連載・コラム あの時何が起こった!?

編集: Weekly LALALA - 2020年03月18日

手記ケース16

アパートで事件発生か!?

撮影には警察官が帯同する。

パサデナ在住 20代女性

ある日のことです。車で帰っていました。夕方6時くらいだったでしょうか。辺りは暗くなり始めていてあまり遠くまでは見通せませんでした。この夕闇の時間帯は、街が息をひそめ、各家庭の灯りが窓から漏れ、人の営みを感じることができるので個人的に好きなんです。だから、あの日のことはけっこうよく覚えています。

 

右折して、10mくらい走って、もうすぐでアパートの駐車場の入り口にさしかかろうとしたとき、なんだかいつもと様子が違うことに気が付きました。何の変哲もない私たちの暮らすアパートがちょっと変なんです。雰囲気が妙にものものしい。少しずつ近づいていくにつれて、おびただしい数の車、そして人があふれていることがわかりました。なに?なにが起きてるの?空気がぴんと張りつめて緊迫している。隣は教会なのですが、教会の駐車場にもたくさんの人がいるようでした。さらに目を凝らすと、その車のうち何台かは警察車両だったんです。警官もけっこうな数いました

 

何か事件が起きたに違いない。事故?火事?それとも殺人事件?銃の事件?平和だと思っていた我がアパートに異変が起こっていることを俄かには受け入れられず、パニックになりそうな自分を抑えるのに必死でした。「どうしちゃったの?」子どもの呑気な声が聞こえてきましたが「それはこっちが聞きたい」と心の中で思いました。まったく真相がわからないまま、誰に何を聞いてよいかもわからないまま、とにかく家に帰りたい一心で、入り口に向かってゆっくり進みました。停められるかと覚悟していたのですが、私たちが住人だとわかると係の人が誘導してくれました。

 

あれ?入り口から地下駐車場に入ろうとするとき違和感を覚えました。何かがいつもと違う。はて、何が違うんだろう。数秒遅れて違和感の正体が判明しました。私たちの暮らすアパートの名前を仮にABCとしましょう。普段ならそのABCを冠した看板がエントランスにでーんと立っているのですが、それがまったく違う名前のCalifornia(仮名)という名前にかわっていたのです。は?いつの間に?買収されたの?家主かわったの?こんな急展開ってあるの?何の連絡も来てないけど?もうわけが分からない。

 

事の真相がわかったのは、翌日リーシングオフィスのスタッフと話していたときでした。「ああ、ドラマの撮影だったのよ。だからほら、看板もいつも通りでしょう?」なるほど。確かにいつもの看板に戻ってる(笑)。昨日のそれは撮影用にすり替えられていたわけか。それは思いもよらなかったな。なんだ、言ってくれればいいじゃん。事前に住民に知らせておいてよ。心の中で毒づきましたが後の祭り。日本人のサガなのか曖昧に笑って会話は終わりました。こんな普通の街で撮影がおこなわれるとは!しかもうちで!まったく人生とはおもしろいものだ。

 

調べてみると、路上撮影する場合は撮影隊が当該のフィルムオフィスに必ず許可を取らなければならず、警官も帯同せねばならないルールになっているということでした。さすが芸術の街ロサンゼルス!路上の封鎖料や警官を雇うお金が必要だから、なるほど映画やドラマには莫大な製作費が必要になるというわけですね。

 

今となっては笑い話ですが、そのときは本当に驚きました。警官がいるとやはりドキッとします。心臓に悪い。この街では映画やドラマの撮影に急に立ち会うこともありうる、その場合は警官が帯同している、そしてそれは事件ではないということを念頭において、生活するといいかもしれません。

 

関連記事:その他のあの時何が起こった!?

  • 手記ケース17

僕らはずっと疑われていた。

乳児揺さぶられ症候群の話(その1)

元ノースリッジ在住 30代男性

    手記ケース17 僕らはずっと疑われていた。 乳児揺さぶられ症候群の話(その1) 元ノースリッジ在住 30代男性

    2020年04月06日 あの時何が起こった!?

