全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2020年06月23日

一部就労ビザの発給年内停止
日本企業にも影響

 

 

【ワシントン23日時事】トランプ大統領は22日、一部の就労ビザ(査証)の発給を今年末まで停止すると発表した。新型コロナウイルス危機で米失業率が戦後最悪を記録したことを受け、秋の大統領選もにらんで米国人の雇用回復を優先する狙い。米国転勤予定の企業駐在員のビザも停止対象となり、日本を含む外国企業に影響を及ぼしそうだ。

 

24日に発効する。発給停止の対象は、企業駐在員らの「L」ビザのほか、IT技術者など特殊技能職の「H―1B」、熟練・非熟練労働者の「H―2B」、外国人労働者の同行家族向けの「H―4」、交流訪問者向けの「J」など。いずれもすでにビザを取得している場合は影響はないが、LビザとH―1Bビザの発給停止は、日本企業の駐在員派遣や米国での就職に影響しそうだ。

 

トランプ氏は「特定の外国人の入国は米経済再生にとって有害だ」と述べ、看板政策に掲げる厳しい移民対策をアピールした。今年4月に導入した、米国永住権(グリーンカード)の新たな発給停止も、当初の60日間から年末まで延長する。米高官は、一連の措置で米国民に約52万5000人の雇用を確保できると説明した。

 

トランプ氏はH―1Bビザの恒久的な規制強化も指示。現在実施している抽選制度を廃止し、給与の高い申請者にビザを優先的に割り当てる。また、H―2Bビザは食品関連業を、Jビザは就労を目的としない場合や大学教授・研究者はそれぞれ停止の対象外とする。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 加州、バーや映画館を再び営業停止
本格的な後退、他州に影響

 

    加州、バーや映画館を再び営業停止 本格的な後退、他州に影響  

    2020年07月14日

      【ロサンゼルス14日時事】カリフォルニア州のニューサム知事は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、幅広い領域で屋内の活動を再び停止するよう州全土に命じた。地域によっては再開を認められていたバーや映画館は営業停止に逆戻りすることになった。   米国では感染者数の再拡大に伴い経済活動の再開が停滞している。全米最大の人口を抱えるカリフォルニア州が本格的に再開の動きを後退させたことは他州の動向にも影響を与えそうだ。   州全土で閉鎖を命じたのは、レストランの店内飲食、映画館、ワイナリーなど。同じ飲食店でもバーの営業は屋内外を問わず禁止する。   ロサンゼルスなど感染拡大の懸念が大きい地域については、さらに規制を厳格化。オフィスやスポーツジム、礼拝所、美容院、ショッピングモールの営業なども停止を求めた。   カリフォルニア州は3月、全米でいち早く州全土に外出規制措置を導入。当初は感染拡大を抑え込んだと評価された。   しかし、経済再開を進めるにつれて感染者数が増勢に転じていた。ニューサム知事は記者会見で「ウイルスはすぐには消えてなくならない」と忍耐を呼び掛けた。   また、ロサンゼルスとサンディエゴでは公立学区が、8月からの新年度の授業をすべてオンライン形式で始めると発表した。感染の動向を見極めつつ、教室での授業再開を探る。両学区は声明で「コロナウイルスは夏休みを取っていない。むしろ地域社会への攻撃を強めている」と強調した。 写真:カリフォルニア州のニューサム知事=9日    

  • オンライン履修の留学生は退去を
米移民局

 

