなくても素敵なママ、これがカッコイイ。娘の百々果さんも賛同してくれるはず。    アンちゃん、日本中があなたのこれからの生き方を見ているよ!頑張れ、アンちゃん!    

  • YouTube『テリー伊藤のお笑いバックドロップ』営業中

    YouTube『テリー伊藤のお笑いバックドロップ』営業中

    2019年12月18日 テリー伊藤の東京チャンネル

     24時間営業中のコンビニみたいに、私もYouTube 24時間全開です。 10月末にスタートしてから、これまで色んなジャンルに手を付けています。 「普段は裸のセクシー女優を今時のストリートファッションに着替えさせる」「 女流棋士、あの不倫騒動で世間を大騒ぎさせた林葉直子に、本人の希望通りインコと結婚させる」 「おっぱいが頭よりデカイ加藤沙里の結婚しても浮気してます会見」はたまた「元チャゲ&飛鳥の飛鳥さんにYouTube初登場独占インタビュー」を。 更には「今ネットで大人気のオリエンタルラジオのあっちゃんとのコラボ企画」など、毎回これでもかという物凄い企画を、惜しげもなく連発しています。   周りからは、YouTubeはワンコンセプトな企画をやる方が良いのではないか?とアドバイスを受けたりもします。 確かに、あのピン芸人ヒロシは、定位置にカメラを据えて、大好きな独りキャンプで延々と焚火をしているところを見せているだけで、再生回数が100万回を超えるという大ヒットチャンネルになっています。 そうなると、アウトドアメーカーがスポンサーにつくという有難い現象も起きてきます。   あっちゃんにも「テリーさんは洋服が好きなのだから、自分の洋服を紹介するだけでも凄いですよ。」 まぁその方が効率も良いし、楽だし、良いのかもしれないけれど、私自身が移り気な演出家なので、毎回同じことをやっていると飽きてしまうのです。 お金もかからないのも分かっているのですが出来ないんです。   先日は神奈川県大磯の高級住宅地にワケアリの広大な中古の家屋付きの住宅が売りに出されていたんです。 これは見に行くしかないですよね! 東京では最近イケメンAV男優が大人気なんです。 サイン会や握手会も大盛況で、普通の女の子が大挙して集まってくるんです。 これまた見に行くしかないですよね!   考えてみれば、私、野次馬・ミーハー根性は昔から変わっていません。 そうなると大変なのは周りのスタッフで、毎回企画が変わりロケ準備に振り回されます。 東京はどこも警察の撮影許可が必要だし、一般の出演者の出演承諾も結構大変なのです。 スタッフの苦労は分かっていても、面白いものを作りたい気持ちが先にきちゃうんですよね~。   そんなYouTube『テリー伊藤のお笑いバックドロップ』見てくださいね! 2019年本当に今年もお世話になりました。 ますます楽しい日本の情報を皆さんにお伝えしたいと思いますので、来年もよろしくね!

  • 織田信成、泣いてる場合じゃない!

    織田信成、泣いてる場合じゃない!

    2019年12月11日 テリー伊藤の東京チャンネル

    フィギュアスケート元五輪代表の織田信成さん(32)が1100万円の損害賠償を求めて関西大学アイスホッケー部の濱田コーチ(60)を提訴した。 織田さんは2017年4月から同部の監督に就任したが、今年9月9日に突如辞任した。 その理由は、濱田コーチからモラルハラスメントを受けたということだった。 就任当初から始まった濱田コーチの「陰口を言われる、無視される、睨みつけられる」などの行為によって体調を壊し、今年3月には1週間入院し、5月末にはスケートリンクにも顔を出せなくなり、9月に監督を辞めることになった。 提訴後の会見で織田さんは「リンクにいる学生や選手が健全な環境で練習が出来るように」と説明した。 この一連の騒動に日本中がビックリ!   織田君のイメージはどこか三枚目で、子供も3人いて、涙もろい好青年という感じだった。 多くの実績がある濱田コーチを相手に裁判をおこすとは。 国内でも彼のこの行動に世論は真っ二つ。 「シーズンが始まったこの時期に事を荒立てるなんて選手ファーストと言いながら一番迷惑をしているのは選手じゃないか。」 「織田君の泣きながらの記者会見なのだから、よっぽど意地悪されたのよ。」騒動は収まりそうもない。   どっちが悪いのか良いのか、正直私には分からない。 ただ、こういう時、自分だったらどういう行動に出るかをいつも考えてみる。テリー伊藤こう見えても余りプライベートの話題を大きくするのは好きじゃない。 恐らく悔しさを我慢して私だったら大学を辞めると思う。 そしてその次に出る行動としては、本当に自分の指導法が間違っていないと思うなら、人生を掛けて辞めさせられた大学と対決するだろう。 具体的には、他大学のスケート部のコーチをさせてもらえるところを探す。 しかし、スケートリンクを確保できる大学はそう簡単には見つからない。 その場合織田信成スケート教室を開設する。彼ほどの知名度と実績があれば生徒さん募集もできるはずだ。 更に、今までの人脈を使ってスポンサーを見つけてくることも大切な仕事だ。 色々なところに行って頭を下げるのは大変なことかもしれないが、一般社会で独立して道を切り開いて行く人にとっては当たり前の事だ。 恐らくフィギュアスケートというファンタジーの世界に居た彼にとっては、リアルな社会との接点との持ち方ができていなかったのではないか。   これから裁判に成ってゆく。本当はそんな場所に織田信成が居て欲しくない。 次のステージに早く進むべきではないでしょうか。 あの人懐こい目は涙を流す場所ではなく、笑顔の場所なのだから。