      以前このコーナーで、子どもを迷子にさせて虐待を疑われたという記事を見ました。自分にも心当たりがあり、ひやっとしました。首尾一貫、清廉潔白に子育てしている人なんて、多分いないんじゃないかと思います。誰だって何かしらの心当たりがある。子育てはそんなに甘くないし、誰もが正しく生きられるわけじゃない。それに新聞は「自分だけじゃない」と思える効果がありますよね。特にこのコーナーは。「僕だけじゃなかったんだ」「私だけじゃなかったんだ」そういうことを知ることは、まさしく読む喜びに直結する。僕は個人的な体験がここに書いてあればあるほど面白い(このコーナーを密かに楽しみにしていることを誰にも言ってませんけど)。   これから書くことは、本当なら自分の人生の中で封印して墓場まで持って行くつもりでした。誰にも話すつもりはなかった。このことを共有しているのは僕と妻の二人ですが、僕らの間でもこの話題はあまりしません。思い出したくないんです。過去のことにしたい。けれども気持ちとは揺れ動くもので、匿名なら告白してもいいのではないか、僕が告白することで読者の誰かが(僕のように)救われるんじゃないか、書くことで僕自身が次に進めるのではないか、そんな気持ちが次第に芽生えてきたんです。だからここに勇気をもって告白します。   もう6年も前のことになるでしょうか。いま振り返ってみれば、第2子ということで油断していました。外国で子どもを育てることはただでさえ大変ですし、第1子はとにかくすべてが初めてですから緊張します。病院も病気も何もかも。一切合切すべてがいつも心配でした。熱が出たら病院。湿疹が続いたら病院。目やにが続いても病院。一体何度病院に駆け込んだことでしょう。   妻が第2子を妊娠したとき「2番目は放っておいても大きくなるよ」と周りの方にさんざん言われていたのもあって、そういうものかなと楽観していました。夏に生まれた第2子は一度寝さえすればよく眠ってくれる女の子で(眠るまではずっと甲高い声で泣いていて辟易しましたが)、同じ部屋にいても彼女の存在に気付かないこともあったくらいです。お乳を飲むのも上手で手のかからない子でした。僕は家にいる時、ギターをかき鳴らし、大声で歌うことでストレス解消するのですが、生後間もない赤ん坊がいるのに構わず歌っていました、同じ部屋で。なんならその子の近くで。また赤ん坊と小さい子を近くにすることは、力加減がわからず傷つけてしまうかもしれないから危険といわれていますが、2歳のお兄ちゃんが赤ん坊の顔をひっつかんでもそのまま笑って見てました。とにかくぞんざいに扱っていたと振り返って思います。第1子の子育てとはまったく違って雑でした。   それがいけなかったんでしょうか。もっと丁寧に優しく接するべきだったんでしょうか。注意が足りなかったのでしょうか。忘れもしない生後2ヶ月まであと幾日という日の夜。妻が赤ん坊をお風呂に入れ、次に2歳のお兄ちゃんをお風呂に入れました。僕は受け取る係で、赤ん坊をバスタオルで拭いて、新しいオムツを履かせて、肌着を着せようとしていたんですね。でも、何だかおかしい。顔がいつもより青白いんです。真っ青。呼吸も浅い。すごく浅い。普通じゃない。体もだんだんあたたかさがなくなっていくように感じました。僕は赤ん坊を抱いたまま妻のいる風呂場へ駆け込みました。「呼吸がおかしい。死にそう。なんでかわからない」僕の声は震えていて涙声でした。 ~その2につづく~          

  • 手記ケース17

僕らはずっと疑われていた。

乳児揺さぶられ症候群の話(その2)

元ノースリッジ在住 30代男性

    手記ケース17 僕らはずっと疑われていた。 乳児揺さぶられ症候群の話(その2) 元ノースリッジ在住 30代男性

    2020年04月06日 あの時何が起こった!?