    オンライン履修の留学生は退去を 米移民局  

    2020年07月07日

      【ワシントン7日時事】米移民税関捜査局(ICE)は6日、今秋から新学期に入る大学などで受講予定の外国人留学生について、新型コロナウイルスの影響で全課程をオンライン授業で履修する場合は査証(ビザ)を発給せず、米国滞在も認めないと発表した。外国人規制が強化されることで、日本からの留学生や留学希望者に影響する可能性もある。   ICEによると、規制対象は一般的な学生のF―1ビザと職業教育用のM―1ビザ。ロイター通信によると、国務省は2018年10月~19年9月にFビザを約39万件、Mビザを約9500件それぞれ発給した。留学予定の大学などで授業がすべてオンライン化されれば、両ビザは発給されず、米入国もできなくなる。   また、既にビザを保有する留学生は対面式の授業が行われる学校を新たに探し出し、新学期から通う必要がある。ICEは「さもなければ退去手続きへの着手など、移民法上の措置に直面する可能性がある」として、送還対象になり得ると警告している。   各大学などは現在、新学期からの授業計画作成を進めているが、新たな規制で影響を受ける留学生の数は不明。留学生の受け入れが激減すれば、一部の学校で経営上の打撃となる可能性もある。米教育協議会のファーンズワース副会長はCNNテレビに、新たな措置が「さらなる混乱と不透明さを生むのではないか」と懸念を示した。 写真:新型コロナウイルスの影響で授業が無くなり、閑散としたジョージタウン大学の構内    

  • 「TikTok」禁止検討 中国リスク警戒  

    2020年07月07日

    【ワシントン7日時事】ポンペオ米国務長官は6日、安全保障の観点から、短編動画アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国企業が提供するソーシャルメディアのアプリの使用禁止を検討していると述べた。インド政府は国境をめぐる中国との対立を理由に中国製アプリを禁じており、トランプ政権も同調する可能性が出てきた。   ポンペオ氏はFOXニュースに対し、中国製アプリの使用禁止について「確かに検討している」と語った。ティックトックはユーチューブやインスタグラムと競合しながら若者を中心に利用者を増やしている。運営会社の字節跳動(バイトダンス)は北京に本社を置く。   米政権・議会は、ティックトックが中国法に基づいて中国共産党に個人情報を提供しかねないと問題視。米軍関係者などは既に業務上の使用を禁じられている。  

  • K・ウェストさん、トランプ氏に挑戦? 大統領選「出馬」を表明  

    2020年07月05日

    【ワシントン5日時事】人気ラップ歌手カニエ・ウェストさんは4日、「米国の大統領に立候補する」とツイッターに投稿した。11月の選挙まであと4カ月となる中、出馬を真剣に検討しているのかや、立候補に向けた正式な書類手続きをしたのかは不明。   ウェストさんは「神を信じ、われわれのビジョンを一つにし、われわれの未来を築くことによって米国の約束を今や実現しなければならない」と訴えた。   ウェストさんはトランプ大統領の支持者として知られ、ホワイトハウスに招かれたこともある。米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はウェストさんの投稿に対し、「全面的に支持する」と書き込んだ。  

  • 須藤さんが新記録で7連覇
無観客でホットドッグ早食い NY

 

    須藤さんが新記録で7連覇 無観客でホットドッグ早食い NY  

    2020年07月05日

      【ニューヨーク5日時事】米独立記念日の4日、恒例のホットドッグ早食い大会がニューヨークで開かれ、女性部門で米国在住の須藤美貴さん(34)が10分間で48個半を食べ、大会新記録で7連覇を果たした。例年は屋外で大勢の観客を集めて開かれる大会だが、今年は新型コロナウイルスの流行のため、屋内での無観客開催となった。   須藤さんは、自己ベストの41個を大きく更新して圧勝。大会はスポーツ専門局ESPNで生中継され、須藤さんは「家で見てくれた皆さん、応援ありがとう。素晴らしい気分」と喜んだ。男性部門では、ジョーイ・チェスナットさん(36)が同じく大会新記録となる75個を平らげ、13回目の優勝を果たした。   ニューヨーク市では、レストランでの店内飲食禁止など、コロナ対策の規制が一部で続いている。独立記念日恒例の花火は、見物客が集まるのを避けるため、打ち上げ日を分散して5分間のみとし、場所も事前に公表せずに実施。大リーグの開幕も今月下旬に延期され、市民の夏にコロナが影を落としている。 写真:ホットドッグ早食い大会で優勝した須藤美貴さん