連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年12月27日

Vol.43       テルペンとは?

 

今回は前回に続き、大麻やCBDを学ぶ上で知っておきたいこの言葉をご紹介。それは「テルペン」です!

 

CBDのベープペンをネットで見ていたりすると「テルペン配合」などの文字を見たことがありませんか?私はテルペンというものを理解するまで時間がかかりましたが、一度理解すると「なるほど!そういうことだったのね!」と眼からウロコ、大麻への理解が一層深まります。今回は皆さんにそんなテルペンについて理解していただければと思います!

 

テルペンとは匂いの元

簡単に説明すると、テルペンとは植物由来の精油で、「匂いの元」と考えればいいと思います。一番簡単な考え方としては、アロマセラピーを思い浮かべて下さい。ラベンダーを嗅ぐと、心が落ち着いてリラックスできますよね?それはラベンダーの芳香に多く含まれるリナロールというテルペンが鎮静や抗不安、抗ストレスに効果があるからなんです。

 

テルペンは植物や果物、野菜にも存在し、確認されているだけでも2万種類以上(!)のテルペンが存在します。普段私たちが手にしている化粧品やボディクリームなどもテルペンによって香り付けされていることもあります。ただ聞き慣れていないだけで、テルペンとは私たちにとってとても身近な存在なんです。

カナビノイドは一切含まず、有名大麻品種のテルペンオイルを販売している会社"Floraplex Terpenes"

 

インディカ、サティバの違いもテルペンの仕業

大麻は植物で、その中にも大きく分けて夜用として多く用いられるインディカ種(記事参照 https://lalalausa.com/article/public/179)、昼用に多く用いられるサティバ種(記事参照 https://lalalausa.com/article/public/180)があります。

その違いって、なんなんだろう、と思ったことはありませんか?大麻のインディカ、サティバの違いはなんとテルペンプロファイル(テルペンが含有されている量とバランス)の違いから来ているんです!

 

大麻に含まれる代表的なテルペン

カリオフィレン(Caryophyllene):胡椒、シナモンに含まれる。抗炎症、抗アレルギー、抗ウイルス、鎮静作用など。エンド・カンナビノイド・システムの受容体をアクティベートする。代表的な大麻品種はPurple Punch, Girl Scout Cookiesなど。

 

ミルセン(myrcene):タイム、マンゴー、レモングラスに含まれる。抗炎症、鎮痛、鎮静に効果を発揮し筋弛緩薬としての効果もある。ミルセンが0.5%以上だとインディカ種とされる場合が多いが、これといった決まりがないのが現状。代表的品種はBlue Dream, OG Kush。

 

リナロール(linalool):ラベンダーに含まれる。リラックスさせ気持ちを落ち着かせる効果がある。代表的品種Do-Si-Dos, Zkittlez。

 

リモネン(limonene):レモンやオレンジの皮に含まれる。抗菌作用がありながらも不安やストレスを緩和させ気分を高揚させる働きもあり、抗うつにも効果が期待できる。代表品種はStrawberry Banana, Wedding Cake。

 

ピネン(pinene):ローズマリーや松の葉に含まれる。鎮痛、鎮静、抗炎症作用があり、気管拡張に効果がある。代表品種はGod's Gift, Grape Ape。

 

THCのアイソレートで作られたエディブルを摂取したことがあります。もちろんハイになりましたが、ただ、そこでテルペンが含まれていないと「ハイにキャラクターがない」んです。ハイに深みがなければ面白味もない。痛みに効いているなとかストレスが緩和できているなという実感は少なかったです。

 

そこで初めて、大麻を摂取したときにどういったハイを経験するかというのはテルペンによるものだということが理解できました。

 

現在ではカリフォルニア州が提携している大麻製品の検査をする検査機関でも、大麻の検査をすると、含有されている一部のテルペンの含有量が検査結果として分かるようになっています。(カリフォルニア州の大麻法ではテルペンの配合量をパッケージに記載する義務はありません)

 

とっつきにくい印象だったテルペンについて少し理解していただけたでしょうか?ストレスがたまったらラベンダーの入浴剤を使ったり、気分が乗らない日はレモンを切って匂いを嗅いでみたりとテルペンの作用を日常にも取り入れて、生活の役に立てていきたいですね!


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram :@bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.35  ペットのためのCBD

 