    生後2ヶ月になろうとする我が子が、腕の中で息も絶え絶えになっていく様子をとても鮮明に覚えています。恐かった。そのとき僕はたまたま爪が倦んでいて、右手の人差し指が痛かった。そんなどうでもいいことも覚えているほどすべてがスローモーションでした。   風呂場にいる妻は、最初「どうしたの。大丈夫だよ」と笑ってやり過ごそうとしましたが、僕の様子に、そして腕の中の赤ん坊の様子に、すぐに事態を察知して、2歳の子の風呂を早々に切り上げ、出てきました。時刻は夜の11時半くらいだったでしょうか。病院に連れて行くにはあまりにも遅すぎる。かといって明日朝に行くので本当に間に合うのか、と逡巡しながらも、その一方で緊急で病院に行くと高額な請求をされるのではないかという不安もありました。予約をして病院に行ったことしかなかったからです。   赤ん坊はリビングの真ん中、オムツ交換台の上に置きました。青白くなっていくのは寒いからではないとわかっているけど、他にどうしようもなくてタオルケットをかけました。ふと、赤ん坊が手足をぴくぴくっと伸ばして震えたようにみえました。痙攣?これは痙攣なのだろうか。もしや熱性痙攣?でも熱はない。熱くはない。手元の携帯でいろいろ検索するのですが、何がどうなってこのような状態になっているのか皆目わからないのです。死にかけているんじゃないか。口には出したくありませんが、そんな風に見えました。知識のない僕らは、事態は一刻を争うと結論付け、救急車を呼ぶことにしました。もう待てない。それくらいの事態だったのです。   911.この番号を自分の手で押すときがまさか来ようとは。手が震えて、番号をうまく押せない。「落ち着いて」妻の声が聞こえる。電話がつながると「火事か?救急か?」と聞かれ、「子どもがおかしい。呼吸が浅い」と伝えました。すると、玄関のドアのカギを開けて待つようにいわれました。すぐに飛び込んで来れるようにでしょう。   何分くらい待ったでしょうか。確か15分も経っていなかった。急にどかどかと大きな足音が聞こえてきて、ドアがばーんと開き、数人の救急隊員が我が家に土足で入ってきました。火事のとき、火の中に隊員が突っ込んでいきますが、あんな勢いでした。僕よりもはるかにガタイのよい大きな男の人が何人も入って来て、驚き委縮しました。うちのアパートはセキュリティが厳しいのでこんな夜に施錠されたエントランスをどう突破したんだろう、そんな小さな疑問を抱いたこともなぜか覚えています。   「誰に問題が起きているのか」との問いに、寝ている我が子を見て「この子です」というと、救急隊員はすぐにその子を抱え、アパートの廊下に置いていたストレッチャーに乗せました。大人用のストレッチャーで、生後2ヶ月に満たない我が子が異常に小さく感じられました。茫然と眺めていたら、妻が2歳の子を抱きしめながら「あの人に付いて行って。あの子がどこに行くかちゃんと見ていて」と叫びました。   僕は娘と一緒にエレベーターに乗り込み、一階に着きました。エントランス前には救急車が。初めて目の前で見る救急車、すごく大きい。娘はストレッチャーで救急車に乗せられ、僕も一緒に乗り込みました。遅れて降りてきた妻も2歳の子と一緒に乗り込みました。「君たちのかかりつけの病院はどこか」と聞かれ、答えましたが、緊急対応していないとのことで、そことは違う病院に搬送されることになりました。 ~その3につづく~  

  • 手記ケース15

肝に銘じよう「アメリカの基本は前向き駐車」

ロサンゼルス在住 40代女性

    手記ケース15 肝に銘じよう「アメリカの基本は前向き駐車」 ロサンゼルス在住 40代女性

    2020年03月09日 あの時何が起こった!?

