連載・コラム テリー伊藤の東京チャンネル

編集: Weekly LALALA - 2020年01月08日

木下優樹菜まだチャンスはあるぞ

2019年12月31日離婚を発表した木下優樹菜(32)と藤本敏史(49)夫妻は、2010年8月の結婚から夫婦でテレビ出演し、自宅を紹介するなど、おしどり夫婦として大人気だった。何と言っても17歳も年の差があってむちゃくちゃ可愛いユッキーナが奥さんとは、世の中の男性だれもがフジモンを羨ましく思ったものだ。ちょっとヤンキーな木下のキャラクターもこれまた好感度抜群だった。そう、あの事件が起きる前までは。

 

「タピオカ店恫喝騒動」で、木下の実の姉が勤務していたタピオカ店「#ALLRIGHT」のオーナー夫妻に対して、恫喝めいたダイレクトメールをユッキーナが送っていたことが判明。ネットを中心に大炎上してしまった。そのメールが半端じゃなかったのだ。「これからの出方次第では、こっちも事務所総出でやりますからね」「いい年こいたババァにいちいち言うことじゃないけど」「認めるところ認めて、筋道くらい通しなよ」などなど、あの可愛いユッキーナからは想像も出来ない、まさにヤクザ言葉ではないか。同世代の女性ファンにとってはショックだったに違いない。

 

そんなことから、マスコミの前から彼女は姿を消した。そのことについて私はTBSサンデージャポンの中で「こんなじゃじゃ馬な嫁と一緒に暮らしている藤本は偉い!」と発言していましたが、離婚報道を聞いて、少し考えが変わってきたのです。夫婦の間で別れ話は二人目の子供の出産後から始まったらしい。そう考えると話し合い期間が随分長い。もちろん二人の問題なので原因はよく分からないが、長い間お互いストレスを感じていたのは事実だろう。そんな環境の中で気が短く感情が押さえきれないユッキーナは、そうとうストレスがあったのは容易に想像できる。そう、彼女は疲れていたのだ。

 

CM契約もあり、本当はフジモンとの仲がうまくいっていなくても、素敵な夫婦を演じなくてはならない。私も少し前に見たお宅紹介では、子供達のためにオモチャの車を家の中で走らせていたのが印象的だった。テレビ局のスタッフの前では笑顔、笑顔。テレビクルーが帰った後の無言の夫婦生活。こんな暮らしが続けばだれだってイライラする。

 

そこにお姉さんのトラブル事件。木下は、自分の心の憂さを姉と揉めているタピオカ店の夫婦にぶつけてしまったのではないか。そして今、木下は世間の冷ややかな視線の中でどんな気持ちでいるのだろうか。そう簡単に芸能界に復帰するのは難しいだろう。だったら、持ち前のヤンキー根性で、何か商売をやるのも面白いかもしれない。四国八十八か所お遍路の旅に出るのも悪くない。

 

ユッキーナ、今こそ真価を問われる時だ。頑張れ!!

