全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年12月30日

動物牧場から数十頭のラマ盗まれる 動物愛護家の仕業か

 

【ロサンゼルス30日】リバーサイド郡ペリスで30日、エキゾチック動物牧場から、20頭から30頭のラマが盗まれる事件が起きた。警察当局は、動物の権利を訴える活動家の仕業とみて捜査している。

 

警察当局によると、広さ14エーカーのこの私営牧場に夜間、何者かが侵入し犯行に及んだとみられる。犯人はまた、その他動物の小屋の施錠を外して逃走し、ラマやエミューが牧場外へ脱出していた。

この牧場はその他、ダチョウやバッファローなども飼育しており、最近、動物を虐待しているとソーシャルメディアで責められていた。警察当局は、虐待の証拠などは見つかっていないとしている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 故人にささげた真剣勝負 初代ブライアント賞にレナード NBA球宴

 

    故人にささげた真剣勝負 初代ブライアント賞にレナード NBA球宴  

    2020年02月17日

    【シカゴ17日時事】プロバスケットボール協会(NBA)のオールスター戦が16日、シカゴで行われ、レブロン・ジェームズ(レーカーズ)率いるチーム・レブロンがヤニス・アデトクンボ(バックス)が主将のチーム・ヤニスに157―155で勝って幕を閉じた。   今回から最優秀選手賞として命名された「コービー・ブライアントMVP賞」には、両チーム最多の30得点を挙げたカワイ・レナード(クリッパーズ)が選ばれた。1月にヘリコプターの墜落事故で死去したコービー・ブライアント氏を悼み、「(受賞は)言葉にならない。コービーに多くのインスピレーションをもらった。今まで僕にしてくれたことに感謝している」とレナード。   第4クオーターはお祭りムードと一線を画した真剣勝負となり、ジェームズは「試合を通してコービーの存在を感じ、プライドを懸けて戦った。参加できたことに感謝している」。故人にささげる勝利を喜んだ。   試合前には亡くなったブライアント氏とまな娘を追悼し、黙とうがささげられた。観客から「コービー」コールが巻き起こり、偉大なスターをしのぶ思いが会場を包んだ。   写真:NBAオールスターのMVPを受賞し、トロフィーを掲げるレナード  

  • 日米、離島奪還演習を公開

 

    日米、離島奪還演習を公開  

    2020年02月16日

    【サンディエゴ16日時事】米海兵隊と自衛隊の離島防衛専門部隊「水陸機動団」は10~12日、カリフォルニア州の海兵隊基地キャンプ・ペンドルトンで、実動演習「アイアン・フィスト」を報道陣に公開した。中国が東シナ海などで海洋進出を強める中、日米両国が離島防衛・奪還に向けた連携を強化し、抑止力を高める狙いがある。   荒野に着陸した米海兵隊の輸送機オスプレイから飛び出し、素早く展開する水機団隊員。沖合の米海軍ドック型揚陸艦からは日米の水陸両用車AAV7が発進した。   1月5日から2月27日までの演習には、水機団第2連隊が初めて参加。海兵隊の輸送機オスプレイを使った空中機動や市街地制圧、上陸作戦など、離島防衛・奪還での日米の連携を確認した。   第1海兵遠征軍のオスターマン司令官は記者団に「自衛隊との密接な連携により、米軍はインド太平洋地域における危機に対してより迅速かつ効果的に対処することできる」と演習の意義を強調。水陸機動団長の平田隆則陸将補も日本を取り巻く安保環境の変化が加速していると指摘し、「島しょ防衛の重要性がますます増大している」と述べた。    写真:日米合同演習で市街地制圧作戦を行う自衛隊の水陸機動団隊員    

  • 前田、ツインズで始動 大リーグ

 

    前田、ツインズで始動 大リーグ  

    2020年02月14日

    【フォートマイヤーズ14日時事】ツインズにトレード移籍した前田は1日遅れで始動した。「今はすごくすっきりした気持ち。新鮮な気持ちで学べて、成長できると思うので、プラスにしたい」。 背番号は、広島時代から思い入れのある18。昨季つけていた捕手のガーバーから申し出があり、譲ってもらったそうで「僕にとっては大事な番号。感謝している」と喜んだ。   ドジャースではシーズン終盤に救援に回ることも多かったが、ツインズの首脳陣には先発としての期待を伝えられたという。 「それが一番うれしいこと。(トレードは)僕にとっては前向きな出来事」。明るい表情で、新天地での活躍を期した。  写真:移籍したツインズのキャンプ地で取材に応じる前田  

  • 大谷、二刀流で再出発 大リーグ・エンゼルス

 

    大谷、二刀流で再出発 大リーグ・エンゼルス  

    2020年02月14日

    【テンピ14日時事】メジャー3年目。エンゼルスの大谷が、再び投打の「二刀流」に挑むシーズンをスタートさせた。 「どっちもやらなくてはいけないので大変だとは思うが、しっかりやることをやっていきたい」。落ち着いた口調に今季に懸ける思いを込めた。   キャンプ初日は短時間ながら投打のメニューを消化。ウオーミングアップ後は投手陣から離れ、屋内練習場で20分ほど打った。 グラウンドへ戻ると、投手用グラブを手にキャッチボール。セットポジションから力強いボールを投げ込む場面もあり、2018年10月に手術を受けた右肘の不安を感じさせなかった。   1年目は二刀流でア・リーグの新人王に輝いたものの、肘を痛めた影響で登板は10試合にとどまった。昨季は打者に専念。 「1年目はちょっと投げたが、ほぼ僕の中では投げていないに等しい。ローテーションで回れるように、キャンプからしっかりやりたい」と、投手としての意地をにじませた。   打者としては開幕から出場し、投手でのメジャー復帰は5月半ばになる予定。2シーズンぶりの二刀流復活へ第一歩を踏み出した。 写真:打撃練習前にフォームを確かめるエンゼルスの大谷=16日、アリゾナ州テンピ  

  • タスティンのアパートで大規模火災 居住の男を逮捕  

    2020年02月13日

    【ロサンゼルス13日】タスティンの二階建てアパート「Chatham Village Apartments」で12日午前3時頃に火事が発生し、消防士125人が出動し消火活動にあたる中で燃え広がり、同アパートの全100棟中38棟が破損した。 タスティン市警は12日夜、同アパートに住むパトリック・アンドリュー・セニセロス容疑者(59)を放火の容疑で逮捕した。   この火事で同アパート居住者約100人が住む家を失い、サンタアナの赤十字施設や高齢者施設などに避難している。居住者2人が煙を吸い込み病院へ搬送された。 居住者らは出火前、セニセロス容疑者のものと思われる怒鳴り声を聞いており、警察が事情聴取を行っている。