      アメリカ人の友人(日系人)に「日本人ってすっごく小さなことを大げさに語るよね」と言われたことがあるのですが、小さなことの共有は(大きなことの共有よりも)日常を助けるので私は大事だと思っています。本や講演会で受け取る大それたことよりも、世間話で耳にすることに生活が救われることって結構ありませんか?そんなわけで今日は、取るに足らない日常の、すごくすごく小さなことなのですが、個人的に驚いたことをお伝えしたいと思います。知ってて損はないはずです。   私は4年前に東京からロサンゼルスに越してきました。車の免許は、はるか昔大学時代に日本で取っていたものの完全なペーパードライバーでしたから、LAの暮らしで最も不安だったのは自動車免許の取得および運転でした。何度か落ちましたが無事に合格し、晴れて免許を取得。子供の学校送迎にも何とか慣れてきました。「赤信号でも右折可能」ルールに慣れるまでずいぶんドキドキしたものです。免許を取得したのが5月で、翌6月には子供を連れて一時帰国することになり、今度は日本で運転することになりました。当然ですが、右側通行でなく左側通行だし、駐車も前方からではなく後方からというのが日本では一般的ですごく混乱したのを覚えています。一時帰国の2ヶ月の間に、私はすっかり日本スタイルに浸かっていました。8月にアメリカに戻ってきたときに小さな事件は起こります。   普段からよく行く公園でした。小学校のすぐそばの、とても気持ちのいい公園です。芝生は広く、バスケットコートも野球場もローラースケート場もある。アメリカの公園って本当に素敵ですよね。公園の奥に駐車場があるのですが、いつものようにそこに停めました。90分まではフリーなので、それを頭に入れて駐車場を離れたのです。チケットをきられたらたまったものじゃありませんから要注意。子供たちは友達と存分に遊び、私たちは90分経たないうちにちゃんと駐車場に戻ってきました(いつも気を付けています)。   あれ?ワイパーのところに何か紙が挟まっている。小さな黄色の紙でした。違反と書かれてあります。え?90分経ってないのに?なんで?頭は軽くパニック。近くにチケットをきった人がいないだろうかと見渡しましたが、それらしき人はいない。こういうときは証拠を残すに限ると思い直し、チケットの写メを撮り、時刻を残し、ついでに90分フリーの看板もパシャリと撮影しました。証拠がなければ、のちにややこしい問題になってもただの文句で終わってしまいますからね。備えよ、常に。   しかし帰宅後、チケットの内容をつぶさに確認したところ、それは駐車時間に関する違反ではなく、駐車の仕方に関する違反だということが判明しました。驚くべきことに、前方から駐車していないという理由でチケットをきられたのです!一時帰国からアメリカに戻った直後で、私はそのとき日本の感覚そのままに「出るときに前進ですんなり出られるように」と後方から駐車していたのです。それがいけなかった。日本では後ろ向き駐車が推奨されていますからそれが無意識のうちに身についていたのでしょう。   そんなこともあるんですね。びっくりです。時間内でも、前向きか後ろ向きかでチケットをきられる。本当にショックでした。無駄な出費は心を蝕みますし自信を喪失させます。駐車の看板は目を皿にしてよく見ましょう。色々なところに落とし穴がありますから。

  •  手記ケース14

旅行中に覆面カーに呼び止められ、違法薬物所持を疑われる(前編)

ニューオリンズ在住 30代女性

 

     手記ケース14 旅行中に覆面カーに呼び止められ、違法薬物所持を疑われる(前編) ニューオリンズ在住 30代女性  

    2020年02月28日 あの時何が起こった!?

      先日旅行したんです。アリゾナ州に。念願のアメリカ駐在中にやりたかったことは「家族でナショナルパーク巡り」でしたから。グランドサークルの大自然を家族で堪能することはずっと夢でした。ラスベガスでレンタカーを借りて、一日目はグランドキャニオンへ行きました。幸い天気にも恵まれ、素晴らしい景色に家族一同感動して、その日は何の問題もなく終了。二日目にグランドキャニオンからアンテロープへ向かう途中の山道で事件は起きました。   オレンジ枠のコンストラクションゾーン(工事中)という標識が道路の脇にあったのですが、わたし自身は一瞬目にしただけ。運転中の夫はまったく気付かなかったようで、通常の65マイルで走行していました。後で聞いたら、携帯のグーグルナビに「何マイルで走ることができる」という制限速度の表示がありますが、それが65マイルという表示だったので夫はそれに倣ったということです(最近のナビは本当に便利になりましたが、その分、街の実際の様子から情報を得る姿勢が自分から失われていっているのを同時に感じて反省しています)。   しかし、どうも様子がおかしい。バックミラーにダッジ(アメリカの自動車メーカー)の黒塗りの車が映り、わたしたちを追いかけている様子なのです。なぜわたしたちが追いかけられるのだろう。はて、本当にわたしたちのこと?それとも他の車のこと?釈然としませんでしたが、わたしたちの前方に車が一台走っていることを除けば、他には車なんて一台もなかったので、おそらくわたしたちのことなのだろうと思いました。   「停まれ停まれ」というので、それに従い、わたしたちは車を、砂漠のど真ん中の山道の脇道に寄せて停めました。本当に民家など何ひとつない、木も一本も生えていない、ど田舎だったのです。あとでわかったのは、この車は警察の覆面カーだったということです。ポリスカーに乗っていない警察官もいるのだとこのとき初めて知りました。   警察官は「コンストラクションゾーンのサインは見なかったのか?コンストラクションゾーンは35マイルだぞ」とわたしたちを責めました。彼と話すなかで、スピード違反で問われていることはわかりましたので、それを認めれば、すぐに解放されるのだろうとこの時は思っていました。が、あとで甘かったことがだんだんわかってきます。彼の質問に「見なかった。ナビの65マイルしか見ておらず、その速さで走行した」と応答したところ、「何か逃げる理由でもあるのか」とこう来たんです。びっくりしました。彼は完全にわたしたちを疑ってかかっていました。コンストラクションゾーンの標識に気付かず、通常のスピードで走っていただけなのに、逃げる理由があって意図的にスピード違反のまま走り続けたと決めつけているような物言いでした。そんなの、言いがかりだ。言いがかりに決まっている。彼はなぜそんな風に決めつけるのだろう。わたしたちはもしかして悪意を向けられている?30代の夫婦と小学生の子ども二人の、何の変哲もないこの家族に。もちろん、逃げる理由なんてわたしたちにあるはずがありません。それを告げて解放されるかと思いきや、しかし、そのあと警察官は驚くことを口にしました。 「君たちは、この車に違法な薬物のようなものを積んでいるんじゃないのか」   ~次回へつづく~