関連記事:その他のテリー伊藤の東京チャンネル

  • 崎陽軒のシウマイの秘密

    崎陽軒のシウマイの秘密

    2020年02月26日 テリー伊藤の東京チャンネル

     テレビ局には色んな弁当業者が出入りしていて、幕の内、天むす、サンドイッチBOXなど、各ジャンルの弁当が豊富にある。その中でも、圧倒的に人気を誇っているのが「横浜崎陽軒のシウマイ弁当」です。1928年(昭和3年)の発売以来、変わらないレシピで、国産豚肉とオホーツク産の干し帆立貝柱が豊かな風味を出している。このシウマイの特徴は「冷めても美味しい」ことだ。ひと口サイズが女性に大好評。そして何といっても、冷めてもうまい!テレビ局で出される弁当は、時には製造から10時間位経ったものもある。収録が長引いたり、ロケ先だったりで、普通の仕出し弁当だと冷たくなって味が半減してしまうのだが、不思議なことにこのシウマイだけは同じ味で食べることができるのだ。    テレビ局では、年配の役者さんから10代のアイドルまで皆、楽屋に入って崎陽軒のシウマイ弁当があるとニッコリする。マネージャーさんにも大好評。私は、食べない時は、番組のADに渡すと、みんな笑顔になってくれる。このパワーってすごいですよね!こんなうまい弁当を1928年、今から92年前に作り上げたのだから、創業者はどんなに凄い人なんだろう。当時焼売は中華料理店で食べるもので、弁当に入れるものではなかった。異国情緒たっぷりな横浜で売るのだから、中華街も近くにあるし、本場の焼売を出そうと考えたのだろう。当時新幹線も無く、東京駅を出発して、これから長い東海道本線を走る時、横浜で弁当を買うのは楽しかったことだろう。今と違って、電車の窓を開けることができ、窓から弁当を買えた。インパクトのあるシウマイ弁当は旅人達に好まれたに違いない。最近は、海外の観光客も買ってくれるという。有難いことだ。    子供の頃に親に連れられて食べた思い出、大人になって恋人や家族と食べる美味しさ、みんなの人生の傍らに崎陽軒のシウマイ弁当はいる。こんな幸せなお弁当は他には無いのではないか。戦後一時期、それ迄男性の売り子だったのを、チャイナ服姿の女性を起用し日本中に話題を提供した。    先日、私は新横浜にある崎陽軒の工場見学に行った。出来立ての温かいシウマイを食べさせていただき、とても美味しかった。じゃあテリー、冷めているシウマイと、どっちが好き?と聞かれたら、私は冷めた方が好きだと答える。何故なら、その味は、おふくろと一緒に食べた味を思い出すからだ。そう、崎陽軒のシウマイの味はそれぞれの人生の思い出の味なのかもしれない。  

  • ビートたけしは 女にうつつを抜かしている!

    ビートたけしは 女にうつつを抜かしている!

    2020年02月19日 テリー伊藤の東京チャンネル

    ビートたけし(73)がかねてから噂のあった18歳年下の事務所の取締役と結婚した。その後、自身がキャスターを務める「新・情報7days ニュースキャスター(TBS系)」で報告した。   「目指すは所ジョージ夫妻で、あのくらい幸せになりたい。いよいよオレも死ぬ間近なのかなと思っている。」といつもの毒舌はどこへやら。本音を披露していた。彼女との付き合いの期間中、事務所を離れたりたけし軍団と疎遠になっているなど、色々報道で言われていたが、何はともあれ、めでたいことである! そう、ビートたけしは、73歳になって「本気で女にうつつを抜かしている」のである。これって面白くないですか。 日本の芸能界に於いて、たけしさんの存在は圧倒的な位置にある。どのテレビ局に行っても局長クラスが挨拶に来る。あのNHKだって去年の紅白歌合戦では、ほとんど音楽活動をしていない彼のために、歌まで唄わせる大サービスであった。今の芸能界でたけしさんに対等に喋れる人なんて居ないのではないか。亡くなった大橋巨泉さんや立川談志師匠くらいではないでしょうか。神格化されてきた彼の存在は、別に彼が悪いわけではないが。   一方、自然体の王様、所ジョージさんの無理ない雰囲気は、たけしさんが逆立ちしても持ち合わせない才能だ。所さんみたいになりたいという気持ちはよ~く分かります。それともうひとつ。良いか悪いかは別として、たけしさんは世の中をいつも斜めに見ている。ご存知のように客観的に自分を見る天才なのです。この手法は今のお笑い芸人がみんなパクッてやっています。当然そのルーツはたけしさんです。なので、もしかしたら、世の中を斜めに見る自分に飽きてしまったのではないでしょうか。世間に正面を向いて素直に生きたいと思っても不思議じゃないですよね。   今までだったら青春ドラマの代名詞「海に向かってバカヤロー」と言っている人達を笑っていたのですが、「俺も渚を走ってみたい」「俺も太陽に向かって叫んでみたい」そんな気持ちが沸き上がってきても自然の成り行きです。そうなんです、ビートたけしは「女といちゃいちゃしたい」のです。「街をペアルックで歩きたい」のです。「ディズニーランドでミッキーマウスと踊りたい」、「彼女とベタベタしたい」のです。 いいじゃないですか。何と言われようと。ビートたけしは、女にうつつを抜かしているのです‼街でたけしさんがスキップでウキウキ歩いていたら、みんなで手を振ってあげましょう。