    Vol.35  ペットのためのCBD  

    2019年11月01日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA こちらロサンゼルスではスーパーやドラッグストア、コンビニでCBD商品をよく見かけるようになってきました。   もともとロサンゼルスには根強いマリファナ文化が存在しており、たくさんの人が自分を癒すためにマリファナを使用します。本当に人々の生活の一部そのもの。ヘルシー志向なLAではCBDの認知度もとても高く、マリファナは使用しないけれどサプリのような感覚でCBDを摂取するという人々もたくさんいて、CBDは安全でベネフィットのあるものだと理解しています。   世界中でCBDの認知度が上がる中、今ご紹介したいCBD商品は『ペット用CBD』です。 まだCBDが今ほど認知されていなかった2017年初期、働いていたディスペンサリー(マリファナショップ)でペット用CBDと聞いて人々が難色を示していたのを鮮明に覚えています。ペットにCBDなんて効果あるの!?と思われる方もいるかもしれませんが、犬や猫にもマリファナの成分を受け取るカナビノイド受容体が身体中に存在するんですよ!   現在ではたくさんのブランドがペット用のCBDオイルティンクチャーやCBD入りのおやつ、CBDバーム、CBDバスボムまで登場し、ペット用品屋さんやCBDショップに行くとペット用CBDコーナーにずらりとたくさんの商品が並んでいます。   期待できる主な効能は以下の通り。   ●ストレス、不安(分離不安症)を暖和する ●痛みを和らげる ●炎症を軽減させる(関節痛やリウマチなど) ●てんかんの予防 ●神経を守る ●吐き気を緩和する ●食欲を増進させる ●皮膚のただれをしずめる ●腫瘍を小さくする ●ガン予防 ●ガン細胞の成長を送らせて最終的には自滅させる   これだけのものをマリファナという植物からとれるナチュラルな植物精油で癒すことができる。 本当にすごいことですよね!そして副作用が一切ないんですから、飼い主としても安心です。   年老いたペットにCBDはマストです。体の痛みもあるからかご機嫌斜めでムスッとした印象ですが、CBDを与えることにより痛みが和らいでリラックスできてゴキゲンになるんだとか。家族の一員であるペットが上機嫌で毎日過ごせないのなんて悲しいですもんね。   痛みの緩和だけでなく関節痛予防にも効果があるので、関節を強く保つためや、腰を悪くしないようにと最近では人間のようにサプリ感覚でペットにCBDを与えている人も多いようです。ペットは言葉が喋れないぶん、私たち飼い主がしっかりとテイクケアしてあげたいですよね!   ロサンゼルス在住Yさんの愛犬のCBD体験記   下写真:おっとりとした性格でキャンプが大好きなSちゃん♡

  • Vol.34 マリファナの知識をつけるならこのアプリ!「Leafly」

 

    Vol.34 マリファナの知識をつけるならこのアプリ!「Leafly」  

    2019年10月25日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA   先週はディスペンサリーのことならなんでも調べられる「Weedmaps」をご紹介しましたが、もう一つ、マリファナのことならお任せ!なアプリが存在するのをご存じでしょうか?その名も Leafly (リーフリィ) です。   Leaflyは2010年にスタートしたアプリで、マリファナの恩恵を誰でも受けられる世界にしたいというのがテーマのアプリ。ディスペンサリーのことを調べられるWeedmaspに対して、Leaflyはマリファナ全般について知識と教養をつけるためのアプリ、というイメージです。LeaflyにもWeedmapsと同様にディスペンサリー検索機能はついていて、前者と比べると掲載しているディスペンサリーは圧倒的に少ないですが、ユーザーたちによる商品のレビューページもあればマリファナに関しての知識を得られるコラムや最新ニュースの掲載が本当に多い!   Weedmapsとは一味も二味も違うマリファナアプリには、私もバッテンダーとして働き始めてマリファナについて学び始めたころに相当お世話になりました。 Leaflyにはどんな機能があるか見てみましょう!   圧巻!マリファナ品種図鑑 Leaflyの機能の中で一番有名なのは、マリファナの品種図鑑です。何千とあるマリファナの種類が掲載されており、圧巻なのは品種一つひとつの情報量。インディカなのかサティバなのかハイブリッドなのかの記載はもちろん、その品種のカナビノイド(マリファナの成分)の平均的な割合やテルペンプロファイルまでも見ることができ、日常のどのようなシーンにぴったりなのかの記載もあります。  

  • Vol.33 マリファナ専門のウェブサイト「Weedmaps」

 