  • ケース13

Airbnbでホストとゲストが大げんか

現ロサンゼルス在住、元ハワイ在住 20代社会人

 

    ケース13 Airbnbでホストとゲストが大げんか 現ロサンゼルス在住、元ハワイ在住 20代社会人  

    2020年02月20日 あの時何が起こった!?

     以前は、旅行の滞在先といえばホテルが主流、学生のバックパックの旅であればユースホステルでした。そこにここ10年くらいで普及しているのがAirbnb(エアビーアンドビー)。皆さんの中にも旅行や出張などでたびたび利用されている方もいると思います。世界の観光地や都市部で急激に成長しているAirbnbは、インターネットで予約してセルフでチェックイン&アウトできるなど便利なことから、自分がAirbnbホストになってAirbnbビジネスを運営する人も増えています。というと手軽なビジネスチャンスに聞こえるのですが、なかなか大変だと思う経験を私はしました。    私は現在ロサンゼルスで社会人をしていますが、学生時代はハワイに住んでいました。ハワイも観光地ですから、あちこちにAirbnbがあります。ハワイ時代、私はホームステイをしていて、ホストファミリーが運営しているAirbnbの一室を借りて住んでいました。    ホストファミリーは、ホストファザーがウエディングカメラマン、ホストマザーがウエディングプランナー兼ホテル勤務というフルタイムの仕事をしていましたが、ハワイの物価が高いこともあり、少しでも家計を楽にしたいとサイドビジネスとして、Airbnbビジネスをしていたのです。    とある週末。その日は、インドネシアから親子3人が午前11時にチェックイン予定。しかしホストファミリーが一日外出とのことで、私が代わりにゲストを迎えることになりました。店番ならぬ宿番です。ゲストが到着し、私は宿の中をひと通り案内しました。すると、ゲストが「暑いからエアコンを使いたいんだけど」と聞かれ、私は「扇風機はありますが、エアコンはありません」と答えました。ゲストは少し休憩して、外出。私も友達と約束があったので、外出しました。    そしてその夜、家に帰ったら・・・家の周りは数台のポリスカーに包囲され、赤青の警告灯がかなり派手に光っています。私は慌てて家の中に飛んで入りました。すると、なんと! 警官が止めようとする中、ホストファミリーとAirbnbゲストがつかみ合いの大げんかをしているじゃないですか!    その場はまさに修羅場。東南アジアなまりの早口の英語で ゲスト(以下:ゲ):「エアコンがないなんて聞いていない」 ホスト(以下:ホ):「ちゃんと記載してるでしょ?」 ゲ:「金返せ!」 ホ:「当日のキャンセルは返金不可!」 ゲ:「詐欺だ!」 ホ:「これ以上騒ぐながら警察呼ぶわよ!」    まあ、ホストが警察を呼ぶまでもなく、すでに警察は来ていたわけですが。結局、ゲストがさらに暴れるので、警察が他のホテルに案内し、ホストファミリーは70%をそのゲストに返金して騒ぎはおさまりました。この騒ぎ以降、ホストファミリーはAirbnbビジネスからは手を引いて、今はサイドビジネスはしていません。    Airbnbビジネスをやっている友達に聞くと、多いのは、ホストとゲスト、またはゲストどうしのケンカだといいます。ホテルと比べてリーズナブルに泊まれて、ほぼ自動的に過ごせるシステムが便利な反面、トラブルも多いということなのかもしれません。