  • 壇蜜、橋本マナミ、まさかの結婚

    壇蜜、橋本マナミ、まさかの結婚

    2020年02月12日 テリー伊藤の東京チャンネル

    去年の11月22日、壇蜜(38)が結婚発表をした。お相手の漫画家 清野とおる(39)は、自身を「マイナーカルト漫画家」と評する。作風は確かに独特だ。代表作の「東京都北区赤羽」は、清野氏の生活する赤羽を舞台に、変わった人やお店を描く実録エッセイ漫画である。ふたりの出会いは、2017年「櫻井・有吉THE夜会」での共演で、当時の番組の企画「壇蜜が気になる男性とデートをする」というものだった。収録中ずっとマスクをしている清野氏。さすが壇蜜、マニアックだなぁと思っていたら、まさかの結婚。これには私もびっくりした。   その5日後の11月27日、愛人にしたい女NO.1のキャラクターで売り出した橋本マナミ(35)も1歳年下の勤務医と結婚を発表。極秘で2年の交際を経て、更にスゴイことに、1年前から同棲していたという事実を、週刊誌もこの事実をまったくつかめていたかった!これまた大きな驚きでした! それにしても、壇蜜や橋本マナミと結婚できるというのは、男性にとってメチャクチャ嬉しいことだと思うけれど、実は男に相当の力量がないと生活するのは大変なのじゃないかと、他人事ながら考えてしまう。   以前、橋本マナミと食事をした時に、どんな男性がタイプなのかを聞いてみたら「そうね~私の我がままを許してくれる人で、夜は別々の部屋で寝たい。結婚しても今までの生活スタイルは変えたくないし、好きな音楽も映画も一人で見たいし、お風呂もゆっくり長時間入りたいんです。仕事もそれまで以上にやりたいし、とにかく私を自由にさせてくれる人がいいな~。」と話していた。橋本マナミと結婚したということは、それらの条件を全て理解してくれたのだと思うのだが、忙しい彼女のスケジュールに、ダンナはちゃんとした食事を食べているのだろうか!?   そして、壇蜜さんには、1月末に「サンデージャポン」で会った時に「壇蜜奥さん!ダンナと素敵な正月を過ごしましたか?」と聞いてみた。そしたら「いえ、実は今年まだ会ってないんですよ。彼忙しくって。」と言っていた。何が忙しいのか聞きそびれたが、さすが壇蜜のダンナになる人は、一般の男性とは違うようだ。 この2カップルはよく言うおしどり夫婦ではなさそうだ。その方が、実は新婚スタートとしては気楽で良いかもしれない。   若い人たちが一番憧れていた東出昌大・杏夫婦に起きた、まさかの「東出不倫」の大事件は、今日本で連日ワイドショーで取り上げられる大変な騒ぎとなっている。あんなことになるのなら、最初は危なっかしいくらいの新婚スタートの方が良いのかも?

  • スバル360 ヤングSSを 買ったぞ!

    スバル360 ヤングSSを 買ったぞ!