    Vol.33 マリファナ専門のウェブサイト「Weedmaps」  

    2019年10月18日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA Weedmapsはアプリですが、weedmaps.comでもこの素晴らしい機能を全て使用できます。     マリファナが合法である州にいたこと、住んだことのある人なら一度は耳にしたことのあるマリファナ専門のウェブサイト、その名も「Weedmaps(ウィードマップス) 」。weed(ウィード) = Cannabis(カンナビス)で、スラングです。   私が9月に訪れた「Museum Of Weed」もWeedmapsが仕掛けたものなんです!Weedmapsは名前の通りマリファナディスペンサリーや商品のことならなんでも調べられてさらにはデリバリーもオーダーできるという最強アプリです。   その便利な機能をみなさんにご紹介!   ディスペンサリーのメニューが見られる! Weedmapsには各州に存在するほぼ全てのディスペンサリーが掲載されています。そして各ディスペンサリーの住所や電話番号、営業時間などの店舗情報が見られるのはもちろん、現在お店で在庫のある商品メニューと商品の詳細、さらには値段が見られるようになっています。事前に値段を見ることができるのは安心感があって、さらには他店と見比べることができていいですよね!   といってもマリファナが嗜好品になってからというもの、どのディスペンサリーに行ってもほとんど値段に差はなく、大きな差があることはレアだと思います。値段の代わりに各ディスペンサリーで変わるのは税率で、お店側が少し負担しているという場合もありますが、基本的に嗜好用として購入する人は34.5%、カリフォルニアの医療用大麻カード(一般的にDoctor's Recommendation 通称recと呼ばれる)がある人はそれよりも少し税率が低い29.5%の税金がかかります。   レビューが命!? WeedmapsではWeedmapsユーザーたちによる全ディスペンサリーのレビューを見ることができます。お店側がレビューに返信することもできるので、マリファナが嗜好用になる以前、全てがもっと緩かったころにはお店とお客さんとのバトルがWeedmaps上で起こっていました。   とにかくいいレビューがあることが基本なので、「Weedmapsに5つ星レビューを残してくれたらジョイント一本$1で販売!」など各お店が工夫をこらしていいレビューを残すようお客さんに呼びかけています。     いいディールを見つけるなら 各ディスペンサリー、日替わりに特売をやっているお店も存在します!月曜日はMunchie Monday(エディブル)、水曜日はWax Wednesday(ワックス)で10%offの割引きや、マリファナを大きい単位で買うと安くなるオンス(1oz=28g)スペシャルや10gスペシャルなどを実施しているディスペンサリーもたくさんあるので、いいディールを見つけるのも簡単。  

  • Vol.32 「医療大麻ツアー」 by CGS Kuniさん

 

    Vol.32 「医療大麻ツアー」 by CGS Kuniさん  

    2019年10月11日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA プロフィール Kuni (35歳)  岐阜県出身、医療大麻コーディネーター。LA在住歴2年半、現在はパーソナルトレーナーとしても活動。 Instagram:@kuni.ca.la   私がマリファナの正しい知識を日本語で広めようと活動をスタートしてディスペンサリーツアーを始めた今年頭、Twitter上にロサンゼルスで「医療大麻ツアー」を行っている人と出会いました。それが今回ご紹介させていただくKuniさんです。   Kuniさんは医療大麻ツアーという、私とは違った視点からマリファナに触れることができるサービスを行っています。マリファナを医療用として必要としている方が安心して利用できるサービスを提供したいといつも熱く話すKuniさんに、自身のお話を伺ってみました。   ―Kuniさんは、アメリカに来る前はどのような仕事をされていましたか。 製造業界で生産技術者として9年間、設備開発、設計、生産ラインの立上げ業務に携わり、グローバルに活動していました。   ―現在パーソナルトレーナー、マッサージセラピストの資格を持ち、ロサンゼルスでも活躍されていますが、資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか。 自身のケガを理由に人間の健康に興味を持ち、同時期に母親のアルツハイマーが発症しました。世界中に最先端の情報を発信するアメリカで解剖学などを学ぶきっかけになり、渡米して資格を取得しました。

  • Vol.31

Blue Dreamzのディスペンサリー・CBDショップツアー!

 

 

    Vol.31 Blue Dreamzのディスペンサリー・CBDショップツアー!    

    2019年10月04日 マリファナのおはなし

    ©Weekly LALALA ●上写真:バッテンダーさんが今一番おすすめするブランドだそう。   今週は、私、Blue Dreamzが企画・実施しているディスペンサリー・CBDショップツアーをご紹介させて頂きます!   マリファナに馴染みのない人にとってはどうしても壁があるように感じてしまうディスペンサリー。このコラムでも何度も紹介させていただいている通り、大麻にはベネフィットが数え切れないほどあって、老若男女関わらずいいことずくめ。ロサンゼルスを訪れる機会があっても、「行ったことないから」「知識がないから」「英語が喋れないから」という理由で世界最大のカンナビスマーケットを体験しないのではもったいない! マリファナの魅力に触れてほしい! マリファナ愛に溢れる私はそんな思いからツアーを企画したいと思うようになりました。   経験豊富な元バッテンダーだからできること 「マリファナに興味がある人がいるなら、私の知識と経験を使ってサポートしたい!」 私自身、過去のダークな期間にマリファナに助けられたという過去があり、マリファナへの大きな愛があります。また、元バッテンダーだった経験があるからこそお話しできること、シェアできる情報がたくさんあります。多くの人にマリファナの魅力を見て感じてほしいし、マリファナはドラッグとして認識されるべきものではなく、合法の国ではこんな風にカジュアルに販売されているんだよということを知っていただけたらと思うんです。本で読んでも、ソーシャルメディアやツイッターで情報をかき集めても、やはり自分自身の目で見て身をもって感じる以上の経験はありません。   そんな思いからスタートした「Blue Dreamzディスペンサリー・CBDショップツアー」ではマリファナのことを学び、さらには実際のディスペンサリーやCBDショップを見て回れる内容になっています。ツアーの参加条件はディスペンサリーツアーが21歳以上です。CBDショップは普通の小売店と変わりませんので年齢に関係なく入店できます。