    2020年02月05日 テリー伊藤の東京チャンネル

    無駄遣いの王様私、テリー伊藤はまたまた車を買ってしまいました。その名も「スバルヤングSS」。ルーツの「スバル360」は、1958年7月より販売が開始された。戦前戦中は軍用機を製造していた富士重工が戦後の貧しい日本に於いて夢のマイカーを国民に届けようと、日本の技術を全てつぎ込んだ軽自動車の名車である。    その後、他の自動車メーカーから安価の車が発売され、古臭いイメージになっていたスバル360を、再び若者に興味を持ってもらうために富士重工が起死回生で世に送りだしたのが、今となってはダサそうなネーミングのスポーツタイプ「ヤングSS」だった。しかし、ナンチャッテヤングSSなんだ!」と私は気落ちしてしまいました。   「そうかこの車はカニ風味のかまぼこ、カニカマなんだ。本物じゃないんだ。」と落ち込んでいる私に「テリーさん、ブラジル人は、カニとカニ風味の差はわからないらしいですよ。」という素晴らしい返答をしてきた。そうか、別に本物じゃなくても、楽しければいいのか!と思った瞬間、私はその車を買っていました。有り難いことに特別の30万円値引きしてくれて100万円ポッキリ。    そうです、今日からカニ風味のヤングSSです。恐らくアメリカでは絶対見ることが出来ない車。近いうち試乗報告しますね。楽しみにしていてください。  

  • 島田紳助はYouTuber男になってくれ

    島田紳助はYouTuber男になってくれ

    2020年01月30日 テリー伊藤の東京チャンネル

    島田紳助さん(63)が2020年1月13日タレントのMISONO(35)のYouTubeチャンネルに出演し近況を語った。紳助さんはかつて暴力団関係者との親密な関係を報じられ、2011年に芸能界を引退して以降、メディアにはほとんど出てこなかった。突然のYouTube登場で、再生回数はいきなり500万回というびっくりの数字だ。引退してから、9年経ってもこれだけ注目されるのは何だかんだ言ってもサスガだ。    内容とは、以前紳助さんが司会をした「クイズ!ヘキサゴン」で共演していたフジモン、矢口真理、スザンヌなどの離婚話を面白おかしく、相変わらずのパワーでしゃべりまくったものだ。勘は全く鈍っていない。その中で一番私が注目したのは、最近の芸能界の話だった。   「今の芸能界大変ですよね。ひと事いいたいね。芸能人がバラエティで自分の言葉に規制を掛けてこれを言ったらアカン、あれを言ったらアカンとか、芸能人が浮気したらアカン、不倫したらアカン、女いたらヤーヤー言われる。こんなことじゃ芸能人の成り手がいなくなるで~。だって芸人なんか世間では通用しない集まり。そんなやつらがモラルを言ってどうするの?」とまぁこんな感じだった。    紳助さんの言う「芸能人に成り手がいなくなる」というのは私は無いと思う。これからは、ハチャメチャが好きじゃない普通のバランスを持った人が入ってくるのではないか。そうなると考え方も無鉄砲な行動をする人も当然少なくなる。無難で好感度も良く、頭の良さそうな芸能人がどんどん増えてくるだろう。これってどうなの?実は私にもわかりません。何故なら、テレビは時代を映す鏡だからです。世間が「面白い優等生芸人」を求めているとしたら、それが自然の流れとなる。紳助さんのメッセージは届かないのではないか。    今回のYouTube出演で、各テレビ局の情報番組では、テレビへの復帰もあるのではないかという話題で盛り上がっている。これとはまた別に、街では「かつて反社会的組織と付き合っていたが、今はどうなっているのか。」などの批判の声も出ている。    紳助さんはテレビの復帰はしなくても良いのではないかと思っている。テレビに戻れば番組前の打合せでプロデューサーにコメントのチェックをされたり、当然スポンサーの顔色も見ながら話さなくてはならない。今回のYouTube発言でも分かったが、紳助さんはそういうしがらみがもう窮屈でイヤなのではないか。無理して戻ってくる必要はない。たとえ戻ってきて、また制作人と揉めても、そんな話題は見たくも聞きたくもない。    紳助さんがテレビから居なくなってから世の中もずいぶん変わった。もしテレビ界に戻ってくれば、年下の出演者は忖度して歓迎してくれるかもしれないが、今更そんな席に戻っても意味がないのでは。それより相変わらず話が面白いのだから、YouTubeで好きなことをどんどん話してもらいたい。そして時間があれば私テリー伊藤のYouTubeチャンネル「お笑いバックドロップ」にも出て欲しい。紳助さん待ってますよ~~!